落語」タグアーカイブ

落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第14回  春風亭一蔵 さん

IMG_3299

【落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第14回  春風亭一蔵 さん】

落語と江戸料理の会 
めぐたま寄席
第十四回 春風亭一蔵 さん

この秋、めぐたま寄席のメンバー3人が
一挙に真打になりました。めでたい!
春風亭一蔵さん、市弥改め8代目・柳亭小燕枝さん、
小辰改め10代目・入船亭扇橋さんです。

今回は、真打になりたてほやほやの一蔵さんを迎えての一席です。

落語と料理。五感で江戸を味わう
めぐたまならではの贅沢な寄席です。

「毎回違う江戸料理」
めぐたま寄席では毎回違う江戸料理を、
あちこちの文献を探して、
おかどめぐみこが作ります。
乞うご期待。

江戸料理の一部をご紹介します。(予定)
*卵なます
「万宝料理秘密箱」より。薄焼き卵とゆで卵を煎り酒と
黄身で和えた彩りの美しい料理。煎り酒は酒に、昆布、
梅干しと鰹節を入れて煮詰めた江戸時代の調味料。

*海老真上揚げ
「八百善料理通」より。 真打に上(揚)がるとかけて選
びました。叩いて、すり鉢でよく摺った海老を卵黄と合
わせて揚げた、めでたく豪華な料理。

*鯛の香物鮓
 「鯛百珍料理秘密箱」より。めでたい高級魚鯛とたく
 あんの組み合わせが面白い料理。飯に混ぜ合わせ、重
 石をする。原本に「風味一だんのすしなり」とある。

これまでの様子。
江戸料理も載っています。
落語会の様子

他では味わえない、落語と江戸料理の一時。
ひぜひお越しくださいませ。

*写真は前回のめぐたま寄席の様子です。

日時:11月18日(金)
   19:00開演 18:30開場

会費:5500円(落語と江戸料理。ドリンク別/定員20名/全席自由)(税込)

場所:写真集食堂めぐたま
渋谷区東3−2−7 1F 恵比寿駅 徒歩7分 03-6805-1838

予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com、03-6805-1838

*新型コロナの感染拡大状況によっては、延期、中止になる場合があります。その場合はメールでお知らせいたします。ご了承くださいませ。
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

【落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第13回 春風亭柳枝師匠 レポート】

【落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第13回  春風亭柳枝師匠 レポート】

3度目の正直でやっと開催できためぐたま寄席。
お休みしている間に、正太郎さんは真打ちに。名前が柳枝さんと変わりました。


まず、二席。柳枝師匠をお招きしてのめぐたま寄席は大入り!

落語の後は、2部の江戸料理の会。
今回はおかどめぐみこが、柳枝さんの柳にちなんだ江戸料理をみつけてきました。


*ウエルカム おにぎり お赤飯 
遅ればせの真打昇進おめでとうございます


*柳ばや(やなぎばや) 
「料理早指南・当流節用料理大全」より。
形 が 柳 の 葉 に 似 て い る 柳 魦 ( や なぎはえ)を叩いて丸めて揚げます。魦はイサザのこと。 やなぎはえ(柳栄)とは、めでたや、めでたや。


*柳に毬(やなぎにまり)
「料理物語」より。
「料理物語」に「つまみ菜にさといもいるる也」と出てきます。「当流節用料理大全」「料理早指南」にも掲載される江戸時代の人気の汁物料理です。柳枝さんの柳にちなんで選びました。前日が七夕でしたので、ソーメンを添えてみました。


*玲瓏豆腐(こおりとうふ)
「豆腐百珍奇品」より。
豆腐を寒天で固めた、涼味ある料理。三杯酢でも黒蜜でもおいしい一品。


*鶏の味噌松風焼
「料理山海集」より。
お祝いの重箱に必ず入る料理。
「うるの粉四合砂糖八拾匁みそ100匁右のうちへ醤油少し入れよくむしつけ合平めて布目を付上下よりやききりてもちゆへし」とある。


*冬瓜のもろこしあんかけ
「八百善料理通」より。
トウモロコシと豆乳でポタージュのようなあんを作ります。当時はかなりハイカラな料理だったと思われます。


*小鮎飯
「素人庖丁」より。
江戸時代人気の鮎料理。当時は多摩川の鮎を鮮度よく運ぶのために鮎飛脚も登場!当日は九頭竜川の天然鮎で。


*豆飴(古今名物御前菓子秘伝抄)
黄な粉(州浜粉)と水飴でつくる、いわゆる州浜(すはま)。うぐいす粉で柳の葉のような色と形に。

*麦湯

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
久しぶりのめぐたま寄席。柳枝さん、ありがとうございました。お越しいただいた皆様も感謝です。
落語を聞いて、江戸料理を食べる会、これからも続けて行きます。
次回の予定は、決まり次第、お知らせします。

そうそう、めぐたま寄席は4人の二つ目さんにお願いしています。
去年、柳枝さんが真打ちに。
そして、めでたいことに、残りの3名がこの秋に真打ちになります。めでたやめでたや。

落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第13回 春風亭柳枝 さん

【落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第13回  春風亭柳枝 さん】

めぐたま寄席の兄貴分、正太郎さんが
昨年三月に真打に昇進しました!
そのうえ、大名跡の九代目春風亭柳枝を襲名‼︎
お祝いの落語会を企画しましたが、
新型コロナの感染拡大のため2度も延期になり‥‥。
今度こそ、3度目の正直です。
落語と料理。五感で江戸を味わう
めぐたまならではの贅沢な寄席です。

「毎回違う江戸料理」
めぐたま寄席では毎回違う江戸料理を、
あちこちの文献を探して、
おかどめぐみこが作ります。
乞うご期待。

これまでの落語会の様子
江戸料理も載っています。

他では味わえない、落語と江戸料理の一時。
ひぜひお越しくださいませ。

*写真は前回のめぐたま寄席の様子です。まだ正太郎さんでした。

日時:7月8日(金)
   19:00開演 18:30開場

会費:5500円(落語と江戸料理。ドリンク別/定員20名/全席自由)(税込)

場所:写真集食堂めぐたま
渋谷区東3−2−7 1F 恵比寿駅 徒歩7分 03-6805-1838

予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com、03-6805-1838

*新型コロナの感染拡大状況によっては、延期、中止になる場合があります。その場合はメールでお知らせいたします。ご了承くださいませ。
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

延期のお知らせ/落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第十三回 春風亭正太郎 さん

【延期のお知らせ/落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第十三回 春風亭正太郎 さん 】

緊急事態宣言が3月21日まで延長されたことを受け、3月12日(金)に予定していました

【落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第十三回 春風亭正太郎 さん 】

の会を、延期いたします。
直前のお知らせになり申し訳ありません。

新型コロナがお落ち着きましたら、「祝 真打昇進& 九代目柳枝襲名!!! 」の春風亭正太郎 さんの一席と江戸料理の会、必ず開催したいと思っています。
また改めてお知らせいたします。

落語と江戸料理の会  めぐたま寄席 第十三回 春風亭正太郎 さん

落語と江戸料理の会  めぐたま寄席
第十三回 春風亭正太郎 さん

祝 真打昇進& 九代目柳枝襲名!!!

めぐたま寄席の兄貴分、正太郎さんが
二千二十一年三月に真打に昇進します!
そして、なんと!九代目春風亭柳枝を襲名‼︎
柳枝は江戸時代から続く大名跡です‼︎‼︎
これはお祝いをしなければと思い、
ソーシャルディスタンスをとって
正太郎さんの会を開くことにしました。
今回は、落語と江戸のお弁当の会です。
お越しをお待ちしています。

今回は江戸のお弁当
風俗を細かく描いた江戸時代の百科事典『守貞満腔』に出てくる幕の内弁当を元に、おかどめぐみこが江戸の味のお祝い弁当をしつらえます。お持ち帰りいただけます。

3月12日(金)
19:00 18:30開場
会費:4500円(落語とお弁当。ドリンク別/定員20名/全席自由)

場所:写真集食堂めぐたま
渋谷区東3−2−7 1F 恵比寿駅 徒歩7分 03-6805-1838
予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com、03-6805-1838

*新型コロナの感染拡大状況によっては、延期、中止になる場合があります。その場合はメールでお知らせいたします。ご了承くださいませ。
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。