おすすめ投稿

6月のヨガ、第2週は12日火曜日に、3週のヨガはお休みになります。

毎週水曜日に行われているクンダリーニヨガ、6月13日から23日は秋山先生がアメリカのヨガの大会に出席のため予定が変更になります。

6月13日(水)→6月12日(火)
6月20日(水)→お休み

始まりはいつもと同じ9:30です。
お越しをお待ちしています。
よろしくおねがいいたします。

おすすめ投稿

第21回 身体に美味しい文化講座 …和田文緒の香りとハーブを楽しむ会… 南プロヴァンスの暮らしとハーブを五感で味わうひと時

第21回 身体に美味しい文化講座
…和田文緒の香りとハーブを楽しむ会…
南プロヴァンスの暮らしとハーブを五感で味わうひと時
      

季節は初夏、これから暑い夏に向って和田文緒先生と共に爽やかな香りに包まれてみませんか?
『和田文緒 : 小さい頃から植物が好きで、押し花を作ったり、バラの花をスケッチしていた。
大人になり理科の先生、アロマテラピストになった。”植物の不思議””おもしろさ”それらを伝えていきたい
なと思いながら20年以上たちました…』
今回はそんな彼女が実際に旅した南プロヴァンスの暮らしとハーブのお話を中心にハーブを使った蒸留水を
作ったり、映像を見たりと様々なハーブの楽しみ方を体験していただきます。  彼女手作りの小さなアロマ
クラフトのお土産も用意していただけます。 ハーブを見て、触って、香って、付けて、そしておかどめぐみこが作る南プロヴァンス料理を食べて、五感で味わうハーブをお楽しみにいらしてみませんか?

【和田文緒 FUMIO WADA】  英国IFA認定アロマセラピスト
東京農業大学大学院農学研究科修了
リラクゼーションサロン「シーズ seed‘s」代表
高等学校の理科教師として勤務した後、フリーのアロマ
セラピストとして独立、自然療法の世界へ入る。
アロマやハーブを活用したライフスタイルを提案、不定期で
セミナーやワークショップを行っている。
著書『アロマテラピーの教科書」( 新星出版社発行)は
18万部を超えるベストセラー

  日時 : 2018年5月26日(土) スタート 11:00~(受付 10:30~)
 会費 : 5,000円(お話と南プロヴァンス料理 フレーバー茶付)
  場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま 東京都渋谷区東3-2-7 http://megutama.com
                 
お話・デモンストレーション : 和田文緒
  料理人      : おかどめぐみこ

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp 090-4425-4263
メールか電話にてご予約ください。
メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
    【メール予約】(1)お名前 (2)来場人数 (3)緊急時のご連絡先(携帯番号など)
          以上を明記いただき、上記アドレスにご連絡ください
前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきま

DANちゃんのわくわくスタジオ2 〈自分だけのTシャツ作り〉レポート

DANちゃんのわくわくスタジオ2 〈自分だけのTシャツ作り〉レポート

5月19日、窓を開け放ち、気持ちのいいめぐたまの土曜の朝に、DANちゃんのわくわくスタジオ2〈自分だけのTシャツ作り〉が行われました。

IMG_4521

Tシャツの見本が、ぷらぷら下がっています。

IMG_4520
筆や絵の具、スタンプ、ボタンにビーズ、布など材料はいろいろ。
どれでも好きなものが自由に使えます。

IMG_4517

IMG_4518

IMG_4522

まず、どんな風に描くかイメージを持って、そのあとは、自由に描いたり塗ったり、ボタンをつけたり。
初めての、ボタンつけも、だんだん上手くなります。

IMG_4519
わからないところ、難しいところは、DANちゃんにヘルプしてもらいます。

IMG_4524

完成です!
それぞれの個性が出ていますね。
洗濯機で洗っても落ちないので、どんどん着て楽しんでくださーーい。

次回は
DANちゃんのわくわくスタジオ3〈モザイクオブジェアートに挑戦〉。
是非お越しください。

7月28日(土)
9:30−11:30
2500円

詳しくは下記に
http://megutama.com/danちゃんのわくわくスタジオ3%E3%80%88モザイクオブジェ/

DANちゃんのわくわくスタジオ3〈モザイクオブジェアートに挑戦〉

IMG_4524

DANちゃんのわくわくスタジオ

写真集食堂めぐたまで、子供向けの企画「わくわくスタジオ」を始めます。
3歳〜小学生を中心に、創造の芽を育てます。行動力・忍耐力・達成する歓び、生き方の多様性を、アートを通じて学びます。先生は現役売れっ子デザイナーであり、子供たちとワイワイするのが何より好きなDANちゃんです。

3回目は〈モザイクオブジェアートに挑戦〉。小物と紙粘土で、立体作品を作ります。

ぜひお越しください。

写真は、2回目の様子です。Tシャツを作りました。

先生:DAN(浅葉弾)

23歳よりグラフィックデザイナー、アートディレクターとして商業デザイン全般で活動。ライフワークとして「金沢文庫芸術祭実行委員長」を務め、アサバアートスクエアにある「子どもデザイン教室」を主催。商業施設、小学校やイベント等にて出張教室も頻繁に開催している。
asabaart.com

7月28日(土)
9:30−11:30

8月には、夏休み特別講座を開催予定。
9月以降は奇数月、第4土曜日開催予定。

対象 
3歳〜小学生 定員10人
*教室には、ご父兄の方は同席できません。一人で、参加できるお子さんに限らせていただきます。

会費 
2500円(材料費込み)

*ご希望の方には、教室の後、DANちゃんと一緒にお昼ご飯を食べられます。お食事はご父兄もご一緒にすることもできます。別途ご飯代をお願いします。
お昼ご飯 12:00〜13:00
お子様用特別メニュー お子様カレープレート(唐揚げ、サラダ付き)1000円
季節の一汁三菜定食 1500円

場所
写真集食堂めぐたま
渋谷区東 3-2-7-1F (恵比寿駅 徒歩 7 分)
☎ 03-6805-1838
予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com

☎ 03-6805-1838

※たまにメールが届かないことがあります。 3 日以内に返信がない場合、 お手数ですが再度メールくださいませ。
*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。  

息継庵モーニング茶事7/「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」レポート

IMG_4348

息継庵モーニング茶事7/「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」レポート

5月12日土曜日、朝の8時から石澤宗彰さんが亭主を務める息継庵モーニング茶事。
お天気も良く、青葉がきれいな朝です。

まずは、おかどめぐみこさんが作った、一汁一菜。
IMG_9359

鰹のげた造り。江戸享保年間創業の江戸料理屋「八百善」秘伝の味です。
グリンピースの混ぜご飯。ちょうど季節ですね。
あおさのお椀。

そして、お菓子。
IMG_4335
名前もそのものズバリ「初かつを」。
名古屋の美濃忠の季節羊羹です。
うす甘くて、美味。
IMG_9364
糸をよって切ると、まるで、鰹のように見えます。

いよいよ、石澤さんのお点前。
IMG_4349

IMG_4361
中のお抹茶が見えるように、ガラスの器で揃えられています。
水差しなども全てガラス。

IMG_4357
鳥籠の中には、ホトトギスに見立てた茶筅が。
そこには、ちょっとした仕掛けがしてあって、ホトトギスが鳴くのです。
鳥の水飲み用の器が水差しになります。

半東さんは、めぐたまのおかど恵未こさん。

各所に、石澤さんのセンスと洒落っ気がちりばめられている茶事でした。

IMG_4360
このツーショットは、今回のガラスの器を作られた洞爺湖の作家、高臣大介さんと石澤宗彰さん。
ちょうど展示会で東京に来られていたので、お茶時に参加してくださいました。

高臣大介さんのサイト
http://glagla.jp/about.html

次回のモーニング茶事は9月1日土曜日です。
氷点です。

詳しくは下記に。
http://megutama.com/息継庵モーニング茶事8%EF%BC%8F「氷点(こおりだて)/

お越しをお待ちしています。

息継庵モーニング茶事8/「氷点」

IMG_4347

息継庵モーニング茶事8/「氷点」

8回目の『息継庵』のモーニング茶事は「氷点」です。
9月に入ってしまいますが、まだまだ暑い夏が真っ盛り(のはずです)なので、今回は「氷点」です。

上の写真は7回目の茶事の様子です。

押忍!手芸部の部長こと石澤彰一さんは実は裏千家・専任講師でもあります。
その名も宗彰。
茶室『息継庵』をパートナーの宮田麻貴子さんと主催しています。

息継庵
http://blog.goo.ne.jp/ikitugian

押忍!手芸部
http://blog.goo.ne.jp/ossu-syugeibu

これまでのめぐたまでの茶事の様子

そんな部長と一緒においしいご飯と、お甘と、お抹茶の一時を持ちます。
といっても、堅苦しいお茶会ではありません。
お茶についての知識も経験もいりません!
ブチョー風、お茶会です。

料理、お甘はおかどめぐみこの担当。
半東もやっちゃいます。

どうなるかは、来てのお楽しみに。
いつもと違う朝の一時をお楽しみください。

息継庵 「氷点(こおりだて)」モーニング茶事 

9月1日(土)
8:00〜9:30くらい(7:45開場)

3000円(ご飯とお甘とお抹茶付き)

お茶&亭主:石澤彰一
料理&半東:おかどめぐみこ

予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com

☎ 03-6805-1838

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

宮川隆のサイエンスカフェ40 「お茶」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ40
「お茶」についてホントのことを知ろう

お茶より水を飲めという人がいますが、水を飲むほうが健康にいいの?
ペットのお茶と、自分のうちで入れるお茶はどこが違うの?
機能性食品のお茶って、本当に効くの?
水出しのお茶は、栄養価が高いのですか?
お茶っていつ飲めばいいの?
いろんなお茶があるのですが、体のためにはどれを飲めばいいのでしょう。

宮川隆さんが知っているようで、知らないことも多い「お茶」について、科学的にわかりやすくたのしく、話します。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

日時 6月17日(日)
10:00〜13:00

3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 放射線科放射線治療部門 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

サイトウマサミツのライブスケッチ「あなたをスケッチします」5

32323601_468115220309076_3664007905541095424_n

サイトウマサミツのライブスケッチ「あなたをスケッチします」5

人気絵本作家、イラストレーターのサイトウマサミツさんが、めぐたまに登場!
みなさんの楽しいひとときを、目の前でスケッチします。
お子さんや、ご夫婦、お友達、もちろんお一人でも、会食の記念に、ぜひ一枚!

6月16日(土)1部 14:00 〜17:00
       2部 18:00〜21:00

サイトウ マサミツ / Masamitsu Saito:
1958年千葉県生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン専攻。絵本作家、イラストレーター。

スケッチ:B5サイズ 3,000円
先着順になります。お早めのお越しをお待ちしています。
*めぐたまは食堂です。1オーダーをおねがいします。

飯沢耕太郎の写真集を読むVol.35 「『幻の写真家』飯田幸次郎を語る」講座レポート

 

2018年2月24日に開催した「飯沢耕太郎と写真集を読む」のレポートを公開しました。今回のテーマは、「『幻の写真家』飯田幸次郎を語る」でした。

戦前の1920〜30年代、東京・浅草でそば屋を営みながら活動を続けていた写真家、飯田幸次郎。野島康三、中山岩太、木村伊兵衛によって刊行された『光画』に、<看板風景>、<屑車で眠る少年>など、素晴らしい作品を残しますが、その後、彼の足跡はぷっつりと途絶えてしまいます。この「幻の写真家」飯田幸次郎の足跡をたどったのが『写真 飯田幸次郎』です。今回は、『写真 飯田幸次郎』(2017年)の刊行に際して、飯田幸次郎写真集刊行委員会のメンバーとともに、写真集出版の経緯、飯田幸次郎の日本写真史における位置づけなどを語り合います。

ウェブマガジンmineでは、トークイベントの内容をたっぷりご紹介していますので、ぜひご覧ください。

(※対談は有料版となっておりますが、冒頭のみ無料でお読みいただけます)

記事はこちら→連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」 「幻の写真家」飯田幸次郎を語る

DSC_0947

 

DSC_0474

 

DSC_0960

DSC_0450

DSC_0385

【飯田幸次郎写真集刊行委員会】
HAL_さん(幸次郎のお孫さん、アーティスト)
金子隆一さん(写真評論家、写真史家)
川口和之さん(写真家)
中村惠一さん(文化史研究家)
飯沢耕太郎さん(写真評論家)

【目次】
◆幻の写真家、飯田幸次郎
◆時代の狭間で花開いた「新興写真」
◆飯田幸次郎の足跡をたどる、刊行までの道のり
◆庶民の人々への想い入れ ―看板風景、屑車で眠る少年、群衆のモンタージュ
◆飯田幸次郎に対する評価
◆晩年の飯田幸次郎、木村伊兵衛との関係性
◆オンデマンド写真集の可能

(2018年2月24日開催・写真/文 館野 帆乃花)

飯沢耕太郎の写真集を読む Vol.38 『はな子のいる風景』を読む

IMG_4261

飯沢耕太郎の写真集を読む Vol.38
『はな子のいる風景』を読む

今回の「飯沢耕太郎の写真集を読む」は、個人的には昨年のベスト1といっていい写真集『はな子のいる風景』を企画・編集したAHA(アハ)!の松本篤さんをゲストにお迎えします。松本さんが、どんなふうにこの写真集を作っていったのか、あわせてこのような無名の撮影者による写真(ヴァナキュラー写真)を、今後どう扱っていくべきなのか、いろいろな角度からお話を伺います。ぜひ、足をお運びください。
(飯沢耕太郎)

平和の象徴としてタイから来日し、生涯のほとんどを井の頭自然文化園で過ごし、日本で最長寿となった、象のはな子(1947-2016)。記録集『はな子のいる風景 イメージを(ひっ)くりかえす』(武蔵野市立吉祥寺美術館 2017)は、市民が撮影した169枚の写真、飼育員が記した日誌、写真の提供者が綴った約100の言葉、新聞や図面といった資料など、異なる複数の記録の断片を繋ぎ合わせながら、1頭の象とそれを取り巻く人びとの69年間に光をあてたものです。昨年9月に初版が刊行され完売した本書の第2版の刊行を記念して、制作時に考えたことをお話します。
(松本篤)

*会場で、本書の販売をいたします。

*本書をお持ちの方は、ぜひ会場にご持参ください。
6月10日(日)

10:00~11:30

ゲスト 松本篤(AHA!)
AHA!のサイト
http://www.remo.or.jp/ja/project/aha/
聞き手 飯沢耕太郎

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

ランチ
松本さん、飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎41

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎41

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。

作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎

日時 6月2日(土)

9:30~11:30

料金 3000円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 8名

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。