畠中恵子」タグアーカイブ

【江戸の雅楽で日韓交流~朝鮮通信使への雅楽演奏】第35回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ【7】  

第35回 身体に美味しい文化講座
雅楽と料理を楽しむ夕べ【7】

江戸の雅楽で日韓交流~朝鮮通信使への雅楽演奏

時代を追ってお話&演奏を重ねて来た雅楽と料理を楽しむ夕べも、本格的に江戸時代へと入って
参りました。まだまだ国交が回復していなかった日韓の橋渡しとして、朝鮮国王より徳川幕府に
派遣された公式の外交使節・朝鮮通信使の存在がありました。 彼らへの接待の一部にエンター
テイメントとしての雅楽演奏も含まれ、現代の雅楽観の基が作られて行きます。
そんな朝鮮通信使たちの前で演奏されていた演目から、代表的な何曲かを演奏していただきます。
三田徳明先生の解りやすいお話と目の前で展開される本物の雅楽演奏、そして朝鮮通信使への
接待料理として作られた江戸料理の数々をお楽しみいただけたらと思います。

日時 : 2021年4月4日(日)   スタート 17:00~(受付 16:30)
 
会費 : 5,500円(お話・実演と江戸料理 三年番茶付)
  
場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま
         東京都渋谷区東3-2-7  https://megutama.com
定員 : 15名
                 
お話 : 三田徳明(学習院大学・放送大学講師)
演奏 : 三田徳明雅楽アンサンブル http://gagaku.asia

料理 : おかどめぐみこ

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp  090-4425-4263
めぐたま  megutamatokyo@gmail.com
メールか電話にてご予約下さい。
メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
【メール予約】(1)お名前 (2)来場人数 (3)緊急時のご連絡先(携帯番号など)
       以上を明記し、上記アドレスにご連絡下さい。

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

第35回 身体に美味しい文化講座 …タケシィが奏でる沖縄三線の音~沖縄のお正月…

第35回 身体に美味しい文化講座
…タケシィが奏でる沖縄三線の音~沖縄のお正月…
 
沖縄には3回のお正月があることをご存知でしょうか?
年明け1月1日と旧暦のお正月、そして「あの世(ウチナーグチ)」のお正月です。
日本本土のお正月とはちょっと違った沖縄のお正月気分を、タケシイの三線(サンシン)の
メロディーにのせて楽しんでみませんか?
演奏後はいつものお楽しみ、めぐたま店主おかどめぐみこによる沖縄のお正月料理が並びます。
あまり目にする機会の少ない、沖縄のお正月料理の数々をお楽しみいただけたらと思います。

【タケシィ プロフィール】
 沖縄・唄三線奏者  神奈川県小田原市生まれ。
 中央大学法学部卒業後、某一部上場企業に入社し十数年勤務
するも、コンサートで偶然耳にした三線の音色に魅せられ、
 三線や沖縄音楽の素晴しさを伝えるため唄者(うたしゃ)と
 して音楽活動を始めるという異色のキャリアをもっている。
現在は東京を拠点に関東、東海、関西など日本各地で年間
150本ほどのライヴを展開している。
活動の幅は国内にとどまらず中国、台湾、カンボジア、イタリア、
 フランス、イギリス等でのライヴ実績もあり、音楽を通しての
 国際交流に貢献している。

日時 : 2021年1月23日(土) スタート 17:00~(受付 16:30~)
 会費 : 5,500円(演奏と沖縄お正月料理)
  場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま 東京都渋谷区東3-2-7 https://megutama.com
 
演奏・唄 : タケシィ
  料理人  : おかどめぐみこ

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp 090-4425-4263
めぐたま  megutamatokyo@gmail.com
メールか電話にてご予約ください。
メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
【メール予約】(1)お名前 (2)来場人数 (3)緊急時のご連絡先(携帯番号など)
          以上を明記いただき、上記アドレスにご連絡ください

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

「…川田真壽の江戸・歌舞伎文字…第34回身体に美味しい文化講座」レポート

「…川田真壽の江戸・歌舞伎文字…第34回身体に美味しい文化講座…」レポート

11月15日に開かれた「第34回 身体に美味しい文化講座…川田真壽の江戸・歌舞伎文字…今年の年賀状☆ちょっとお洒落に歌舞伎文字!!」の様子です。

まず初めに、川田真壽さんの歌舞伎文字のレクチャー。


寄席文字、相撲文字、歌舞伎文字は少しずつ違う!


町の中にも江戸文字が見られます。

続いて、川田さんが実際に描かれるところを見学。

鉛筆のように筆を持ちます。


丸く書くので、なぞって書くのもありだそうです。


お土産に、年賀状用のお手本もいただきました。

レクチャーの後は、夕ご飯。

めぐたまのおかどめぐみこさんによるお料理のお話。
今回は歌舞伎文字にちなんで、歌舞伎の幕間に食べた幕ノ内弁当の夕食です。

「幕ノ内弁当は江戸の書、守貞謾稿よると以下のものが書かれています。
<握飯10個、蒟蒻、焼豆腐、干瓢、里芋、蒲鉾、卵焼>
そこに出てくるメニューです。

今回は江戸・歌舞伎文字の催しですが、十文字の仕切りが真ん中に入った松花堂弁当箱にしました。
松花堂の箱自体は江戸時代に松花堂昭乗が物入として使っていたものですが、弁当箱として確立したのは吉兆の湯木貞一さんで昭和のこと。
今日は、箱が江戸からあったということでお目こぼしを」


お弁当箱に書いていただいた文字も、もちろん川田さん筆です。


<めぐたまの幕ノ内弁当>

口取り; 玉子焼、紅白蒲鉾、揚げ銀杏、菊見人参

煮物; 蒟蒻、焼豆腐、干瓢、里芋、椎茸、むすび昆布

焼き物など; 蛸の江戸煮、とりつくねと焼き葱、マグロのせんべい揚、焼山芋
小松菜のしたしもの

飯; 玄米と白米の握り飯4つ、奈良漬け

菓子; 焼き柿、かすてらいも

次回の「身体に美味しい文化講座」、ぜひご参加ください。
ーーーーーーーーー
第35回 身体に美味しい文化講座
…タケシィが奏でる沖縄三線の音~沖縄のお正月…

2021年1月23日(土) 
スタート 17:00~(受付 16:30~)
5,500円(演奏と沖縄お正月料理)

要予約、詳しい内容のお問い合わせ : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp 
メールでご予約ください。

メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
    【メール予約】(1)お名前 (2)来場人数 (3)緊急時のご連絡先(携帯番号など)
          以上を明記いただき、上記アドレスにご連絡ください

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

第33回身体に美味しい文化講座 …癒しのハ―ピスト・彩愛玲(SaiAiling)の世界… 中世ドイツのメディカルハ―ブとヒストリカルハ―プのひと時レポート

第33回身体に美味しい文化講座
…癒しのハ―ピスト・彩愛玲(SaiAiling)の世界…
中世ドイツのメディカルハ―ブとヒストリカルハ―プのひと時レポート

9月6日、久しぶりに身体に美味しい文化講座が開かれました。
今回は …癒しのハ―ピスト・彩愛玲(SaiAiling)の世界…。

第一部は、癒しのハ―ピスト・彩愛玲によるヒルデガルドと教会音楽、そしてハーブのルーツを辿ってのお話と、ハープの演奏。

当時そのままに復元された2種類のヒストリカルハ―プを使い、実際に奏でられていた幾つかの曲を中心に演奏していただきます。

世界に3台しかないアングロサクソンハープを演奏する彩愛玲さん。

お話しと演奏の後はヒルデガルドのレシピからヒントを得た、南ドイツ料理。
ヒルデガルドの考える食は、空腹を満たすだけではなく、「健康を維持すること」「心身のバランスを整えること」を重視。
スペルト小麦、ハーブ、季節の食材を大事にしている。


ウエルカムドリンクは 冷たいミントティ(自家栽培)


スペルト小麦とビーツとりんごのサラダ
(体力をつけるためのおすすめ料理。スペルト小麦は胃腸の働きをたすける最高の穀物。ヒルデガルドはこの古代麦を絶賛、多用している)


ズッキーニのサラダ 木いちご風味
(ズッキーニを生で食べるサラダ。木いちごとディルで薫り高く)


マウルタッシェン
(ドイツ風スープ餃子。肉食をしてはいけない時期に、皮で包んだものなら神様に気づかれないだろうと作った)


サーモンのひまわりオイル揚げ、香草風味とライ麦パン
(鮭は多くの香草との組み合わせで、胃に負担がかからず、消化を助けます。ひまわりオイルを使ってあっさりと。)


ワインゼリー
(ワインは修道女たちの健康促進を始め、薬用にも使われていた。ドイツの白ワインリースリングを使った香りよいゼリーは疲れた体を癒してくれます)

癒しのハープの音色と体に優しいドイツ料理で楽しいひと時でした。

彩愛玲さん、ありがとうございました。(これは彩愛玲さんのCDです)

第33回身体に美味しい文化講座 …癒しのハ―ピスト・彩愛玲(SaiAiling)の世界… 中世ドイツのメディカルハ―ブとヒストリカルハ―プのひと時

第33回身体に美味しい文化講座
…癒しのハ―ピスト・彩愛玲(SaiAiling)の世界…
中世ドイツのメディカルハ―ブとヒストリカルハ―プのひと時

中世ドイツのベネディクト会系女子修道院長・ヒルデガルドが提唱した、心と身体は一体であるという考え方に基づいてハ―ブやスパイスを健康的なライフスタイルに取り込んだメディカルハ―ブについてのお話しを、癒しのハ―ピスト・彩愛玲に語っていただきます。
そして当時そのままに復元された2種類のヒストリカルハ―プを使い、実際に奏でられていた幾つかの曲を中心に演奏していただきます。

お話しと演奏の後は南ドイツの修道院料理からヒントを得た、おかど めぐみこの手による野菜を中心とした南ドイツ料理の数々が登場いたします。
健康的で美味しいメディカルハ―ブの世界を体験しにいらしてみませんか?

日時:2020年9月6日(日) スタート 11:00~(受付10:30~)
会費:5,500円 (お話とハ―プ演奏&メディカルハ-ブ料理)
場所:恵比寿/写真集食堂めぐたま
   東京都渋谷区東3-2-7
   https://megutama.com/

お話・ハ-プ演奏:彩愛玲
料理:おかど めぐみこ

要予約:㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp
    めぐたま megutamatokyo@gmail.com
メールにてご予約ください。
こちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
【ご予約】①お名前 ②来場人数 ③緊急時のご連絡先(携帯番号など)
以上を明記いただき、上記アドレスまでご連絡ください。
■前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。