タグ別アーカイブ: 増谷寛

「植田正治が愛した食卓」レポート

「植田正治が愛した食卓」レポート

2月12日に金子隆一さん(写真評論家)と飯沢耕太郎さん(写真評論家)の河出書房新社から刊行された『植田正治作品集」をめぐるトークの後に「植田正治の愛したご飯会」を開催しました。

トークの内容は後日、詳しくレポートしますのでお楽しみに!
まずは、ご飯会の様子、アップします。

お孫さんの増谷寛さんから植田さんのエピソードを聞きながら、植田家に招かれた気分で宴が始まります。

*「じゃぶ」洋風すまし汁
IMG_6853

「植田は味噌汁がきらいでした。なので、植田が「じゃぶ」と名づけた洋風のすまし汁がよく登場しました。「じゃぶ」は

いい加減、適当という意味で使っていた方言です

鳥取の方言で「滅茶苦茶」の事を「じゃじゃくちゃ」と言うのから来ている気がします。

*柳カレイの干物

IMG_6846

「植田は骨のある魚が苦手だった。もともと食が細くぼんぼんだったので、骨のある魚は子供の頃から食べていなかったためなのかもしれません。でも、柳カレイの干物は何故か良く食べていました」

*もずく酢

IMG_6845

「もずく酢は毎日のように食卓に出ていました」

*あご野焼き(飛び魚の野焼きかまぼこ)

IMG_6848

山陰の特産品。

*天ぷら(魚のすり身の揚げたもの)

IMG_6851

鳥取でよく食べられる。

*大山鶏のハーブ焼き

IMG_6852

「食卓には肉の焼いたのはよく出ていました」

今回は、島根の名山大山(だいせん)で飼育している大山鶏にしました。

*伯雲軒のブドーパン。

IMG_6850

「植田は甘いもの好き。今回取寄せていただいた自宅の近くの老舗のパン屋さん伯雲軒のバタークリームが入ったブドーパンは次男でデザイナーだった植田充のお気に入りでした」

*菜の花の辛子和え

IMG_6847

*ごはん

IMG_6855

*板わかめ

IMG_6844

炙って食べます。山陰では日常品的に食べています。

*千代むすび 純米強力

「植田は下戸でお酒は飲みませんでした。

植田の自宅があった境港に行くと、千代むすびの宣伝が電柱にずーっと出ています。地元では一番メジャーな日本酒です」

*大山Gビール バイツエン

鳥取の地ビールといえば、これです

植田さんの知らない一面も楽しめたひと時となりました。
ご参加頂いた皆様、増谷さん、ありがとう!

「ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会」のレポート

土田ヒロミさん達を迎えて「ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会」レポート

7月16日、フランスのブルゴーミュ地方の村、ラ・ガシイで行われている屋外フォトフェスティバルの報告会を開催しました。
今回の特集の一つが海でした。
ゲストに出品作家の皆さんを迎えました。

IMG_1912
土田ヒロミさん(写真家)

http://www.hiromi-t.com/menu.php

IMG_1908
(ごめんなさい、くらい)
MOTOKIさん (写真家)

http://www.shihofukada.com/index

http://www.k-motoki.com/

IMG_1911
増谷寛さん(植田正治事務所)

http://www.shojiueda.com/jp/

聞き手は飯沢耕太郎さん(写真評論家)です。

IMG_1907IMG_1915

IMG_1914

IMG_1917

IMG_1907

展示の様子です。
ラガシイは屋外だけの写真フェスティバルです。

トークが一段落したら、ブルゴーニュ地方に因んだおやつタイム。

IMG_1927
今話題の氷見のシードル。

IMG_1925
ブルラーミュの焼き菓子。
一個食べると、満足感あり。

IMG_1929
後半は、参加者一人一人が発言しました。

大きく写真を伸ばした屋外の展示、新鮮でした。

報告して下さった皆様、参加してくださった皆様、ありがとう!!

土田ヒロミさん達を迎えて ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会

13523773_1104783489594569_137980206_o

13517836_1104783519594566_2126359652_o

土田ヒロミさん達を迎えて
ラ・ガシイ写真フェスティバルの話を聞く会

ラ・ガシイ写真フェスティバル(FESTIVAL PHOTO LA GACILLY)は、フランス ブルターニュ地方にある人口3000人弱の小さな町、ラ・ガシイで開催。今年で13回目を数えます。6月1日から9月30日というバカンス シーズンに 開かれる野外フォトフェスティバルには、毎年、30万人もの観客が集ります。

日本ではほとんど知られていませんが、素晴らしい屋外展示と、ホスピタリティあふれる写真フェスティバルです。
http://www.festivalphoto-lagacilly.com/

今年のテーマが「日本」と「海」。
日本関係の参加は以下の方々です。

新井卓
http://www.takashiarai.com/
植田正治
http://www.japro.com/ueda/
小原一真
http://kazumaobara.com/
大山行男
http://ohyamayukio.jp/
MIHO KAJIOKA
http://mihokajioka.com/
KIIRO
http://www.iwahada.com/
古賀絵里子
http://kogaeriko.com/
田沼武能(公式HPなし)
土田ヒロミ
http://www.hiromi-t.com/menu.php
西野壮平
http://www.soheinishino.com/jp/
深田志穂
http://www.shihofukada.com/index
水谷吉法
http://www.yoshinori-mizutani.com/
MOTOKI
http://www.k-motoki.com/
ルシール・レイボーズ(公式HPなし)

古写真
 フランス国立ギメ東洋美術館
 東京大学総合研究博物館、リヨン大学

現地に行って来た写真家、関係者のみなさんに集っていただき、緊急報告会を開くことになりました。フランスでの日本の写真の反応、展示の様子など、いろいろ伺いたいと思います。

ぜひ、お集りください。

7月16日(土)
15:00~17:00

2500円(シードルとガレット・ブルトンヌ(ブルターニュ地方の伝統焼き菓子)付き)

ゲスト
土田ヒロミさん(写真家)
http://www.hiromi-t.com/menu.php
MOTOKIさん (写真家)
http://www.shihofukada.com/index
http://www.k-motoki.com/
深田志穂さん(写真家)

増谷寛さん(植田正治事務所)
http://www.shojiueda.com/jp/

聞き手:飯沢耕太郎さん(写真評論家)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。