タグ別アーカイブ: 岩出菌学研究所

きのこの日記念 天然香茸など岩手の旬を楽しみながら 「チャグチャグ馬コを茸で復興するぞ!」の会レポート

10月15日12時からはじまった一日岩手DAY。
詳しいことは下記に。
http://megutama.com/1日岩手dayレポート/

6時からは、きのこの日記念 天然香茸など岩手の旬を楽しみながら 「チャグチャグ馬コを茸で復興するぞ!」の会。
img_3975

まずはじめは、工藤光さんによる、茸を使った地域活性プロジェクト「チャグチャグ☆マッシュ」プロジェクトの話。
これは、馬糞を使った堆肥からマッシュルームを生産することで、馬→堆肥→マッシュウルーム→収益→飼料→馬と言う循環を作り出し、減少しつつある馬を増やそうというのです。

工藤光さんのサイト
http://agri-tresen.jp/2015/07/06/999
チャグチャグ☆マッシュプロジェクトのFB
https://www.facebook.com/chagumush/info?tab=page_info

img_3976
次は原田栄津子さん(岩出菌学研究所)による「マッシュルームの効用、最前線」のお話。

岩出菌学研究所のサイト
http://www.iwade101.com

img_3973

原田さんの帽子と指輪とコサージュと髪飾り(小林慶子さん作)、全部、ガルガル(チリのきのこの名前です)なんです。

img_3977
飯沢耕太郎さん(きのこ文学研究家、写真評論家) ×高橋久祐さん(盛岡広域森林組合)による岩手のキノコの話。

img_3978
三重の津のカリスマファーマー横山重治さん。
特別栽培米を今回の宴のために送って下さいました。
あられも横山さん作。

img_3988
乾杯の音頭は、岩出菌学研究所の隅谷利光さん。

img_3992
岩手県滝沢市経済産業部 部長の齋藤和弘さんによる滝沢市の紹介。
チャグチャグ馬っ子はこの市のお祭りです。

滝沢市のサイト
http://takizawa.iwate.jp

img_3990
西和賀町(岩手県和賀郡)6次産業推進センター 地域おこし協力隊 遠藤靖志による西和賀町の紹介。

西和賀町のサイト。
http://www.town.nishiwaga.lg.jp

そして岩手ときのこの宴。

img_3998
乾杯は、キリンビールの復興特別バージョン「岩手づくり」。

img_3981-1
*チャグチャグマッシュルームとクレソンのサラダ 

img_3980
*賢治命名「白金豚」のロースト コプリヌスとドライフルーツのソース
ブロッコリーと中玉トマト添え

img_3987-1
*大山鶏の煮込みオオイチョウタケソース

*オオイチョウタケのソテー

img_3979
*はたけシメジと菊の花と青菜のしたし

img_3985-1
*三種のジャガイモのサラダ
シャドークイーン、じゃがキッズ、ノーザンルビー

img_4002

* いもの子汁 
img_3965

マイタケ、ホウキタケ、マスタケ、ハナビラタケ、アミタケ、クリタケ、ハタケシメジ、タマゴタケ、ナメコ、ハナイグチが入っています。

img_3983-1

*馬喰飯(ばくろうめし)
えのはなごはんとも、香茸の炊き込みご飯ともいいます。

img_3986
*岩手の漬物

img_4005
img_4003
*湯田牛乳公社 ヨーグルト 
味噌と醤油ソース、ラフランスのソース  

img_4004
*滝沢市のいも焼酎「馬芋ん」とアップルワイン「ポーム」

img_3964
岩手の酒各種 
トマトジュース
林檎ジュース

img_3994
最後にお越しいただいた方、お話しいただいた方、ありがとうございました。
大抽選会もあったし、本当に贅沢な会でした。なんせ、はずれがない!

この会がはじまりとなって、これからも岩手との縁が繋がっていく事を願っています。今後ともよろしくお願いします。

このイベント、ご協力いただいたのは、下記の方です。ありがとうございました。

共催: チャグチャグ☆マッシュプロジェクト
協賛: 岩手県滝沢市
    株式会社岩出菌学研究所
    株式会社湯田牛乳公社
協力: キリン絆プロジェクト 東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト          高源精麦株式会社
    三上農園
    株式会社いわて若江農園
    山金第三農園
    助六園

1日岩手DAYレポート

img_3963
12時から、一日岩手DAY。
店頭には、岩手の名産品が並びます。

img_3954
リンゴジュース(無添加完熟果汁100%)、樹上完熟ミディアムトマトジャム。

img_3953
さといも、カラーにんじん(いろいろな色あります、種類が違います)、ジャガイモ(カラールビー、中身が赤いです)が並びます。

img_3962

img_3959

椎茸メロンパン!
盛岡のきのこ王子・高橋久祐さんが作りました。

img_3961
きのこパンもあります。

img_3969-1
これは岩手ではありませんが、三重県で作られているオオイチョウタケの入ったおせんべ。

img_3950
ルーレット式おみくじ器。
よく喫茶店にあるあれです。滝沢町でつくっているそうです。

きのこ関連のグッズも色々。
img_3955
岩出石けん。
美肌効果のある成分の多いコプリーヌ(一夜茸)が入っています。

img_3951
テーラー麻子さんのきのこKEY HOLDERです。

飯沢さんデザインのエビキノTシャツ。
img_3956

飯沢さんの描いたきのこシャツ。
全て一点もの、手書きです。

そして、チャグチャグ定食もやりました。
img_3948

6時からはきのこの日記念 天然香茸など岩手の旬を楽しみながら 「チャグチャグ馬コを茸で復興するぞ!」の会です。
会が終わるまで、販売は続きまーーす。お近くの方はよって下さい。

10月15日は一日岩手DAYです

1450194130563

10月15日、一日中、岩手DAYです。
12時の開店からズーーット、岩手の農産物、乳製品、きのこ、などやってきます。
店頭で販売もします。

6時からはきのこの日記念 天然香茸など岩手の旬を楽しみながら 「チャグチャグ馬コを茸で復興するぞ!」の会です。
http://megutama.com/きのこの日記念-天然香茸など岩手の旬を楽しみな/

岩手の食材を使った、メニューも出ます。
岩手の郷土料理もあります。

岩手の郷土料理(予定)。ただいま、めぐたまのおかどさん、いろいろ研究中なので、他にも出ますよ、乞うご期待。

*馬喰飯(えのはなごはん)
「えのはな」とは香茸、ばくろうとも言っている鳶色の大型のきのこで、乾燥することで香りが高くなります。水にもどして味付けご飯にしたものが、えのはなごはんです。
乾燥したえのはなを水にもどしせん切りし、にんじんや油揚げをせん切りにしたものと醤油味で炊き込みます。

*いもの子汁
土垂れ里芋を使った郷土料理

*賢治命名 「白金豚」の刺身
「岩手県花巻市の偉人、宮沢賢治は、人間の業をよんだ秀作「フランドン農学校の豚」の冒頭で、豚が大地の恵みを受けて上等な食肉を生み出す様を、自然界における「触媒だ。白金と同じことなのだ」と感心しています。
  童話作家であり、学者であった賢治ならではの例といえます。そして今、花巻の大地でその精神を受け継いで昇華した豚肉に「白金豚」(はっきんとん)と名付けました。」
ぜひぜひお越しください。

共催: チャグチャグ☆マッシュプロジェクト
協賛: 岩手県滝沢市
    株式会社岩出菌学研究所
    株式会社湯田牛乳公社            
協力: 高源精麦株式会社
    三上農園
    株式会社いわて若江農園
    山金第三農園
    助六園

きのこの日記念 天然香茸など岩手の旬を楽しみながら 「チャグチャグ馬コを茸で復興するぞ!」の会

received_963790673707089
きのこの日記念
天然香茸など岩手の旬を楽しみながら
「チャグチャグ馬コを茸で復興するぞ!」の会

10月15日はきのこの日。それを記念して、めぐたまでは恒例のきのこイベントをやります。

imag0069_1
岩手滝沢のチャグチャグ馬コというお祭りを知っていますか?
世界的にも類のない労働馬に感謝するとても魅力的なお祭りです。
でも、馬の数が減り衰退の一途をたどっています。
そこで、マッシュルームで、チャグチャグ馬コを復興しようという「チャグチャグ☆マッシュ」プロジェクトがはじまりました。
馬→馬糞堆肥→マッシュルーム→収益→飼料→馬、そういう循環を生み出して、馬を増やそうというのです。
茸を使った地域活性プロジェクト「チャグチャグ☆マッシュ」のお話を聞きます。

14374574_950739485049467_33617313_o

そして、きのこと言えば、料理。
今回は貴重な天然香茸をはじめとする岩手の美味しいきのこが集合。
旬の野菜をはじめ、岩手の美味しいものを使った岩手の料理を楽しみます。
(岩出菌学研究所からオオイチョウタケとコプリーノ(ヒトヨタケ)もきますよん)

美味しく楽しく為になるきのこの夕べ、ぜひお越しください。

トーク
・“チャグチャグ☆マッシュプロジェクト”のはなし
  工藤光さん(チャグチャグ☆マッシュプロジェクト代表、助六園)
  
工藤光さんの紹介
 http://agri-tresen.jp/2015/07/06/999
  チャグチャグ☆マッシュプロジェクトのFB
https://www.facebook.com/chagumush/info?tab=page_info

・マッシュルームの効用、最前線
  原田栄津子さん(岩出菌学研究所)

岩出菌学研究所

・賢治ときのこ
  飯沢耕太郎さん(きのこ文学研究家、写真評論家) ×高橋久祐さん(盛岡広域森林組合)

その他、当日の食材を生産しているみなさまも加わり岩手県や滝沢市を近くに感じ魅力に触れる
とてもスペシャルな企画となっております。

*なお、10月15日は12:00から1日岩手DAYです。岩手の野菜や茸、乳製品、お酒など販売しています。
岩手の郷土料理も食べられます。

日時:2016年10月15日 きのこの日

   17:45 受付開始
   18:00開始

場所:写真集食堂めぐたま
   渋谷区東3−2−7-1F(恵比寿駅 徒歩7分)
   TEL&FAX:03-6805-1838
   http://megutama.com

会費:3500円(トークと岩手県滝沢市の食材を使ったご飯、ワンドリンク付き)

お申し込み:
写真集食堂 めぐたま
megutamatokyo@gmail.com

共催: チャグチャグ☆マッシュプロジェクト
協賛: 岩手県滝沢市
    株式会社岩出菌学研究所
    株式会社湯田牛乳公社
協力:キリン絆プロジェクト 東北復興・農業トレーニングセンタープロジェクト         高源精麦株式会社
    三上農園
    株式会社いわて若江農園
    山金第三農園
    助六園

キッタリアを食べよう! チリのきのこ事情のお話と、チリ料理の会レポート

めぐたまきのこの会 キッタリアを食べよう! チリのきのこ事情のお話と、チリ料理の会レポート

9月6日(日)めぐたま恒例きのこの会行われました。

ゲストはヌリ ディセニ さん(チリ大使館農務部 農務参事官)とチリを中心に南米のキノコ事情に詳しい岩出菌学研究所の原田栄津子さん。
チリのキノコ事情のレクチャーです。
150906_1713

キノコを提供してくださった岩出菌学研究所
http://kinoko.gargalgirl.com
http://www.iwade101.com

キノコ当てクイズもあります。
乾燥してるから、けっこう難しい。
150906_1720

その後は、チリのダンス。
お料理の監修,お手伝いもしてくださいったエマ アルバレス(チリ大使館・秘書)と、アランさん。
150906_1754

まずはチリの食前酒ピスコサワーでかんぱい。
アルコールはチリワインもいろいろありました。

ソパイピージャはもちろん手作り。
美和ちゃんとマルセロさんと息子のカミロさんが手伝ってくださいました。ありがとう!
150906_1727150906_1727150906_1754

ソパイピージャにつけるディップをつくっているエマさん。
150906_1726

できあがり。
150906_1759

*サルモンアサード 

*キッタリアの塩炒め コリアンダーとあえて。 
150906_1831

*薬効抜群 アガリクス(姫マツタケ)のディップ フランスパン マスカルポーネと合わせてディップに。
150906_1800

*ガルガル入り パステル・デ・チョクロ 
150906_1836

*コプリヌス(ササクレヒトヨタケ)と青唐辛子のソテー 
150906_1855

*Sopa de garbanzos ひよこ豆の煮もの(チリ料理)
150906_1800

*オオイチョウタケの玄米ピラフ
href=”http://megutama.com/test/wp-content/uploads/2015/09/150906_183102.jpg”>150906_1831

それに、(農)宝珠山きのこ生産組合さんから提供された、椎茸栽培キットに生えてる椎茸を採ってその場で焼くと言うイベントも。

(農)宝珠山きのこ生産組合
http://kinokokumiai.or.jp

シイタケの栄養について、みほちゃんの講義あり。
150906_1913

採れたてを、焼きます。
焼き方の指導は(農)宝珠山きのこ生産組合の川村さんと松下さん。
逆さ向きに置いて、汁がジワーーと出てくると食べごろ。
ウーーン写真じゃよくわからない(笑い)。
150906_1926
150906_1927150906_1931

そして、飛び入りのすばらしきごちそう!!
昼採りのタマゴダケ!
きれい!
これがおいしい。
150906_1517

採ってきてくれた、タマゴタケを洗う大江さん。
切って、炒め物に。
おいしかった!
150906_1850150906_1857

多くの方に来て頂き、ありがとうございました。
美味しく、勉強になり、楽しい一時でした。
また、きのこイベントとやりたいなあ!

めぐたまきのこの会 キッタリアを食べよう! チリのきのこ事情のお話と、チリ料理の会

めぐたまきのこの会

キッタリアを食べよう!
チリのきのこ事情のお話と、チリ料理の会

今回のきのこの会は、チリのきのこ事情がテーマです。

ゲストはヌリ ディセニ さん(チリ大使館農務部 農務参事官)とチリを中心に南米のキノコ事情に詳しい岩出菌学研究所の原田栄津子さん。

IMG_0150 のコピー 2
キッタリア。

「インディオのパン」と呼ばれ、チリではとても良く食べられ、ダーウィンの航海記にも記載されている有名なキノコ・キッタリアの話、チリのキノコの話、ガルガルを通じての国際貢献の話などをしていただきます。

チリのだんすもみられるかも

今回のご飯は、チリ料理ときのこ料理の2本建て。
まず、きのこは、、、。
何とキッタリアも出ます。
他に、ヒメマツタケ、コプリーノ、オオイチョウタケ、ガルガルなど、珍しいキノコもでてきます。

ガルガル
ガルガルを売る、チリの市場。

そして、日本代表(笑い)シイタケのその場で収穫して食べるコーナーもあり。
美味しい焼き方を川村倫子さん(宝珠山きのこ生産組合)に伝授して頂きます。

そして、チリ料理。
チリ大使館・秘書のエマ アルバレスさん監修の本格派です。

メニュー案

*サルモンアサード チリ産の鮭を半身の形できのこやオレガノと一緒に焼く。

*パステル・デ・チョクロ 挽肉と玉ねぎを炒めて、トウモロコシのフィリングをのせて焼く伝統料理。豪華にガルガルを入れます。

*キッタリアの炒め物 

*シャンピニオのサラダ 生で食べられるものを、クレソンやコリアンダーと一緒に。

*オオイチョウタケの玄米ピラフ(キヌア入り) 

*ソパイピージャ チリの揚げパン

*ぺブレソース コリアンダーのソース。何をつけてもいい。

*採りたてしいたけの焼いたの

南米のきのこ事情は、なかなか日本では知ることができません。
キノコご飯もチリご飯も、ここでしか味わえませんよ。

貴重な機会です。ぜひお越しください。

ゲスト/ヌリ ディセニ さん(チリ大使館農務部 農務参事官)、原田栄津子さん(岩出菌学研究所主任、農学博士)

司会/飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)

料理監修/エマ アルバレス(チリ大使館・秘書)

9月6日(日)
17:00〜 トーク
18:00〜 ご飯会

3500円(トークとご飯、ピスコサワー(チリの食前酒)つき)

料理のメニューは、準備の関係で、変更することがあります。ご了承ください。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ガルガルのお話と料理&ヤコウタケのお話レポート

5月17日、岩出菌学研究所の原田栄津子さんをゲストスピーカーに迎え、ガルガルとヤコウタケのお話をしていただきました。

これが、岩出菌学研究所から届いた生のガルガル。
これが食べられるのは、この催しだけです。
IMG_0594

IMG_0598

原田さん。
ガルガルのお話をしていただきました。
IMG_0611 のコピー

飯沢耕太郎さんが、ときどきつっこみます。
IMG_0610

そしておやつタイム。
ガルガルはフリットに。
IMG_0616

ヒメマツタケ(アガリスク)入りのグリッシーニ。
ガルガル入りのおせんべ。
IMG_0621

ガルガルのシロップをかけたアイスクリーム。
ヒメマツタケのグリッシーニ。
原田さん特製のガルガル旗。
IMG_0623

後半はヤコウタケのおはなし。
どうして光るのかはまだわからなそうです。
世界に70種ある光るきのこのうちで、強く光るヤコウタケ。

その栽培キットを岩出菌学研究所では発売しています。
20度くらいの温度が栽培に適当なので、5月末まで追加で限定50個、発売中。
お申し込みは
http://www.gargalgirl.com/?pid=88398432

キットのやり方を説明する原田さん。
IMG_0634

これが、キットをせっとしたところ。
150519_1031

ただいま、めぐたまではヤコウタケが光っています。
特製段ボールをのぞいてください。
150519_1030

150519_1031

こんな感じです。
image1

お越しいただいた皆様、原田さん、そして写真(下4点をのぞく)を撮ってくださった大作晃一さん、ヤコウタケの光っている所を撮ってくださった高橋さん、ありがとう。

次回のきのこイベントは、9月6日を予定しています。
詳しいことが決まったら、また告知するので、ぜひぜひお越しくださいませ。

きのこイベント/ガルガルのお話と料理&ヤコウタケのお話

きのこイベント/ガルガルのお話と料理&ヤコウタケのお話

gargal のコピー

ガルガルのシーズン到来!
生の採れたてガルガルがめぐたまにやってきます。
杏仁の香りがするガルガル。生のものが食べられるのはめぐたまだけです。
いろいろ身体にもいいらしい。
ガルガルを探してチリまで行ってしまった岩出菌学研究所の原田さんをゲストに迎え、お話を聞きます。
http://www.iwade101.com/gargal.html
http://www.gargalgirl.com
http://blog.gargalgirl.com

!cid_7DDFF32A-245C-41F5-BE6B-E4A72A1B100D

!cid_A9FA2612-C073-4536-8BEF-ADD68AA27AC7

大人気のヤコウタケキットのお話もしていただきます。
http://www.gargalgirl.com/?pid=88398432

ヤコウタケの写真は新井文彦さん。5月に「きのこのき」(文一総合出版)を発売予定。

5月17日(日)
14:30受付
15:00開始

ゲスト/原田栄津子(岩出菌学研究所主任、農学博士)
聞き手/飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)

2000円(お話とガルガルの軽いお料理つき)

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

「きのこ文学を食べ尽くす」レポート

2014年6月15日(日)、17時から、「きのこ文学を食べ尽くす」トーク&ご飯の夕べ、行われました。
飯沢耕太郎さんのきのこ文学トークとめぐたまの料理人おかどめぐみこさんによるきのこ文学料理、という豪華組み合わせ。

_MG_2856
飯沢さんのトーク。
文学とキノコの関係について熱く語り尽くしました。
手に持っているのは菌(くさびら)神社のお札。

_MG_2890小
飯沢さんの横にいるのは、岩出菌学研究所の福本武司さん。

140614_0924
岩出菌学研究所についてと、送っていただいたガルガルの話をしていただきました。
ありがとう!!

キノコを通して社会に貢献する岩出菌学研究所のサイト。
面白いから見てね。
http://www.iwade101.com/

オオイチョウダケバター
岩出菌類研究所から送られて来た、乾燥オオイチョウダケを練り込んだバター。

_MG_2934
ちょうど、収穫のシーズンに当たったので、岩出菌類研究所から送られて来た、生のガルガルのフリット。
ガルガルはチリ原産のきのこ。
これを生で食べられるのは、このイベントだけ。

そして、ご飯タイム。

_MG_2947
オオイチョウダケのオレキエッテ。
ポルチーニに匹敵するとも劣らない、濃厚な味のオオイチョウダケはイタリアンにも合います。

キノコソテー
高橋睦朗「詩人の食卓」より、
マハーバーラタのパンダヴァ五王子にささげる、五種類のきのこのソテー「Pandava brother’s &their princes」エスニック風。
大根おろしの上に、カレー味のキノコです。

_MG_2977
ピョートル・ワイリ、アレクサンドル「亡命ロシア料理―帰れ鶏肉へ」より、
鶏肉のスメタナソース・オオイチョウダケ風味。

マッシュルーム
「亡命ロシア料理―キノコの形而上学」より、
マッシュルームの反=料理的食べ方。

にびたし
今昔物語集より
平茸の焼漬し。

IMG_1271
ローストポークのオオイチョウ茸ソース、ザワクラウト添え。

IMG_1254
水上勉「土を喰う日々」より
紫シメジの蒸しごはん風 いろいろきのこの蒸しごはん。
紫シメジはシーズンではないので、今回はいろいろなキノコで作りました。
しょう油のみの味付けですが、それが、うまい!

IMG_1285小
ガルガルとゆすら梅のデザート。
杏仁の香りのするガルガルを入れてあります。

写真は神林優さん、石原康臣さん。
ありがとう!

秋にはまたきのこイベント、拡大して行おうと画策中。
乞うご期待です。