貴乃花親方考案・監修 貴流運動法  シコアサイズとちゃんこの会3

13516278_1030325787035652_3320840539924217804_n

貴乃花親方考案・監修 貴流運動法
シコアサイズとちゃんこの会

内田英利さんによるシコアサイズの講座です。
運動不足の人からより体を鍛えたい人まで,誰にでも効果があるエクササイズです。
*年齢は12歳以上の方を対象とします。妊娠中の方は、医師の同意を得た上での参加をお願いします。

IMG_2014

そして、シコアサイズの後には、内田トレーナーを囲んでめぐたま特製ちゃんこ鍋を食べます。
運動の後でも、不思議とちゃんこはおいしくたくさん食べられます。
今回は貴乃花部屋のトマトちゃんこを予定しています。
トマトのスープに秘密があるそうです。

*シコアサイズのみの参加も可能です。

ぜひ、ご参加ください。

13537630_1030314623703435_5025170727163888733_n-1

•シコアサイズとは
①股関節周辺の筋肉を強くし、体幹部が鍛えられます。
②骨盤の歪みも原因の一つである腰痛を軽減します。
③姿勢が良くなり、深い呼吸が身に付きます。
④脚の衰えを防ぎ、脂肪を燃焼しやすい体質に改善します。
⑤肩こりや四十肩・五十肩・冷え性にも効果的です。

― どのような方に体験して頂きたいですか。
①立つ・座る・歩く、階段を昇り降りする等、日常の生活活動を楽にしたい。
②基礎代謝を上げたい。
③健康寿命を延ばしたい。
④スポーツのパフォーマンスを上げたい。

シコアサイズのサイト
http://www.shicore.info/shicorecise/whats.html

四股は、健康維持やダイエットにも最適な運動となります。ゆっくりと腰を落としていく一連の動きは、太ももやお尻を引き締め、腹筋や背筋を強化し、また、へそ下の丹田という箇所に力を込めることから、下腹部の余分な脂肪も取ることもできます。
 また、四股を続けることで、体の左右の歪みが正されることも大きな特徴となります。これにより、肩こりや腰痛などの体の不調も改善することができるでしょう。さらに、股関節のリンパ腺を刺激することから、全身の代謝促進にもつながります。(「貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズ」より)

10385309_1019844681410992_3921780166112394602_n
•内田英利 Hidetoshi_Uchida
シコアサイズ・トレーナー
1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。日本成人病予防協会認定講師、健康管理士一般指導員、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)認定講師、健康運動指導士。大相撲の貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。パーソナル・フィットネススタジオ「コア・フォレスト」運営責任者。フルマラソン歴14年。ベストタイムは2 時間45 分01 秒。

コア・フォレストのサイト
http://coreforest.com
内田英利さんのFB
https://www.facebook.com/zero.uchida

■日時
9月11日(日)

集合10:15
シコアサイズ 10:30~11:15
ちゃんこタイム(お昼ご飯)11:15〜12:15
*シコアサイズのみの参加も可能です。

■受講料 
3,500円 /お一人様一回
*価格は税抜表示になります。
 シコアサイズのみ参加は2,000円になります。

■定員
15名

■場所
写真集食堂めぐたま  TEL:03-6805-1838
東京都渋谷区東3−2−7-1F ※JR恵比寿駅から徒歩7分

http://megutama.com/ 

■お申込み・お問い合わせ先
株式会社フィットネス・ゼロ 
【TEL】 03-6455-0612  【Eメール】 info@coreforest.com
①お名前、②ご連絡先 をお伝えください。折り返しご連絡させていただきます。

*キャンセルは、前日の営業終了までに株式会社フィットネス・ゼロまでお電話もしくはメールにてご連絡ください。
*遅刻の場合は、事前に株式会社フィットネス・ゼロまでご連絡をいただくようお願いいたします。

*動きやすい服装、タオルをご用意ください。
 裸足で行うため、内履きシューズは必要ございません。

飯沢耕太郎と写真集を読む vol.24 星野道夫と自然写真家たち 

IMG_2013

「飯沢耕太郎と写真集を読む vol.24」星野道夫と自然写真家たち

星野道夫さんが不慮の事故で亡くなってから、早いもので20年経ちました。8月〜10月には「没後20年特別展 星野道夫の旅」が松屋銀座を皮切りに全国各地で開催されます。1980〜90年代に発表された星野さんの写真は、「動物写真」という枠組みを超えて、国際的な広がりを持つ画期的な仕事でした。今回は星野さんの写真集を中心にして、同時代の自然写真家たちの多面的な活動をふり返ります。ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

9月22日(祭・木)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

宮川隆のサイエンスカフェ19  「検査値」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ19 
「検査値」についてホントのことを知ろう

健康診断で、検査する項目って、どうやって決まってるの?
検査値は何を意味するの?
検査値はどうすると変化するの?
検査値が正常でないと、どうして病気になるの?

宮川隆さんが最新の栄養学をもとに、わかりやすくたのしく、栄養について話します。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

8月27日(土) 10:00〜13:00
3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。検査値の科学はいかがでしょうか

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.24 「トークと鑑賞で一日キャメロンDAY」講座レポ

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.24 「トークと鑑賞で一日キャメロンDAY」講座レポ

 写真評論家の飯沢耕太郎さんのレクチャーにより写真の味わい方を学ぶことのできる大人気連続講座『写真集を読む』第24回が、7月17日(日)に開催されました。
 
今回の「写真集を読む」は、特別編!三菱一号館美術館の初の写真展であり、生誕200周年の国際巡回展で日本初の回顧展である『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』の開催に併せ、「トークと鑑賞で一日キャメロンDAY」でした。飯沢さんの解説を聞き、おかどさんの美味しいごはんでお腹を満たしたあとは、実際に美術館に足を運んで作品を鑑賞する(ここでも飯沢さんの生音声ガイド付き!)という豪華なイベント。
 
 毎回講座のレポートを担当している館野さんがお休みでしたので、築地「ふげん社」の関根がピンチヒッターでレポートさせていただきます。しばらくのあいだお付き合いくださいませ。

ふげん社
http://fugensha.jp

1 のコピー

 みなさんは、「ジュリア・マーガレット・キャメロン」という写真家をご存知でしょうか?写真にお詳しい方でも、ピンとくる方は少ない気がします。わずか十余年あまりの短い活動にもかかわらず、写真表現に新たな地平を開いたという功績に比して、知名度が低く写真史に埋もれがちな存在です。

 キャメロン女史は、1815年にインドはカルカッタで、名門キャメロン家の三女として生まれました。48歳のとき、娘夫婦よりカメラと暗室道具一式を贈られ、彼女が長年抱いていた「美への憧れ」が、カメラを手にしたことで一気に開花します。キャメロンは身の回りの人物をモデルにし、幻想的な主題で肖像作品を生み出すことに情熱を傾けていきます。

2 のコピー

 後世になって高い評価を受ける所以となった、彼女の作品の特徴は大きく三つあります。
 まず一つが、写真に絵画的効果を適用した点です。キャメロンの作品は、当時の画壇であるラファエル前派の影響が色濃く見られます。これは、のちの19c末〜20c前半におこった、写真を芸術そしてみなし絵画的な表現を目指す「ピクトリアリズム」という写真表現運動の先駆けであったと言えます。
 
 モデルに、聖書の登場人物や「アーサー王」などの歴史的人物像を当てはめ、神話的でロマンチックな世界観を創出するキャメロン作品は、現代のコスプレと通じるものがある…と飯沢さん。若い女子はキャメロンに共感できるのでは?

3 のコピー

 二つめは、失敗をインスピレーションの種として新しい写真表現の可能性を常に探っていったことです。
 彼女の写真を見ると、ピンボケの写真や、指紋がついていたり、フィルムが破れていたり、一見「ミス」とみなされてしまう写真が多いように感じられます。しかし、彼女はミスをミスで終わらせず、それを多様な表現のひとつとして昇華しようとするたくましさがありました。
 
 キャメロンが使っていたカメラは、当時最先端の写真技術である湿板写真。極めてシャープな描写が可能になっていただけに、職業写真家たちの表現から大きく逸脱したキャメロン女史の作品は、非難が殺到したそうです。
 
 写真を詩集の挿絵として編集したり、写真の販売をしたり、アーティストインレジデンスの試みをしたりするなど、常に新しいことを追い求めていたキャメロン。大きなカメラを使いこなし、現代では想像もつかないほど途方もない手間をかけて写真を現像、プリントして、世間の批判を物ともせず独自の写真表現を切り開いていった様子を見るに、闊達でパワフルな女性像が眼に浮かびます。

4 のコピー

 最後は、被写体を見出し、その魅力を引き出すことに長けていた点です。
 彼女は、ヴィクトリア朝時代の著名な文人や芸術家、科学者をモデルとして登用するほか、親戚や小間使いなど身の回りの女性たちをモデルとして用います。頻繁にメインの役柄で作品に登場する、お気に入りのモデルが何人かおり、三菱一号館美術館の展示では、そのモデルたちにフォーカスをあてた解説がなされています。作品のなかの蠱惑的な女性たちは、キャメロンの鑑識眼が確かなものであったと感じさせます。

 彼女の写真には、「被写体をありのままに捉える」という彼女の信条を表す「フロム・ライフ」という文字がサインと共に添えられていることが多いです。写真に絵画的演出をほどこしていたキャメロン女史ですが、彼女が作り上げているものは、あくまでもありのままを写す「写真」であり、被写体のポテンシャルを生かして、イマジネーションの世界と現実を見事に融合させていたといえます。

5 のコピー

 飯沢さんのお話のあとは、丸の内にある三菱一号館美術館で開催中の「Life―写真に生命を吹き込んだ女性 ジュリア・マーガレット・キャメロン展」へ。飯沢さんの講義を聞いた後は、作品がより生き生きとして見える気がします。

会期は9月19日までです。
詳しくは下記に。
http://mimt.jp/cameron/
  

7 のコピー

6 のコピー

記事を読んで興味を持たれた方は、『ジュリア・マーガレット・キャメロン展』に、ぜひ足を運んでみてください。貴重なヴィンテージプリントが一堂に会する大規模回顧展は、もしかしたら最初で最後かもしれません。モデルたちの表情、仕草、そしてプリントに残るキズや指紋などから200年前に想いを馳せて、写真に情熱を傾けエネルギッシュに生きた女性の息遣いを感じてみませんか。

(文/写真  関根 史)
ーーーーーー
梅佳代さんと飯沢耕太郎さんのキャメロンを巡るトークの企画もあります。

日時  :8月2日 (火)時間19:00~20:30(予定)+質疑応答(開場18:30)
会場  :青山ブックセンター本店 大教室
参加費:1,944円(税込)

詳しくは下記に。
http://mimt.jp/blog/museum/?p=4566

ーーーーーーー
次回のご案内(8月はお休みです)

「飯沢耕太郎と写真集を読む vol.24」星野道夫と自然写真家たち

星野道夫さんが不慮の事故で亡くなってから、早いもので20年経ちました。8月〜10月には「没後20年特別展 星野道夫の旅」が松屋銀座を皮切りに全国各地で開催されます。1980〜90年代に発表された星野さんの写真は、「動物写真」という枠組みを超えて、国際的な広がりを持つ画期的な仕事でした。今回は星野さんの写真集を中心にして、同時代の自然写真家たちの多面的な活動をふり返ります。ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

9月22日(祭・木)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎25

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎25

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。

作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎

日時 9月10日(土)

9:30~11:30
料金 3000円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 8名

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。

「ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会」のレポート

土田ヒロミさん達を迎えて「ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会」レポート

7月16日、フランスのブルゴーミュ地方の村、ラ・ガシイで行われている屋外フォトフェスティバルの報告会を開催しました。
今回の特集の一つが海でした。
ゲストに出品作家の皆さんを迎えました。

IMG_1912
土田ヒロミさん(写真家)

http://www.hiromi-t.com/menu.php

IMG_1908
(ごめんなさい、くらい)
MOTOKIさん (写真家)

http://www.shihofukada.com/index

http://www.k-motoki.com/

IMG_1911
増谷寛さん(植田正治事務所)

http://www.shojiueda.com/jp/

聞き手は飯沢耕太郎さん(写真評論家)です。

IMG_1907IMG_1915

IMG_1914

IMG_1917

IMG_1907

展示の様子です。
ラガシイは屋外だけの写真フェスティバルです。

トークが一段落したら、ブルゴーニュ地方に因んだおやつタイム。

IMG_1927
今話題の氷見のシードル。

IMG_1925
ブルラーミュの焼き菓子。
一個食べると、満足感あり。

IMG_1929
後半は、参加者一人一人が発言しました。

大きく写真を伸ばした屋外の展示、新鮮でした。

報告して下さった皆様、参加してくださった皆様、ありがとう!!

宮川隆のサイエンスカフェ18 「栄養」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ18 「栄養」についてホントのことを知ろう

バランスのいい栄養って、どういうものなの?
人によって、必要な栄養って違うの?
同じモノ食べても、とり方によって栄養価って違うの?
食べ物の栄養って、どうやって分析しているの?
食べ物は体に入ってから、どうやって、体を作っていくの?

宮川隆さんが最新の栄養学をもとに、わかりやすくたのしく、栄養について話します。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

7月30日(土) 10:00〜13:00
3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

第2回シコアサイズとちゃんこの会レポート

7月3日に行われた「貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会」レポートです。

13537630_1030314623703435_5025170727163888733_n-1
お天気がいいので、窓を開け放ち、気持ちのいい(でもちょっと暑い)めぐたまで、朝からシコアサイズやりました。
ゆっくり、お尻を引いて腰を下ろすのですが、その角度が難しい。
でも、前回に比べ、だんだん、足の開き方が分かって来てます。

13600274_1030314697036761_5184428307014544763_n-1
13528696_1030314733703424_7437734456871603543_n
運動して汗をかいた後は、ちゃんこです。
今回は伊勢が浜部屋の鶏団子の塩炊きちゃんこ。
大鍋で作るちゃんこはうまい!
運動した後でも、ちゃんこだとドンドン食べられます。
すもう部屋の長年の知恵ですね。

13592250_1030314777036753_396131591920837035_n-1
13524355_1030314780370086_2266361724715555552_n
お食後は、送られて来た大きなスイカ。

13516278_1030325787035652_3320840539924217804_n
シコアサイズトレーナーの内田さんはいつでもどこでもシコアサイズです(笑い)。

次回は9月11日(日)10時30分より。
ちゃんこつきで3500円です。
ちゃんこは「貴乃花部屋のトマトちゃんこ」です。
これ、トマトスープに技があるらしい。
ぜひ、おこしください。

写真は、めぐたま2階の高秀さん。ありがとう!。

第10回身体に美味しい文化講座 江戸東京野菜を江戸料理で食す レポート

7月2日、第10回 身体に美味しい文化講座 江戸東京野菜を江戸料理で食す 行われました。

IMG_1632
まずは、編集者で江戸東京野菜コンシェルジュの資格を持つ高秀章子さんが江戸東京野菜について説明。

IMG_1643
めぐたまで使っているお米のピロール農法を指導してくれている木内茂二さんも参加。(顔がくらくなってしまってごめんなさい。)
彼は江戸東京野菜も栽培しているので、お話を伺います。
木内さんのサイト。
彼は重曹をすすめるクリーニングのプロでもあります。
http://www.kiuchicleaning.com/page044.html

IMG_1634
野菜の種や、畑から内藤唐辛子を持って来て下さいました。

IMG_1638
IMG_1639
馬込半白胡瓜の食べ比べです。
下が白いのが馬込半白胡瓜。
緑のが、今、流通している普通のキュウリ。小さいのも現在のキュウリです。
こうやって、しみじみ味比べをすると、違いが分かります。

IMG_1640
これは、農家から2本だけ来た江戸東京野菜である高井戸半白胡瓜。
緑の加減がずいぶん違いますが、同じ種類です。
なかなか収穫が難しいらしい。

お話の後は、江戸東京野菜を使った江戸料理を味わいます。

IMG_1645
今回使った江戸野菜の数々。
千住葱、内藤トウガラシ、谷中生姜、東京独活、伝統小松菜、寺島なす

IMG_1647
料理の説明をする写真集食堂めぐたまのおかどめぐみこさん。
いろいろな文献を調べて、江戸の料理を再現しました。

IMG_1642
*玲瓏豆腐 (豆腐百珍より)ふさはじかみ

IMG_1636
*稚鮎の南蛮漬け
千住葱、内藤トウガラシ

*谷中生姜の醤油漬け

IMG_1648
*木賊独活 東京独活 

IMG_1635
*寺島茄子の揚げびたし

IMG_1644
*金町コカブと揚げ

IMG_1637
*伝統小松菜の胡麻和え

IMG_1649
*伝統小松菜で作る豆腐麺 (豆腐百珍より)
古代より七夕には索餅(ソーメン)を食した。

IMG_1650
*東京軍鶏の根深汁(千住葱)

*豆かん

土田ヒロミさん達を迎えて ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会

13523773_1104783489594569_137980206_o

13517836_1104783519594566_2126359652_o

土田ヒロミさん達を迎えて
ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会

ラ・ガシイ写真フェスティバル(FESTIVAL PHOTO LA GACILLY)は、フランス ブルターニュ地方にある人口3000人弱の小さな町、ラ・ガシイで開催。今年で13回目を数えます。6月1日から9月30日というバカンス シーズンに 開かれる野外フォトフェスティバルには、毎年、30万人もの観客が集ります。

日本ではほとんど知られていませんが、素晴らしい屋外展示と、ホスピタリティあふれる写真フェスティバルです。
http://www.festivalphoto-lagacilly.com/

今年のテーマが「日本」と「海」。
日本関係の参加は以下の方々です。

新井卓
http://www.takashiarai.com/
植田正治
http://www.japro.com/ueda/
小原一真
http://kazumaobara.com/
大山行男
http://ohyamayukio.jp/
MIHO KAJIOKA
http://mihokajioka.com/
KIIRO
http://www.iwahada.com/
古賀絵里子
http://kogaeriko.com/
田沼武能(公式HPなし)
土田ヒロミ
http://www.hiromi-t.com/menu.php
西野壮平
http://www.soheinishino.com/jp/
深田志穂
http://www.shihofukada.com/index
水谷吉法
http://www.yoshinori-mizutani.com/
MOTOKI
http://www.k-motoki.com/
ルシール・レイボーズ(公式HPなし)

古写真
 フランス国立ギメ東洋美術館
 東京大学総合研究博物館、リヨン大学

現地に行って来た写真家、関係者のみなさんに集っていただき、緊急報告会を開くことになりました。フランスでの日本の写真の反応、展示の様子など、いろいろ伺いたいと思います。

ぜひ、お集りください。

7月16日(土)
15:00~17:00

2500円(シードルとガレット・ブルトンヌ(ブルターニュ地方の伝統焼き菓子)付き)

ゲスト
土田ヒロミさん(写真家)
http://www.hiromi-t.com/menu.php
MOTOKIさん (写真家)
http://www.shihofukada.com/index
http://www.k-motoki.com/
深田志穂さん(写真家)

増谷寛さん(植田正治事務所)
http://www.shojiueda.com/jp/

聞き手:飯沢耕太郎さん(写真評論家)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。