カテゴリー別アーカイブ: 食べる(催し)

めぐたま6周年パーティ レポート

87375811_2519348868174057_4975446650064470016_n

めぐたま6周年パーティ レポート

めぐたまは、2020年2月22日で無事に6周年を迎えました。
これも皆様のお陰です。本当にありがとうございます。

そして、23日はお祝いのパーティ。
13時30分から21時までの間に約90人の方がご来場。
本当に、いろいろな方とお話できて幸せな時間でした。
お越しいただいた方、ありがとうございました!

87456617_2519350031507274_1460168209238851584_n

午前中に上映した「世界で一番美しい本を作る男」のゲスト、この映画の買付と配給を担当した大野留美さん(テレビマンユニオン)の乾杯の音頭で、パーティの始まり始まり。

87647943_2519349328174011_743204589758578688_n

お料理がいろいろ、並びます。

85227590_2519350398173904_3072237209735135232_n
*フキノトウの天ぷら

87654165_2519349591507318_3753209192253489152_n
*蓮根素揚げ

85181286_2519349341507343_4465652345769820160_n
*鶏皮ポン酢

87484028_2519349448173999_7846085658362773504_n
*ハムカツ

87709638_2519349578173986_6552799417022283776_n
*サーモンのマリネサラダ

85128674_2519349458173998_6498561388892389376_n
*バリ風サテ

85221969_2519349434840667_5911854030031683584_n
*蒸鶏の棒棒鶏ソース

85206039_2519350208173923_5877133999742124032_n
*シュバイネブラーテン(さわやか豚のドイツ風煮込み)シュピッツエル、ブロッコリ

*回鍋肉
*大山鶏のハーブ焼き

87374221_2519349444840666_7452675050710237184_n
*大根と椎茸人参の煮もの

85254621_2519350388173905_984087044575723520_n
*ポテトのグラタン
*菜の花の辛し和え

85096113_2519350221507255_2777411404494274560_n
*カレーの炊き込みご飯

85047022_2519350241507253_3025958610703220736_n
*玄米キツネご飯

85100295_2519357218173222_7039238784377946112_n
*トマトと玉子のスープ(蒸し鶏のスープで)

87777998_2519349314840679_9152319374969798656_n
87333326_2519349571507320_8221715509431762944_n
お酒もいろいろ。

87219988_2519356938173250_5912298907039170560_n
キッチンでは、スタッフが次々と料理していきます。

84698843_2519357511506526_54604448969785344_n
今年のショータイムは三太郎。

85245500_2519357741506503_7941570860186337280_n
おかどさんは金太郎。

87612507_2519357564839854_7937341086198923264_n

飯沢さんは浦島太郎。

87385812_2519357841506493_7306247293328424960_n
ときたまは桃太郎。

87418696_2519353481506929_3568233167087206400_n


替え歌を歌って踊ります。
伴奏は、飯沢さんのウクレレ。
動画は、めぐたまで雅楽の催しをしてくださっている三田徳明さんから送っていただきました。ありがとうございます。

87703343_2519353264840284_5191484484305813504_n

87430954_2519353351506942_5323742195390349312_n

桃太郎の「きびだんご」ならぬ「めぐたま特製兵糧丸」を配ります。
日持ちがするので、お土産で食べてもOK。
戦国版カロリーメイトです。

87488520_2519356818173262_3543155823708471296_n

85140365_2519357128173231_7293157156428185600_n
おしゃべりしたり、写真集を見たり、ご飯食べたり飲んだり、、、。

87788799_2519731434802467_1453932518020481024_n
当日来られなかったサイトウマサミツさんから、素敵なお祝いが届きました。
めぐたまに飾ってあるので、見に来てください。

87479458_2519358198173124_320152484356030464_n
最後は、撮影をしてくださった大林隆司さんとの記念写真です。
大林さん、ありがとうございました!おかげでいい記念のブログが書けました。

7周年に向かい、めぐたまをより美味しく楽しい場所にしていきます!
これからもよろしくお願いいたします。

第32回 身体に美味しい文化講座 …森山暁子の浮世絵江戸話し[2]… 今年はちょっと、江戸でお花見!!

84628599_2714131058681137_2792393603337420800_n

第32回 身体に美味しい文化講座 …森山暁子の浮世絵江戸話し[2]… 今年はちょっと、江戸でお花見!!

 江戸時代 この江戸の地では新たに華やかな文化が花開きました。 その一つが浮世絵です。
写真も雑誌も無かった時代に庶民の目を楽しませた浮世絵の数々は、当時の文化を物語る貴重
な資料となっています。 そんな浮世絵の中から今回はお花見にスポットをあててみました。
花見のそぞろ歩きから始まって、現在とそう変わらない楽しみ方をしていたと言う江戸のお花見
風景を、江戸文化研究者・森山暁子先生の粋なお話しと共に楽しんでみませんか?
 お話の後はいつものお楽しみ、めぐたま店主おかどめぐみこによる江戸のお花見料理が並びます。
 江戸のお花見よもやま話しと、お花見ならではの料理の数々をお楽しみにいらしてください。

日時 : 2020年3月14日(土)  スタート11:00~(受付 10:30~)
会費 : 5,500円(江戸のお花見のお話し&お料理 三年番茶付)

お申し込み、詳しいことは下記に。
https://www.facebook.com/events/521044135479048/

『息継庵』のモーニング茶事13 「令和立春」レポート

IMG_3366

『息継庵』のモーニング茶事13 「令和立春」レポート

2020年2月2日、『息継庵』の石澤紹一さんを迎えて、今年に入って初めてのモーニング茶事行われました。

85056900_197988674657842_7874663232584024064_n

今回は、めぐたまの椅子を使って、店内にお茶室を作りました。
なんか、国立競技場風(笑)?
お客様の席に座ると、囲まれてる感じになります。

IMG_3363
半東のおかどさんは、外で待機。

IMG_3372

IMG_3373

まずは一汁一菜。
鶏はんぺい 菜の花
草の八杯豆腐
大豆ごはん
香の物(大根、キュウリ、温海蕪、奈良漬)

IMG_3362
続いて、めぐたま印の焼き大福。

IMG_3368
茶筅は、手板に石澤さんの手書き文字。

84080680_211912039981068_4283613176290869248_n
そして、一服。
手に持って立てるお手前もあるそうです。

朝から、ゆったりとした静かなひとときでした。

次回は5月24日日曜日。10時からです。
テーマは「あゆ」。
詳しくは下記に。
お越しをお待ちしています。
http://megutama.com/『息継庵』のモーニング茶事14%E3%80%80「鮎%EF%BC%8Fアユ」/

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十二回 春風亭一蔵 さんレポート

IMG_3299

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十二回 春風亭一蔵 さんレポート

2020年1月31日に行われた、今年初めてのめぐたま寄席、たくさんの方にお越しいただき、笑って食べて飲んでの楽しいひと時になりました。

まずは一蔵さんの落語が二席。
日本酒を飲むシーンでは、見ている方が飲み過ぎを心配してしまうほどの迫力の演技。
そのあと、お陰で、日本酒が売れたとか(笑い)

そして、2部は、おかどめぐみこの作る江戸料理。
IMG_3298
これは、落語の前に出される、めぐたま名物ウエルカムおにぎり。
今回は、きつねご飯。油揚げが入っています。

83583606_514108519220410_1248920646512017408_n

*ねぎま鍋(「素人庖丁」より)
「鮪は甚だ下品にて、町人も表店の者は食するのを恥じる躰なり」とあるように、まぐろは江戸時代は下賤な魚として敬遠されていた。特にトロは食べられなかったが、後に葱と煮た「ねぎま鍋」は落語のお殿様も病みつきになった庶民の味として人気となった。

83286140_119886869350685_8336471220195164160_n
*鶏はんぺい(「万宝料理秘密箱」より) 
鶏ひきにくと山芋のすりおろしを合わせてお団子にして蒸す。薄葛をかけてわさびで食す料理。

83445622_2394965480604344_6022937651131187200_n
*苞豆腐(「豆腐百珍」より)
豆腐を水切りして、甘酒と塩を入れてすり鉢で滑らかにする。棒状にまとめ、竹簀で巻いて蒸す。酒粕のほんのりした甘味がほどよく、さっぱりとして美味しい。

84551268_570916993493981_2343762459426291712_n
*スズヘイいも(「甘藷百珍」より)
甘藷百珍は享保の飢饉(1732年)の後、全国に流行したさつまいもを材料にした料理書。サツマイモを揚げて衣をつけて煮る料理。

83836253_844242495998594_3703522433592983552_n
84142523_324590041791080_6394492127992086528_n
*根芹の胡麻和えと素揚げ(「料理珍味集」より)
「献立荃」によると春夏秋冬に数多くの青菜が食べられていた。芹も「根芹」とあるように季節のめぐみを丸ごといただくのが江戸流であるようだ。

83591485_2083232205155382_1223274481959567360_n
*大根飯(「料理伊呂波庖丁」より)
大根飯は日常によく作られていたようだが、これは「めずらしく人をもてなさんとするとき」のお客様用の特別の料理。くちなしの実で大根を染めて、大根おろしの汁で炊いた華やかなご飯。ねぎま鍋の汁をかけてもおいしい。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回のめぐたま寄席は3周年特別バージョンです。
春風亭正太郎・春風亭一蔵・柳亭市弥・入船亭小辰の4人が勢揃いの豪華版。

ぜひお越しください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 3周年記念 四人会
春風亭正太郎・春風亭一蔵・柳亭市弥・入船亭小辰

日時:5月30日(土) 18時から21時半

会費:5500円(税込)(落語、大喜利?、大江戸屋台料理(ドリンク別)、抽選会つき/全席自由)

落語:春風亭正太郎・春風亭一蔵・柳亭市弥・入船亭小辰

江戸料理:おかどめぐみこ

場所:写真集食堂めぐたま

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 28レポート

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 28レポート

1月11日に行われたシコアサイズとちゃんこの会。
内田さんの掛け声と軽快な音楽に合わせて、エクササイズ。

82103039_1094293650910588_2368525604472487936_nのコピー

これは、子年用の特別シコアサイズ(笑い)

そして、お待ちかねのちゃんこ
今回は、干しシイタケの出汁(でしょうか)で作るピエンローちゃんこ。
春雨も入ってます。
IMG_2861

りんごのサラダと、味付け用のお塩と生姜。
IMG_2862

締めには雑炊も。

11日は鏡開きなので、おしるこが振る舞われました。

IMG_2863

次回は
3月14日です。
詳しくは
http://megutama.com/元貴乃花親方考案・監修%E3%80%80貴流運動法-シコアサ-21/

お越しをお待ちしています

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 27レポート

80573566_764088047336080_3255305109780824064_n

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 27レポート

12月21日に行われた、今年最後のシコアサイズとちゃんこの会。
いつものように、シコアサイズでいい汗を流しました。

そのあとは忘年会。
ということはお酒付きです。

80233747_502006890673441_4684942299182923776_n

IMG_2589

今回のちゃんこは、旧貴乃花部屋のトマトちゃんこ。

80323657_607482580025434_8670056292078845952_n

80823959_601652650584754_1152379995130167296_n

締めは雑炊。
うーーん温まったし、美味しいし、適度に体は使ったし、いい時間でした。

次回は1月11日(土)
集合10:15
シコアサイズ 10:30~11:15
ちゃんこタイム(お昼ご飯)11:15〜12:30
*シコアサイズのみの参加も可能です。

*2月は8日開催予定です。

■受講料
3,500円 /お一人様一回(シコアサイズとちゃんとご飯付き)
*価格は税抜表示になります。
シコアサイズのみ参加は2,000円になります。

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 24レポート

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 24レポート

75456680_1356219951169029_292910477460111360_nのコピー

11月16日(土)に行われた「シコアサイズとちゃんこの会24」は、まず、リズミカルな音楽に乗ってシコアサイズ。

気持ちよく汗をかいた後はちゃんこ鍋。今回は牛すじちゃんこ。大ぶりに切った大根に卵も入っています。

78597042_584676908945462_8289275817444245504_nのコピー

76616489_424026081557506_3512307899709784064_nのコピー

次回は
シコアサイズとちゃんこ25 忘年会!
12月21日(土)
10:30~
詳しくは下記に。
http://megutama.com/元貴乃花親方考案・監修%E3%80%80貴流運動法-シコアサ-18/

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十一回 柳亭市弥 さんレポート

IMG_1305

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十一回 柳亭市弥 さん レポート

10月11日(土)に行われた柳亭市弥 さんのめぐたま寄席が開かれました。
市弥さんはめぐたま寄席には3度目の登場です。
まずは落語を二席。
落語の主人公が乗り移ったような語りに、会場は笑いの渦に。

そして、笑って泣いた後は、おかどめぐみこが調べて作った江戸料理。

IMG_1301
*ウエルカム おにぎり  
7時始まりのイベントなので、仕事帰りの方はお腹ペコペコで駆けつけて来られます。
おにぎり一個食べるだけで、落ち着いて落語を楽し見るのでは、と始めたウエルカムおにぎり。好評です。

IMG_1311
*鶏の南部揚げ(素人庖丁より)
胡麻を使う料理を「南部」という名称をつけて呼ぶことがあります。
衣に香ばしい胡麻を加えて揚げた料理。魚や野菜などにも応用されます

IMG_1308

*里芋の煮ころばし(日々徳用倹約料理相撲取組より) 
芋名月にちなんで、里芋の煮っころがしと作りました。
米の前は里芋が日本人の主食でした。
親芋、子芋、孫芋とたくさんできていく様子に、子孫繁栄を祈願する食材として使われます。

IMG_1307

*落ち葉がら(豆腐百珍続編付録より)
おからの料理。椎茸、銀杏、栗、揚げ麩などを刻んでごま油でさっと炒める。鍋にたっぷりの油でおからを炒め、煮酒を入れてしっとり仕上げる。
そこに炒めた具を入れて、さらに火を通す。
鰹節と粉山椒を最後にふりこみ、切り飯の型に入れて抜いて押し出す。
好下物(下物は酒の肴の意)、すなわち「よき肴」と書かれている。

IMG_1306

*白洲大根(年中万菜録より)
シラスは白い砂利の敷かれた裁きの場「お白洲」からきていると言われています。シラスをかまゆでにして干してある風景が白洲に似ているからとか。江戸時代は墨田川でもとれたそうだ。
大根の千切りと合わせて、酒のつまみに。

IMG_1312
*源氏柿(料理珍味集より)
柿は生食だけでなく柿膾、焼柿、柿ぬか漬けなどでよく食べられていた。これは柿の天ぷら。
柿の色を源氏のシンボルの赤い旗に見立てたとか、輪切りの断面を源氏車の意匠に見立てたとか言われている。

*利休めし (名飯部類より)
お茶で炊いたご飯に、すまし汁をかけ、もみ海苔を散らす。薬味は茗荷のみじん切り。
利休と名のつく料理は胡麻を使ったものが多いが、お茶を使うということで利休の名を借りた料理か?
侘びた感じの味わいが、利休らしい一品。
(ごめんなさい、利休飯の写真が撮れていませんでした。)

IMG_1314
市弥さんも一緒の宴。
楽しいひと時でした。

IMG_1313
市弥さんの着物素敵な色でした。写真にはうまくでていませんが、、。
そして、帯。近くでよくよく見ると、、、、、。権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる柄でした。おしゃれ!

次回は1月を予定しています。
ぜひ、お越しくださいませ。

VIVA MEXICO! メキシコ料理とメスカルとミニトークの会レポート

71640640_380740659502574_8508476560091643904_nのコピー

VIVA MEXICO! メキシコ料理とメスカルとミニトークの会レポート

71806048_2452042008395189_1341627537071013888_nのコピー

まず初めに、矢作隆一さんのミニトーク。
矢作さんがメキシコでの仕事などを写真をスライドを見ながら話されました。

手前の石は矢作さんの作品。本物の石と矢作さんが作られた石がペアで並ぶ。
後ろはメキシコの写真集。

IMG_1255

矢作隆一さん(アーティスト)

メキシコ在住。美術家。1967年川崎市生まれ。1987年大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、調理師を目指すも、金沢美術工芸大学へ入学、1995年同大学美術学科彫刻専卒業。同年秋に渡墨し、メキシコと日本を中心に個展、グループ展、ワークショップ等を行っている。2010年メキシコ国立自治大学サンカルロス美術大学院都市芸術専攻終了、現在はメキシコベラクルス州立大学美術造形研究所に所属し、制作活動をはじめ展覧会の企画、コーディネートなど日本とメキシコとの芸術文化交流活動をしている。

http://ryuichiyahagi.wix.com/mexico

そのあとは、メキシコ料理とメスカルの会。
このメキシコ料理のメニュー立てとレシピは矢作さんのもの。
彼のメキシコ料理は本当においしいです。

72334955_382769105965378_6683479294561222656_n

うちわサボテンのサラダ。Ensalada de Nopales
茹でたウチワサボテンが入ったサラダ。
1センチくらいに切って入っているんだけど、見えるかな。
日本でも生で売っている。

71964668_513816796121660_7987966174954520576_n

鶏肉のピピアン Pipian de Semillas de calabaza
カボチャの種、ピーナッツ、白胡麻、チレなどで作ったソースが絶品。

71647938_436655960288217_8254356973118554112_nのコピー
メキシコチックなトマトのごはん アロス ア ラ  メヒカーナ
ビビアンをかけて食べる。

72756393_400503700863181_968773437466083328_nのコピー2
豚肉の赤色ポソレ
ポソレ用の大きなマイス(とうもろこし)が入っている。
付け合せ(トッピング)として、ラディシュは薄切り、レタスは千切り、玉ねぎはみじん切り、ライムは、乾燥オレガノを細かくしたもの、一味唐辛子があり。
好みでトッピングして食べる。

トスターダ(トルテーヤを焼いてパリパリいしたもの)
ポソレを食べるときにつまみながら食べます。

72761861_2548438581915172_2936167109585010688_nのコピー

揚げ焼きバナナ(デザート)
メキシコでは焼きバナナ用の大きなバナナを使うのですが、残念日本では売っていないので、日本で売ってるバナナを使いました。

72217400_521594128617717_4423379177403580416_nのコピー
ドリンクは、メスカルとハマイカ(ハイビスカスのジュース)。
矢作さんがメキシコで買ってきてくれたメスカル。
美味しくて、どんどん空いていきます。

IMG_1315
今回、メキシコムードを盛り上げてくれたのは、ホドノカズミさんが貸してくれた民族衣装の数々。
すっかりみんな、フリーダカーロになっていました(笑い)

IMG_1256
ホドノさん、ありがとう!

楽しき美味しい宴。
矢作さん、ありがとうございました!また、来日される折にはメキシコパーティをやりましょう!!!

宮川隆のサイエンスカフェ54 「薬膳」についてホントのことを知ろうレポート

宮川隆のサイエンスカフェ54 「薬膳」についてホントのことを知ろうレポート

まず最初は、参加者全員で、各人の体質を知るため、「漢方・薬膳的体質チェックリスト」に答えました。
参加者一人一人のタイプがわかります。
タイプ別人数がわかったところで、おかどさんはじめめぐたまのスタッフが、スープをそれぞれの人数分作りました。

そして、宮川さんの薬膳の話。

お話が終わったら、薬膳ご飯タイム。
丸鶏を使ったスープに、身近にある材料を使って、それぞれのタイプにあったスープを作りました。

これが、おかどさんが考えた8タイプにあった薬膳スープ。

<丸鶏のスープを基本に体質別スープ>

1、気虚 (気不足、気の不足を補う食材)
干し椎茸と鶏と山芋のスープ・パクチー
IMG_0959

2、気滞 (イライラ、気の滞りを良くする食材)
レタスと鮭と玉ねぎのミルクスープ、パクチー
IMG_0982

3、血虚 (血不足、血の不足を補う食材)
鶏とほうれんそうと黒きくらげの玉子スープ、くこの実
IMG_0957

4、瘀血 (どろどろ血流、血流を良くする食材)
  鮭と黒きくらげと玉ねぎのスープ、青梗菜
IMG_0962

5、陰虚 (のぼせ、身体に必要な水分を補う食材)
梨と白きくらげと山芋のスープ、豚肉、葱
IMG_0958

6、水毒 (むくみ、水分代謝を良くする食材)
 はと麦とトウモロコシと鶏肉の生姜スープ、パクチー
IMG_0960

7、熱 (陽熱)(暑がり、身体の熱を冷ます食材)
 トマトときゅうりと春雨のスープ
IMG_0961

8、寒(陽虚)(冷え症、身体を温める食材)
 鶏とじゃがいもと人参のシナモンスープ、ニラ、生姜
IMG_0963

次回は9月28日(土)。
テーマは
宮川隆のサイエンスカフェ55 「合成生命学〜キッチン用品で細胞を作れる!」についてホントのことを知ろう
お待ちしています。
詳しくは下記に
http://megutama.com/宮川隆のサイエンスカフェ55-「合成生命学〜生/