タグ別アーカイブ: 町口覚

飯沢耕太郎と写真集を読むVol.36 町口覚と「TOKYO Before/After」展 講座レポート

 

2018年3月25日に開催した「飯沢耕太郎と写真集を読む」のレポートを公開しました。

今回は、マッチアンドカンパニーの町口覚さんをお招きしました。グラフィックデザイナーとして、パブリッシャーとして今まで手がけてきた写真集の話、そして、飯沢耕太郎さんがキュレーションを担当し、町口さんが会場構成とカタログのデザインを担当した、「TOKYO Before/After」展(国際交流基金主催)についてお話していきます。

ウェブマガジンmineでは、1万文字を超えるボリュームたっぷりのレポートを掲載しています。

(※対談は有料版となっておりますが、冒頭のみ無料でお読みいただけます)

 

記事はこちら→連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」 町口覚と「TOKYO Before/After」展

 

DSC_0804 DSC_0758 DSC_0781 DSC_0813 DSC_0830 DSC_0954

【目次】
◆20代、確信と覚悟 ―『40+1 PHOTOGRAPHES PIN-UP』(1995年)
◆コイツの写真集を ―佐内正史『生きている』(1997年)、『銀河』(2018年)
◆Mレーベル、パリ・フォトへ ―森山大道『auto-portrait』(2010年)、『Sunflower』(2011年)
◆TOKYO Before/After

 

「飯沢耕太郎と写真集を読む」はほぼ毎月、写真集食堂めぐたまで開催されています。(これまでの講座の様子はこちら

(2018年3月25日開催・写真/文 館野 帆乃花)

飯沢耕太郎の写真集を読むVol.36  町口覚と「TOKYO Before/ After」展

tokyoba_pamph_180206_(ドラッグされました)のコピー

飯沢耕太郎の写真集を読むVol.36  町口覚と「TOKYO Before/ After」展

 国際交流基金の依頼で僕がキュレーションを担当した「TOKYO Before/ After」展も、ようやく形ができてきました。

1930年代の東京のイメージ(『光画』、『日本』、桑原甲子雄)と、2010年代以降の東京を撮影した写真家たちの仕事(荒木経惟、森山大道、蜷川実花、佐藤信太郎、有元伸也、林ナツミ、題府基之、小林健太)をカップリングして見せるという企画で、2018年3月からカナダ・トロントを皮切りに世界各地を巡回します。

 その会場構成とリーフレットのデザインを担当したのが、マッチアンドカンパニーを主宰する町口覚さん。今回は「TOKYO Before/ After」展のお披露目を兼ねて、町口さんをゲストに迎え、彼が装丁した数々の写真集について語り尽くします。

森山大道『Odasaku』、野村佐紀子『Ango』、田淵三菜『into the forest』(入江泰吉賞受賞作)など、このところ彼のデザイン・ワークは冴えわたっていますが、その秘密に迫るお話を聞くことができそうです。ぜひ足をお運びください。                                              (飯沢耕太郎)

3月25日(日)
10:00~11:30

トーク 町口覚さん(マッチアンドカンパニー)
    http://www.matchandcompany.com/
聞き手 飯沢耕太郎

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

ランチ
町口さん、飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。