雅楽と料理を楽しむ夕べ【2】レポート

雅楽と料理を楽しむ夕べ【2】平安時代・雅の世界と小町美女料理へのお誘いです
レポート

前回の天平につづく、平安の雅楽の会と料理の夕べ、5月14日に開かれました。

第一部は三田徳明雅楽アンサンブル(三田徳明さん/MC、篳篥、三田晴美/笙、打ち物、鈴木祥江/笛、三田千尋/篳篥、打ち物)による平安雅楽のお話と演奏と舞い。

IMG_0874

IMG_0879

まず最初は、越天楽。
そして、越天楽のメロディーに乗せて、1回目の雅楽の会のときに作っためぐたまの歌(作詞/ときたま&おかどめぐみ子)をうたいます。

めぐたまの歌
1)人の出会いは ときたまの 海と山より 恵みきて
写真が開く 世の扉 今日もめぐたま 日本晴れ
2)あなうましやな めぐたまは かのしし いのしし にぎわしく
飲めや歌へや 踊れよや 天平人も かくあらん

つづいて、平安時代の雅楽の演奏と舞い。
分かりやすい三田徳明さんの解説が間に入ります。
演奏されたのは陪臚(BAIRO)、白濱(HO-HIN)、胡蝶(KOCHO)、蘭陵王(RANRYO-OH)の4曲です。
雅楽が目の前でみられるのは本当に贅沢です。

そして、2部は、平安のご飯会。

テーマのある料理に燃えるおかどさんが、今回も張り切って作りました。
「玉造小町壮衰書」などを参考にしたそうです。

IMG_0880
堅 鮭の条(須波夜利)鮭とば・鰹若節・ホタルイカの煮干し

IMG_0881
膾 鯉のあらい
 「膾は、赬鯉(ていり-赤鯉)のつちずりにあらざれば嘗めず」
  
IMG_0883
炙 豕(いのこ)の串焼き

IMG_0882
茹 芋がらと干し筍。
以毛之(いもじ)倭名以毛之俗用芋柄、芋茎也。
  
IMG_0885 
煮 荒布の炒め煮 ふさはじかみ

羹 若布と若菜の羹
 
飯 望がゆ 「十五日は、望かゆの節供まいり」(枕草子)
「食は麇牙(しょうが-白米)にあらざれば喰らわず」
米、あずき、大豆、栗、粟、柿、ささげの七種の穀入りの粥 毎月一五日に食べる。

漬 ぬか漬け 大根・胡瓜(和名曾波宇里俗云木宇利)

IMG_0884
果 鶏心の棗(和名奈豆女)・杏子(和名加良毛々)

IMG_0886
*「めぐり」、飯のまわりに置く調味料のこと。塩、酢、酒、醤
*調味料 塩、酒、酢、酢滓、醤、鼓、未醤、糖(甘蔓)、煎汁、胡麻油、酥、はちみつトウ*香辛料、薬味 生姜、茗荷、山椒、橘、柚子、山葵、蓼、芥子、野蒜、胡麻、薄荷など

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2 レポート

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2 レポート

5月21日、写真展会場(ペルー大使館)で、企画者の白根全さんと飯沢耕太郎さんのトークが行われました。

そうそう、マルティン・チャンビ写真展は、好評に付き、会期が5月23日(月)まで延長され、なんと,入場者は1000人を超えたそうです!!
すばらしい!!

トークの後は、めぐたまでのペルー料理の会。
おかどさんが張り切って、前回とは違う料理にも挑戦しました。

CANCHITA 炒りトウモロコシ カンチータ 
IMG_0720

CEVICHE DE PESCADP 白身魚のセビーチェ
IMG_0748

SOLTERITO セビーチェ風 豆とチーズのサラダ
IMG_0749

ADOBO DE CHANCHO 豚のアドボ(インカの都クスコの名物料理)
IMG_0752

AJI DE GALLINA 鶏胸の黄色いパン粥 インディカ米
IMG_0753

SALSA CRIOLLA サルサ クリオージャ
薬味

ミルクの黄金律のアイスのアルガロビーナソースかけIMG_0754

おこしいただいた方、白根全さん、ありがとうございました。
写真を撮ってくれた、ほのちゃんも、ありがとう。

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.22 ヌード写真集を読む」講座レポ

月に一度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」。

この講座では、あるときは写真家を取り上げ、またあるときは1つの時代や1つのテーマにスポットをあてて、写真集を味わってきました。
(これまでの講座の様子はこちら

5月15日、22回目となる今回は「ヌード写真集」がテーマです。

DSC_0638

飯沢さんはヌードと写真について考えるときのキーワードは「ヌード」と「ネイキッド」の2つだとします。

美しいフォルム、物体としての「ヌード」
隠されていた存在が露わになる、出来事としての「ネイキッド」

今回は飯沢さんが選んだ古今東西のヌード写真集を、この2つの視点からみていくことで人の裸を撮ること、そして見ることについて考えていきます。

DSC_0615

1冊目に紹介したのは『明治裸体写真帖』(1970年)です。星野長一氏という江戸から明治のヌード写真を集めたコレクターのコレクションからなる一冊で、これらの写真は当時、外国人の旅行土産としてアンダーグラウンドで出回っていたと言われています。

DSC_0619

続いて飯沢さんが紹介したのが日本の明治時代と同時期にあたる、フランスを中心としたベル・エポック(良き時代)のヌード写真を集めた『Velvet Eden』(1979年)です。

『明治裸体写真帖』に収められた日本の初期のヌード写真はポーズや表情がぎこちなく、どこか痛々しいものも感じてしまうのに対して、『Velvet Eden』は華やかで解放的であり、芸術作品としての成熟度が高い写真ばかり。同じ時代でもまったく異なる「ヌード写真」があることが分かります。

DSC_0627

DSC_0628

次に見ていったのはアーヴィング・ペンの『Dancer』(2001年)とロバート・メイプルソープの『Black Book』(1986年)です。どちらも、肉であり物体である裸体の「モノ」としての存在感とともに、写真家の被写体に向けられた執拗なまなざしを感じます。

DSC_0632

そして「モノ」としてのヌードではなく、自分と自分の周りの出来事として裸体(=ネイキッド)を写したのがナン・ゴールデンの『the Ballad of sexual Dependency(性的依存のバラッド)』(1986年)です。愛する人のカラダ、恋人に暴力をふるわれて負った傷など、切実さと痛みが伝わるような「コト」としての写真集であり、日本の写真家にも影響を与えた一冊です。

DSC_0642

日本のヌード写真集から飯沢さんが選んだのは、変わりゆく東京の街とヌード写真を同時に並べた荒木経惟『TOKYO NUDE』(1989年)と宮沢りえのヌード写真集として話題となった篠山紀信『Santa Fe』(1991年)の2冊でした。
美しさや若さの陰にある消え行く存在の儚さを感じさせるような「ヌード」であり「ネイキッド」でもあるカラダが写されています。

ほかにも講座ではポール・アウターブリッジ Jr.『Photographien』(1981年)やオランダのクリエイター集団Kesselskramerの写真集『Useful Photography#8』(2008年)も取りあげました。紹介できなかった写真集もあったので、続編もあるかもしれません。

今回は時代や国を超えて「ヌード写真集」というテーマでたくさんの写真集を見ていきましたが、次回は打って変わって、ウォーカー・エヴァンズの『アメリカン・フォトグラフス』(1938年)という1冊の写真集を1時間半じっくりと時間をかけて読み解いていきます。

【次回講座のごあんない】

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.23
「ウォーカー・エヴァンズ『アメリカン・フォトグラフス』を読む」

6月19日(日)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

 

写真/文 館野帆乃花

 

 

「めぐたまブドウ棚計画」始動!!

「めぐたまブドウ棚計画」始動!!

めぐたまの奥の中庭の上にブドウ棚をつくろう!、題して「めぐたまブドウ棚計画」が始動しました。

内田秀さんのご実家はブドウ農家。
そこから持って来て下さった、純国産、日本の固有種、甲州ブドウです。
接ぎ木がしていない、根っこまで全部甲州ブドウです。
いわゆる自根ってやつですね。
ウイルスに感染しやすい。
でも感染しても、糖度が落ちるだけで,枯れません。

13220001_1321241481226612_1035457108_n

フェンスにそって内田秀さんが植樹。

13249467_1043785742367227_1398389061_n13224184_1040850695993816_577725597_o

無事に植え終わりました。
今年は房がついていないのでなりませんが、来年はぶどう狩りが出来る予定です。

13234860_1321241237893303_616453555_o

プロジェクトの始動を祝って、甲州ブドウのスプマンテで、乾杯!

これから、ブドウをはわせる棚をつくります、っていうか、内田さんが作ります。
お楽しみに。

【特装版/きのこの国のアリス】発売記念 朗読とトークの夕べのレポート

【特装版/きのこの国のアリス】発売記念 朗読とトークの夕べのレポート

5月13日に行われた【特装版/きのこの国のアリス】発売記念 朗読とトーク。
IMG_0859

IMG_0861

IMG_0860

会場には「きのこの国のアリス」(ステュディオ・パラボリカ)の絵を描いたKYOTAROさんの絵が並びます。
本を描いた後の描いたアリスです。
ちょっと感じがちがうのは、KYOTAROさんの中のアリスのイメージが変化しているからだとか。

IMG_0857

1部はキノコ柄のシャツを着た飯沢耕太郎さん(きのこ文学研究家)による、きのこトーク。
後にかかっているアリスの布も、もちろん、飯沢さんのもの。
飯沢さん前に並ぶのは彼のコレクション。
きのこキャラクターグッズのはなしや、世界のアリス本の比較など楽しそうに話します。

IMG_0858

2部は虚飾集団廻天百眼の紅日毬子さんによる「きのこの国のアリス」の朗読。

紅日毬子さんのサイト
【電子日誌◉網膜日録】
http://kaitenhyakume.com/akahimariko/
【Twitter】
@akahimariko

IMG_0854

IMG_0856

この日の為のきのこ定食。
世界のきのこ料理が一度に食べられるめぐたまじゃなきゃ食べられない定食です。

ペルー風 きのこのセビーチェ(きのこのマリネ)
亡命ロシア風 きのこと大山鶏の煮込み
高橋睦郎『詩人の食卓』より マハーバーラタ パンダヴァ兄弟に捧げる きのこのソテー エスニック風
オオイチョウダケの炊き込みごはん
なめこ汁

おこしいただいた皆さん、紅日毬子さん、パラボリカのみなさん、ありがとう!
美味しく楽しい一時でした。

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2

20160414094707

PE_20151201_04.jpg

FOTO:ⒸMARTIN CHAMBI/Archivo Fotografico Martin Chambi, CUSCO

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2

マルティン・チャンビ写真展が、好評に付き、会期が一週間、延長されました。
5月23日(月)までです。
写真展会場(ペルー大使館)で、もう一回企画者の白根全さんと飯沢耕太郎さんのトークを開催することにしました。
ぜひ、おこしください。

好評だった、めぐたまでのペルー料理の会もやります!

IMG_0738
IMG_0736

前回の様子。ペルー料理も載ってます。

http://megutama.com/category/催し報告/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2

マルティン・チャンビ(1891年~1973年)はペルーを代表する写真家。先住民の出身で、1920年代から50年代にかけてクスコの住民たちやマチュピチュ遺跡などの素晴らしい写真を残しました。ガラス乾板に刻まれたその数は合計2万点以上。誇り高き先住民のポートレートは、堂々としていて威厳を感じさせます。

作品は1979年にMoMAニューヨーク近代美術館はじめ、ロンドン、パリ、アルル、ミラノなどの欧米やラテンアメリカの主要な美術館で紹介されてきました。

その彼の日本初の本格的な写真展が、現在東京・広尾のペルー大使館で開催中です。展覧会を企画・構成を担当したカーニバル評論家/ラテン系写真家の白根 全さんと写真評論家の飯沢耕太郎さんが、チャンビの作品について語り合います。ぜひ足をお運びください。

ーーーーー
MARTIN CHAMBI写真展
ペルー大使館 視聴覚ホール「マチュ・ピチュ」

4月19日(火)~5月23日(月) 11時-17時 (金曜日は20時まで)
日祝休館

入場無料
ーーーーー
◆トーク
白根 全さん(本展の企画、カーニバル評論家/ラテン系写真家)
飯沢耕太郎さん(写真評論家)

*終了後、徒歩3分の写真集食堂めぐたまで、白根さん、飯沢さんを囲んでの夕食会があります。ペルー料理も出る予定です。
ぜひご参加ください。

写真集食堂めぐたま
http://megutama.com

◆日時
5月21日(土)
15:00〜スペシャルトーク(ペルー大使館)
17:00〜ペルー料理の会(めぐたま)
*スペシャル・トークのみ、夕食会のみの参加できます。

◆場所
ペルー大使館 視聴覚ホール「マチュ・ピチュ」
東京都渋谷広尾2-3-1
03-3406-4243
http://embajadadelperuenjapon.org/ja/

◆会費
スペシャル・トーク 無料(写真展の開催費用へのドネーションよろしくおねがいいたします)
夕食会 3000円(お料理のみ)です。
*スペシャル・トークのみ、夕食会のみでも参加できます。

●お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トークのレポート

13076667_1001115516630759_1488729405292534829_n

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トークのレポート

4月30日にマルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク、行われました。
場所は、普段はなかなか入れないペルー大使館の視聴覚室。

13102802_1001115603297417_8027555574295175100_n
会場には、チャンビの作品が額に入れられて並んでいます。

13139254_1001115706630740_4831401322071765457_n
写真集もずらーっと並びます。

13094156_1001115653297412_6033583707409418628_n
トークする白根全さんと飯沢耕太郎さん。
チャンビの生涯について白根さんが語ります。
一つ一つの作品の解説も。

トークの後は、徒歩2分のめぐたまに来てペルー料理の夕べ。

IMG_0720
CANCHITA 炒りトウモロコシ カンチータ

IMG_0739
ペルーのオリーブ

IMG_0735
CEVICHE DE PESCADP 白身魚のセビーチェ

IMG_0736
CEBICHE DE SETAS きのこのセビーチェ

IMG_0737PAPA A LA HUANCAINE ジャガイモのワンカヨ風

IMG_0738
IMG_0734
SECO DE RES 牛肉のコリアンダー煮込み
赤タマネギは付け合わせ。お肉と一緒に食べるそうです。

IMG_0740
PUKA PICANTE 豚バラ肉とジャガイモの赤い煮込み
バスティカ米とキヌアのご飯とカリーナビーンズ添え

IMG_0741
HELADO DE ALGAROBINA SYRUP
ミルクの黄金律のアイスのアルガロビーナソースかけ

チャンビの展示は16日までやっています。ぜひぜひ見に行って下さい。そして、帰りに、もちろん行きでもいいですが、めぐたまによってね(笑い)

マルティン・チャンビ写真展
共催 白根全/在日ペルー大使館
2016年4月19日(火)~ 5月16日(月)
11:00~17:00 金曜日は20時まで
日曜・祝日閉館
入場無料
ペルー大使館 視聴覚室 ”マチュ ピチュ“
〒150-0012 渋谷区広尾2-3-1

ペルー大使館のサイト
http://embajadadelperuenjapon.org/ja/日本で初めてのマルティン・チャンビの写真展を/

企画をして下さった白根全さん、ペルー大使館の皆様、会場の写真を提供して下さった吉村ひろゆきさん、ご来場の皆様、ありがとう!
そうそう、ペルー料理について親切に教えて下さった、ペルー料理の名店、荒井商店の荒井隆宏さんにも感謝です。おかげで美味しいペルー料理できました。ありがとう!

御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」3レポート

13140779_10209363498547775_718925472_n
御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」3レポート

4月27日御厨貴さんのお誕生日に、第3回目の御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」を行いました。

御厨さんの軽妙なトークと、ときたまつっこみであっという間の楽しい一時間でした。
参加して下さった方、御厨さん、ありがとうございました。

また、10月14日にやります。
この日はときたまの誕生日であります。
ぜひ,お越しください。

「「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作り」レポート

「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作りレポート

4月23日土曜日、大谷幸生さんの「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作りの会、行われました。

IMG_0617

前日、ANAの機内誌「翼の王国」の為に、チューリップ農家の取材、レイ作りのため、富山に行っていた大谷さん。
そのときのお話から、会は始まります。
写真に写っているのは、球根用のチューリップの花を機械で落としているところ。
そうすると、栄養が花に行かずに、球根にたまります。
大谷さんが落とされた花を使って、レイを作り、農家の人にまとってもらう企画でした。

そのチューリップを大谷さんが富山から運んで来てくれて実現したのが今回のチューリップのレイ作り。
大谷さんは、花代を払おうとしたら農家の方がいらないとおっしゃったそうです。
そこで、「今回の会費は食器を買って、九州の地震のボランティアをしている友人に送ります」と大谷さん。

IMG_0619IMG_0627
チューリップは何色も、そしてたくさんあります。

IMG_0629IMG_0630
ひとり30個ずつとっても、まだ余裕の数。
贅沢な花選びです。

IMG_0631
これで30個。

IMG_0626
大谷さんがつくり方を説明。
針に糸を通します。

IMG_0632
チューリップに糸を通します。
ゆっくり慎重にやらないと、チューリップをつぶしたり、糸が斜めに通ったりします。

IMG_0633IMG_0634
みんな真剣にレイ作りに没頭。
机の上にチューリップがひろがります。きれい!

IMG_0639
思い思いのレイをつけての集合写真。
春一杯、贅沢なチューリップのレイが出来ました。

大谷さん、参加者の皆さん、ありがとう!

また、材料が手に入る時にやりたいなあと思っています。乞うご期待。

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.21 肖像写真集を読む/ナダールとザンダーを中心に」講座レポ

 

「なぜ人は人を撮り、写真に残そうとするのか」

4月16日に開かれた、月に1度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」は、そんな問いを出発点に“肖像写真”について見ていきました。
(これまでの講座の様子はこちら

めぐたまにずらりと並ぶ5000冊以上の写真集から、本の持ち主、飯沢さんが選んだのは19世紀にポートレート様式を確立したナダールと、20世紀にその時代に生きる人々の姿を残そうとしたアウグスト・ザンダーの2人の写真集です。

DSC_0571

写真が発明される以前は画家に自分の肖像画を描いてもらうことだけが、自分の姿を残す手段でした。お金も時間もかかる肖像画を描かせることができたのは王族や貴族など特権階級の人々に限られ、肖像画は権威の象徴であったと言えます。

19世紀になり、写真の登場によって新しい肖像画のスタイルが確立します。
飯沢さんはこの新しいスタイルを「牛丼」に例え、写真は肖像画に比べて「安い・早い・うまい(正確な描写)」と説明します。19世紀の産業革命とともに、写真館が次々と登場し、肖像写真は瞬く間に中流階級の人々の間で広まっていきました。

安価で手軽な肖像写真が普及すると、人々は写真に写る自分の姿に個性を求めるようになります。19世紀、古典的な肖像写真の様式を確立したのがフランスの写真家ナダールです。元々、風刺画家だったナダールは写真の時代を感じ、1854年にスタジオを開設。顔に表れる内面性やその人のもつ雰囲気をライティングやポーズによって引き出し、演出する方法を模索しました。

DSC_0586

ナダールの確立した様式は、肖像画のスタイルを踏襲するものであり、20世紀になると肖像写真に限らず、絵画的な写真を否定する動きが見られるようになります。

そのきっかけとなったのが第一次世界大戦であり、写真はありのままの現実を写すべきではないのかという問いが肖像写真にも向けられるようになりました。

その問いを問い続け、「20世紀の人間たち」を余すところなく写真に残そうとしたのがドイツの写真家、アウグスト・ザンダーです。

DSC_0570

彼は20世紀に生きる人々を職業や社会的な立場によって分類し、あらゆる立場の人々を対等に写真に収めようとします。ザンダーの写真はその人の身なりやその人のいる場所、表情、しぐさを捉え、1人の人生が1枚の写真によって語られています。

そしてその写真は職業や社会的な立場で分類されることによって、固有の物語ではなくなり、人間の有り様として私たちに「人間とは何か?」と語りかけてきます。

DSC_0598

ナダールとザンダー、19世紀と20世紀を代表する2人の写真家の肖像写真から、自分の姿を残したいという人々の変わらない欲求と、時代によって変化し広がっていく肖像写真の可能性を見ていきました。

次回のテーマは「ヌード写真」です。こちらも写真を通して人間の姿や欲求、なぜ写真を撮るのかを一緒に考えていく時間になりそうです。

次回もたくさんの方々のご参加、お待ちしております!

【次回講座のごあんない】

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.22 「ヌード写真集を読む」

5月15日(日)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

 

写真/文 館野帆乃花