カテゴリー別アーカイブ: 食べる(催し)

落語と江戸料理の会 5 めぐたま寄席 入船亭小辰 レポート

IMG_0833

落語と江戸料理の会 5 めぐたま寄席 入船亭小辰 レポート

3月16日、5回目の落語と江戸料理の会が行われました。

まずは、小辰さんが二席。

そして、次は第二部。江戸料理の会。
おかどめぐみこが、書物を紐解いて再現しました。

*ウエルカム おにぎり(春菜飯のおにぎり)

IMG_3894
*桜鯛の白酢かけ (「鯛百珍料理秘密箱」より)
桜の花の咲く時期、桜色に身を染めて脂がのった桜鯛。鯛は鯉に続いて江戸時代人気のあった魚です。

IMG_3896
*春の雪(「黒白精味集」より)
江戸名産の独活を千切りにして、擂鉢で摺った小松菜の上に盛る。溶けかけた残雪の隙間から、萌えはじめた草が顔を出す情景を描いた、江戸の粋料理。

IMG_3895
*雷豆腐(「豆腐百珍」より。 尋常品の部に入っている)
ごま油を熱して、豆腐をつかみくずして入れて炒め、醤油を入れて、白ネギ、大根おろし、山葵を入れる料理。炒めるとき、バリバリと音がするところからこの名がある。

IMG_3893
*さつま芋のなんば煮(「年中番菜録」より)
出汁は使わず、酒と塩だけで煮た、シンプルな煮物。
「年中番菜録」はよい献立が浮かばない時に役立つように作られたもの。簡単に作れる惣菜がたくさん載っている。

IMG_3892
*菜の花の昆布〆 
江戸時代には昆布〆がはやりました。鯛やヒラメなどの白身魚はもちろん、蒟蒻、青菜など、なんでも昆布で〆ていたようです。今日は菜の花を〆た江戸好みの一品です。

IMG_3891

IMG_3898
*胡椒飯(「名飯部類」より)
出汁は煮立てて、酒と醤油で味をつける。ご飯に黒胡椒を挽きいれてざっくりまぜ、熱い出汁をかける。江戸時代は朝に一日分のご飯を炊くので、夜はこうしたぶっかけ飯が多い。さっぱりとスパイシーでお酒の後に最適。

次回は6月15日(金)
春風亭正太郎 さんです。詳しくは下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会%E3%80%806-%E3%80%80めぐたま寄席-春風亭/

シコアサイズとちゃんこの会 11レポート

28461089_1732312340164219_1745897069_o

貴乃花親方考案・監修 貴流運動法
シコアサイズとちゃんこの会 11

内田英利さんによるシコアサイズの会も11回目。
営業前のめぐたまで楽しくエクササイズ。

そしてその後は、お待ちかねのちゃんこ。
おかどさんが毎回楽しそうに作っています。
今回は藤島部屋の「カレーちゃんこ」。
チベット料理、チャンスンマハを作った時のスープを使って作理ました。
カレー粉は、めぐたまが応援しているヒマラヤ小学校製。
スパイシーで美味しいです。

ヒマラヤ小学校については、めぐたまの活動に詳しく載っています。

http://megutama.com/活動/

28504299_2036844739666279_57174044_o
これは肉を入れたところ。

28461030_2036862386331181_528811907_o
出来上がり!

体を使った後に美味しいちゃんこ、いいひと時でした。

落語と江戸料理の会4  めぐたま寄席  春風亭一蔵 さんレポート

IMG_3017

落語と江戸料理の会4  めぐたま寄席  春風亭一蔵 さんレポート

12月25日、クリスマスの夜に開かれた春風亭一蔵 さんの落語と江戸料理の会、楽しく終わりました。

第一部は春風亭一蔵さんの落語二席。

第二部はおかどめぐみこさんの作る江戸料理。

一蔵さんがお客様全員の席を回ってくれたので、大盛り上がり!

IMG_3015
*ウエルカム クリスマスおにぎり

IMG_3020

*叩き豆腐
江戸料理の豆腐料理のレシピ集「豆腐百珍」の佳品の部に入っている一品。
焼き豆腐と味噌を包丁でよく叩いて合わせ、つなぎに卵白を入れて、小麦粉をまぶして揚げる。お茶うけにも、酒の肴にもよく合う。
原本は豆腐と味噌を7対3の割合で混ぜるとあるが、昔の豆腐は大きかったのか今の豆腐でこの割合だと塩辛くて食べられない。

IMG_3024

*蒟蒻のみぞれ煮 
江戸時代後期の料理本「素人包丁」より。
蒟蒻は医薬品として中国から伝来、「お腹の砂下ろし」と呼ばれて、大掃除の後や冬至、節分などに、毒をさらい体内を清めることを目的に食べられていました。体が芯から温まります。

IMG_3021

*鳴き卵
江戸時代後期の料理本「素人包丁」より。
茹で卵を乾煎りするとき、キューキューと鳴くのと、辛くてうまくて泣けてくるので、この名前がついたのだろうか。同じ料理法を蒟蒻でもやったようです。

IMG_3022

*鶏のオランダ煮
江戸時代の料理書「新撰包丁梯」(杉野駁華(すぎのばくか)より。
オランダ煮は油で炒めたり揚げたりした後に、味をつけて煮る料理法。
江戸時代にオランダ貿易を通じて伝わったと言われています。

IMG_3018

*蓮根胡桃味噌
江戸時代のレシピの載っている料理本「料理伊呂波包丁」より。
食用蓮根は鎌倉時代に中国から伝来。
その効能もさることながら、穴から「見通しがきく」ということで正月などの縁起物として欠かせません。
来年を見通していただこうとご用意しました。
胡桃のアンチエイジング効果とデトックス効果のある蓮根の完璧な組み合わせです。

IMG_3019

*煮干しの炒め
根深汁の出汁をとった後の煮干しと、根深葱の青いところも一緒に炒め、醤油で煎り付ける。
捨てるところのない、江戸倹約料理。

IMG_3026

*根深汁 (『剣客商売』1「女武芸者」より)
秋山大治郎の好物。ネギだけの質素な味噌汁だが、地中深く伸びる葱は白く甘みがある。

IMG_3025

*生姜ごはん

IMG_3023

*大根の漬物

落語と江戸料理の会 5 めぐたま寄席 入船亭小辰さん

IMG_0833

落語と江戸料理の会 5
めぐたま寄席
入船亭小辰

5回目を迎えるめぐたま寄席は
2回目にも登場して、大好評だった入船亭小辰さん。
写真集に囲まれた高座での一席はこじんまりとした空間。
めぐたまがやるからには、もちろんご飯付き。
落語は江戸時代の日本で成立し、
現在まで伝承されている伝統的な話芸。
だから、江戸料理です。
めぐたまで進化し続ける小辰さんの一席と
江戸料理のひと時をお楽しみください。

*4回の様子を知りたい方は下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会4%E3%80%80-めぐたま寄席-%E3%80%80春風亭-2/

3月16日(金)
19:00開演 18:30開場

IMG_0843

落語:入船亭小辰

江戸料理:おかどめぐみこ

会費:4500円
(落語とご飯。ドリンク別/定員30名/全席自由)

場所:写真集食堂めぐたま
渋谷区東3−2−7 1F 恵比寿駅 徒歩7分 
03-6805-1838

予約・問い合わせ:めぐたま 
megutamatokyo@gmail.com
03-6805-1838

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第三回 柳亭市弥 さんレポート

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第三回 柳亭市弥 さんレポート

2017年10月6日に行われた落語と江戸料理の会、たくさんの方に参加していただき、楽しく美味しく終了しました。

IMG_2128
めぐたま恒例ウエルカムおにぎり。
今回は紫蘇の実のおにぎり。

IMG_2124
初めに、柳亭市弥さんの落語二題。

そして、江戸料理。

IMG_2129
*鹿子豆腐 
  江戸時代の料理書「豆腐百珍」の中に奇品として登場する。
  「(豆腐の)水気をしぼり、よくすりて、煮すごさぬよろしき煮加減の小豆を、まぜ合わせ、よきほどにとりて、蒸す也。其の上の調和は、好みにまかすべし。」とある。

IMG_2125
*芋膾(いもなます) 
 池波正太郎の「鬼平犯科帳5 兇賊」で鬼平が気に入った一品。
里芋と刺身の組み合わせに酢が効いていて、乙な味です。

IMG_2127
*椎茸の佃煮
椎茸栽培の最古の技術書「温故斎五瑞編」に載っているに、椎茸は江戸時代中期から人工栽培されていました。世界最古です。
椎茸の佃煮は「茶湯献立指南」では茶席の料理や茶菓子としても供されると書かれています。
江戸の健康食品でした。

IMG_2126
*青物と菊の花のしたしもの
江戸の料理書『年中番莱録』に「胡麻しやうゆ したしもの 上品なり」と書かれています。

IMG_2130
*奈良茶飯 
日本外食の元祖。
もともと奈良の東大寺や興福寺の僧たちが食べていたもの。
明暦 の大火(1657年)のあと普請のため地方からやってきたたくさんの人足のおなかを満たすために、この奈良茶飯が供された。
豆腐の味噌汁と、奈良漬とセットで、供された。

IMG_2131
*豆腐とわかめの江戸漉し味噌汁と奈良漬
「本朝食鑑」には「味噌はわが国で毎日用いる汁」であり「一日もなくてはならぬもの」とある。

IMG_2132
*焼き柿 
江戸時代の定番デザート。
今の柿は品種改良されていてかなり甘いので、そのままで食べて美味しいのですが、江戸時代の柿は甘みが少なく固かったので、焼いて食べました。
焼いた後に煮切りみりんをかけると、より江戸風になります。

次回は12月25日19:00より。
ご飯と落語を楽しめて4500円です。
詳しくは下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会4%E3%80%80-めぐたま寄席-%E3%80%80春風亭一/

大阪なご飯会レポート

大阪なご飯会レポート

2017年7月9日(日)、百々俊二さん、新さんのトークの後、17時から、大阪なご飯会がおこ

IMG_1089
紅ショウガの天ぷら

IMG_1090
やみつきキャベツ

どて焼き (牛スジの煮込み)
*写真を撮り忘れました、ごめんなさい。

IMG_1097

IMG_1096

IMG_1095

IMG_1094

IMG_1092

IMG_1093

IMG_1091
串カツ 7種 
(しし唐、茄子、ウインナー、玉ねぎ、ちくわ、豚と大葉、しいたけ)

IMG_1098
難波黒門市場 大黒風 かやくご飯

IMG_1099
大阪あみだ池 大黒製 岩おこし しょうが入

70年代ご飯の会レポート

5月13日に行われた、写真集を語り尽くすVol.10「70年代と写真の青春時代」に引き続き行われた、70年代ご飯の会の様子です。

トークのゲスト、横木安良夫さん(写真家)、マイク野上さん(写真家)、中村のんさん(スタイリスト)、
白谷敏夫さん(アートディレクター)を囲んで、70年代の話、写真の話で盛り上がりました。

<トークのブレイクタイム>

DSC_0096
*レオンのコーヒーとアマンドのパルミエパイ

セントラルアパートにあった喫茶店、レオン。
多くの文化人、芸能人に愛され、往事の東京カルチャー発信基地として今も語りぐさになっている。
そのレオンのブレンドをそのままに復活したBROWN’S Café & Beansの豆を使っています。

詳しくはBROWN’S Café & Beansのサイト

*****

<70年代のご飯会>

IMG_0204
*チキンバスケット
(手羽元ともも肉のフライ、フライドポテト、生のオニオンリング、櫛切りレモン、パセリ)

IMG_0203
*海老ドリア。

IMG_0205
*スパゲッティミートソース。

IMG_0202

*コンビネーションサラダ、ポテトサラダ付。フレンチドレッシングです。

IMG_0206
*チョコレートサンデー

トークの報告は、少々お待ちください。
後日アップします。

「植田正治が愛した食卓」レポート

「植田正治が愛した食卓」レポート

2月12日に金子隆一さん(写真評論家)と飯沢耕太郎さん(写真評論家)の河出書房新社から刊行された『植田正治作品集」をめぐるトークの後に「植田正治の愛したご飯会」を開催しました。

トークの内容は後日、詳しくレポートしますのでお楽しみに!
まずは、ご飯会の様子、アップします。

お孫さんの増谷寛さんから植田さんのエピソードを聞きながら、植田家に招かれた気分で宴が始まります。

*「じゃぶ」洋風すまし汁
IMG_6853

「植田は味噌汁がきらいでした。なので、植田が「じゃぶ」と名づけた洋風のすまし汁がよく登場しました。「じゃぶ」は

いい加減、適当という意味で使っていた方言です

鳥取の方言で「滅茶苦茶」の事を「じゃじゃくちゃ」と言うのから来ている気がします。

*柳カレイの干物

IMG_6846

「植田は骨のある魚が苦手だった。もともと食が細くぼんぼんだったので、骨のある魚は子供の頃から食べていなかったためなのかもしれません。でも、柳カレイの干物は何故か良く食べていました」

*もずく酢

IMG_6845

「もずく酢は毎日のように食卓に出ていました」

*あご野焼き(飛び魚の野焼きかまぼこ)

IMG_6848

山陰の特産品。

*天ぷら(魚のすり身の揚げたもの)

IMG_6851

鳥取でよく食べられる。

*大山鶏のハーブ焼き

IMG_6852

「食卓には肉の焼いたのはよく出ていました」

今回は、島根の名山大山(だいせん)で飼育している大山鶏にしました。

*伯雲軒のブドーパン。

IMG_6850

「植田は甘いもの好き。今回取寄せていただいた自宅の近くの老舗のパン屋さん伯雲軒のバタークリームが入ったブドーパンは次男でデザイナーだった植田充のお気に入りでした」

*菜の花の辛子和え

IMG_6847

*ごはん

IMG_6855

*板わかめ

IMG_6844

炙って食べます。山陰では日常品的に食べています。

*千代むすび 純米強力

「植田は下戸でお酒は飲みませんでした。

植田の自宅があった境港に行くと、千代むすびの宣伝が電柱にずーっと出ています。地元では一番メジャーな日本酒です」

*大山Gビール バイツエン

鳥取の地ビールといえば、これです

植田さんの知らない一面も楽しめたひと時となりました。
ご参加頂いた皆様、増谷さん、ありがとう!

「写真集を語り尽くす vol.9 津田直さんの旅と写真」の沖縄ごはん

「写真集を語り尽くす vol.9 津田直さんの旅と写真」の沖縄ごはん

このあいだの土曜日(3月4日)に写真家の津田直さんをお迎えして「写真集を語り尽くす vol.9 津田直さんの旅と写真」を開催しました。

今回は、沖縄の伊平屋島と伊是名島を撮った『IHEYA・IZENA』にちなんで、おかどさんが振る舞った沖縄ごはんを紹介します。

沖縄食材をあつめてくれた、つくらしカネダヒロコさんと松原雅裕さん、ありがとう!
つくらしのサイト
http://tsukurashi.jp

『SAMELAND』『NAGA』『IHEYA・IZENA』3部作の写真集の版元、POSTの中島佑介さんも交えて2時間たっぷりお話しいただいたトークの内容は後日、詳しくレポートしますのでお楽しみに!

DSC_0859

(写真:左から津田直さん、飯沢耕太郎さん、POST中島佑介さん)

おやつタイムには『IHEYA・IZENA』にも出てくる伊是屋島の食べもの、ムーチー(月桃で包んだ、神に捧げるお餅)が登場。

DSC_0870 DSC_0872

トークのあとは、参加者のみなさんと沖縄料理の会を。

DSC_0903DSC_0910DSC_0913

 お料理の説明をするおかどさん。この日のために沖縄の泡盛も取り揃えました!

DSC_0906

 

ハンダマ(金時草)とナーベラー(サラダへちま)のサラダDSC_0893

ニガナの白和え

DSC_0899

アカザカズラのむかご(雲南百薬・琉球百薬とも) DSC_0898

豆腐とスクガラス(アイゴの稚魚の塩辛) DSC_0895

青パパイヤしりしり
DSC_0904

ミヌダル(黒ゴマソースの豚の蒸もの。祝膳の一品)

DSC_0891

ゴーヤちゃんぷーるDSC_0914

ドゥル天(田芋の揚げ物)DSC_0909

生のうずら豆のジューシー(炊込みご飯)
DSC_0915

フーチーバ(よもぎ)と島ラッキョウの天ぷら DSC_0917 DSC_0918

シンジー(風邪知らず!沖縄薬膳スープ) DSC_0922

 

津田さん、飯沢さんの語りは尽きることなく、とても楽しい夜となりました。たくさんのご参加、ありがとうございました!

 

写真/館野 帆乃花

めぐたま3周年記念パーティ

IMG_6541めぐたま3周年パーティ

2014年2月22日にオープンした写真集食堂めぐたまも、めでたく今年で3周年。
ここまでやってこられたのも、皆様のお陰。
本当にありがとうございます!!!!

皆様への感謝を込めて、3周年記念パーティを行います。
おいしいご飯と、美味しいお酒。
豪華?賞品付き楽しい催しもあります。

ぜひぜひお越しください。

                    おかどめぐみこ 飯沢耕太郎 ときたま

2月24日(金)
17時から22時(お好きな時間にどうぞ)

3000円(豪華?商品、ご飯、1ドリンク付き)
持ち込み歓迎(持ち込み頂いたものは、参加者全員でシャアして楽しみたいと思います。)

ドリンクは2杯目から1杯500円です。

当日、予約なくていらしても大丈夫ですが、準備の都合があるので、出来たらご予約ください。

めぐたま
megutamatokyo@gmail.com