タグ別アーカイブ: タケシィ

三線奏者・タケシィ+ことばのアーティスト・ときたま+沖縄料理の会レポート

第3回 身体に美味しい文化講座
三線奏者・タケシィ+ことばのアーティスト・ときたま
不思議な二人のコラボレーションと沖縄料理の会
レポート

5月10日に行われた沖縄のイベントのレポートです。
第一部は沖縄三線タケシィのライブ。はじめの20分ほど、展覧会中のときたまとのコラボライブ。
三線とコトバの掛け合いです。
SN3V0915

後半はお待ちかねのタケシィのライブ。
おなじみに歌から、オリジナルソングまで,歌と三線の楽しい一時です。
SN3V0917

最後はカチャーシーで盛り上がります。
SN3V0957

そして、沖縄料理タイム。

IMG_0800
沖縄に移り住んでいる金田裕子さん、マツバラマサヒロさんが、沖縄から送ってくれた材料の数々。
ありがとう!

SN3V0982
料理の説明をするおかどさん。
なーべーらーのどぅー汁(へちまと豚肉の味噌煮)
SN3V0987

ハンダマの海鮮サラダ(金時草と島人参などの海鮮サラダ、シークワーサーの酸味で)
SN3V0936

ンジャナとフーチーバの白和え(苦菜とヨモギのピーナッツ白和え)
手前の左側。
SN3V0968

ドウル天(田芋のドウルワカシーの素揚げ)
SN3V0937

アーサー と 島らっきょの天ぷら(アオサと島ラッキョウの天ぷら)
SN3V0942SN3V0963

麩チャンプール
(沖縄麩の炒め物)
SN3V0932

モーウィのウサチ(越瓜の和え物)
SN3V0970

雲南百薬(アカザカズラ)と豆腐
SN3V0930

二種の沖縄豆のジューシー
(生の赤豆とさやいんげんの炊き込みご飯)
残念、写真がありません。
 
あまがし
(緑豆と押し麦の黒糖汁粉。5月5日のお節句料理)
SN3V0993

沖縄パイナップル

泡盛 池原 白百合 30度 
   池原 赤馬  25度 
昔の泡盛の味の「赤馬」と「白百合」。クセが強いですが、飲み慣れると好きになります。
石垣のおじいとおばあがつくっていて、跡継ぎがいないので、いましか手に入りません。
  宮里 春雨カリー 30度  飲みやすさ・味わいに定評。カリーとは「めでたい」などの意
SN3V0997

お越しくださった皆様、タケシィさん、ありがとう!

SN3V0989

第3回 身体に美味しい文化講座 沖縄  三線奏者・タケシィとことばのアーティスト・ときたま 不思議な二人のコラボレーションと沖縄料理の会

中央大学法学部卒業後、某一部上場企業に入社し十数年勤務するも、コンサートで偶然耳

にした三線の音色に魅せられ、三線や沖縄音楽の素晴らしさを伝える為に唄者(うたしゃ)

として音楽活動を始めたという異色のキャリアを持つ三線奏者・タケシィ。

編集者、季刊写真誌「デジャ=ヴュ」発行人などを経て、1993年よりコトバを使った

作品を発表し、コトバとコミュニケーションの世界に生きるコトバのアーティスト・ときたま。

この不思議な二人が素敵で楽しいコラボレーションを展開いたします。

三線の音色と唄に魅せられた後は、沖縄から直送された食材を使った“めぐたま”

スタッフによるたっぷりの美味しい沖縄料理を召し上がっていただきます。

この日のために取り寄せた沖縄直送「泡盛」もお楽しみいただけます。

コトバの展示と沖縄の音色溢れる一夜をゆっくりとお過ごし下さい。

 

 

日時 : 2015年5月10日(日)  スタートpm.05:00  受付 pm.04:30

会費 : 5,000円(お話・演奏と料理 三年番茶付)

場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま

東京都渋谷区東3-2-7

http://megutama.com/

定員 : 40名

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp  090-4425-4263

めぐたま  megutamatokyo@gmail.com

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。