おすすめ投稿

朝ヨガ@めぐたま

朝ヨガ@めぐたま

3月15日(水)から、めぐたまでクンダリーニヨガ(詳しくは下記に)をはじめます。講師はヨガ歴40年、国際クンダリーニヨガ教師協会(KRI)認定教師のDya Singh (秋山欣也)さんです。

DyaさんのBlog(サイトはただいま作り中。詳しい略歴は下記に)
http://profile.ameba.jp/dyasingh1/?frm_id=v.mypage-profile–myname

ときたまのヨガの先生でもあります。
ときたまのヨガ体験は下記に。
http://tokitama.net/wp/?p=1457

身体が硬くても、運動不足でも大丈夫です。自分なりに出来るところまでやればいいのです。ぜひお越しくださいませ。

時間:3月15日からの毎週水曜日 7:30〜9:00(受付7:15)

参加費 :1回2,500円
    月謝 9000円(4回でも5回でも同一料金です)

持ち物 :持っている方はヨガマット。(床には断熱マットを敷いてあるので、なくても大丈夫です。)
    バスタオル(リラックスする時に上にかけます)
    飲物(甘い飲物は避けてください。お水が一番いいです) 
服装 :動きやすい服装で、腰の辺りが緩やかなもの (着替えはトイレになります)

*食事は取らないで、空腹でお越しください。食事する場合は4時間前までにお願いします。

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

———————————————
クンダリーニヨガについて。

◎クンダリーニヨガとは?

クンダリーニヨガは1969年にヨギ・バジャン師が始めて一般公開したヨガのテクニックです。それ以前は、入門を許された一部の弟子のみに引き継がれていたものです。公開したことに批判もありましたが、ヨギ・バジャン師は現代人に必要なことだという信念から教え始めました。

ヨギ・バジャン師 (1929~2004)
インド出身クンダリーニヨガのマスター、ホワイトタントリックのマスター 。

◎どんなヨガですか?

クンダリーニヨガは私たちの意識をチェンジし、人生をポジティブな方向に導くものです。誰にでもできます。ポーズや動きのあるエクササイズ、呼吸法やマントラ(お経や真言のようなもので、意識に影響を与えるバイブレーションです)、瞑想を行います。

•クラスの主な内容……
始めのマントラ 「Ong Namo Guru Dev Namo」を3回程唱えます。
ウォームアップ(ストレッチや呼吸法など)。
ヨガセット
リラックス
瞑想

◎クンダリーニヨガをやると、何が変わりますか?

「健康になる」    
ヨガのポーズや動きのあるエクササイズ、呼吸法などで私たちの身体に働きかけ、分泌腺のバランスを保ち、神経組織を強化することなどから健康になります。
ポーズができることが目的ではありません。ポーズ完成に向けた取り組みの中で、その効果を得ます。身体が硬くても、運動不足でも大丈夫です。自分なりに出来るところまでがんばればいいのです。
車に点検整備が必要なように、私たちの身体も点検整備が必要です。その手法を教えるのがクンダリーニヨガです。

「幸せになる」    
呼吸法やマントラ、瞑想を通じて”心”の平安を得ます。クンダリーニヨガは人間の意識を扱う科学です。そもそも、皆さんがご自分は大変だとか、大丈夫とか、あるいは、幸せとかそうでないとか決めているのは誰でしょう。あなたの”心”が決めているのではないですか。クンダリーニヨガはその私たちの“心”に働きかけます。何より、ストレスや様々な課題に対処できるようになります。

「純粋になる」   
内に真の自己を見出し、純粋な自分になります。本来のあなたらしさが開花します。自分らしくなり、楽に生きられるようになります。瞑想により内側に目を向け、内なる自己と出会うようにします。内なる自己からの光を経験していきます。

※ ヨガの効果はその伝統の中で伝えられているものを、そのままお伝えしているもので、医学的に証明されているものではありません。必要な方は医師にご相談ください。

◎師であるヨギ・バジャン師は、クンダリーニヨガについて次のように言っています。

「クンダリーニヨガは人間を解きほぐすものである。
有限なるものの中で、無限なる創造的可能性である。
行動の広がりであり、人生における究極の幸福である。
超人的な人間である。
英知である。
優雅である。
最高に気の合う存在である。
人生のあらゆる面に輝く古典的真理である。
教え、学ぶ科学的テクノロジーである。
教えられているものである。
珍しく見られたり、感じたりするつかの間の気分転換ではない。
中枢神経組織のことである。
そこで、その経験に働きかけるための穏やかなプロセスである。
幸福に通じる科学的なテクノロジーである 」

クンダリーニヨガを継続していくと、この言葉の意味について「あっ、そうなんだ」「そうだよな」「その通り」「間違いない」などと理解が深まっていきます。
これは、頭で考えるようなことではなく、「経験」していくことです。一緒に経験していきましょう。

◎講師 Dya Singh (秋山欣也) さんの略歴

ヨガ歴40年。国際クンダリーニヨガ教師協会(KRI)認定教師。

DyaさんのBlog(サイトはただいま作り中)
http://profile.ameba.jp/dyasingh1/?frm_id=v.mypage-profile–myname

1975年、米国人弟子により日本に紹介されたクンダリーニヨガと出会う。ロサンゼルスのアシュラムでヨギ・バジャン師に直接指導を受け、師より日本での指導者として認定された日本人最古参の弟子。現在ヨガの紹介をライフワークにかかげ尽力している。

著書には 『ヨガでデトックス力up』、『ヨガでコミュニケーション能力up』、『ヨガの瞑想で心のお掃除』、『ミサコのスマートヨガ』などがある。

『ヨガでデトックス力up』、『ヨガでコミュニケーション能力up』
https://www.amazon.co.jp/秋山-欣也/e/B004LV859M
『ヨガの瞑想で心のお掃除』
https://www.amazon.co.jp/ヨガの瞑想で心のお掃除-ヨガシリーズ-秋山-欣也-ebook/dp/B00D3EURIA/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1487032098&sr=1-1&keywords=ヨガの瞑想で心のお掃除

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席1 春風亭正太郎さん レポート

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席1 春風亭正太郎さん レポート

3月17日、めぐたまで初めての寄席が開かれました。
題して、「落語と江戸料理の会 めぐたま寄席」です。

赤い毛氈と座布団で、高座のできあがり。そして春亭右乃香さんの寄席文字が雰囲気を盛り上げます。

ウエルカムドリンクならぬ、ウエルカムおにぎり。
仕事帰りで、お腹が空いてると、ゆっくり落語が聞けないので、ちょっとお腹に入れるといいかなと思い、こんこんきつねのおにぎりを用意しました。
IMG_7468

満員のお客様の前に、春風亭正太郎さんが登場します。
「長屋の花見」と「井戸の茶碗」を演じてくださいました。
めぐたま中に笑い声が響きます。
IMG_7457

そして、第2部は江戸料理。

*長屋の花見弁当 「長屋の花見」より
IMG_7453
IMG_7471
 
*木賊独活「梅安乱れ雲仕掛人・藤枝梅安(五)」より
IMG_7459

*焼き大根 「大根一式料理秘密箱」より
IMG_7464

*鮎の梅香煮びたし 「鬼平犯科帳」より 
IMG_7462

*大猪口(生利の黒胡麻和え)「料理早指南」より 
IMG_7461

*たまごふわふわ 「仙台下向日記」より
IMG_7466

*豆腐麺 「豆腐百珍 奇品」より
IMG_7463
*花見のちらし寿司

*麩の焼き 「古今名物御前菓子秘伝抄」より
IMG_7470

次回は入船亭小辰さんです。
6月16日(金)19:00より。
落語とご飯 4500円

詳しくは下記に。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会%E3%80%80めぐたま寄席-第2回%E3%80%80入船/

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第2回 入船亭小辰 さん

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席
第2回 入船亭小辰 さん

めぐたま寄席、二回目は期待の二つ目、入船亭小辰さんです。
写真集に囲まれた高座での一席はこじんまりとした空間。
落語家さんとの距離が近くて、なかなか贅沢な寄席です。
めぐたまがやるからには、もちろんご飯付き。落語は江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸。だから、江戸料理です。
一回目と違う、おいしい、珍しい江戸料理、色々作ります。

一回目の様子。江戸料理も載っています。
http://megutama.com/落語と江戸料理の会%E3%80%80めぐたま寄席1-春風亭正太/

江戸料理の一部をご紹介します。(予定です)
漬け鮪の炙り
池波正太郎さんの名作『仕掛人 藤枝梅安 影法師』で、梅安の行きつけの料亭井筒で出された一品。

揚げそば
江戸の町には食事を提供する屋台がアチコチにあって、賑わっていたそうです。その中でも人気だったそば屋。汁そばではない、上げたそばも売っていました。

辣料豆腐(からみどうふ)
『豆腐百珍』より。一番ランクの高い「絶品」に入っています。たっぷりの生姜を入れた出汁で朝から夕方まで煮て作ります。

他では味わえない、落語と江戸料理の一時。ぜひぜひお越しくださいませ。

6月16日(金)
18:30 受付
19:00 開演

落語:入船亭小辰
江戸料理:おかどめぐみこ

会費:4500円(落語とご飯。ドリンク別)(定員30名、全席自由)

場所:写真集食堂めぐたま
渋谷区東3−2−7-1F 恵比寿駅 徒歩7分 03-6805-1838
予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com、03-6805-1838

飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.29 一日「ソール・ライター」DAY

Snow
ソール・ライター 《雪》 1960 年 発色現像方式印画 ソール・ライター財団蔵 ©️Saul Leiter Estate

Taxi_copy
ソール・ライター 《タクシー》 1957 年 発色現像方式印画 ソール・ライター財団蔵 ©️Saul Leiter Estate

Canopy_copy
《天蓋》 1958 年 発色現像方式印画 ソール・ライター財団蔵 ©️Saul Leiter Estate

飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.29 一日「ソール・ライター」DAY

2006年、Steidl社から刊行された写真集『Early Color』で一躍脚光を浴びたソール・ライター(1923〜2013)。1950〜70年代にファッション写真家として人気を博すが、80年代以降は引退状態だった彼の、ニューヨークの日常を独特の角度と色彩感覚で切りとったスナップ写真が、今あらためて人々を魅了しています。

4月29日からBunkamuraザ・ミュージアムで、日本では最初の本格的な回顧展 「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター展」が開催される。彼の写真について、同展のキュレーションを担当したニューヨーク国際写真センター(ICP)のポーリーヌ・ヴェルマールさんと語り合います。

めぐたまでランチの後には、一緒にザ・ミュージアムでの展覧会を見学。ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

「ニューヨークが生んだ伝説 写真家 ソール・ライター展」
Bunkamuraザ・ミュージアム(東京・渋谷)
2017/4/29(土・祝)-6/25(日)
*5/9(火)、6/6(火)休館

http://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/17_saulleiter.html

ゲストのポーリーヌ・ヴェルマール(Pauline Vermare)さんの略歴

フランス生まれ。パリ政治学院で国際関係、東洋語学院で日本語の修士号取得。2001年から2002年にかけて、マグナムフォト・パリ事務所に勤務後、2003年から2009年までアンリ・カルティエ=ブレッソン財団で広報と展覧会制作に従事。2010年、ニューヨーク近代美術館(MoMA)でピーター・ガラシ、キュレーションによる「アンリ・カルティエ=ブレッソン-近代の世紀 (Henri Cartier=Bresson-Modern Century)」のため同館に勤務。現在、ニューヨーク国際写真センター(ICP)、アシスタント・キュレーター。

日時:4月29日(土・祭)

10:00~15:00

会費:5000円(トーク、お昼ご飯、「写真家ソール・ライター展」入場券付き) 
   学生割引 4000円(トーク、お昼ご飯、「写真家ソール・ライター展」入場券付き)

トーク:ポーリーヌ・ヴェルマールさん(キュレーター)
    飯沢耕太郎

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

「飯沢耕太郎と写真集を読む 番外篇 『植田正治作品集』を巡って」講座レポ

 

2月12日に、月に一度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」を開催しました。

「写真集を読む」では毎回、テーマに合わせて写真評論家の飯沢さんが“写真の味わい”についてお話しています。(これまでの講座の様子はこちら

DSC_0749

DSC_0779

今回は、植田正治の決定版『植田正治作品集』(河出書房新社)の刊行記念として、飯沢さんと共に監修をつとめた写真史家・金子隆一さんに来ていただきました。

DSC_0780

2000年に亡くなってから17年が経ってもなお、多くの人を魅了する植田正治の写真世界。

この度の作品集は、本人が生前に発表した雑誌の初出をたどり、プリントやフィルムが無い写真に関しては、雑誌をスキャニングしています。そのため、展覧会やこれまで刊行されてきた写真集では見ることができなかった作品がたくさん収められているのが特徴です。

DSC_0758

モノクロのイメージが強く、カラー写真は80年代から晩年にかけての作品という印象が強い植田正治さんですが、雑誌をたどるなかで70年代からすでにカラー写真に力を入れて取り組んでいたことがわかったそうです。

飯沢さんは「シンプルな印象がありながらも、カラーだからこそ表現できる世界があって、単純化することで世界を浮かびあがらせていくような感じがします。」と、初期のカラー写真には新鮮なショックがあったことを話してくれました。

DSC_0768

大の甘党だった植田正治さん。トークの合間のおやつタイムでは、植田正治さんの妻、紀枝さんのレシピから「淡雪」というお菓子をご用意し、皆さんでいただきました。

DSC_0795

イベントも後半になると、植田さんとの思い出話も。

写真技術や戦前の写真について、多くのことを教わったという金子さんからは「植田先生が話すことの全ては『写真っていいよね』ということにつながっていました。」と植田さんとのエピソードもお話していただきました。

DSC_0754

トークのあとには「植田正治が愛した食卓」と題して、ご飯会も行いました。ご飯会のようすは「植田正治が愛した食卓」レポートをご覧ください。

金子さん、植田正治事務所の増谷さん、そしてご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!

【お知らせ】

今年の「写真集を読む」からロングバージョンの記事を有料配信しています。
飯沢さんと金子さんのトークの全容はこちらをご覧ください!

連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」(ウェブマガジンmine)
※上記サイトにアクセスし、有料版にお進みください

1万字を超えるボリューム満点の内容で、作品集をお持ちの方はもちろんのこと、まだ本を見ていない方にも分かりやすく、植田正治の写真世界のおもしろさをたっぷり解説しています。

●目次●
1. 『植田正治作品集』 ―雑誌の初出ということ
2.  評価の根拠 ―時代の移り変わり
3.  カラー作品をひも解く
4.  <風景の光景>の再評価

 

写真/文 館野帆乃花

朝ヨガ レポート

朝ヨガレポート

今日から、めぐたまで朝ヨガ始めました。
クンダリーニヨガ歴40年のダヤさん(これはヨガネーム。秋山欣也さん)を迎えてのヨガ講座です。

クンダリーニヨガについて詳しくは、下記に。
http://megutama.com/朝ヨガ@めぐたま/

断熱マットを敷いて、ちょっとスタジオ風?

IMG_7390

左が秋山欣也さん。
IMG_7392

秋山さんの著書。
IMG_7399
アマゾンで買えます。

参加者と記念写真。
IMG_7393

今回は深く、意識的に呼吸をすることを中心に行いました。
体の硬い方も、運動不足の方も。それぞれ自分のペースで動かします。
なんか、気分が良くなり、スッキリしました。

また、来週も再来週も、毎週水曜日の朝7:30からやります。
一緒に朝ヨガ、体験しましょう!

予約は下記から。
http://megutama.com/朝ヨガ@めぐたま/

第14回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ【3】 平安時代・後期〜源氏物語から始まる雅の世界レポート

第14回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ【3】 平安時代・後期〜源氏物語から始まる雅の世界レポート

三田徳明雅楽アンサンブルをお迎えしての雅楽の会、3回目は平安時代の後期にフーチャー。

三田徳明さんのわかりやすい雅楽の説明と楽器の説明。

IMG_7344

演目は「皇麞急」、朗詠「新豊」「青海波」。
IMG_7348

IMG_7346

舞楽「胡蝶」。
IMG_7351

IMG_7352

後半は平安時代・後期の宴です。
IMG_7356
IMG_7355

きたひ/硬い乾き物/するめ、炒り黒大豆。

奈万須(なます)/なます/氷頭なます
『延喜式』に「越後からの貢物として氷頭があった」とあり。
IMG_7363

加須毛美(かすもみ)/粕に漬けた肉/豕(ゐのこ)のかすもみ。
IMG_7360

保之以平(ほしいを)/干した魚/イワシの丸干しとイワシの焼き干し。紫式部が好きだった。 
『延喜式』に 「備中、周防より鰯の貢物が届いた」とあり。
IMG_7359
 
以利毛乃(いりもの)/水気がなくなるまで煎り付けたもの/太加無奈(筍)のいりもの。竹の子としいたけのいったもの。
『医心方』に「竹子、味は甘で無毒、消渇に効あり.水の循環をよくして気を益す」とあり。
IMG_7357

由天毛乃(ゆでもの)/ゆでたもの/若菜の茹でもの。 
『源氏物語 若菜 上』に「光源氏が花の賀の時に若菜の羹を食べた」とあり。
IMG_7361

阿倍毛乃(あえもの)/和え物/柚の汁あえ(ゆのしるあえ)。 
『蜻蛉日記』に「橋寺という旅籠に泊まった時に、切り大根(おほね)、柚の汁してあへしらひて、まづ出だしたり」とあり。
IMG_7354

和若布(にぎめ)/柔らかい海藻/若布の煮物、伯耆の板わかめ。
IMG_7362 

阿豆毛乃(あつもの)/温かい汁/きのこの羹(きのこ汁) 
『今昔物語 巻第二十八』に「尼ども山に入り、茸を食ひて舞いしこと」とあり。
IMG_7368

加由(かゆ)/しるかゆ/以毛加由(いもがゆ)(薯蕷粥)。
       かたかゆ/白米、たかきび、もちきび。
粥には「かたかゆ―今のごはん」と「しるかゆ」あり。さらに水を多くすると「古美都(こみず)」。

IMG_7366IMG_7364

炒り米

唐菓子/糫餅(かんべい/まがり)/ニッケとゴマの揚げ菓子。
京都の下賀茂神社の神饌として存在している。現在は糯米粉に蜜を加えて捏ね、腕輪形にして油で揚げて作られる。
IMG_7369

めぐり/調味料/塩、酒、酢、鮎醤(ひしお)
IMG_7358

御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」4

DSCN6050 のコピー

御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」4

前回、2016年10月開催予定が、急遽中止になった「コトバの愛人放談」が帰ってきます。
なぜ、中止になったかというと、、、、、、。御厨さんの関わられたあの事に関係しています。
その辺りのことも今回は色々お聞きしようと思います。

御厨貴さんと、ときたまの放談の第4弾。
4月の御厨さんのお誕生日にもやろうということになりました。

ときたまは、実は、御厨さんとはけっこう昔からお知り合いです。
どんな関係カッテ?
フフフ、それは秘密。

放談のタイトルは「コトバの愛人」です。

どうなりますやら。でも、楽しくなる事は間違いなし。
ぜひお越しください。

4月27日(木)

20:00〜21:00

御厨貴(政治史学者・政治学者)+ときたま

投げ銭トーク(めぐたまは通常営業です。1ドリンク+1料理以上、ご注文をお願いします)

出来たら、予約お願い致します。

宮川隆のサイエンスカフェ26 「恋❤️」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ26
「恋愛❤️」についてホントのことを知ろう

どうすると「恋愛❤️」ができるの?
「恋愛❤️」をすると、キレイになる気がするのですが、なぜ?
「恋愛❤️」は体に変化を及ぼすのはなぜ?
そもそも「恋愛❤️」なんて、科学で解明できるの?

宮川隆さんが「恋❤️」について、脳科学や内分泌学科学的にわかりやすくたのしく、話します。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

4月15日(土) 10:00〜13:00
3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎31

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎31

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。

作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎

日時 5月13日(土)

9:30~11:30

料金 3000円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 8名

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎30

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎30

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。

作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎

日時 4月22日(土)

9:30~11:30

料金 3000円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 8名

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。