タグ別アーカイブ: めぐたま

やさしいヨガとヨガランチの会レポート

IMG_2651やさしいヨガとヨガランチの会レポート

11月11日(土)に行われたやさしいヨガとヨガランチの会、無事に終了しました。

当日は、Dya Singh (秋山 欣也)さんによる椅子に座ってのヨガをやりました。
Dya Singh (秋山 欣也)さん
詳しくは下記に。
http://3hojapan.info

椅子に座る形だと、床に座るより、場所をとりません。
自宅でもオフィスでも、どこでも椅子さえあれば行えるのも良いところです。
また、足が悪くて、床に座りにくい人にも向いています。

今回は分泌腺のバランスを保ち、神経組織を強化するヨガです。
呼吸法とエクササイズ。
上半身だけを動かしていても、結構運動量があり、暑くなります。

テロメアをのばす瞑想も、11分間行いました。

そして、ヨガランチ。
クンダリーニヨガでは様々な豆や米、ナッツや野菜、ハーブを使った体に良い料理や飲み物のレシピが伝えられています。その中から、いくつかをおかどめぐみこが作りました。

IMG_2654
ソリスティスープ
精神のバランスをとる力を高めるスープ。

IMG_2653
マングビーンズ&ライス
栄養のバランスが取れたマングビーンズ(緑豆)と米の料理。ヨガの後に、よく食べられる。

IMG_2652
ポテンとポテト
ヨガの伝統料理。エネルギーが高まります。

IMG_2655
ゴールデンミルク 
ヨガで関節の潤滑油と言われるターメリックとミルクを合わせた温かい飲み物。

宮川隆のサイエンスカフェ34&大忘年会 「血液」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ34
「血液」についてホントのことを知ろう&大忘年会

健康診断のときにおなじみの血液検査。

血液からは、何がわかるのでしょうか?
ドロドロの血液とは、どういうことでしょうか?
血液型って、性格に関係しているの?
血液を良い状態に保つには何をしたら良いの?

宮川隆さんが「血液」について、科学的にわかりやすくたのしく、話します。

宮川さんのトークの後は、大忘年会。
飲んで、食べて、ワイワイと楽しくやりましょう。
トークのみ、忘年会のみのご参加も受け付けます。

日時 12月10日(土)
10時〜12時 トーク
12時から15時 忘年会
会費
5000円(トーク、忘年会、乾杯のワイン、三年番茶つき)
*トークのみの方 2500円
*忘年会のみの方 3500円

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

めぐたまキットパスプロジェクト18 「トイレ都市三番地」 by 江波戸遊土

IMG_2692
めぐたまキットパスプロジェクト18 「トイレ都市三番地」 by 江波戸遊土

今回で18回目のめぐたまキットパスプロジェクト。

IMG_2693
作家はときたまと一緒に金沢21世紀美術館のグループ展に参加したアーティストの江波戸遊土さん。
アニメーションを作ったり、絵を描いたり、パソーマンスをしたりしています。

江波戸遊土さんについては下記を見てね。
FB
https://www.facebook.com/profile.php?id=100013536887950
instagram
https://www.instagram.com/yudono123/

IMG_2691
タイトルは「トイレ都市三番地」。
パワフルな作品が出来上がりました。

めぐたまキットパスプロジェクトは知的障害者雇用7割以上の日本理化学工業応援プロジェクト。
めぐたまキットパスプロジェクトについては下記に。
ページの中程に載ってます。
http://megutama.com/活動/

日本理化学工業のサイト
http://www.rikagaku.co.jp

これまでのキットパスプロジェクト作品は下記に。
http://megutama.com/category/キットパスプロジェクト/

新しいキットパスで描かれた作品を見に、めぐたまに来てください。
お待ちしています。

忘年会・新年会特別コース 予約受付中!!

IMG_6325忘年会・新年会特別コース 予約受付中!!

2017年12月1日~2018年1月31日(冬休みは12月27日〜1月6日)

12月中は月曜日も営業します。

 

◎飲み放題付きお料理コース 5000円

料理7品 ごはん、デザート付

2時間でお願いします。(2時間以降は、1ドリンク500円で飲めます)

 

  • 3500円 ちゃんこ鍋・鍋コース

付だし3種、ちゃんこ鍋または鍋、雑炊または麺、デザート

(6名以上でワイン1本またはめぐたま4合瓶サービス)

 

下記から鍋をお選びください!

・自家製トマトペーストが決め手「貴乃花部屋のトマトちゃんこ」

・特製自家製ゴマだれで食べる「錣山部屋の坦々ちゃんこ」

(*このちゃんこのみ4500円になります)

・ちゃんと漬けた本物の梅干しを使った「鶏とレタスの梅干し鍋」

・芯から温まる「豚バラと白菜のミルフィーユ鍋」

 

★3000円料理コース 料理7品+ごはん+デザート

(7名以上でワイン1本またはめぐたま4合瓶サービス)

★4000円料理コース 江戸料理たまごふわふわ+料理8品+ごはん+デザート

(5名以上でワイン1本またはめぐたま4合瓶サービス)

  • 5000円料理コース

江戸料理たまごふわふわ、まぐろ、付出し+料理8品 ごはん、デザート付

(4名以上でワイン1本またはめぐたま4合瓶サービス)

 

*飲み放題/+2000円で飲み放題になります。(飲み放題は2時間です。2時間以降は、1ドリンク500円で飲めます)

*2名様以上でお申込みください。

*予約をお願いします。

*全て、税込です。

*貸切パーティ、ご相談に応じます。お気軽に、ご連絡ください。

 

写真集食堂めぐたま

東京都渋谷区東3−2−7-1F(恵比寿駅 徒歩7分)
03-6805-1838  megutamatokyo@gmail.com

 

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.30 「木村伊兵衛と土門拳」講座レポート

2017年6月25日に「飯沢耕太郎と写真集を読む」を開催しました。
5000冊を超える写真集がずらりと並ぶ店内。写真家のことや時代背景を知ることで、写真集をもっと深く味わってほしいとはじめたこのイベントも30回目を迎えました。

DSC_0460

今回のテーマは、「木村伊兵衛と土門拳」。彼らの名前は、木村伊兵衛写真賞や土門拳賞という言葉で耳にすることはあっても、どんな写真家でどのような作品を残したのかは意外と知られていません。戦前から名を馳せ、同時代に活躍しながら全く対照的だった2人の写真世界を、代表的な写真集から読み解いていきました。

DSC_0480DSC_0530DSC_0598DSC_0462

2人の写真を見比べるということは、なかなかできない体験。ウェブマガジンmineでは、トークイベントの内容をたっぷりご紹介していますので、ぜひご覧ください。
(※対談は有料版となっておりますが、冒頭のみ無料でお読みいただけます)

記事はこちら→連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」 木村伊兵衛と土門拳

【目次】
◆2枚の写真 —「木村伊兵衛と土門拳展」
◆木村伊兵衛、ライカとの出会い
◆拡散型のスナップショット —『JAPAN THROUGH A LEIKA』
◆戦争と写真 —『FRONT』
◆戦後、<秋田>シリーズへ
◆木村伊兵衛のカラー —『木村伊兵衛外遊作品集』
◆タテ位置1000回、土門拳の修行時代
◆一点凝視の土門のまなざし —『風貌』
◆絶対非演出の絶対スナップ
◆リアリズム写真運動の高まり —『ヒロシマ』
◆100円写真集 —『筑豊のこどもたち』
◆不自由な体で成し遂げた大作 —『古寺巡礼』
◆日本写真のなかの木村伊兵衛と土門拳

 

 

(2017年6月25日開催・写真/文 館野 帆乃花)

「写真集を語り尽くす Vol.11 百々俊二さんの写真家魂!」レポート

 

2017年7月9日に開催された「飯沢耕太郎と写真集を語り尽くす」

今回は、ゲストに写真家の百々俊二さんと、百々さんの長男で写真家の百々新(あらた)さんをお迎えしました。百々さんは写真家一家で、二人の息子、新さんと武さんも写真家。今年の夏には、浜松町にあるGallery916で、写真家としての50年間の軌跡をたどる大展覧会も開かれました。

百々俊二さんの写真集のなかから代表作を取り上げ、百々さんの写真家人生をたどっていきます。新さんのデビュー作『上海の流儀』と第38回木村伊兵衛写真賞を受賞した『対岸』についてもお話いただきました。

DSC_0628

左から百々俊二さん、飯沢耕太郎さん、百々新さん

 

ウェブマガジンmineでは、2時間にわたるトークイベントの内容をたっぷり紹介しています。
(※記事は有料版となっておりますが、冒頭のみ無料でお読みいただけます)

記事はこちら
特別講座「写真集を語り尽くす ―百々俊二さんの写真家魂!」(ゲスト/写真家・百々俊二さん、百々新さん)

【目次】
◆『遙かなる地平 1968-1977』(2012年)
◆『新世界むかしも今も』(1986年)
◆『楽土・紀伊半島』(1995年)、『千年楽土』(1999年)
◆『大阪』(2010年)
◆『日本海』(2014年)
◆百々新『上海の流儀』(1999年)
◆百々新『対岸』(2012年)
◆これから

DSC_0636

DSC_0646

DSC_0775DSC_0792DSC_0712DSC_0820

イベントのあとは百々俊二さん、新さんを囲み「大阪なご飯の会」を開きました。そのようすは、写真集食堂めぐたまのサイトでレポートしていますので、こちらも合わせてご覧ください。

大阪なご飯の会レポート

 

(2017年7月9日開催・写真/文 館野 帆乃花)

やさしいヨガとヨガランチの会

17951804_1877889782237166_6225359419075274087_n

やさしいヨガとヨガランチの会

Dya Singh (秋山 欣也)さんによるやさしいクンダリーニヨガのクラスを開催します。分泌腺のバランスを保ち、神経組織を強化するヨガです。
詳しくは下記に。
http://3hojapan.info

今回は自宅でもオフィスでもできる椅子に座ってやるヨガ。
誰にでもできるポーズや動き、免疫力が高まり、病気の予防となる呼吸法、健康長寿の鍵とされるテロメアをのばす瞑想を行います。

終了後、おかどめぐみこの作る伝統的なヨガランチを食べます。

・テロメアをのばす瞑想
私たちの細胞の中にある染色体。健康長寿の鍵とされるのは、その端にある「テロメア」と呼ばれる部分です。
2017年5月16日(火)にNHKのクローズアップ現代 「生命の不思議“テロメア” 健康寿命はのばせる!」の中で、そのテロメアをのばす習慣として紹介されたキルタンクリヤ瞑想をやります。
詳しくは下記のサイトへ
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3974/index.html

NHKのサイトの一部を抜粋
呪文を唱えながら指先を動かし、頭の中に光がさし込むような光景を思い浮かべるヨガの瞑想。これを40代以上の女性たちに、毎日12分、2か月にわたって続けてもらいました。実験に参加した1人、カタリナ・グロードさん、61歳です。「世界が一変しました。おかげで本当によく眠れるようになったんです。確実に心が落ち着きました。瞑想はとても効果的で、自分がすべきことに集中できるようになりました。」~ 

・ヨガランチ
クンダリーニヨガでは様々な豆や米、ナッツや野菜、ハーブを使った体に良い料理や飲み物のレシピが伝えられています。その中から、いくつかをおかどめぐみこが作ります。

メニュー(予定)
・マングビーンズ(みどり豆)&ライス
・ポテンポテト
・ヨギティ

11月11日(土)
10時から13時(受付9時45分)

ヨガ講師:Dya Singh (秋山 欣也)さん
http://3hojapan.info
お料理:おかどめぐみこ

3500円(ヨガのクラスとランチ)

*動きやすい服装でお越しください。

宮川隆のサイエンスカフェ33 「再生医療」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ33
「再生医療」についてホントのことを知ろう

近頃、再生医療という言葉をよく聞きます。

以前は、臓器が機能不全になると、他人からの臓器移植をするか、人工的に作った治る方法はありませんでした。
それが、現在では病人自身の細胞から、機能不全になった臓器を作り、体に戻すことが可能になろうとしているのです。それが再生医療です。

少し前までは、同じ臓器の細胞からしか作れなかったはずなのに、どうして、他の部分の細胞からいろいろな臓器を作ることができるのか?

ノーベル賞受賞で話題になったips細胞って、本当になんの細胞にでもなるのかしら。
いつになれば実用化されるのでしょうか。

実際に成功している再生医療はあるのでしょうか。

今後、再生医療が進めば、病気のない暮らしになっていく……?

再生医療について、宮川隆さんにわかりやすく語っていただきます。

お楽しみに。
質問は、ご飯タイムに何なりと。

11月25日(土) 10:00〜13:00

3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

飯沢耕太郎の写真集を読むVol.33 「モノクロームとカラー」

IMG_2156

飯沢耕太郎と写真集を読むVol.33 「モノクロームとカラー」

写真の表現にふさわしいのはモノクローム(白黒写真)なのか、カラーなのか、その議論は長く続いてきました。デジタル化によって、カラー写真があたり前になった今でも、モノクロームにこだわり続ける写真家はたくさんいます。そのシンプルで力強い画像はたしかに魅力的なのですが、カラー写真には色のついている世界を丸ごと捉えることができるリアリティが備わっています。今回の「写真集を読む」は、1970〜80年代に新風を吹き込んだ「ニュー・カラー」の写真家たちを中心にして、モノクロームとカラーの関係についてあらためて考えてみます。取り上げる写真家は、ジャック・アンリ・ラルティーグ、エリオット・ポーター、ウィリアム・エグルストン、スティーブン・ショア、ジョエル・スターンフェルド、東松照明、森山大道、柴田敏雄などです。ぜひ足をお運びください。

11月19日(日)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

第18回 身体に美味しい文化講座 …華のお江戸の匠の技〜昔懐かし飴細工…

image002

第18回 身体に美味しい文化講座
…華のお江戸の匠の技〜昔懐かし飴細工…

今日ではなかなか目にする機会が少なくなった日本伝統の飴細工。
熱く溶けた飴を冷えて固まるまでの数分間で、素早く様々な形に細工していく早技は正に職人芸!
昭和の時代まではお祭りや縁日の屋台などで、飴細工師が次々と目の前で小さな握りバサミを
使って作っていくさまをワクワクした気持ちで見ていたものでした。
そんな甘くて繊細な飴細工のパフォーマンスを、日本で初めて作られた日本伝統飴細工専門店
「飴細工 吉原」の若手女性飴細工師・加藤妹子がお話を交えながら繰り広げます。
おかどめぐみこが作る美味しい江戸料理の数々と共に、たっぷりとお楽しみください。

image001
【 加藤妹子 MAIKO KATO 】
   飴細工吉原・飴細工師
   多摩美術大学 工芸科ガラス専攻 卒業
   株式会社あめ細工吉原 設立と同時に入社
大学時代に培ったガラス工芸技術と日本伝統飴細工のコラボレーションと共に、
確かな技術と豊かな感受性から得るインスピレーションを元に、見ていて自然と
笑顔になる様な楽しい飴細工が持ち味です。
新商品の企画・デザインを担当しています。

日時 : 2017年11月12日(日)  スタート 11:00〜(受付 10:30〜)
会費 : 大人 5,000円  子供 2,500円(飴細工パフォーマンス&お話 と 江戸料理)
場所 : 恵比寿/写真集食堂めぐたま
    東京都渋谷区東3−2−7  http://megutama.com

飴細工とお話  : 加藤妹子(飴細工吉原)
料理      : おかどめぐみこ

要予約 : 畠中 までご予約下さい。
     lhasa@titan.ocn.ne.jp
     電話090-4425-4263
     メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
    【メール予約】㈰お名前 ㈪来場人数 ㈫緊急時のご連絡先(携帯番号など)
          以上を明記いただき、返信メールにてご連絡ください。

    前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。