トーク(告知)」カテゴリーアーカイブ

大谷幸生さんの「笑顔の花飾り3」チューリップのお話とレイ作り

12670925_10206243249183576_8790692384755957167_n

大谷幸生さんの「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作り

昨年好評だった大谷幸生さんの「笑顔の花飾り」第3弾をやります。
今回は、富山のチューリップと関わる人々のお話と、富山のチューリップを使ったレイ作りです。

12814048_10206243249823592_8907138794613061377_n
富山のチューリップ畑。

12806235_10206243248943570_645595487810621590_n12821568_10206243249743590_7750888676032818277_n
これらは球根をとる為のチューリップ。
だから花が咲いたら、花を摘まないといけません。

12832487_10206243248783566_7512035918611671818_n
12795340_10206243248583561_3244644272257072111_n
首から採られたチューリップの花たち。

12805688_10206243248183551_463699427677543556_n
その花を活かして、レイにします。

昨年のイベントの様子
https://megutama.com/大谷幸生さんの『笑顔の花飾り』お話し会とブレ-2/
https://megutama.com/大谷幸生さんの『笑顔の花飾り』お話し会2と髪-2/

大谷幸生さんは日本の数少ないレイメイカーであり、フラワーアーティストとしてさまざまなイベント、ワークショップで活躍しています。

ハワイ島に暮らすマリー・マクドナルドさんとの出逢いでハワイアン・レイに魅せられたそうです。
マリーさんに、レイは本来「その土地の花で編む」琴を教わりました。ならば、日本人なのだから日本の土地・土地でその草花を育てた人への感謝の気持ちを込めてその土地だけのレイを編もう、と始めたのが「U Pacific Smile Project」。全国各地のその土地を代表する花をレイにし、花に関わる農家や職人のみなさんに届けるという活動をしています。

2014年、全国47都道府県 50カ所の花を訪ねた記録をまとめた『笑顔の花飾り』(ポプラ社)を出版、2016年1月号よりANAの機内誌「翼の王国」で、<はなのはなし>連載中。
日本各地の花を使ったレイを作り、花に関わる人々の様子をレポートしています。

大谷 幸生(おおたに ゆきお)
1969年神奈川県生まれ。
フラワーアーティスト。雑誌、広告などで活躍の後、近年は主にレイメイカーとして活躍。
東京と大阪にレッスンスタジオを持ち、そのほかハワイアンイベントでの装飾やワークショップなどを全国各地で行う。
レイ作りを通して日本の花を元気にしたい、と花の栽培農家や全国の自治体との交流も積極的に行っている。
著書に『しあわせの花飾り』、『ハワイアン・レイメイキング2 笑顔の花飾り』(共にポプラ社刊)。
ANAの機内誌「翼の王国」で、<はなのはなし>連載中

大谷さんのサイト
http://www.umahana.com

4月23日(土)

時間  受付9:45
    開始10:00〜11:30
会費 3000円(三年番茶付き、富山のチューリップのレイの材料費込み)
定員 24名

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

 -メキシコは写真と唐辛子の国!- メキシコ国立写真美術館館長のトークとメキシコ料理の会

150916_1205-メキシコは写真と唐辛子の国!-

メキシコ国立写真美術館館長のトークとメキシコ料理の会

生と死が交錯する神話の国メキシコは、知られざる写真大国でもあります。メキシコシティから北に車で2時間あまり、イダルゴ州の古都、パチューカにあるフォトテカ(国立写真美術館)には、何と100万枚以上の歴史的な写真が収蔵されています。そのフォトテカの館長、フアン・カルロスさんが来日するのにあわせて、写真集食堂めぐたまでトーク&メキシコ料理のイベントを開催します。

コーディネーターの矢作隆一さんは、唐辛子を使ったインスタレーション作品で知られるメキシコ在住のアーティスト。

写真とアートのお話をうかがうとともに、唐辛子をたっぷり使ったおいしいメキシコ料理とお酒を堪能しましょう。ぜひ足をお運びください。

日時:10月22日(木)

受付19時 開始19時30分

会費:4500円(トーク&メキシコ料理 ウエルカムメキシコドリンク1杯つき)

ゲスト:フォワン カルロスさん(メキシコ国立写真美術館館長)

ゲスト&コーディネーター : 矢作隆一さん(メキシコ在住のアーティスト)

聞き手:飯沢耕太郎(写真評論家)

カルロス館長顔写真

フォワン カルロスさん(メキシコ国立写真美術館館長)
Juan Carlos Valdez Marín

2006 until current day, Director of the National System Photographic Archives under the National Institute of Anthropology and History, México.

Bachelor Degree in History of Mexico, at University of the State of Hidalgo. Studied Biology at the National Autonomous University of México. Diploma in Visual Anthropology from the National School of Anthropology and History. Also self-taught photographer.

Has advised more than fifty national and international photographic archives, lecturer at conferences and photographic encounters. He is visiting professor at several universities in Latin America.

Fellow, in the area of photography, by the Ministry of Education, Culture and Sports of Spain (2001), winner of the National Research Award Paul Coremans (Conservation Field) INAH (1993 and 1996) and Fellow of the National Council for Culture and the Arts at Hidalgo, in the discipline of Photography (1997).

Has published three books on photographic conservation, and five technical books and twenty scientific articles and outreach.

With his photographic work, has participated in five individual photo exhibitions and fourteen collective photographic exhibitions in México and abroad.

矢作隆一
矢作隆一(やはぎ りゅういち)さん
メキシコ在住。美術家。1967年川崎市生まれ。1987年大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、調理師を目指すも、金沢美術工芸大学へ入学、1995年同大学美術学科彫刻専卒業。同年秋に渡墨し、メキシコと日本を中心に個展、グループ展、ワークショップ等を行っている。2010年メキシコ国立自治大学サンカルロス美術大学院都市芸術専攻終了、現在はメキシコベラクルス州立大学美術造形研究所に所属し、制作活動をはじめ展覧会の企画、コーディネートなど日本とメキシコとの芸術文化交流活動をしている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

 

 

本間真理子さんのお話とグルジアワインの会

03_mini

10421281_832451166814718_8464869899483006578_n

9-1

IMGP4757

IMGP8715-1

本間真理子さんのお話とグルジアワインの会

H&Nワインジャパンの本間真理子さんはワイン発祥の地グルジア、コーカサス山脈の麓カヘーティの「原産地呼称指定地域(マイクロゾーン」に、30ヘクタールの葡萄畑を2011年に購入。その畑で産出される約100トンの葡萄を使用して造られる「無添加・高品質ワイン」の紹介、販売を日本で初めて開始しています。

自社の醸造所も間もなく​​完成する予定です。

本間さんは起業する前は国際NGOで30年間、発展途上国の母子の命を守る活動に従事して世界中を駆け回っていました。
そこを退職し、ワイナリーオーナーになって復興支援をしようと​​ 、退職金をつぎ込んだらしい。
素敵な人だ。

詳しくは下記のサイトに。

http://hnwinejapan.com

本間さんにグルジアワインのお話、そして、とっておきのグルジアワインの試飲の会を企画しました。
おかどさんも、グルジアワインの美味しさ、保証してます。

本間さんはほんとうに魅力的な人です。
彼女に会いに、グルジアワインを味わいに来てください。

お待ちしています。

7月25日(土)

15:00〜16:30

3500円(お話と、グルジアワイン3種と軽いおつまみ付き)

定員20名

*ユネスコの無形文化遺産に登録されたグルジアの伝統的な製法で作られたクヴェブリワインも​​17時からはお飲みいただけます。

グルジア料理(予定)
ムツワディ(串焼き)
プハリ(野菜のクルミペースと合え)
マッシュルームのチーズ焼き
グルジア風キウリとトマトのサラダ

*ユネスコの世界遺産(人類の無形文化遺産)指定になったグルジアの伝統製法ワイン・クヴェヴリも、17時からはお飲みいただけます。

* お申し込み

megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。

初CD「TYCONIST」発売記念トーク&レクチャー  TAKUYA+ホッピー神山 「和太鼓は最高!」

tyconist

初CD「TYCONIST」発売記念トーク&レクチャー
TAKUYA+ホッピー神山 「和太鼓は最高!」

6月24日にコロンビアより、初CD「TYCONIST」を出す新時代のTYCONIST=音速和太鼓奏者TAKUYA。
TAKUYAの太鼓と歌を中心に、プログレ・ロック・ジャズ・テクノ・歌謡曲……いろいろな要素が詰まったいままでに無い和太鼓CD!

このCDのプロデューサーであり、キーボーディストでもあるホッピー神山と、TAKUYAのトークを企画しました。
和太鼓についてのレクチャーもあります。

入場料はいりません。
CD「TYCONIST」にお買い上げの方、どなたでもご参加いただけます。
めぐたまでは6月24日の発売日からCD「TYCONIST」を置いてあります。
当日に買われてもいいですし、前もって買われた方は当日お持ちください。
ご入場いただけます。

ぜひぜひおこしください。

TAKUYAサイト
http://takuya-columbia.jp/news.html
TAKUYAFB
https://www.facebook.com/tyconisttakuya?fref=ts
PV
https://www.youtube.com/watch?v=DV6C4uDghdo&feature=youtu.be

ホッピー神山サイト
http://hoppy.tv

7月20日(月・祝)
18:00〜

会費はいりません。
CD「TYCONIST」(¥3,240税込み)をお買い上げの方、どなたでも、参加できます。(当日も売っています)
めぐたまは通常営業ですので、一品以上、ご注文ください。

* お申し込み

megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。

「「和食」ってなに?」出版記念  阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会

150510_1101
「「和食」ってなに?」出版記念
阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会

昨日の夕食、何食べましたか?
和食?洋食?中華?
毎日食べているご飯は、この50年、社会の変化に伴い、どんどん変わって来ています。

「「和食」って何?」(ちくまプリマー新書)の出版を記念して、著者の阿古真理さんに、昭和の家庭料理を中心にした食の変化についてお話を聞きます。

「「和食」って何?」(アマゾンから買えます)
http://www.amazon.co.jp/「和食」って何-ちくまプリマー新書-阿古-真理/dp/4480689370/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1431145824&sr=1-3&keywords=阿古真理

昭和な軽食もつきます。何が出るか楽しみに。

6月14日(日)
15時〜17時
2500円(軽食付き)

おはなし 阿古真理
料理 おかどめぐみこ

阿古真理
作家、生活史研究家。
主な著書に
小林カツ代と栗原はるみ:料理研究家とその時代 (新潮新書)(5月18日刊)「昭和育ちのおいしい記憶」(筑摩書房)「昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年」(筑摩書房)「うち のご飯の60年――祖母・母・娘の食卓」(筑摩書房)