カテゴリー別アーカイブ: 食べる(催し)

第23回 身体に美味しい文化講座 …原きよが語る 月琴で綴る龍馬の手紙…レポート

42850453_1873106649450253_487236745214033920_n

第23回 身体に美味しい文化講座 …原きよが語る 月琴で綴る龍馬の手紙…レポート

2018年9月30日に「第23回 身体に美味しい文化講座…原きよが語る 月琴で綴る龍馬の手紙…」が行われました。

42922826_1873106599450258_334209903725903872_n
演目は「月琴で綴る龍馬の手紙」。
龍馬直筆の手紙とお龍の回想録で、龍馬とお龍さんの出会いから、別れまでが語られて行きます。
語りは原きよさん。
月琴は永田斉子さん。彼女が爪引くのは、骨董品である清楽の月琴である。繊細な音がする。
お龍も好んで弾いたという。

気分は幕末になっていく。

その後は、おかどめぐみこによる幕末の料理。

IMG_5961

*カツオのタタキ 塩とスダチで
(勝海舟の家でサバの刺身にダイダイの汁を絞ってよく食べていたという話を読んだので。
ただ、サバの刺身は出せないので、やっぱり土佐だからカツオかなと。戻りかつおがおいしい時期です)

IMG_5963

*あおさと唐いも(サツマイモ)のかき揚げ

IMG_5964

*浦上そぼろ(そぼろ→千切りの油いため)

IMG_5966
*ゴーレン 鶏の南蛮煮

*南蛮料理 ヒカド「料理談合集より」

(サツマイモをすりつぶした具たくさんのとろみスープ)
ごめんなさい、写真を撮り忘れました。

IMG_5962

*せっかん(長崎で秋祭りに食べる豆のご飯、せっかんとは赤飯のこと)

IMG_5960

*龍馬 愛のカステラ(海援隊の雑記録「雄魂姓名録」より)

IMG_5967

*おまけのラスク

次回は12月2日(日)11:00
☆日本の美味しい苺のお話し☆ …苺を愛する仲間たちと素敵なひと時を過ごしましょう…
詳しくは下記に。
http://megutama.com/第24回%E3%80%80身体に美味しい文化講座-☆日本の美味/

1日だけの比佐食堂レポート

IMG_9386

1日だけの比佐食堂レポート

2018年6月24日に行われた「1日だけの比佐食堂」たくさんの方にお集まりいただき、美味しく楽しいひと時を過ごしました。

新谷比佐さんは、恵比寿駅前の小さなギャラリー「gallery and shop山小屋」の店長さん。お料理上手でお話しが楽しいお姉様です。
そんなお料理のレシピが載った「比佐食堂のレシピ」(山小屋ブックス)が出版されたことをお祝いし、写真集食堂めぐたまが「一日だけの比佐食堂」になりました。
IMG_9647

昼は、オリジナルレシピを使った「比佐ランチ」。
水菜と揚げ焼きマスタード、ふきと高野豆腐の炊いたの 、南仏風ササミのハーブフライ 、
煮込みハンバーグ 。
IMG_4832

4時からは、比佐さんが登場して、1日だけの比佐食堂になりました。
1枚のチケットで、一つの好きな料理を注文できます。
IMG_9348

店内には比佐さんがお話ししながら注文した料理をよそってくれるコーナーができました。
IMG_9336
IMG_9375

比佐さんと「比佐食堂のレシピ」を作ったお二人のお嬢さん。
今回の「一日だけの比佐食堂」も一緒に企画しました。
当日もスタッフとして大活躍、
IMG_9482

比佐食堂の豪華なメニュー。
もちろん全て、比佐さんのレシピです。

牛肉ごぼう
パクチー in パクチーサラダ
水菜と揚げ焼きマスタード
アスパラの煮びたし、
鰹のタタキ
紫花豆のコーヒー煮
ふきと高野豆腐の炊いたの
いちごとクレソンのサラダ
南仏風ササミのハーブフライ
煮込みハンバーグ
こんにゃくのペペロンチーノ
ガーリックライスチキンのせ
まんまるおむすび
特製サングリア

IMG_9362

店内には、「比佐食堂のレシピ」のページも展示されています。
IMG_9396

もちろん「比佐食堂のレシピ」も並びます。
IMG_9384

午前中の雨も上がり、めぐたまの窓も全開!
4時からポチポチお客様がお越しになります。
IMG_9380
IMG_9416
IMG_9610
IMG_9394

IMG_9572

めぐたまのスタッフは、どんどんお料理を作ります。
IMG_9438

比佐さんのパフォーマンスタイム。
秘伝のおにぎりの握り方を伝授。
IMG_9503
IMG_9527

夜になると、賑わいが増していきます。
IMG_9707
IMG_9725
IMG_9737

IMG_9433

比佐食堂を巡る人々も紹介。
比佐さんのご飯の宴から生まれた本「晴れたら空に骨まいて」(ポプラ社/幻冬舎文庫)の紹介。
著者はお嬢さんの川内有緒さん。
IMG_9664

「晴れたら空に骨まいて」のきっかけになった畠中恵子さん。
「一日だけの比佐食堂」のスタッフも買って出てくださいました。
IMG_9669

めぐたまのおかどめぐみこ。
「一日だけの比佐食堂」の言い出しっぺ。
比佐さんと何回も打ち合わせをし、数日前からスタッフとともに仕込みにかかりました。
IMG_9689

最後に、今回のイベントのまとめです。みなさま、ありがとうございます!

《レシピ&料理》新谷比佐
《料理協力》 おかどめぐみこ&めぐたま一同
《企画》 畠中恵子、ときたま、川内有緒、新谷佐知子
《タイトル・イラスト》 さくはんじょ 天野咲耶
《比佐食堂のレシピ(本)》 写真・市川勝弘 アートディレクション・高野美緒子
《Special Thanks》あめつち農園(紫花豆、こんにゃく)、甲田慎一(クレソン、ごぼう、いちご 他)、藤巻伽蓉(お米)

楽しい美味しい1日でした。
おいでいただいた方、本当にありがとうございました。
そして、写真を撮ってくださった市川勝弘さん、感謝!感謝!

比佐さんそしてお嬢さんの佐知子さん、お疲れ様、ありがとうございました。いい時間でしたね。

ぜひ、またやりたいなあ。

第6回 落語と江戸料理の会   春風亭正太郎レポート

IMG_4757

第6回 めぐたま寄席  春風亭正太郎 レポート

2018年6月15日(金)に行われた 落語と江戸料理の会、落語家さんは春風亭正太郎さん、笑いあり、涙あり、しんみりあり、楽しいひと時でした。

落語二題の後は、おかどめぐみこの作る 江戸料理。

*ウエルカム おにぎり 
IMG_4756
*鰹のげた造り
女房の晴れ着や蚊帳を質に入れても食べたという初鰹。旬の鰹に焼き霜をつけて、塩酢で叩き、少し厚めに切って下駄造りに。鰹のうまさが引き出されます。創業300年余年、江戸時代より続く八百善秘伝の味です。
IMG_4759

*小竹葉豆腐
「豆腐百珍」の中に佳品として出てくる一品。豆腐の水気を切って、両面をこんがり焼いて、出汁醤油で炊いて、溶き卵をかけ回し、半熟状態で火を止める。薬味は摺り山椒。自家製焼き豆腐は味が凝縮していて病み付きになる。
IMG_4764

*糸こんにゃくの白和え
「そこへ、甥の幸太郎が、鱸の塩焼きと豆腐と、蒟蒻の白和え、茄子の香の物を盆に乗せてあらわれ・・・・」
池波正太郎作の「雲流れゆく」の流星の章で主人公のお歌の代わりに幸太郎が作った江戸の粋な一品。
IMG_4760

*茄子の蒲焼もどき
江戸時代の味をまとめた「八百善江戸料理大全」より。
鮎もどき、雁もどき、蒲焼もどき・・・江戸時代、もどき料理がはやりました。
酒塩を張った器で茄子を蒸し、煮詰めたタレを塗っては焼くを繰り返し、粉山椒を振ってそれらしく。
35460112_1787820011294444_8846666897773559808_n

*利休和え大根
江戸時代後期天明五年(1875年)に出版された料理本「大根一式料理秘密箱」より。この本の 序に「唯酒は量りなし。もちは咽喉につまる。下戸上戸ともにもちゆべきは、此料理(大根料理)なるべし」とあり、大根の切り方から料理方まで、付録の大根料理秘伝抄を合わせると約100種が載っている。
利休と名のつく料理は胡麻を使ったものです。
IMG_4763

*昆布胡瓜 
「八百善江戸料理大」より。全夏の箸休めの一品。
IMG_4761

*ナスの皮の炒め物
江戸の「倹約料理番付表」に倣って、作りました。ナスの蒲焼のナスの皮です(笑い)。
IMG_4762

*千疋飯 (素人包丁 魚鳥飯之部より)
江戸の料理本「素人包丁 魚鳥飯之部」より。
上等な縮緬雑魚を何度も洗ってご飯が炊きあがる前に入れて、蒸あがってから混ぜ合わせる。
薄味に仕立てた汁を少しかける。おろし大根、葱、とうがらしなどの薬味を添えて。
IMG_4765

*けんぴん(古今名物 御前菓子秘伝抄より)
小麦粉、砂糖、くるみ、黒胡麻、醤油、水をよく練って寝かせて、平たく伸ばして、両面を焼きます。土佐名物「けんぴ」のルーツと言われています。

あーー、また写真撮り忘れました。ごめんなさい。

次回は9月を予定しています。
秋の味覚と共に楽しむ江戸料理、ご期待ください。

落語と江戸料理の会 5 めぐたま寄席 入船亭小辰 レポート

IMG_0833

落語と江戸料理の会 5 めぐたま寄席 入船亭小辰 レポート

3月16日、5回目の落語と江戸料理の会が行われました。

まずは、小辰さんが二席。

そして、次は第二部。江戸料理の会。
おかどめぐみこが、書物を紐解いて再現しました。

*ウエルカム おにぎり(春菜飯のおにぎり)

IMG_3894
*桜鯛の白酢かけ (「鯛百珍料理秘密箱」より)
桜の花の咲く時期、桜色に身を染めて脂がのった桜鯛。鯛は鯉に続いて江戸時代人気のあった魚です。

IMG_3896
*春の雪(「黒白精味集」より)
江戸名産の独活を千切りにして、擂鉢で摺った小松菜の上に盛る。溶けかけた残雪の隙間から、萌えはじめた草が顔を出す情景を描いた、江戸の粋料理。

IMG_3895
*雷豆腐(「豆腐百珍」より。 尋常品の部に入っている)
ごま油を熱して、豆腐をつかみくずして入れて炒め、醤油を入れて、白ネギ、大根おろし、山葵を入れる料理。炒めるとき、バリバリと音がするところからこの名がある。

IMG_3893
*さつま芋のなんば煮(「年中番菜録」より)
出汁は使わず、酒と塩だけで煮た、シンプルな煮物。
「年中番菜録」はよい献立が浮かばない時に役立つように作られたもの。簡単に作れる惣菜がたくさん載っている。

IMG_3892
*菜の花の昆布〆 
江戸時代には昆布〆がはやりました。鯛やヒラメなどの白身魚はもちろん、蒟蒻、青菜など、なんでも昆布で〆ていたようです。今日は菜の花を〆た江戸好みの一品です。

IMG_3891

IMG_3898
*胡椒飯(「名飯部類」より)
出汁は煮立てて、酒と醤油で味をつける。ご飯に黒胡椒を挽きいれてざっくりまぜ、熱い出汁をかける。江戸時代は朝に一日分のご飯を炊くので、夜はこうしたぶっかけ飯が多い。さっぱりとスパイシーでお酒の後に最適。

次回は6月15日(金)
春風亭正太郎 さんです。詳しくは下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会%E3%80%806-%E3%80%80めぐたま寄席-春風亭/

シコアサイズとちゃんこの会 11レポート

28461089_1732312340164219_1745897069_o

貴乃花親方考案・監修 貴流運動法
シコアサイズとちゃんこの会 11

内田英利さんによるシコアサイズの会も11回目。
営業前のめぐたまで楽しくエクササイズ。

そしてその後は、お待ちかねのちゃんこ。
おかどさんが毎回楽しそうに作っています。
今回は藤島部屋の「カレーちゃんこ」。
チベット料理、チャンスンマハを作った時のスープを使って作理ました。
カレー粉は、めぐたまが応援しているヒマラヤ小学校製。
スパイシーで美味しいです。

ヒマラヤ小学校については、めぐたまの活動に詳しく載っています。

http://megutama.com/活動/

28504299_2036844739666279_57174044_o
これは肉を入れたところ。

28461030_2036862386331181_528811907_o
出来上がり!

体を使った後に美味しいちゃんこ、いいひと時でした。

落語と江戸料理の会4  めぐたま寄席  春風亭一蔵 さんレポート

IMG_3017

落語と江戸料理の会4  めぐたま寄席  春風亭一蔵 さんレポート

12月25日、クリスマスの夜に開かれた春風亭一蔵 さんの落語と江戸料理の会、楽しく終わりました。

第一部は春風亭一蔵さんの落語二席。

第二部はおかどめぐみこさんの作る江戸料理。

一蔵さんがお客様全員の席を回ってくれたので、大盛り上がり!

IMG_3015
*ウエルカム クリスマスおにぎり

IMG_3020

*叩き豆腐
江戸料理の豆腐料理のレシピ集「豆腐百珍」の佳品の部に入っている一品。
焼き豆腐と味噌を包丁でよく叩いて合わせ、つなぎに卵白を入れて、小麦粉をまぶして揚げる。お茶うけにも、酒の肴にもよく合う。
原本は豆腐と味噌を7対3の割合で混ぜるとあるが、昔の豆腐は大きかったのか今の豆腐でこの割合だと塩辛くて食べられない。

IMG_3024

*蒟蒻のみぞれ煮 
江戸時代後期の料理本「素人包丁」より。
蒟蒻は医薬品として中国から伝来、「お腹の砂下ろし」と呼ばれて、大掃除の後や冬至、節分などに、毒をさらい体内を清めることを目的に食べられていました。体が芯から温まります。

IMG_3021

*鳴き卵
江戸時代後期の料理本「素人包丁」より。
茹で卵を乾煎りするとき、キューキューと鳴くのと、辛くてうまくて泣けてくるので、この名前がついたのだろうか。同じ料理法を蒟蒻でもやったようです。

IMG_3022

*鶏のオランダ煮
江戸時代の料理書「新撰包丁梯」(杉野駁華(すぎのばくか)より。
オランダ煮は油で炒めたり揚げたりした後に、味をつけて煮る料理法。
江戸時代にオランダ貿易を通じて伝わったと言われています。

IMG_3018

*蓮根胡桃味噌
江戸時代のレシピの載っている料理本「料理伊呂波包丁」より。
食用蓮根は鎌倉時代に中国から伝来。
その効能もさることながら、穴から「見通しがきく」ということで正月などの縁起物として欠かせません。
来年を見通していただこうとご用意しました。
胡桃のアンチエイジング効果とデトックス効果のある蓮根の完璧な組み合わせです。

IMG_3019

*煮干しの炒め
根深汁の出汁をとった後の煮干しと、根深葱の青いところも一緒に炒め、醤油で煎り付ける。
捨てるところのない、江戸倹約料理。

IMG_3026

*根深汁 (『剣客商売』1「女武芸者」より)
秋山大治郎の好物。ネギだけの質素な味噌汁だが、地中深く伸びる葱は白く甘みがある。

IMG_3025

*生姜ごはん

IMG_3023

*大根の漬物

落語と江戸料理の会 5 めぐたま寄席 入船亭小辰さん

IMG_0833

落語と江戸料理の会 5
めぐたま寄席
入船亭小辰

5回目を迎えるめぐたま寄席は
2回目にも登場して、大好評だった入船亭小辰さん。
写真集に囲まれた高座での一席はこじんまりとした空間。
めぐたまがやるからには、もちろんご飯付き。
落語は江戸時代の日本で成立し、
現在まで伝承されている伝統的な話芸。
だから、江戸料理です。
めぐたまで進化し続ける小辰さんの一席と
江戸料理のひと時をお楽しみください。

*4回の様子を知りたい方は下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会4%E3%80%80-めぐたま寄席-%E3%80%80春風亭-2/

3月16日(金)
19:00開演 18:30開場

IMG_0843

落語:入船亭小辰

江戸料理:おかどめぐみこ

会費:4500円
(落語とご飯。ドリンク別/定員30名/全席自由)

場所:写真集食堂めぐたま
渋谷区東3−2−7 1F 恵比寿駅 徒歩7分 
03-6805-1838

予約・問い合わせ:めぐたま 
megutamatokyo@gmail.com
03-6805-1838

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第三回 柳亭市弥 さんレポート

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第三回 柳亭市弥 さんレポート

2017年10月6日に行われた落語と江戸料理の会、たくさんの方に参加していただき、楽しく美味しく終了しました。

IMG_2128
めぐたま恒例ウエルカムおにぎり。
今回は紫蘇の実のおにぎり。

IMG_2124
初めに、柳亭市弥さんの落語二題。

そして、江戸料理。

IMG_2129
*鹿子豆腐 
  江戸時代の料理書「豆腐百珍」の中に奇品として登場する。
  「(豆腐の)水気をしぼり、よくすりて、煮すごさぬよろしき煮加減の小豆を、まぜ合わせ、よきほどにとりて、蒸す也。其の上の調和は、好みにまかすべし。」とある。

IMG_2125
*芋膾(いもなます) 
 池波正太郎の「鬼平犯科帳5 兇賊」で鬼平が気に入った一品。
里芋と刺身の組み合わせに酢が効いていて、乙な味です。

IMG_2127
*椎茸の佃煮
椎茸栽培の最古の技術書「温故斎五瑞編」に載っているに、椎茸は江戸時代中期から人工栽培されていました。世界最古です。
椎茸の佃煮は「茶湯献立指南」では茶席の料理や茶菓子としても供されると書かれています。
江戸の健康食品でした。

IMG_2126
*青物と菊の花のしたしもの
江戸の料理書『年中番莱録』に「胡麻しやうゆ したしもの 上品なり」と書かれています。

IMG_2130
*奈良茶飯 
日本外食の元祖。
もともと奈良の東大寺や興福寺の僧たちが食べていたもの。
明暦 の大火(1657年)のあと普請のため地方からやってきたたくさんの人足のおなかを満たすために、この奈良茶飯が供された。
豆腐の味噌汁と、奈良漬とセットで、供された。

IMG_2131
*豆腐とわかめの江戸漉し味噌汁と奈良漬
「本朝食鑑」には「味噌はわが国で毎日用いる汁」であり「一日もなくてはならぬもの」とある。

IMG_2132
*焼き柿 
江戸時代の定番デザート。
今の柿は品種改良されていてかなり甘いので、そのままで食べて美味しいのですが、江戸時代の柿は甘みが少なく固かったので、焼いて食べました。
焼いた後に煮切りみりんをかけると、より江戸風になります。

次回は12月25日19:00より。
ご飯と落語を楽しめて4500円です。
詳しくは下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会4%E3%80%80-めぐたま寄席-%E3%80%80春風亭一/

大阪なご飯会レポート

大阪なご飯会レポート

2017年7月9日(日)、百々俊二さん、新さんのトークの後、17時から、大阪なご飯会がおこ

IMG_1089
紅ショウガの天ぷら

IMG_1090
やみつきキャベツ

どて焼き (牛スジの煮込み)
*写真を撮り忘れました、ごめんなさい。

IMG_1097

IMG_1096

IMG_1095

IMG_1094

IMG_1092

IMG_1093

IMG_1091
串カツ 7種 
(しし唐、茄子、ウインナー、玉ねぎ、ちくわ、豚と大葉、しいたけ)

IMG_1098
難波黒門市場 大黒風 かやくご飯

IMG_1099
大阪あみだ池 大黒製 岩おこし しょうが入

70年代ご飯の会レポート

5月13日に行われた、写真集を語り尽くすVol.10「70年代と写真の青春時代」に引き続き行われた、70年代ご飯の会の様子です。

トークのゲスト、横木安良夫さん(写真家)、マイク野上さん(写真家)、中村のんさん(スタイリスト)、
白谷敏夫さん(アートディレクター)を囲んで、70年代の話、写真の話で盛り上がりました。

<トークのブレイクタイム>

DSC_0096
*レオンのコーヒーとアマンドのパルミエパイ

セントラルアパートにあった喫茶店、レオン。
多くの文化人、芸能人に愛され、往事の東京カルチャー発信基地として今も語りぐさになっている。
そのレオンのブレンドをそのままに復活したBROWN’S Café & Beansの豆を使っています。

詳しくはBROWN’S Café & Beansのサイト

*****

<70年代のご飯会>

IMG_0204
*チキンバスケット
(手羽元ともも肉のフライ、フライドポテト、生のオニオンリング、櫛切りレモン、パセリ)

IMG_0203
*海老ドリア。

IMG_0205
*スパゲッティミートソース。

IMG_0202

*コンビネーションサラダ、ポテトサラダ付。フレンチドレッシングです。

IMG_0206
*チョコレートサンデー

トークの報告は、少々お待ちください。
後日アップします。