タグ別アーカイブ: ときたま

Danさんの「ギュンギュン」/めぐたまミラーキットパスプロジェクトNO15

Danさんの「ギュンギュン」/めぐたまミラーキットパスプロジェクトNO15

IMG_7282

3月6日、鏡のキットパスで描かれている絵が新しくなりました。
Danさんの「ギュンギュン」です。

アップにすると、いろいろなタッチで描かれていることがわかります。
一つの筆記具なのに、多様なニュアンスが表現できるんですね、発見です。
IMG_7283

あらら、気球に乗っているのは誰?
ピンクの背の高い人と赤の小さな人(笑い)。

IMG_7280

めぐたまキットパスプロジェクトは知的障害者雇用7割以上の日本理化学工業応援プロジェクト、めぐたまキットパスプロジェクトについては下記に。
ページの中程に載ってます。
http://megutama.com/活動/

これまでのキットパスプロジェクト作品は下記に。
http://megutama.com/category/キットパスプロジェクト/

Danさん、ありがとうございました!!
みなさん、是非是非、元気をもらえるDanさんの作品を見に、めぐたまにお越しください!

Danさん3

浅葉 弾 Dan Asaba
クリエイティブディレクター

1972年横浜生まれ。広告クリエイティブ、パッケージデザイン、ロゴタイプなど様々な商業デザインを手がけています。

ダンデザイン
http://www.dan-design.co.jp/

デザイン・アートを通じた子供への教育も勢力的に活動しています。
拠点である金沢文庫にある浅葉アートスクエアを中心に児童施設や商業施設などで新しい体験ができる子供ワークショップを随時開催。

浅葉アートスクエア
http://asabaart.com

他、金沢文庫芸術祭の実行委員長をつとめ、地域ぐるみでのアート活動も継続的に行っている。

金沢文庫芸術祭
http://www.bunko-art.org/

新しいムーブメントと新しい定番を創る!をモットーに子供達と共にどんどん新しいチェレンジをしていきたいと思います。

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎29

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎29

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。

作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎

日時 3月18日(土)

9:30~11:30

料金 3000円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 8名

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。

本棚大掃除、レポート。

2月19日、毎年恒例、3周年パーティの前の本棚大掃除、たくさんの方のご協力で、無事に終了しました。
9時の集合時間前から作業が始まりました。

IMG_7019

指揮官としてに駆けつけて下さっためぐたまのお掃除をして下さってるベアーズの山田さん。

IMG_7018

IMG_7017

3人一組になって、本を本棚から出して、いっさついっさつ拭いていきます。
並べ順を変えないように、注意しながら作業は進みます。

IMG_7032
10時過ぎにおやつタイム。

IMG_7030

IMG_7031

おかどさんは、キッチンで、お昼の坦々ちゃんこを作り中。

大掃除、12時前には無事に終了。

IMG_7033

IMG_7034

大きな鍋二つ!
みんなで、お昼ご飯いただきまーーす。

IMG_7035

ちゃんこも、ご飯もおかわり自由です。

IMG_1418 のコピー 2

ボランティアの皆さん、ベアーズの山田さん、渡部さん、と記念写真。
ご協力、大感謝です。
おかげで、ピカピカした店内になりました。
これで24日の3周年パーティ、迎えられます!!

みなさま、きれいになった写真集みに、めぐたまお越しくださーーい。お待ちしています

キットパスプロジェクト番外編  西村公一のハート・ライブ・ペインティング レポート

2月14日、去年に引き続き、西村さんのハートのライブペインティング、やりました。
使う画材はめぐたまでずーっと応援している日本理化学工業のキットパス。
開店以来ずーっとやっているキットパスプロジェクとの、番外編。お店のガラス戸にどーんと描きます。

めぐたまでは開店以来、店内でキットパスミラーギャラリーをずーっとやっています。
今は、YUZUKOちゃんの「いろとりどり」。

これまでのキットパスミラーギャラリーについては下記に。
http://megutama.com/category/キットパスプロジェクト/

日本理化学工業のサイトにも、めぐたまキットパスミラーギャラリーの様子載っています。
http://www.rikagaku.co.jp/s_gallery/?id=347

今回のライブペイントの様子、詳しく載っています。

http://www.rikagaku.co.jp/s_gallery/?id=380

14日7時から、西村公一さん描きはじめます。
今回はマスキングテープを貼るという技にでました。
どうなることやら?

IMG_7029IMG_7027-1IMG_7028

まず、マスキングテープを貼ります。

IMG_7026

外側からどんどん描きはじめます。

IMG_6927
IMG_6923
マスキングテープをはがします。
ストライプが出来ています。
透明に向こう側が透けて見える所が、テープをはがした所。

IMG_6930

中休み。途中のハートの絵を見ながら、後半の作戦を練る西村さん。

IMG_6933

IMG_6932

またまた描き進み完成。
強いタッチで、パワフルに描きます。

IMG_6936
完成した作品「my funny valentine」と西村さん。

IMG_6939

キットパスを持つ、日本理化学の大山真里さんと西村公一さん。

IMG_6940

IMG_6941
昼間に見ると表情が変わります。
外からと、中からでも違います。

3月14日、ホワイトデーまで,展示しています。
ぜひぜひみにきてくださいね。

第14回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ【3】 平安時代・後期〜源氏物語から始まる雅の世界

image001

image002

第14回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ【3】 平安時代・後期〜源氏物語から始まる雅の世界

三田徳明先生(雅楽瑞鳳会)の雅楽の会も3回目を迎え、雅楽が本格的に普段の生活に中に
根付いて来た平安時代後期へと入ります。 京の都を中心に栄えた平安文化と雅楽の世界も
華やかな源氏物語の世界をはじめ、より身近なものへとなって参ります。

三田徳明先生のお話と演奏、そして”めぐたま”ならではの楽しい雰囲気の中、目の前で
展開される本物の雅楽の世界と平安のお料理をお楽しみ下さい。

 
    【胡蝶の舞】

日時 : 2017年3月12日(日)    スタート 17:00〜(受付 16:30)

会費 : 5,000円(お話・実演と料理 三年番茶付)

場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま
       東京都渋谷区東3−2−7  http://megutama.com

定員 : 40名

お話・演奏 : 三田徳明(雅楽瑞鳳会)
料理    : おかどめぐみこ

要予約 : こちらへの返信メールか電話(090-4425-4263 畠中)までご予約下さい。
     メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
    【メール予約】 ㈰ お名前 ㈪ 来場人数 ㈫ 緊急時のご連絡先(携帯番号など)
           以上を明記し、返信メールにてご連絡下さい。lhasa@titan.ocn.ne.jp

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

宮川隆のサイエンスカフェ25 「生活習慣病」についてホントのことを知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ25
「生活習慣病」についてホントのことを知ろう

「生活習慣病」ってどんな病気なの?
「生活習慣病」にならないためにはどうしたらいいの?
「生活習慣病」は遺伝するの?
「生活習慣病」にならない子どもを作る為にはどうしたらいいの?

宮川隆さんが「生活習慣病」について、脳科学や内分泌学科学的にわかりやすくたのしく、話します。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

3月25日(土) 10:00〜13:00
3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

朝ヨガ@めぐたま

朝ヨガ@めぐたま

3月15日(水)から、めぐたまでクンダリーニヨガ(詳しくは下記に)をはじめます。講師はヨガ歴40年、国際クンダリーニヨガ教師協会(KRI)認定教師のDya Singh (秋山欣也)さんです。

DyaさんのBlog(サイトはただいま作り中。詳しい略歴は下記に)
http://profile.ameba.jp/dyasingh1/?frm_id=v.mypage-profile–myname

ときたまのヨガの先生でもあります。
ときたまのヨガ体験は下記に。
http://tokitama.net/wp/?p=1457

身体が硬くても、運動不足でも大丈夫です。自分なりに出来るところまでやればいいのです。ぜひお越しくださいませ。

時間:3月15日からの毎週水曜日 7:30〜9:00(受付7:15)

参加費 :1回2,500円
    月謝 9000円(4回でも5回でも同一料金です)

持ち物 :持っている方はヨガマット。(床には断熱マットを敷いてあるので、なくても大丈夫です。)
    バスタオル(リラックスする時に上にかけます)
    飲物(甘い飲物は避けてください。お水が一番いいです) 
服装 :動きやすい服装で、腰の辺りが緩やかなもの (着替えはトイレになります)

*食事は取らないで、空腹でお越しください。食事する場合は4時間前までにお願いします。

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

———————————————
クンダリーニヨガについて。

◎クンダリーニヨガとは?

クンダリーニヨガは1969年にヨギ・バジャン師が始めて一般公開したヨガのテクニックです。それ以前は、入門を許された一部の弟子のみに引き継がれていたものです。公開したことに批判もありましたが、ヨギ・バジャン師は現代人に必要なことだという信念から教え始めました。

ヨギ・バジャン師 (1929~2004)
インド出身クンダリーニヨガのマスター、ホワイトタントリックのマスター 。

◎どんなヨガですか?

クンダリーニヨガは私たちの意識をチェンジし、人生をポジティブな方向に導くものです。誰にでもできます。ポーズや動きのあるエクササイズ、呼吸法やマントラ(お経や真言のようなもので、意識に影響を与えるバイブレーションです)、瞑想を行います。

•クラスの主な内容……
始めのマントラ 「Ong Namo Guru Dev Namo」を3回程唱えます。
ウォームアップ(ストレッチや呼吸法など)。
ヨガセット
リラックス
瞑想

◎クンダリーニヨガをやると、何が変わりますか?

「健康になる」    
ヨガのポーズや動きのあるエクササイズ、呼吸法などで私たちの身体に働きかけ、分泌腺のバランスを保ち、神経組織を強化することなどから健康になります。
ポーズができることが目的ではありません。ポーズ完成に向けた取り組みの中で、その効果を得ます。身体が硬くても、運動不足でも大丈夫です。自分なりに出来るところまでがんばればいいのです。
車に点検整備が必要なように、私たちの身体も点検整備が必要です。その手法を教えるのがクンダリーニヨガです。

「幸せになる」    
呼吸法やマントラ、瞑想を通じて”心”の平安を得ます。クンダリーニヨガは人間の意識を扱う科学です。そもそも、皆さんがご自分は大変だとか、大丈夫とか、あるいは、幸せとかそうでないとか決めているのは誰でしょう。あなたの”心”が決めているのではないですか。クンダリーニヨガはその私たちの“心”に働きかけます。何より、ストレスや様々な課題に対処できるようになります。

「純粋になる」   
内に真の自己を見出し、純粋な自分になります。本来のあなたらしさが開花します。自分らしくなり、楽に生きられるようになります。瞑想により内側に目を向け、内なる自己と出会うようにします。内なる自己からの光を経験していきます。

※ ヨガの効果はその伝統の中で伝えられているものを、そのままお伝えしているもので、医学的に証明されているものではありません。必要な方は医師にご相談ください。

◎師であるヨギ・バジャン師は、クンダリーニヨガについて次のように言っています。

「クンダリーニヨガは人間を解きほぐすものである。
有限なるものの中で、無限なる創造的可能性である。
行動の広がりであり、人生における究極の幸福である。
超人的な人間である。
英知である。
優雅である。
最高に気の合う存在である。
人生のあらゆる面に輝く古典的真理である。
教え、学ぶ科学的テクノロジーである。
教えられているものである。
珍しく見られたり、感じたりするつかの間の気分転換ではない。
中枢神経組織のことである。
そこで、その経験に働きかけるための穏やかなプロセスである。
幸福に通じる科学的なテクノロジーである 」

クンダリーニヨガを継続していくと、この言葉の意味について「あっ、そうなんだ」「そうだよな」「その通り」「間違いない」などと理解が深まっていきます。
これは、頭で考えるようなことではなく、「経験」していくことです。一緒に経験していきましょう。

◎講師 Dya Singh (秋山欣也) さんの略歴

ヨガ歴40年。国際クンダリーニヨガ教師協会(KRI)認定教師。

DyaさんのBlog(サイトはただいま作り中)
http://profile.ameba.jp/dyasingh1/?frm_id=v.mypage-profile–myname

1975年、米国人弟子により日本に紹介されたクンダリーニヨガと出会う。ロサンゼルスのアシュラムでヨギ・バジャン師に直接指導を受け、師より日本での指導者として認定された日本人最古参の弟子。現在ヨガの紹介をライフワークにかかげ尽力している。

著書には 『ヨガでデトックス力up』、『ヨガでコミュニケーション能力up』、『ヨガの瞑想で心のお掃除』、『ミサコのスマートヨガ』などがある。

『ヨガでデトックス力up』、『ヨガでコミュニケーション能力up』
https://www.amazon.co.jp/秋山-欣也/e/B004LV859M
『ヨガの瞑想で心のお掃除』
https://www.amazon.co.jp/ヨガの瞑想で心のお掃除-ヨガシリーズ-秋山-欣也-ebook/dp/B00D3EURIA/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1487032098&sr=1-1&keywords=ヨガの瞑想で心のお掃除

落語と江戸料理  めぐたま寄席1  春風亭正太郎さん

o0800122112477758237

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席1
春風亭正太郎さん

めぐたまで、寄席をはじめます。

寄席、やりたいと思ってました。
寄席文字の春亭右乃香に出会い、実現しました。
うれぴい、ありがとう!

初回はスーパー二つ目、古典落語を中心に勉強会や独演会を精力的に開催している春風亭正太郎さんです。
おもしろい!
私、聞いているので、保証します。

そして、めぐたまがやるからには、ご飯付きです。
落語は江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的な話芸の一種です。
だから、、、
江戸料理!!!です。
めぐたまのおかどさんがつくります。
正太郎さんと一緒に楽しみましょう。

3月なので、例の長屋の花見弁当作るらしい。
でも、それだけじゃ、お腹一杯にならない、とご心配のあなた、大丈夫ですよん。
おいしい、珍しい江戸料理、色々作ります。

料理はこんなもの。

*長屋の花見弁当
落語『長屋の花見』より。
*白魚の蕎麦仕立て
『料理珍味集』より。
*あげだし大根
『大根一式料理秘密箱』より。
*鮎の梅香煮びたし 
池波正太郎『鬼平犯科帳』より。
*木賊独活(とくさうど)
池波正太郎『梅安乱れ雲』に出てくる一品。梅安の好物です。
*たまごふわふわ
三代将軍家光が後水尾天皇を饗応した際に出た卵料理『玉子ふわふわ』。
江戸時代の世紀のベストセラー『東海道中膝栗毛』にも登場し、幕末には新撰組の近藤勇も食べていたという記録が残っている。
*花見ちらし 
*豆腐麺 
『豆腐百珍』より。一風変わった調理法である「奇品」の部に入っている。
*麩の焼き
『古今名物御前菓子秘伝抄』より。
江戸時代のクレープ。味噌とクルミが入っている。

(予定のため、仕入れ等の状況により予告なく献立が変更になる場合があります。予めご了承ください。)

他では味わえない、落語と江戸料理の一時。

江戸にトリップしましょう。

ぜひぜひお越しくださいませ

3月17日(金)

19:00〜21:30

落語:春風亭正太郎さん
http://shoutarou.com

江戸料理:おかどめぐみこさん

4500円(落語とご飯)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

   

写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真

Nao Tsuda_Box

「写真集を語り尽くす Vol.9 津田直さんの旅と写真」

今回の「写真集を語り尽くす」は、ゲストに津田直さんをお迎えします。世界各地の辺境を旅しながら、人類の思考や宗教の起源を探り出す仕事をしてきた彼は、2014年に刊行された『SAMELAND』(POST)を皮切りに、人類学のフィールドワークと写真を重ね合わせた写真集を刊行してきました。その後、『NAGA』(同)を2015年に刊行し、今回の『IHEYA・IZENA』で3部作が完結します。

津田さんがいま何を考え、どこに行こうとしているのか、写真集の版元でもあるPOSTの中島佑介さんを交えて語り合います。

伊是屋島の食べものであるムーチーをおかどめぐみこさんが作ります。
ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

津田直さんからのメッセージ
「ことの始まりは、3年前に遡ります。近年続けているフィールドワークをできる限り編集という作業を挟まず、ありのまま写真集として制作するプロジェクトを2014年よりlimArtと共に行ってきました。写真集は年に一度POSTにて開催する個展に合わせて刊行を重ね、2016年に三部作として完成しました。トークイベントではBOXに収まった三冊の写真集を手にしながら、北極圏を舞台にした『SAMELAND』、ミャンマー北西部に住むナガ族を訪ねた『NAGA』、沖縄本島北西部に位置する伊平屋島・伊是名島に通い続けた『IHEYA・IZENA』、それらの撮影時のエピソードをスライドを交えながら、POSTの中島さん(limArt主宰)と共にお話しします。」

津田直さんプロフィール
1976年神戸生まれ。世界を旅し、ファインダーを通して古代より綿々と続く、人と自然との関わりを翻訳し続けている写真家。文化の古層が我々に示唆する世界を見出すため、見えない時間に目を向ける。2001年より多数の展覧会を中心に活動。2010年、芸術選奨新人賞美術部門受賞。主な作品集に『SMOKE LINE』、『Storm Last Night』(共に赤々舎)がある。近年はフィールドワークからつくる写真集『SAMELAND』、『NAGA』、『IHEYA・IZENA』をlimArtより連続的に刊行。
http://tsudanao.com

中島佑介さんについて詳しくは下記に。
http://www.limart.net

3月4日(土)

●トーク
15:00〜17:00

3000円(トークと軽食(写真集の舞台である伊是屋島のおもちムーチー、三年番茶付き)

トーク:津田直さん(写真家)
    中島佑介さん(limArt主宰)
    飯沢耕太郎さん(写真評論家)

●沖縄のご飯の会
17:00〜
津田さん、中島さん、飯沢さんを囲んで、おかどめぐみこさんの作る沖縄料理を楽しみましょう
3000円(ドリンク別)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

第13回身体に美味しい文化講座 …韓国のお正月を祝う…レポート

第13回身体に美味しい文化講座 …韓国のお正月を祝う…レポート

1月28日、第13回身体に美味しい文化講座 …韓国のお正月を祝う…が行われました。

IMG_6509

会場には、韓国のお正月のお供えが並びます。

IMG_6507
まず、韓国式のお正月の御挨拶。

IMG_6511
そして韓国料理研究家・宮川昌子さんによる韓国のお正月料理の説明。

IMG_6512
今回のメニュー作りなどに協力していただいた鄭桂珩(チョン ゲヒョン)さんによる、韓国餅作りの実演。

IMG_6516
IMG_6518
もち米の粉に少量の水を振りかけよく混ぜ、蒸します。

IMG_6519
お料理の前に、黒川妙子さんの韓国舞踏。

さて、いよいよお正月料理です。
宮川昌子さんのレシピで、おかどめぐみこさんが料理します。

IMG_6526
韓国式お雑煮(トック)

KIMG0725

三色ナムル 桔梗(トラジ)、わらび、ほうれん草(シグムチ)

IMG_6521
サンジョク(7色の串さしジョン)

IMG_6523

IMG_6522
ジョン 豆腐のジョン、ホバクジョン(韓国かぼちゃ)

IMG_6532
カルビチム  骨付き牛肉の煮物

IMG_6525

アンチエイジングキムチ

IMG_6527
韓国餅が蒸し上がる。

IMG_6529
カタチをつくる。

IMG_6530
きな粉、黒ごま、ウグイスきな粉をまぶす。

IMG_6531
細かく切って食べます。

IMG_6505
そうそう、銀座いちご倶楽部より「白いちご淡雪」を当日参加の皆さまとスタッフ全員に差し入れしていただきました。ありがとうございます。

宮川昌子さん、鄭桂珩さん、そして黒川妙子さん、ありがとうございました。
お越しいただいた皆様も、感謝です。

次回は、雅楽。詳しくは下記に。ぜひお越しください。雅楽と平安のお料理です。

第14回 身体に美味しい文化講座
雅楽と料理を楽しむ夕べ【3】
平安時代・後期~源氏物語から始まる雅の世界

三田徳明先生(雅楽瑞鳳会)の雅楽の会も3回目を迎え、雅楽が本格的に普段の生活の中に
根付いて来た平安時代後期へと入ります。京の都を中心に栄えた平安文化と雅楽の世界も
華やかな源氏物語の世界をはじめ、より身近なものへとなって参ります。         
三田徳明先生のお話と演奏、そして“めぐたま”ならではの楽しい雰囲気の中、目の前で
展開される本物の雅楽の世界と平安のお料理をお楽しみ下さい。
  
                                        
日時 : 2017年3月12日(日)   スタート 17:00~(受付 16:30)
 会費 : 5,000円(お話・実演と料理 三年番茶付)
  場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま
         東京都渋谷区東3-2-7  http://megutama.com
 定員 : 40名
                 
  お話・演奏 : 三田徳明(雅楽瑞鳳会)
料理    : おかどめぐみこ

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp  090-4425-4263
めぐたま  megutamatokyo@gmail.com
メールか電話にてご予約下さい。
メールの場合はこちらからの予約完了メールをもってご予約となります。
【メール予約】(1)お名前 (2)来場人数 (3)緊急時のご連絡先(携帯番号など)
       以上を明記し、上記アドレスにご連絡下さい。

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。