タグ別アーカイブ: 土門拳

5月29日(金)から31日(日)に、「飯沢耕太郎の写真集千夜一夜」 第6弾配信!

5月29日(金)から31日(日)に、「飯沢耕太郎の写真集千夜一夜」 第6弾配信!

「写真集千夜一夜」は今週末、5月29日(金)から31日(日)に、第6弾を配信します。
だんだん、配信にも慣れ、観やすく面白くなってきていると思います。
写真集にあまりなじみのない方にも楽しめる内容です。
第6弾もぜひぜひご覧ください。

チャンネル登録もお願いします。お知らせしているアドレスが、なくなってしまうトラブルが時々あるので、登録していただけると、その場合にもすぐに新しいアドレスがわかります。

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言は終わりましたが、今週末の金、土、日曜日に配信します。来月から配信については、改めてご連絡します。

配信を見るのは無料です。いいね、と思ったら投げ銭をお願いします。
めぐたま商店
https://megutamatokyo.stores.jp

【アーカイブについて】
第一夜から第十五夜の分も、アーカイブさてれていますので、ご覧になれます。
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の間は、アーカイブをご自由にご覧いただけるようにしようと思っていました。緊急事態宣言は終わりましたが、5月いっぱいは無料で視聴できます。
6月以降については、改めてお知らせします。

アーカイブのラインアップは、一番下に。

————————————————–

5月29日(金) 21:00
第十六夜 土門拳『ヒロシマ』
https://youtu.be/4iI_1fn4W0w
「リアリズム写真」を追求した土門拳の渾身の力作ドキュメンタリー。

5月30日(土) 21:00
第十七夜 エド・ファン・デル・エルスケン Ed Van Der Elsken「セーヌ左岸の恋』Love on the Left Bank
https://youtu.be/dr5o92yewXc
無一文でオランダからパリに来たエド・ファン・デル・エルスケンの青春ストーリー。

5月31日(日) 21:00
第十八夜 深瀬昌久 『鴉』
https://youtu.be/W-c4g-RrUeY
『鴉』は深瀬昌久の孤独の象徴か? 自分とは何かを問い続けた写真家の軌跡。

———————————————-
*アーカイブ(配信済みの番組)

第一夜 森山大道『にっぽん劇場写真帖』
https://youtu.be/jzlrlWso5l8

第二夜 安井仲治『安井仲治写真作品集』
https://youtu.be/_ZYGtfVmWPM

第三夜 ウォーカー・エヴァンズ Walker Evans『American Photographs』
https://youtu.be/idKAOTFchw8

第四夜 植田正治『童暦』
https://youtu.be/bncZWjQ8XCo

第五夜 ピーター・ビアード Peter Beard『ジ・エンド・オブ・ザ・ゲーム』/『ダイアリー』
https://youtu.be/Mq7yLDLCHBo

第六夜 奈良原一高『スペイン 偉大なる午後』
https://youtu.be/Uo4ISmdxWpo

第七夜 アンリ・カルティエ=ブレッソン Henri Cartier-Bresson『The Decisive Moment(決定的瞬間)』
https://youtu.be/y0Kbi_W_1jM

第八夜 佐内正史『生きている』
https://youtu.be/Xv5fqdtMIYU

第九夜 東松照明『太陽の鉛筆』
https://youtu.be/RFoYl3jak_M

第十夜 アウグスト・ザンダー August Sander『時代の肖像(Antlitz der Zeit)』
https://youtu.be/m0QHvdcpARw

第十一夜 川田喜久治『地図』
https://youtu.be/Qbz7oYejJZg

第十二夜 牛腸茂雄『SELF AND OTHERS』
https://youtu.be/kYw_uymyAs4

第十四夜 ロバート・フランク Robert Frank『私の手の詩』The Lines of My Hand
https://youtu.be/CxXQ75ohtas
フランクは名作『アメリカ人』刊行後、一時写真家としての活動を休止した。ニューヨークを訪ねた一人の日本人が、彼を写真の世界に引き戻す。

第十五夜 川内倫子 『うたたね』
https://youtu.be/kHRMX4xtJoE
国際的にも評価が高い川内倫子のデビュー写真集『うたたね』には、その前身となるポートフォリオがあった。その2冊の『うたたね』を比較する。

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.30 「木村伊兵衛と土門拳」講座レポート

2017年6月25日に「飯沢耕太郎と写真集を読む」を開催しました。
5000冊を超える写真集がずらりと並ぶ店内。写真家のことや時代背景を知ることで、写真集をもっと深く味わってほしいとはじめたこのイベントも30回目を迎えました。

DSC_0460

今回のテーマは、「木村伊兵衛と土門拳」。彼らの名前は、木村伊兵衛写真賞や土門拳賞という言葉で耳にすることはあっても、どんな写真家でどのような作品を残したのかは意外と知られていません。戦前から名を馳せ、同時代に活躍しながら全く対照的だった2人の写真世界を、代表的な写真集から読み解いていきました。

DSC_0480DSC_0530DSC_0598DSC_0462

2人の写真を見比べるということは、なかなかできない体験。ウェブマガジンmineでは、トークイベントの内容をたっぷりご紹介していますので、ぜひご覧ください。
(※対談は有料版となっておりますが、冒頭のみ無料でお読みいただけます)

記事はこちら→連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」 木村伊兵衛と土門拳

【目次】
◆2枚の写真 —「木村伊兵衛と土門拳展」
◆木村伊兵衛、ライカとの出会い
◆拡散型のスナップショット —『JAPAN THROUGH A LEIKA』
◆戦争と写真 —『FRONT』
◆戦後、<秋田>シリーズへ
◆木村伊兵衛のカラー —『木村伊兵衛外遊作品集』
◆タテ位置1000回、土門拳の修行時代
◆一点凝視の土門のまなざし —『風貌』
◆絶対非演出の絶対スナップ
◆リアリズム写真運動の高まり —『ヒロシマ』
◆100円写真集 —『筑豊のこどもたち』
◆不自由な体で成し遂げた大作 —『古寺巡礼』
◆日本写真のなかの木村伊兵衛と土門拳

 

 

(2017年6月25日開催・写真/文 館野 帆乃花)