タグ別アーカイブ: 写真集を語り尽くす(告知)

写真集を語り尽くすVol.10「70年代と写真の青春時代」

IMG_7618

写真集を語り尽くすVol.10「70年代と写真の青春時代」

スタイリストの中村のんさんが企画した写真集『70’ HARAJUKU』(小学館)が版を重ねています。原宿・セントラルアパート1Fにあった、若きクリエイターやモデルの溜まり場だった喫茶店レオンなど、あの頃大きく変貌しつつあった原宿周辺のたたずまいを、若者たちの風俗とともに撮影したスナップ写真をまとめた写真集です。
現在の文化状況の原点ともいえる1970年代を、当時の写真集をひもときながら語り合います。
ゲストは中村のんさんと、『70’ HARAJUKU』に写真を寄せている横木安良夫さん、伝説のバンド、はっぴいえんどの写真でも知られるマイク野上さん。そして、この写真集のアートディレクターを務められた白谷敏夫さんという豪華なメンバーです。幻のレオン・ブレンドのコーヒーを飲みながら、熱い話が聞けるはずです。ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

5月13日(土)

●トーク
15:00〜17:00

3000円(トークとコーヒー付き(70年代、原宿にあったレオンのコーヒーとアマンドのパルミエパイ付き)

トーク:横木安良夫さん(写真家)
    www.alao.co.jp/home.html
    マイク野上さん(写真家)
    www.mikenogami.com
    中村のんさん(スタイリスト)
    www.nonnakamura-presents.com
    白谷敏夫さん(アートディレクター)
    飯沢耕太郎(写真評論家)

●70年代ご飯の会

17:00〜
野上さん、横木さん、のんさん、白谷さんを囲み、おかどめぐみこの作る70年代に料理を楽しみましょう
3000円(ドリンク別)

メニューの一部(予定)
*チキンバスケット 
*海老ドリア 
*スパゲッティミートソース
*コンビネーションサラダ、ポテトサラダ付。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真

Nao Tsuda_Box

「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」

今回の「写真集を語り尽くす」は、ゲストに津田直さんをお迎えします。世界各地の辺境を旅しながら、人類の思考や宗教の起源を探り出す仕事をしてきた彼は、2014年に刊行された『SAMELAND』(POST)を皮切りに、人類学のフィールドワークと写真を重ね合わせた写真集を刊行してきました。その後、『NAGA』(同)を2015年に刊行し、今回の『IHEYA・IZENA』で3部作が完結します。

津田さんがいま何を考え、どこに行こうとしているのか、写真集の版元でもあるPOSTの中島佑介さんを交えて語り合います。

伊是屋島の食べものであるムーチーをおかどめぐみこさんが作ります。
ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

津田直さんからのメッセージ
「ことの始まりは、3年前に遡ります。近年続けているフィールドワークをできる限り編集という作業を挟まず、ありのまま写真集として制作するプロジェクトを2014年よりlimArtと共に行ってきました。写真集は年に一度POSTにて開催する個展に合わせて刊行を重ね、2016年に三部作として完成しました。トークイベントではBOXに収まった三冊の写真集を手にしながら、北極圏を舞台にした『SAMELAND』、ミャンマー北西部に住むナガ族を訪ねた『NAGA』、沖縄本島北西部に位置する伊平屋島・伊是名島に通い続けた『IHEYA・IZENA』、それらの撮影時のエピソードをスライドを交えながら、POSTの中島さん(limArt主宰)と共にお話しします。」

津田直さんプロフィール
1976年神戸生まれ。世界を旅し、ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている写真家。文化の古層が我々に示唆する世界を見出すため、見えない時間に目を向ける。2001年より多数の展覧会を中心に活動。2010年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。主な作品集に『SMOKE LINE』、『Storm Last Night』(共に赤々舎)がある。近年はフィールドワークからつくる写真集『SAMELAND』、『NAGA』、『IHEYA・IZENA』をlimArtより連続的に刊行。
http://tsudanao.com

中島佑介さんについて詳しくは下記に。
http://www.limart.net

3月4日(土)

●トーク
15:00〜17:00

3000円(トークと軽食(写真集の舞台である伊是屋島のおもちムーチー、三年番茶付き)

トーク:津田直さん(写真家)
    中島佑介さん(limArt主宰)
    飯沢耕太郎さん(写真評論家)

●沖縄のご飯の会
17:00〜
津田さん、中島さん、飯沢さんを囲んで、おかどめぐみこさんの作る沖縄料理を楽しみましょう
3000円(ドリンク別)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

写真集を語り尽くすvol8 初沢亜利さん 「沖縄のこと。写真のこと」

150916_1219

写真集を語り尽くすvol8 初沢亜利さん
「沖縄のこと。写真のこと」

バグダッド、北朝鮮、東日本大震災の被災地、そして沖縄———初沢亜利は常に現代社会の矛盾が渦巻くインターフェイス(境界面)に身を置き、写真を撮り続けてきました。2013年以来、沖縄に1年3ヶ月滞在して撮影した写真をまとめた写真集『沖縄のことを教えてください』(赤々舎)が出版され、Bギャラリー、新宿ニコンサロン、アツコ・バルーでも写真展が開催されるなど、いま最も注目を集めている写真家と、写真評論家の飯沢耕太郎が、沖縄と写真を巡って語り合います。おいしい沖縄料理、ドリンク付き。写真集食堂めぐたま所蔵の沖縄関係の写真集も自由に閲覧できます。ぜひ足をお運びください。

11月7日(土)
15:00〜17:00

2500円(トークとお茶と沖縄料理一品付き)

ゲスト:初沢亜利さん

https://www.facebook.com/ari.hatsuzawa

聞き手:飯沢耕太郎さん

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

「写真集を語り尽くすVol.7 今森光彦さん」

「写真集を語り尽くすVol.7 今森光彦さん」

写真家の方をお呼びして写真集についてお話を伺う連続トークの第7回目は、今森光彦さんをゲストに迎えます。今森さんは1954年生まれ。岩合光昭さんや星野道夫さんとともに、日本の自然写真を牽引してきました。昆虫写真の第一人者ですが、木村伊兵衛写真賞を受賞した『里山物語』(新潮社、1995年)を契機として、生まれ育った琵琶湖北岸の仰木地区を中心に、環境全体を視野におさめた作品を次々に発表しています。自然と人間の営みが一体化した「里山」というテーマは、自然写真に新たな方向性を与えるものでした。近年は、「切り紙」の作家としても、持ち前の優れたヴィジュアル感覚を発揮しています。

近江の食材を活かした料理とともに、楽しいお話が聞けそうです、ぜひ足をお運びください。

7月18日(土)
17:30 受付開始
18:00 トーク

ゲスト 今森光彦さん
聞き手 飯沢耕太郎さん

4500円(トーク+近江のご飯+ワンドリンク付き)

* お申し込み

megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。

蜷川実花さん『写真を語り尽くす』Vol.3レポート

6月18日、『写真を語り尽くす』Vol.3がめぐたまで行われました。
ゲストは蜷川実花さんです。

20140618_190114
満員のお客様の前で、飯沢さんと蜷川実花さんのトークが始まります。

Exif_JPEG_PICTURE
処女作から新しい一冊まで,実際の写真集を見ながら、話が進みます。

詳しくは、以下の畠中恵子さんのメール通信をみてね。

〈鮮やか写真の☆蜷川実花ワールド〉

恵比寿「写真集食堂めぐたま」にて開催された
『写真を語り尽くす』Vol.3へ行って参りました♪
写真評論家/飯沢耕太郎さんが、様々な写真家(カメラマン)
の方と語り尽くす夕べです~今回のゲストは蜷川実花さんです♪

mini_140618_2041
入り口には蜷川さんの写真集が並んだいます。

mini_140618_1903
20年以上のお付き合いだと言う飯沢さんと蜷川さんのトークは、
聞いている方も楽しくなる様な息の合った軽妙さ♪♪♪
学生時代の最初の頃の作品は、ほとんどが白黒モノクローム
だったそうで、今からは想像もつかない驚きです!
初期写真集から最近の写真集まで彼女の写真集を、
彼女の歩んできた道に沿っての飯沢さんの解説は
飯沢さんならではの楽しいものでした♪

お子さんの宿題を見てあげる約束になっているので…と
8時には会場を後にした彼女の意外な母の顔も素敵でした!

mini_140618_2043
トークの後に並べられた写真集をゆっくり拝見~

mini_140618_2043
来年の1月には原美術館での個展が予定されているそうで、
その時に使う候補写真ファイルも並べられ、
沢山の興味深いショットを拝見させていただきました!
来年最初の楽しみになりそうです☆

mini_140618_2010mini_140618_2045mini_140618_2042
トークが終わって”めぐたま”の美味しい食事タイム♪
大皿料理の数々をいただきながら、飯沢さんを中心に
あちこちで楽しいトークが続きます~

鮮やかな蜷川実花ワールド一色に染まった
開放的な”めぐたま”での一夜を楽しんで参りました♪♪♪

写真集を語り尽くすvol4『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』出版記念トーク&パーティ

写真集が時代をつくる!表紙_A
写真集を語り尽くすvol4として、『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』(シー・エム・エス/6月20日発売)の出版を記念したトークとパーティを開きます。

『写真集が時代をつくる!』は「PHaT PHOTO(ファットフォト)」2008年11-12月号~ 2012年11-12月号で飯沢耕太郎さんが連載していた『時代に残る写真集』をまとめた冊子。
60ページ、A4サイズ、オールカラーで、写真集の顔となる表紙が大きくレイアウトされ、中ページもご覧いただけます。写真集にまつわるストーリーや作者のこと、時代背景などが分かりやすく解説されているので、「写真集をどう読めばいいかわからない」、そんな方の「写真集入門書」としてもぴったりな1冊です。

そこで今回の出版を記念し、ささやかではありますが、7月16日(水)に写真集食堂めぐたまにて、出版記念トーク&パーティを開催することとなりました。
おいしいご飯を食べながら飯沢さんの写真集トークを聞いて、おみやげに1冊本書がついてくる、盛りだくさんのお得なパーティです。

140612_1433
140612_1433
もちろん、写真集食堂めぐたまには、全部の本物の写真集が揃っています。手にとってみていただけます。
現在は、カウンターの上に並んでいます。
スタッフに一声かけて、見てく下さい。

どなたでも参加いただけますので、ぜひお集まりください。幸せな初夏の一夜を過ごしましょう。

PP82_cover_small
■写真雑誌『PHaT PHOTO』とは?
もうすぐ創刊15周年を迎える写真雑誌。「新しい才能を見つけ、未来に繋げる写真雑誌」として、若手写真家を積極的に起用したり、海外の写真事情や、写真ファンの毎日が充実する情報をお届けしています。http://www.phatphoto.jp/

タイトル:『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』出版記念トーク&パーティ

7月16日(水)
時間:受付18:30〜
   開始19:00~

料金:3,500円(軽食&三年番茶、トーク、『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』1冊 <1000円>付き)

定員:40名

お申し込み:
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。予め、ご了承ください。

<登場する写真集>
小石清『初夏神経』
ウィージー『ネイキッド・シティ』
アンリ・カルティエ=ブレッソン『決定的瞬間』
エドワード・スタイケン編『ザ・ファミリー・オブ・マン』
エド・ファン・デル・エルスケン『セーヌ左岸の恋』
フィリップ・ハルスマン『ジャンプ・ブック』
リチャード・アヴェドン『オブザヴェーションズ』
ジャック=アンリ・ラルティーグ『J=H・ラルティーグの少年時代の写真』
森山大道『にっぽん劇場写真帖』
中平卓馬『来たるべき言葉のために』
ラリー・クラーク『タルサ』
荒木経惟『センチメンタルな旅』
ダイアン・アーバス『ダイアン・アーバス』
東松照明『太陽の鉛筆』
ウィリアム・エグルストン『ウィリアム・エグルストンズ・ガイド』
牛腸茂雄『SELF AND OTHERS』
ナン・ゴールディン『性的依存のバラッド』
深瀬昌久『鴉』
エリック・ヴァリ/ダイアン・サマーズ『ハニー・ハンターズ・オブ・ネパール』
古屋誠一『メモワール』
今森光彦『里山物語』
ヴォルフガング・ティルマンス『コンコルド』
マイケル・ライト編『フル・ムーン』
ポール・フスコ『RFKの葬送列車』
渡部雄吉『犯罪捜査』

「写真集を語り尽くす」Vol.1 森山大道さん

「写真集を語り尽くす」Vol.1

森山大道さん

2012~13年にイギリス・ロンドンのテート・モダンでウィリアム・クラインとの二人展を開催するなど、いまや日本だけでなく、欧米やアジア諸国でも現代写真家として最も高く評価されている森山大道さんをゲストにお迎えします。彼のデビュー写真集である『にっぽん劇場写真帖』(1968年)、名作『光と影』(1982年)など、実際に写真集を手に取りながら、それらがどんなふうにできあがってきたか、写真集というメディアにどんな可能性を感じているのか、いろいろな角度からお話をうかがいます。

ゲスト:森山大道さん

聞き手:飯沢耕太郎さん

3月27日(木)

19:00〜

4500円(ご飯、三年番茶つき)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルや、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。