タグ別アーカイブ: 森山大道

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.15 森山大道2 『森山大道の再起』」講座レポ

長い梅雨が明け、日差しが強くなった7月19 日の日曜日。

月に一度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」が開催されました。

DSC_0167

めぐたまで自由に読むことのできる写真集の「味わい方」を、本の持ち主である飯沢さんが教えてくれるこの講座。

15回となる今回は前回に引き継ぎ、写真家・森山大道の写真集をじっくり読んでいきます。(今までの講座の様子はこちら

 

前回はデビュー作『にっぽん劇場写真帖』(1968年)など、森山大道のスタイルが確立し、世に知れ渡ったころの作品を見ていきました。

そのタイトルからも、葛藤が伺える『写真よさようなら』(1972年)という写真集を発表したころから森山大道は大スランプの時代を迎えます。

今回はスランプ時代の先、そして現在までの軌跡を追っていきました。

DSC_0139

 

写真とは何か。写真を撮る自分は何者なのか。という問いの前に精神的にも体力的にも力を失ってしまった森山ですが、彼を再び奮い立たせたのも、写真でした。

1981年から刊行された雑誌『写真時代』で発表した「光と影」という連載で原点回帰し、力強さを取り戻します。

その後、関西を拠点に活動した写真家・安井仲治へのオマージュ『仲治への旅』(1987年)や300ページの大型写真集を93年94年97年の三度に渡って発表した大作『Daido hysteric』シリーズなどを手がけていきました。

「電柱と電柱の間で1冊の写真集ができる」

この言葉は、飯沢さんがよく取りあげる森山大道の言葉ですが、スナップにこだわり続ける彼のスタイルとイメージを自由自在に操ることのできる自信がにじみ出ているようです。

DSC_0145

森山が勢いを取り戻した90年代は、日本の写真家が海外でも注目を集めるようになった時期でした。東松照明、荒木経惟とともに、森山大道の名は世界的に有名になり、2012年にはイギリスのテートモダンでウィリアム・クラインとの2人展が開催されるまでに。

最近では、デジタルカメラで撮るようにもなり、『カラー』(2012年)などデジタル特有のビビットな色味までも自身のスタイルに取り込み、77歳の現在も、進行形で表現の幅を広げています。

 

次の世代の写真家たちに大きな影響を及ぼし、今もなお、最前線で写真を撮り続けている森山大道の作品をじっくりと味わってみてはいかがでしょうか?

今回で森山大道のお話は最後でしたが、ここで紹介した写真集はどれも、いつでも、めぐたまで手に取ることができます。美味しいご飯もご用意しております。

DSC_0178

8月の講座はお休みとなりますので、次回は9月になります。

講座テーマやお日にちはこちらのサイトで追って告知しますので、皆さま奮ってご参加ください。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました!

 

写真/文 館野 帆乃花

 

 

 

 

 

 

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.14 森山大道の世界『にっぽん劇場写真帖』から『光と影』まで」講座レポ

6月20日に毎月の恒例イベント、連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」が開催されました。(今までの様子はこちら

めぐたまにズラリと並ぶ5000冊の写真集から、本の持ち主である飯沢さんが今回のテーマに選んだ写真家は「森山大道」です。

DSC_8207

森山大道は国際的にも名の知れた日本を代表する写真家の一人。77歳になった今でも世界中でスナップ写真を撮り続けています。今回は、その森山大道の初期写真をじっくり読み解いていきました。

森山大道といえば街の中を流れるようにさまよい、撮影していく「スナップ写真」が特徴的です。

飯沢さんは彼の生い立ちが「スナップ写真」という撮影スタイルに結びついていると説きます。1938年に大阪に生まれた森山大道ですが、父親の仕事の関係で引っ越しを繰り返し、居住地の定まらない幼少期を送っていました。

その生い立ちが旅と移動の撮影スタイルとなり、被写体をどこか突き放しているような鋭さと距離感を感じさせるのでしょう。

DSC_8223

また、彼の写真は力強いコントラストと構図によって、観るものを圧倒させますが、そのフォルムと骨格の強度は高校時代にグラフィックデザインを学び、デザインの仕事を手がけていた基礎力によるものと言えます。

1960年代のはじめに何のあてもなく上京した森山は、細江英公のもとで2年間アシスタントとして暗室作業を徹底的に叩き込まれた後、フリーの写真家として活動を始めました。

当時の写真家たちの登竜門、雑誌『カメラ毎日』の編集長・山岸章二に才能を認められ、「にっぽん劇場」などの連載を開始。『アサヒカメラ』でも「アクシデント」を発表します。

DSC_8248

そして雑誌の連載を写真集としてまとめ直したのが、デビュー作の『にっぽん劇場写真帖』(1968年)です。日本の土着的な湿っぽい感覚と高度成長期の都市の乾き切った感覚が混在する、当時の日本を詰め込んだような一冊といえます。

写真雑誌では連載が組まれ、写真集も発表した森山ですが、そのスタイルが世間に知れ渡っていくとともに徐々にスランプに陥っていきました。

1972年に発表した『写真よさようなら』は、写真を撮ることの意味を見出せず、それでも自分には写真しかないという葛藤がにじみ出ているようです。

DSC_8269

次回はスランプ時代とその先について。

この大スランプから抜け出すきっかけとなった『光と影』などを読み解いてきます。

第二弾からのご参加もお待ちしております。

【次回講座のごあんない】

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.15

森山大道2 「 森山大道の再起」

7月19日(日)

10:00~11:30

料金 2500円(三年番茶付き)

学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。キャンセルまちのお客様もいるので、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

ランチ

飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。

休日ランチ1500円。

DSC_8138

写真・増田 岳穂

文・館野 帆乃花

 

飯沢耕太郎の写真集を読む Vol.15 森山大道2 「 森山大道の再起」

飯沢耕太郎の写真集を読む Vol.15 森山大道2 「 森山大道の再起」

「めぐたま」所蔵の写真集を、いろいろな角度から見直していく「写真集を読む」、今回は森山大道さんの第2回目です。1970年代の「大スランプ」の時期を経て『光と影』(19982年)で再起した森山さんは、試行錯誤を繰り返しつつ90年代の「Hysteric」三部作で、完全に自分の作品世界を確立していきます。なかなか見ることが出来ない貴重な写真集も登場しますので、ぜひ足をお運びください。

7月 19日(日)

10:00~11:30

料金 2500円(三年番茶付き)

学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

「飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.9『写真時代』の時代!」講座レポ

1月11日の日曜日に、今年最初の「写真集を読む」が開催されました。

9回目となる今回のテーマは「『写真時代』の時代!」

1981〜1988年の間刊行された雑誌『写真時代』を読んでいきました。

 

編集者の末井昭と写真家の荒木経惟、2人のタッグによって生み出された『写真時代』。

DSC_0139全巻ずらっと並べられた雑誌は、飯沢さんが古本屋をまわってみつけてきたお宝です。

 

発売当時はなんでもありの成人誌といった存在でしたが、今あらためて見てみると、80年代という時代の勢いがギュッと凝縮された、日本写真における重要な役割を担う雑誌であることがわかります。

DSC_0115荒木経惟の「景色」「少女フレンド」「荒木経惟の写真生活」の三大連載や、スランプからの復活を遂げた森山大道の「光と影」の連載は創刊号からはじまった連載でした。

DSC_0134

 

写真家には倉田精二、北島敬三、山内道雄、浜田蜂朗、瀬戸内玄、書き手には赤瀬川原平、南伸坊、長谷川明などそうそうたる顔ぶれです。

 

「面白きゃナンでもイイ!」

という『写真時代』のスタイルのもと、さまざまな企画が組まれました。その多くが写真家や書き手にとって大きなきっかけとなり写真集や著書など新たな表現につながっています。

 

DSC_0135女性や若い方は時代の勢いに圧倒されながら、発売当時を知っている方は懐かしいような気恥ずかしいようなきもちで雑誌をめくっているようでした。

 

DSC_0141飯沢さんはこんな本も出しています。編集者・末井昭との対談など雑誌の裏話が満載の一冊。

 

『写真時代』に続き次回の「写真集を読む」からは何度かにわけて、天才アラーキー、荒木経惟の姿を追っていきます。

お楽しみに!

たくさんの参加お待ちしております!

 

 

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.10

「荒木経惟を読む! Part1 初期写真集」

2月28日(土)

10:00~11:30

料金 2500円(三年番茶付き)

学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

 

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。

休日ランチ1500円。

 

写真/文 館野 帆乃花

 

「写真集を語り尽くす」Vol.1 森山大道さん

「写真集を語り尽くす」Vol.1

森山大道さん

2012~13年にイギリス・ロンドンのテート・モダンでウィリアム・クラインとの二人展を開催するなど、いまや日本だけでなく、欧米やアジア諸国でも現代写真家として最も高く評価されている森山大道さんをゲストにお迎えします。彼のデビュー写真集である『にっぽん劇場写真帖』(1968年)、名作『光と影』(1982年)など、実際に写真集を手に取りながら、それらがどんなふうにできあがってきたか、写真集というメディアにどんな可能性を感じているのか、いろいろな角度からお話をうかがいます。

ゲスト:森山大道さん

聞き手:飯沢耕太郎さん

3月27日(木)

19:00〜

4500円(ご飯、三年番茶つき)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルや、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。