投稿者「megutama」のアーカイブ

飯沢耕太郎と写真集を語りつくす Vol.19 『黙想録—横谷宣』

【飯沢耕太郎と写真集を語りつくす Vol.19 『黙想録—横谷宣』】

オリジナルの改造レンズと特殊な現像法、自作の印画紙を用いて「見る者を黙想(メディテーション) に誘う」(飯沢・評)作品を創作することで知られる孤高の写真家・横谷宣(よこたにせん)。その 作品を集めた待望の写真集『黙想録』が5月に刊行されたことを記念して、トークを開催します。

トーク:横谷宣(写真家)+ 飯沢耕太郎(写真評論家)

2024 年7月6日(土)
午後4時(開場 3 時 30 分)

写真集食堂めぐたま
渋谷区東 3-2-7-1 階(恵比寿駅徒歩 10 分)
03 6805 1838

3,300 円(税込)ドリンク + めぐたま特製クッキー付き
お申し込み:めぐたま megutamatokyo@gmail.com
                  03 6805 1838

*懇親会 食事代 3,300 円(税込、ドリンク別) トークの後、横谷さんを囲んで夕食会を開きます。トークの参加と同時にお申し込みください。

*写真集『黙想録』(書肆みなもと、6,800 円+税)絶賛発売中! トークの会場では、サイン本が買えます(現金のみ)。

関連企画ーーーーーーーーーー
●横谷宣写真展「黙想録」
5 月 8 日〜 9 月 14 日(日、月曜、祝日、8月1日〜9月2日は休廊)11:00 〜 19:00
gallery bauhaus 千代田区外神田 2-19-14(JR 御茶ノ水駅徒歩6分)  03-5294-2566
http://gallery-bauhaus.com/top.html

めぐたまキットパスプロジェクト38 「こもれび」by 北原のり子

【めぐたまキットパスプロジェクト38 「こもれび」by 北原のり子】

2024年6月4日からめぐたまキットパスプロジェクトが新しくなります。
北原のり子さんの作品「こもれび」です。
北原さんはイラストレーター、テキスタイルデザイナー、キャララクターデザイナー、そして、羊毛フェルト作家として活躍中。
「こもれび」では、ブロックのキットパスを使い、今までにない森の雰囲気を作り出してくださいました。

北原のり子さんのいろいろな情報は下記に。
https://nonofunorth.wixsite.com/kemonoy

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
めぐたまキットパスプロジェクトは知的障害者雇用7割以上の日本理化学工業応援プロジェクト。
めぐたまキットパスプロジェクトについては下記に。
ページの中程に載ってます。
https://megutama.com/活動/

日本理化学工業のサイト
http://www.rikagaku.co.jp

これまでのキットパスプロジェクト作品は下記に。
https://megutama.com/category/キットパスプロジェクト/

ぜひ、新しい作品を見に来てください。

めぐたまでお待ちしています。

第53回 身体に美味しい文化講座 金 大偉 満洲民族のルーツをたどる[1] ☆究極の満洲シャーマニズムの集大成映画『天空のサマン』☆レポート

【第53回 身体に美味しい文化講座
金 大偉 満洲民族のルーツをたどる[1]
☆究極の満洲シャーマニズムの集大成映画『天空のサマン』☆レポート】

2024年5月19日、「第53回 身体に美味しい文化講座  金 大偉 満洲民族のルーツをたどる[1]☆究極の満洲シャーマニズムの集大成映画『天空のサマン』☆」が開かれました。


金 大偉監督の父のルーツである満州民族のルーツをたどる映画『天空のサマン』。
この映画で金さんは、なんと監督・音楽・撮影・製作と、四役も務めています。
天地人を結ぶ、満州族の魂を描こうとするこの作品の細部にまで。彼の想いの詰まっています。


上映の後は、金さんから、映画作りのエピソード、そして、中国の満州シャーマニズムの現状をお話いただきました。

第2部は、店主のおかどめぐみこより満洲料理の時間です。

料理の説明をするおかどさん、

◆東北大拉皮(東北板春雨の胡麻ソース和え)

◆豚肉水餃(豚肉の水餃子)

◆突椒土豆絲(ジャガイモ細切り唐辛子炒め)

◆干炸秘制小拝(特製タレ漬けスペアリブの唐揚げ)

◆醤茄子(茄子の東北味噌炒め)

◆小白菜西紅柿疱塔湯(トマトと白菜の満洲名物すいとん)

◆馬拉糕(マーラカオ 中華蒸し菓子)

心に残る映画と、お料理の夕べ。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
そして、金さん、いい映画でした。太鼓のリズムがまだ耳に残っています。いろいろありがとうございました。

次回の 「身体に美味しい文化講座」は
「第54回身体に美味しい文化講座
…今年の夏は 沖縄•タケシィ•三線ナイト…」

日時:2024年7月28日(日)
  スタート 15:30~(受付17:00~)
会費:5,500円(演奏と沖縄料理)
場所:恵比寿/写真集食堂 めぐたま 
   東京都渋谷区東3-2-7
   https://megutama.com
演奏・唄:タケシィ
料理人 :おかどめぐみこ
要予約:お問い合わせは
畠中 lhasa-h@ezweb.ne.jp
   めぐたま      
   megutamatokyo@gmail.com

*写真/畠中恵子

6月のポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎91

【6月のポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎91】

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。
よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。
作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。
他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。
完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎

日時 2024年6月23日(日)9:30~11:30

料金 3100円(三年番茶付き) 学生割引 1600円(三年番茶付き)

定員 8名

*講座の終了後、ご希望の方は飯沢さんを囲んでの昼食が食べられます。1650円。受付でお申し込みください。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*前日、当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

Bunkamura「渋アート」に掲載されました

【Bunkamura「渋アート」に掲載されました】

Bunkamura「渋アート」の特集「文化が薫るまち歩き -山種美術館編-〈恵比寿・広尾エリア〉」の中で、めぐたまが紹介されました。
ご覧くだサーーイ。

https://www.bunkamura.co.jp/sp/shibu-art/topics/8588.html

*「渋アート」は、落ち着いて過ごせる場所が減ったと感じている大人たちに、渋谷を中心とした日本美術を楽しめる美術館や文化施設の「渋い」魅力と、日本文化の奥深い魅力を多彩な角度から届けるBunkamuraのサイトです。