飯沢耕太郎」タグアーカイブ

「めぐたま10周年パーティ」のレポート

【「めぐたま10周年パーティ」のレポート】


写真集食堂めぐたまは、2024年2月22日に10周年を迎えました。
11年目に突入した最初の日、2月23日に「めぐたま10周年パーティ」を開催。
120名くらいの方に参加いただきました。満員でお断りした方もいました、ごめんなさいね。

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。
当日会場には来られなくても、お祝いをお送りいただいた方、ありがとうございました。

パーティは昼と夜の2部制のつもりが、参加申し込みが多く、急遽、昼と夜の間に午後の部を作って、3部構成のパーティになりました。

昼の部。
始まりは、「めぐたまの歌」。オーシャンゼリゼの替え歌です。ウクレレは飯沢耕太郎。

めぐたまの運営メンバー、おかどめぐみこ、飯沢耕太郎、ときたまの3人がめぐたまの10年を振り返り、これから先のことを語る時間。題して「写真集食堂めぐたまって何?」。司会は、開店からずーっとめぐたまに通ってくださっている編集者、永峰美佳さん。

次から次へとお料理が運ばれてきます。

差し入れもたくさん。ありがとうございます!
お酒の差し入れの向こうで、できたばかりの本を宣伝している飯沢耕太郎。

ときたま作の生ハムも登場。と言っても、やったのは最初の塩漬けだけです(笑い)

器用なKさんは薄く切れます。たくさん切っていただき、ありがとうございました。

参加者の他己紹介の後は、めぐたまのスタッフ紹介。

窓と洗面所の鏡に描かれた作品はキットパスで描かれています。
そのキットパスを作っている日本理化学工業に勤める小森さんと。

ときたまの写真集「遊楽満腹ー写真集食堂めぐたま20140222−20240221」。この10年撮り貯めていた「めぐたま」でのあれこれをまとめました。みなさまへのおみやげです。
めぐたまでも販売中。ぜひ手に取ってみてください。

午後の部。
急遽作った午後の部。2時間の短い時間ですが、素敵なお客様がきてくださり、毎回恒例の「めぐたまの社歌」?をみなで合唱しました。三田徳明さん率いる三田徳明雅楽研究会の演奏と歌です。その様子は下記の三田徳明さんの映像に。

夜の部。
写真についての著書もいろいろ書かれている文筆家・大竹昭子さんと写真評論家の飯沢耕太郎が写真集について「写真集の夢」トーク。

二人の対談の様子、下記の稲木紫織さんのFBが素晴らしかったので、ここに引用させていただきました。下のFBの写真をクリックすると、全部が読めます。稲木さん、ありがとうございます。

しみじみ、これまでにめぐたまにいらしてくださった全ての方のおかげで、めぐたまは10周年を迎えることができたんだなあと感慨にふけってしまいます。感謝しかありません。
ありがとうございます!

そして、「写真集食堂めぐたま」は末長く、、、、いや、後10年、ともかく5年、ともかく3年、ともかくともかく1年、11周年を目指し、6666部の写真集と、おいしいごはんと、ワクワクするイベントをご用意してお待ちします。

「写真集食堂めぐたま」を今後ともよろしくお願い致します!!!

写真撮影は石崎登さん、大林隆司さん、大山真里さん、加藤はるみさん、神田祥子さん。ありがとうございます。

「落語と江戸料理の会   めぐたま寄席 第18回 春風亭一蔵師匠」レポート

【「落語と江戸料理の会   めぐたま寄席 第18回 春風亭一蔵師匠」レポート】

2024年2月9日に行われた春風亭一蔵師匠を迎えての「落語と江戸料理の会」、満員のお客様を迎えて、楽しく美味しいひと時を過ごしました。
まず初めはお待ちかねの一蔵さんの落語二席。江戸時代にタイムスリップして、笑ったり、ヤキモキしたり、しんみりしたり、、、、、、。
*落語の写真、すっかり話に夢中になって、撮り忘れてしまいました。申し訳ございません。

そして2部は、毎度おなじみ、おかどめぐみこによる江戸料理の会です。

*ウエルカムおにぎり 

*鶏の長崎煮 (八百善料理通より)
このお料理も、写真を撮り忘れました。ごめんなさい。

*薯蕷(いも)かけ豆腐(豆腐百珍 佳品より)
 すり下ろした山芋をかけた豆腐。

*黄檗てんぷら大根 (大根一式料理秘密箱より)

*菜の花の辛子びたし (八百善料理通より)

*鯨汁(料理早指南より) 

*柚飯(柚子珍秘密箱より)

*餡汁粉餅 (料理珍味集、料理物語より)お汁粉

Financial Timesに載りました。

【イギリスの有名な経済紙「Financial Times」に掲載されました】

なんと、イギリスの有名な経済紙「Financial Times」で
「東京の最も風変わりなコワーキング スペース 6 選」の一つに選ばれたのです。ちょっと笑える楽しい記事です。
記事はこちら
https://on.ft.com/48IThSo


記事は英語だけど、グーグル翻訳したら、だいたいの意味はわかりますよん。ぜひご一読を。

大竹昭子の<写真をより深く見るためのワークショップ>

『迷走写真館へようこそ』刊行 記念イベント
大竹昭子の<写真をより深く見るためのワークショップ>

大竹昭子著『迷走写真館へようこそ』の出版を記念して<写真をより深く見るためのワークショップ>を開催いたします。

ふだん私たちは写真を見るとき、まずだれが撮ったかを気にしますが、本書ではそのことが一旦横に置かれ、一点の写真をひたすら見つめて、そこに何が見いだせるか、どんな状況を撮ったものか、またそこから滲みでる感情などが語られています。

それと同じことを参加するみなさんと一緒におこなうワークショップです。あらかじめ参加者にご自身の撮った写真を送っていただきます。
当日はそれを上映し、写真に写っているものをひとつひとつ言葉にし、背後にある物語を自由に想像しつつ、写真との新しい付きあい方を見つけていきます。

日程:2024年3月20日(水・祝)
時間:17時~19時
会場:写真集食堂めぐたま 東京都渋谷区東3-2-7 1F 03-6805-1838 (恵比寿駅から徒歩10分)
講師:大竹昭子
参加費:2500円
定員:12名

◎大竹昭子さんからのメッセージ
スマホには写真がたくさん入っているけれど、見直す機会が減っていませんか。
それらをみんなで見ながら言葉にしていくワークショップで、参加者のみなさんが主役です。
言葉にするにはじっくり見なければならず、すると見逃していたことがいっぱいあるのに気がつきます。参加者には事前に<人物が写っている写真>を1点送っていただきますが、高級カメラである必要なし。スマホで充分。「美しく決まっている」写真よりは、ちょっと奇妙だったり、笑えたり、考え込んだりする写真を待っています。

◎ご予約
件名に「WS 予約」と入れて以下のアドレスにお申し込みください。
katarikokobunko@icloud.com
①お名前 ②電話番号 ③参加人数
参加者には人物(大きくても小さくてもOK)が写っている画像一点を事前にメールで送っていただきます。詳しくはお申し込みの際にお伝えいたします。

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールをください。
*前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

–––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––––

『迷走写真館へようこそ』
著者:大竹昭子
発行:赤々舎
定価:1,800円(+税)

《見ることの可能性とともに、写真の根源が光りだす、かつてない写真エッセイ》
36名の写真作品をとりあげ、そこに何が写っているか、どんなことが伝わってくるか、なにを感じるかなどを軸に一点一点の写真を語っていきます。批評するのではなく、知識を伝えるのでもなく、人と写真の関係や見ることの奥行きを探っていく、かつてない写真エッセイ。

◎大竹昭子(おおたけ・あきこ)
1980年代初頭にニューヨークに滞在、文章を書きはじめる。小説、エッセイ、批評など、ジャンルを横断して執筆。写真関係の著書に、『この写真がすごい』『彼らが写真を手にした切実さを』『ニューヨーク1980』などがある。リトルプレス「カタリココ文庫」を刊行するなど、個人としての活動も多い。
https://katarikoko.stores.jp

「展覧会開催記念 館野二朗の「奄美 ゲニウス・ロキ」を巡るスペシャルトークと奄美ご飯の会」レポート

【「展覧会開催記念 館野二朗の「奄美 ゲニウス・ロキ」を巡るスペシャルトークと奄美ご飯の会」レポート】

2024年2月3日に「展覧会開催記念 館野二朗の「奄美 ゲニウス・ロキ」を巡るスペシャルトークと奄美ご飯の会」が開かれました。
まずは、写真を見ながら、館野さんと飯沢耕太郎のトーク。

2部のおかどめぐみこがつくる奄美料理の宴。
★青いパパイヤとはんだまのサラダ(奄美の友人宅から届いたパパイヤと奄美のながむら農園のマイヤーレモンを使って)

★もちてんぷら(さつまいもと餅粉を揚げたもの)

★わんふね(骨付き豚と割干し大根、ふだんそうと人参の煮物。奄美のお祝いの伝統料理)全部奄美から届きました。

★ゴーヤの味噌炒め

★鶏飯とパパイヤの漬物
(鶏、椎茸、錦糸玉子、パパイヤの漬物、ネギ、陳皮)

★奄美デザート ふちもち(月桃の葉で包んだヨモギもち。奄美大城もち店より)

★タンカン(奄美ながむら農園より)

★奄美黒糖焼酎 2種
○高倉(奄美大島酒造。奄美の黒糖のみを使用)
○まんこい(弥生焼酎醸造所)

奄美の写真とごはんですっかり気分は奄美。
奄美に行ってみたくなりました。
でも奄美は遠い。
まずは、是非、品川のキャノンのギャラリーに行って写真展を見てください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
写真展「奄美 ゲニウス・ロキ」

日時:2024年2月1日(木)~3月6日(水)日曜・祝日休館
   10時~17時30分

場所:キヤノンオープンギャラリー1(品川)
   東京都港区港南2-16-6 キヤノン S タワー 2F
   03-6719-9021