カテゴリー別アーカイブ: めぐたまについて

山菜天ぷらあります!

140501_1937
今日5月2日も夜の部、すなわち5時からは山菜天ぷらあります。
こごみ、山ウド、たらの芽、こしあぶらなど、そのときにあるものででできます。
おいしいですよん。

これは3人分で、2500円です。
人数に応じて、金額が変わります。

140501_1926
筍のオリーブ焼きも好評です。
これが最後の筍になるかな?
残りわずか、早い者勝ちです。

天然山菜デトックスランチ、はじめました

春の味覚、山菜の季節がやってきました!
めぐたまにも、おかげさまで毎日山菜が山盛り届いています。
IMG_1060
山菜の苦味には、新陳代謝を高めデットクス効果のある成分がいっぱい!
そんな新鮮な天然山菜をたっぷり食べていただこうと、山菜を使った特別ランチを始めました。
IMG_1063
天然山菜のデトックスランチ(2000円)
肉か魚のメインの他に、5種類以上の山菜を使った副菜がつくお得なランチセットです。
わらびの生姜醤油和え、山菜の女王と呼ばれる、あいこのお浸し、しどけのくるみ和え、山ウドの酢味噌和え、こごみの胡麻和え等……
豊富に山菜が手に入る時期だけの、期間限定の特製ランチです。
(あと1週間ぐらいで終わってしまうかも……)

この季節しか味わえない自然の恵みを、どうぞ存分に味わってください!

山菜盛り。

各地から、どんどん山菜がやってきます。
天ぷらおいしいですよね。

DSC_0138
今日から、山菜盛りもあります。
時計まわりに、白いのが山ウドの酢味噌和え、山の三つ葉のお浸し(10センチくらいに短い三つ葉です)、わらびの生姜醤油、青こごみの黒ゴマ和え、真中がタラの芽のクルミ和えです。
もちろんクルミ和えの地も酢味噌もみ〜〜んな自家製です。

タケノコの船が着いた!

140421_1759
今、伊豆から採れたてタケノコたくさん着きました。
嬉しい、ありがとう!
濡れた新聞紙に包んで送られて来たので、ホントに新鮮。

140421_1809
柔らかいから切るのも簡単。
おかどさんがどんどん、下ごしらえしていきます。

140421_1810
新鮮だから、多分10分くらい茹でれば大丈夫。

明日22日火曜日から、どんどんお店で出しますヨン。
若竹煮、青椒肉絲、オリーブ焼き、筍ご飯、、、、、、。
何になるか、お楽しみに。
ご来店、ご予約、お待ちしていまーーす。

山菜が来た!

今日、岡山の勝山から山採りの山菜が来ました。
ということは、もちろん、天然。
全部、山菜名人ショウサンがとってくれましたから、特別においしいですヨン。

140419_1610

ワラビはただいま灰汁抜き中。
炊くのもいいし、シヨウガじょうゆも乙だよね。

140419_1611

コシアブラとタラノメは天ぷらかな。
今年はタラノメは遅いらしい。

もちろん、飛び切りおいしいタケノコもやってきました。
焼きタケノコ、タケノコご飯、炒め物、味噌汁にも入っているかも。
何になるかはお楽しみ。

早い者勝ちです!
ぜひぜひお越しください。
予約お待ちしていまーーす。

特別純米酒「めぐたま」

めぐたまは、お酒も飲める食堂です。

ビールやワイン、焼酎、自家製梅酒などがありますが、その中でも一際目を引くのが、こちら。

IMG_0892

 

 

 

 

 

 

 

特別純米酒、「めぐたま」!

こちらは、おかどめぐみこの友人である広島相原酒造の杜氏、堀本敦志さんが、めぐたまのために醸したお酒になります。

日本酒グランプリを受賞したこともある広島相原酒造は、伝統を守り、基本に忠実でありながら、アバンギャルドであり続けたいという信念のもと日本酒を造っている杜氏です。

広島相原酒造 http://www.urban.ne.jp/home/aihara/

のどごしが良くて飲みやすく、お米の旨みをしっかり味わえる、「悪酔いしない」とときたまも大絶賛の特別純米酒・めぐたま!

IMG_0891

お店の内装デザインをしてくださった橋本夕紀夫デザインスタジオの藤本さん(左)と、内装の施工をしてくださった施工計画の関さん(右)

めぐたまを飲みながら、笑顔のツーショット!

 

 

ここでしか味わえない特別な日本酒の旨みを、ぜひご堪能ください!

ちなみにこの「めぐたま」のロゴ、写真集食堂めぐたまのロゴ

default

 

 

 

 

の、「ぐ」の字の濁点と同じだったりします。いらしたらチェックしてみてくださいね~!

 

新商品、真っ赤ないちごソフト!

本日から発売になる、2種類の新ソフトクリームをご紹介したいと思います!

真っ赤ないちごソフト
IMG_0980

 

 

 

 

 

 

 

千葉県の成田ガイヤ・千葉農場で育てられたイチゴを使った、いちごソフトです。
1年中収穫できる四季成りのアルビーという品種のイチゴを真っ赤なソースにして、黄金率みるくのソフトクリームにたっぷりかけました。
甘いだけでなく、しっかり酸味もある甘酸っぱいイチゴなので、ソフトクリームとの相性もばっちり!
三年番茶とセットで、800円になります。
IMG_0984

 

 

 

 

 

また、3月4月限定で、お食事後のミニソフト(300円)に、ご希望でいちごソースをサービスいたします。
かわいらしく美味しいイチゴソフトを、ぜひお試しください!

*3月25日(火)の営業に関して*
3月25日は貸切のため、ランチ営業は13時までとなります。
17時からは、カウンターと一部のテーブル席で通常営業を再開いたします。
ご了承ください。

めぐたまのお米

めぐたまでは、米作農家 たちばな屋さんが作った、ピロール農法のたちばな米を使っています。

IMG_0883

 

 

 

 

 

 

 

ピロール農法とは、光合成を行うらん藻を土の中に繁茂させて農作物を作る農法です。

らん藻が二酸化炭素を吸収して酸素を土の中に産み出すことで、土の中の微生物が豊かになり、栄養豊富なお米や野菜が育ちます。

IMG_0894

 

 

 

 

 

 

このピロール米は、悪性貧血や神経障害を防ぐビタミンB12を含む唯一のお米!

また、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、鉄などのミネラルも豊富です!

めぐたまではこのピロール米の栄養価を活かせるよう、黒米とまぜた玄米と、七分づき(ほぼ白米)でご提供しています。

栄養だけでなく、冷めても味が落ちにくく、甘みがあって、しっかりとご飯のおいしさが詰まったお米です。

どうぞたっぷりお召し上がりください!

IMG_0878

オープン日にご来店くださった、たちばな屋の宮本哲夫さん、宮本知子さん。

おいしいお米をありがとうございます!!

少量ずつの販売もいたしますので、お気軽にスタッフまでお声がけください。

めぐたまの建築3

めぐたまの建築、以前は外側からの様子をお伝えしましたが、今回は内側から見た建物をご説明したいと思います。

toki44
外から見ると、このようだった建築途中のめぐたま(写真左)

 

 

 

柱や梁などの基礎ができあがった状態を、内側から見るとこんな風になります。

toki60
木で作られた気持ちのいい空間に、めぐたまでイベント等を担当するときたまも、ご満悦の表情。

 

 

 

店内の壁はほとんどが作りつけの本棚になっているため、内壁ができあがるとこのような感じに。

_DSC0548

 

 

 

 

_DSC0539

中に柱を立てず、最大6メートルの広い空間を作れるのが、めぐたまの建築法であるエアロハウスの大きな特徴の一つです。

 

 

中に物が運び込まれていない状態だと、めぐたまが四角い箱状の建物だということが、よくわかります。

_DSC0573

 

 

 

 

ここにキッチンやカウンターが作られ、テーブルや本が運び込まれ、現在のめぐたまの店になったわけです。

IMG_0906

 

 

 

 

 

以上、3回に渡ってめぐたまの建築について掲載してきましたが、建築を担当してくださったエアロハウスの村井正さんから、直接色々なお話を伺えるトークショー
「村井正さん エアロハウスって何?~写真集食堂めぐたまの建築について~」
を、3月13日(木)19時から、めぐたまで開催いたします!
なんと、会費は無料(ただし、めぐたまで1品以上のオーダーをお願いします)。
建築家から生の声を聞く、それどころか色々お話もできちゃう滅多にない機会ですので、どうぞお気軽にお越しください。

ゲスト/村井正
http://www.aerohouse.net/
聞き手/ときたま
http://www.tokitama.net

お申し込み、お問い合わせは、megutamatokyo@gmail.comまで!
皆様のご参加、お待ちしておりますー!

めぐたまの建築2

めぐたまは、エアロハウスという建築方法で建てられています。
IMG_0912

 

 

 

 

 

 

 

エアロハウスは簡単に言うと、同じ木材で中間の空いた枠を作り、その枠を並べて、ボックス型の建物を作るというもの。
めぐたま建築中の写真をご覧になるとわかりやすいのですが、
toki13

 

 

 

 

 

このように、同じ木材でフレームを作って並べて骨組みを作ります。
さらにこのフレームを構造用合板で覆って外皮にし、箱型の建物を作るわけです。
枠型の基礎で成り立っているため、間に柱が必要なく、最大で6メートルの空間を作ることができます。
IMG_0906

 

 

 

 

 

くわしくはエアロハウスのHP(http://www.aerohouse.net/
もしくは、3月13日、19時からめぐたまで開催される、エアロハウスを生み出した建築家・村井正さんのトークショーで!
トークショーに興味のある方は、megutamatokyo@gmail.comまでお気軽にお問い合わせください!
なお、めぐたまの背後には、同じエアロハウスでときたまの自宅も築中です。
_MG_6539

 

 

 

 

 

上が、建設中の自宅の様子。
フレームで形作られた二階建ての建物の基礎がよくわかります!
toki44

 

 

 

 

 

2軒並ぶとこんな感じ。
同じエアロハウスでも、用途や条件に応じて変化がつけられていることがわかります。
トークショーではこの辺りのことも根掘り葉掘り伺いますので、ご期待ください!