ときたま」タグアーカイブ

「第41回身体に美味しい文化講座 …原きよの[村井弦斎 食語り]… 華やかなりし明治の素敵な料理の世界へのお誘い」レポート


「第41回身体に美味しい文化講座 …原きよの[村井弦斎 食語り]… 華やかなりし明治の素敵な料理の世界へのお誘い」レポート

2022年5月21日に開かれた「第41回身体に美味しい文化講座」は[村井弦斎 食語り]の2回目です。
第1部は、明治のベストセラー小説「食道楽」の「春の巻」から「夏の巻」のハイライトを、今回も朗読家・原きよさんが北床宗太郎さんのバイオリンの音と共に朗読します。

朗読の時間のあとは、おかどめぐみこが作る「食道楽」に紹介されたメニューの数々のご飯タイム。
お料理上手なお登和が、結婚相手の両親のために作った夕食から選んで作った。
なんと、1回の食事に36種も出てくる!


豆腐の吸い物<お吸い物>
これもお豆腐を柔らかくするため極く少しの葛を溶いて汁へ入れます。お鍋からよそう前にお椀の底へ山葵の卸したのを置いてその上から汁を注ぐと味がよくなります。


鰆の玉子ソースかけ<魚料理>
玉子ソースは先ずバターを鍋で溶かして米利堅粉をいためてそれへスープと玉子の黄身と塩と酢を交ぜて弱火でよくかき回しながら濃くなった時ひから卸して柚の絞り汁を加えるのです。柚の代わりにレモンを使えばなお結構です。それを焼いた鰆にかけて出しますがほかのお魚へかけてもようございます。


豚饅頭<豚料理>
豚のロースといって赤い肉を細かく叩いて少しの胡麻の油と塩と玉葱あるいは葱と一緒にまた叩き交ぜて置いて、これから米利堅粉をお酒で捏ねて柏餅の皮のような皮を拵えて豚を包みます。これを食べる前に良く蒸すのですが温かい処をお客に出して酢醤油をつけて薬味を添えて食べるのです。支那人はご飯の代わりにたくさん食べるそうです。


牛蒡の柔煮<野菜料理>
最初昆布を入れて牛蒡を二時間ばかり湯煮たのだが、昆布入れると妙に柔らかくなるね。・・・なるほど柔らかい、牛蒡が舌で潰れる。


鶏の緑煮<肉料理>
細かく切った肉を酒と味醂と醤油でよく煮ましてそれから湯煮青豆を入れてまた煮て溶き葛でドロドロにします。


林檎のフライ<果物料理>
玉子と米利堅粉と塩と砂糖で衣を拵えてう薄く切った林檎をくるんで油で揚げる・・・・これはちょいと食べると林檎と思えないでどんなに美味うございましょう。

米のプデン<米料理>
まず一杯の米を五杯の牛乳へ二時間ほど漬けておき、それへ砂糖一杯を加えて火にかけ粥のように柔らかく炊き、もし堅すぎると思わば途中にて牛乳を加えてもよし、出来上がりしものへナツメッグを少し加えてプデン型かブリキ鉢へ入れて別にテンパンへ少しお湯を注いでその中へ今の鉢をいれたまま二十五分の間蒸焼きにして、一旦テンピより出し、上面へジャムをぬり玉子の白身へ砂糖を交ぜて泡立てたものに上飾りをなしてまたテンピへ入れて五分間ほど焼くなり。これは玉子を用いざれども味は帰って良し。

36種に入っていないが、小説の中で用意したものからの、いくつか制作。
めぐたま風にアレンジしたものもあり。

ご飯 椎茸飯
椎茸に味を漬けてザっと煮ておいてその汁と一緒にご飯へ炊き込むのですが、略式にすれば椎茸をよく煮てご飯をお釜から移す時よく掻き交ぜてもできます。

漬物 手製めぐたまの糠漬け
お茶 三年番茶

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
次回は
第38回 身体に美味しい文化講座
相馬淳子のラオス便り!
天然染料・シルクを使った美しいラオスの手織物のお話し

日時 : 2021年7月23日(土) スタート 11:00~(受付10:30~)
会費 : 5,500円(映像とお話し&ラオス料理)

お問い合わせ : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp 090-4425-4263

 

飯沢耕太郎の「写真集千夜一夜」特別編  吉村朗『Akira Yoshimura Works/ 吉村朗写真集』

【飯沢耕太郎の「写真集千夜一夜」特別編
吉村朗『Akira Yoshimura Works/ 吉村朗写真集』大隅書店、2014年】

吉村朗が2012年に亡くなってから10年になります。
日本大学芸術学部写真学科卒業後、東京綜合写真専門学校研究科に学んだ吉村は、1980年代半ばから、都市のスナップ写真を経て、自らのルーツを辿りつつ、日本のアジア侵略の軌跡を再構築しようとする、意欲的かつ困難な仕事を続けてきました。

銀座ニコンサロンや川崎市市民ミュージアムの展示作品を含め、代表作を集成した遺作集『Akira Yoshimura Works/ 吉村朗写真集』で、ようやくその全体像を見ることができるようになりましたが、まだそれほど知名度が高いとはいえません。

今回は、吉村の従兄弟で、同書の発行人でもある大隅直人さんをゲストにお迎えし、あらためて彼の写真世界を読み解いていきます。貴重な機会ですので、ぜひご視聴ください。(飯沢耕太郎)

2022年6月5日(日)
21:00

ゲスト:大隅直人(さいはて社[旧大隅書店])

無料(ご覧になって、いいね、と思われたら、めぐたま商店より投げ銭をお願いします)
めぐたま商店
https://megutamatokyo.stores.jp

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
是非、チャンネル登録をお願いします。
アーカイブもご覧になれます。
配信トラブルにもすぐに対応できます。

めぐたまTV
https://www.youtube.com/channel/UCpF3CBtjdI7nGJNSvps54Zg

新しいバナナデニムのエプロンになりました。

8周年のパーティの日から、めぐたまのエプロンが新しくなりました。
バナナデニムを使ったエプロンです。
デザイン、制作はスタッフのたまちゃん。
彼女はプロの洋服のデザイナーです。

たまちゃんからのコメント。
「バナナの木は、実を収穫できるのは、生涯たった一回だけなんです。
現地では、収穫が終わった茎を伐採し、焼却処分するため、大きな地球環境問題になっています。
そのバナナの茎をなんとか再利用できないかと研究を重ねて、作られたのがバナナデニムです。
綿70%、バナナ30%
耳もバナナ色でカワイイ! 
洗えば洗うほど手触りも良く、柔らかく馴染む、そんな、愛すべき生地でめぐたまエプロンを作りました。

ピスネームや織りネームもオリジナルで作っています」
たまちゃんのサイト
http://snappylife.com/

かっこいい、ほしい、という方はめぐたまスタッフまで声かけてください。
1着11000円。

「youtube「めぐたまキッチン」レシピ集「食べる人も 作る人も元気になる おうちごはん万歳!」ができました。

【「youtube「めぐたまキッチン」レシピ集「食べる人も 作る人も元気になる おうちごはん万歳!」ができました】

ーーー「めぐたまキッチン」レシピ集「食べる人も 作る人も元気になる おうちごはん万歳!」によせてーーー

新型コロナウイルスの感染拡大の中、外食もままならなくなりました。
皆さんが楽しく自宅でお料理するお手伝いができたらと思い、2020年8月末よりYouTube配信「めぐたまキッチン」を始めました。
これまでお店で作ってきた「おうちごはん」の作り方を紹介しています。
毎週日曜日に配信し、1年で57本、65品になりました! 
「おうちごはんは簡単なのが第一!」と思っているので、簡単な料理ばかりです。

今回、最初の1年分の「めぐたまキッチン」を「レシピ集」にまとめました。
みなさんと、お料理する楽しみ、おいしいものを食べる喜びを共有できたら嬉しいです。

さあ「簡単でおいしいおうちごはん」を「Let‘s COOK!」。
                          おかどめぐみこ

———————————————————————————————-
「写真集食堂めぐたま」と、
「めぐたま商店」(ネット)
https://megutamatokyo.stores.jp
で発売中。

———————————————————————————————-
「「めぐたまキッチン」レシピ集「食べる人も 作る人も元気になる おうちごはん万歳!」

・500円(税別)
・A5サイズ、68ページ、並製本。
・表1、2、3、4=カラー。全部の料理の写真が掲載。
 本文=モノクロ。
・65種のおうちごはんのレシピを掲載。
・材料別索引付き。
・各料理のyoutubeのQRコード付き。作り方の映像は、youtubeですぐにみられます。

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎74

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎74

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。
作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎
日時 6月26日(日)9:30~11:30
料金 3100円(三年番茶付き) 学生割引 1600円(三年番茶付き)
定員 8名

*講座の終了後、ご希望の方は飯沢さんを囲んでの昼食が食べられます。1650円。受付でお申し込みください。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*前日、当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。