めぐたまについて」カテゴリーアーカイブ

「めぐたま特製紫蘇ジュース」の販売開始!

夏バテ防止! 花粉症予防! 万病予防!
「めぐたま特製紫蘇ジュース」の販売開始!

紫蘇の「蘇」はよみがえるという意味、私たちが本来持っている免疫力を高める働きがあり、夏を乗り切る抵抗力のある体を作ってくれます。花粉症などのアレルギー対策にも効果的といわれています。
そのままでも、氷を入れても、焼酎や炭酸で割ったり、ドレッシングにいれても美味しく召し上がっていただけます。

*数に限りがありますので、予約をお待ちしています。

今年は友人の「Koizumi farm.のモンペガールチーム」が育ててくれた農薬を使わない赤紫蘇で作りました。

富士山が見える気持ちのいい畑です。

Koizumi farm.のモンペガールチームの皆さんが愛情いっぱいに育ててださいました。ありがとうございます!

めぐたまに届いた元気な赤紫蘇!

めぐたまスタッフが、手際よく紫蘇ジュースを作っていきます。
まず、沸騰したお湯に、たっぷりの赤紫蘇を入れると、さっと色が緑に変わります。

冷めたら、お酢を入れる。

するとあら不思議、綺麗な赤い色になります。
うーーん写真だと、お鍋が深いから、黒っぽく見えますが、綺麗な深い葡萄色です。

めぐたまでは、一杯880円(税込)でご提供しています。数に限りがあります。なくなったら、ごめんなさい。

お持ち帰り用
1本(1000ml)で1620円(税込)

贈答用の箱入りもあります。1820円(税込)。

郵送をご希望の方は、めぐたま商店からお申し込みください。
https://megutamashoten.com

「めぐたま特製紫蘇ジュース」を飲んで、夏を乗り切りましょう!

*無添加ですので、冷蔵庫で保存し、開封後はお早めにおめし上がりください。
*数に限りがありますので、ご希望の方はご予約がおすすめです。売り切れの折はご容赦ください。
megutamatokyo@gmail.com
                                  
品 名 紫蘇ジュース
原 材 料 赤紫蘇・米酢・三温糖
内 容 量 1000ml
価  格 1620円(税込)
賞味期限 2020年10月31日まで
保存方法 冷蔵庫にて保存してください。

めぐたまのメニュー看板のための写真を撮影中。

めぐたまのメニュー看板のための写真を撮影中。

今日は月曜日。めぐたまはお休みです。。
店内では、お店の外に設置するメニュー看板のための撮影をしています。

IMG_6847

写真は土居麻紀子さん。
http://doimakiko.com

おかどさんが盛り付けのチェックしながら進みます。

IMG_6849

撮影されている写真を覗き込むおかどさん。
撮ったはじからから見られる、という時代になって、久しい。なんて書くと、年がばれる(笑い)。

IMG_6846

デザイナーの塚田佳奈(ME&MIRCO)さんと打ち合わせをする編集の西川真貴さん。
ME&MIRCO
http://www.meandmiraco.com

IMG_6850

そして、撮影が終わったカツカレーとビールを楽しむ飯沢耕太郎さん。

着々と撮影が進みます。7月には、テイクアウト情報も載せた看板ができます。お楽しみに。

カツ丼始めました。

IMG_6213

カツ丼始めました。

爽やか豚のヒレカツで作ったカツ丼です。
特製のたれの味付けが程よいんです。
テイクアウトもあります。

ランチ 12時から14時30分
1300円(税抜き) 味噌汁、お漬物付き

夜 17時から21時
1500円(税抜き) 味噌汁、お漬物付き

テイクアウト 12時から20時
1500円(税込) お漬物付き

【5/7〜31の営業について】

【5/7〜31の営業について】
写真集食堂めぐたまは、明日5/7(木)から営業を再開いたします。
緊急事態宣言の期間延長と東京都の感染防止協力の要請を受けて、めぐたまは5/31(日)まで、火〜金曜日の16時~19時、お弁当とお料理のテイクアウトのみの時短営業をいたします。
できるだけ、事前にお電話(03-6805-1838)でご予約ください。
【予定メニュー】
・晩ごはんプレート 3000円
・めぐたま弁当 1500円
・ひれかつカレー 1500円
・唐揚げカレー 1300円
・大山鶏のハーブ焼き 1500円
・亡命ロシア風鶏の煮込み(サワークリーム煮) 1800円
・まぐろの立田揚げ 1200円
・麩チャンプル 900円
・青菜胡麻和え 350円 
など。全て税込。

忍者学の山田雄司教授からも、「めぐたま兵糧丸」を推奨していただきました。

忍者学の山田雄司先生からも、「めぐたま兵糧丸」を推奨していただきました。

忍者学の第一人者三重大学の山田雄司教授(国際忍者研究センター 副所長)
からの推奨をいただきました。

三重大学人文学部日本中世史(山田雄司)研究室
http://onryo.syuriken.jp/

山田先生93611341_215487876377216_7029241139894943744_n

山田教授の推薦コメント
”「兵糧丸」は、忍者が任務遂行時に食していた滋養と栄養バランスのよい保存食です。コロナウイルスにより、いまや世界中の人々が、長期間の『自宅待機』という忍耐を求められています。

こういう時こそ、忍者のように平常心を保つことを心がけ、忍者がそうであったように、「愛するひとのために、家族のために、忍耐強く」自宅待機という任務を遂行してもらえたらと思います。幸い、スーパーには潤沢に食料が用意されています。決して買い占めなどしないでくださいね。

それでも、緊急時、非常時の食料が心配という方には、「兵糧丸」をお薦めします。「兵糧丸」を口にしながら、「何日も、お城の屋根裏や床下にひそんでいた忍者」の姿を思い浮かべつつ、お子さんたちと忍者談義をしつつ、この難局を乗り越えてもらえたら嬉しいです。
みんなで力を合わせ、未来を信じて頑張りましょう。”

山田先生、心のこもった嬉しいメッセージ、ありがとうございました。

そして、兵糧丸のお買い求めは下記から。
https://megutamatokyo.stores.jp

1日も早く、大変な状況が収束するよう願いながら、今日も、兵糧丸を丸めます!