カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

TOKYO油田2017始めました!

IMG_0604

写真集食堂めぐたまは、TOKYO油田2017に参加しはじめました。

みなさんは天ぷらやフライドチキンで使った油、どうしてます?
固めて捨てたり、新聞紙に吸わせたりなどして捨てていますよね。
そういう使用済みの食用油を回収して資源としていかそうというのが「TOKYO油田2017」。
石けんを作ったり、車を動かしたり、電力を作ったりしています。

IMG_0602
めぐたまはそのための回収ステーションになりました。
油をペットボトル容器に入れてお持ちください。

レジの前の棚の下にある、紺色の缶の中に集めます。
容器のママ回収します。
くれぐれも、油をそのまま入れないでください。

油をお持ちの方、めぐたまのスタッフに一声かけててね。

「TOKYO油田2017」とは(サイトより)
東京地域で使われた家庭や事業者の天ぷら油を回収し、二酸化炭素を増やさないバイオディーゼル燃料などへの再資源化を通して、生活環境の改善に貢献していくための、新時代のリサイクルプロジェクトです。
詳しくはサイトへ

•TOKYO油田2017
http://www.tokyoyuden.jp
・回収ステーションページ
http://tokyoyuden.main.jp/facebook/23ku.html#shibuyaku
・TOKYO油田2017 FACEBOOK
https://www.facebook.com/TOKYOyuden2017/

食用油でつくった石けん。
めぐたまでも売っています。

皆さんのご参加お待ちしています。

雅楽と料理を楽しむ夕べ【2】 平安時代・雅の世界と小町美女料理/第9回 身体に美味しい文化講座

10441302_918549841595914_6344429457595246411_n

雅楽と料理を楽しむ夕べ【2】
平安時代・雅の世界と小町美女料理へのお誘いです

2回目になりました三田徳明先生(雅楽瑞鳳会)の雅楽の会は、いよいよ日本文化の
雅が始まる 華咲く平安時代前期へと入ります。
前回の奈良・天平の大陸文化から一転、京の都を中心に華やかな平安文化の始まりです。
雅楽の世界もいよいよ栄華を誇り、きらびやかな姿が展開されます。
三田徳明先生のお話と演奏の技も、より一層お楽しみいただける事と思います。

“めぐたま”ならではの楽しい雰囲気の中、目の前で展開される本物の雅楽の世界を
お楽しみいただけたらと思います。

日時 : 2016年5月14日(土)
スタート 17:00~(受付 16:30)

会費 : 5,000円(お話・実演と料理 三年番茶付)

場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま
東京都渋谷区東3-2-7

http://megutama.com

定員 : 40名

この時代を代表する美女と言えば小野小町!奈良朝より質素なものを食べていた平安時代。
しかし彼女は自分の納得したものしか食べなかったと言います。今でいうコラーゲンや
ビタミンCにもこだわりがあったとか… 美肌になるものを好んでいたようです。
今回は、おかどめぐみこが当時のメニューを解読し、小野小町の美女料理をはじめ
様々な平安の料理に挑戦いたします。 雅楽と共に、こちらもお楽しみにお越し下さい。

お話・演奏 : 三田徳明(雅楽瑞鳳会)
平安の料理    : おかどめぐみこ

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp
090-4425-4263
めぐたま  megutamatokyo@gmail.com
前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。
目から耳から舌から…平安・雅の世界をたっぷりとご体験ください。

宮川隆のサイエンスカフェ15 「免疫力」についてホントの事を知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ15 「免疫力」についてホントの事を知ろう

免疫力って、生まれながらに、決まっているの?
免疫力が上がるって、どういう事なの?
免疫力が下がると、何が起きるの?
どうすると免疫力は上がるの?
上がる食べ物はあるの?

免疫力について、宮川隆さんに基礎から分かりやすく話していただきます。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

4月3日(日) 10:00〜13:00
3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)
名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

3500円 一汁三菜ランチ付。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

宮川隆のサイエンスカフェ14 「微生物」についてホントの事を知ろう

宮川隆のサイエンスカフェ14 「微生物」についてホントの事を知ろう

目に見えないくらい小さな生物、微生物。
微生物は小さいけれど、人間の暮らしと深く関わっています。

人体の中にいる微生物としては腸内細菌が有名ですが、それ以外にもたくさんの微生物がすんでいます。
皮膚、口、鼻、ちつなどに、その数、1000前後とか。
様々な病気の発生原因とも関係しているそうです。

人の体に関わる「微生物」について、宮川隆さんに基礎から分かりやすく話していただきます。

質問は、ご飯タイムに何なりと。

2月21日(日) 10:00〜13:00
3500円 (お話と一汁三菜ランチ付)

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)
名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

3500円 一汁三菜ランチ付。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.19 植田正治」講座レポ

 

1月17日の日曜日に今年最初の「飯沢耕太郎と写真集を読む」が開催されました。

今回で19回目となる「飯沢耕太郎と写真集を読む」は2014年2月にめぐたまがオープンして以来、たまにお休みしながらも月に1度開催してきた連続講座です。

この講座では、めぐたまの写真集の持ち主である飯沢さんが“写真集の味わい”についてお話していきます。(これまでの講座の様子はこちら

DSC_0789

今回は、『shōji ueda』がフランスの出版社Chose Communeから発表されたのを記念して、植田正治さんを取りあげました。

『shōji ueda』の日本での販売を担当している濱中敦史さん(twelevebooks)と植田正治のお孫さんである増谷寛さん(植田正治事務所)をゲストにお迎えし、お二方のお話も伺っていきます。

DSC_0791

植田正治は1913年、鳥取県西伯郡境町(現・境港市)に生まれます。
植田が写真に興味を持ち始めた1920〜1930年代は、アマチュア写真家たちが「芸術写真」や「ピクトリアリズム」と呼ばれる絵画的な構図とプリント技法をこらした写真を探求した時代から、「新興写真」と呼ばれる絵画から独立した、写真としての芸術表現を追求する時代へと移り変わる瞬間でもありました。

芸術写真を追い求めていた日本に黒船のごとくやって来た「ドイツ国際移動写真展」(1931年)は時代の移り変わりを象徴する展覧会でした。

植田は展覧会は見ていませんが、父に買ってもらった『MODERN PHOTOGRAPHY』(1931年)で欧米の写真に触れ、この出会いは当時18歳だった植田が本格的に写真に取り組むきっかけになりました。

DSC_0824

植田正治が今でも一目置かれる存在であるのは、新興写真に影響を受けながらも芸術写真を追求し続けたところにあります。
砂丘を舞台に家族や子ども達を写した「少女四態」や「パパとママとコドモたち」は植田の代表作品です。

DSC_0875

鳥取の平坦な土地や低い雲が、植田独特の空間意識につながっていると、飯沢さんやお孫さんで植田正治をよく知る増谷さんが解説してくれました。

空間的なスケール感と構図の面白さは、アメリカやヨーロッパでも「Ueda-cho(植田調)」という言葉が浸透するほど。
この度、フランスの出版社で彼の写真集が刊行されたのも、海外での評価の高さを示しています。

DSC_0881 20.39.55

日本での販売を担当している濱中さんから、フランスの出版社Chose Communeが、これまでの植田正治のイメージに縛られない自由な視点で写真をセレクトしていることや、これまで発表されていなかった写真も収められていることも聞くことができました。

飯沢さんも「『こんなのあったんだ』という驚きがありました。植田正治というと日本では砂丘の印象が強いですがこの本には砂丘を舞台にした写真がほとんどない。フランスと日本の見方の違いというか、誰も知らなかった植田の一面が見られますね」とこれまでの植田正治の写真集の中でも画期的な一冊だと評価しています。

DSC_0861

今回は、植田正治のプロフィールと新刊『shōji ueda』について、じっくりとお話を聞くことができました。

次回は紹介しきれなかった写真集を1つ1つ見ながら、植田正治の作品を読み解いていきます。

たくさんの方にご参加いただきキャンセル待ちのお客さまもいらしたほど、人気の写真家さんなのでご予約はお早めに。

DSC_0858

【次回講座のごあんない】

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.20 植田正治2

2016年3月5日(土)

10:00~11:30

料金 2500円(三年番茶付き)

学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 20名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。キャンセルまちのお客さまもいらっしゃるので、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

*講座のあと飯沢さんと一緒にランチを召し上がることもできます。(休日ランチ1500円)

 

写真/文 館野帆乃花

写真集食堂めぐたま2周年記念パーティ!!

_DSC3080軽い

2月22日で写真集食堂めぐたまを始めてから、2年が経ちます。
無事にこれまでお店が続いたのも皆様のおかげです。
本当にありがとうございました。

これまでの感謝と、これからもよろしく!の気持ちを込めて、2周年記念パーティを行います。

今年は、写真集ビンゴを予定しています。
豪華?プレゼントもあります。
お楽しみに。

多くの方のご参加をお待ちしています!!
                 
                       おかどめぐみこ、飯沢耕太郎、ときたま

2月20日(土)
17:00〜22:00

3000円(写真集ビンゴ&お料理&ワンドリンクつき)
ドリンクは2杯目から1杯500円です。

持ち込み歓迎(持ち込み頂いたものは、参加者全員でシャアして楽しみたいと思います。自分たちだけで、パーティをする方はご遠慮ください)

当日、予約なくていらしても大丈夫ですが、準備の都合があるので、出来たらご予約ください。

写真集を語り尽くす! Vol.9 ゲスト/熊谷聖司さん

HI3H0065

写真集を語り尽くす! Vol.9 ゲスト/熊谷聖司さん

飯沢耕太郎が写真集を巡ってゲストと語り合う「写真集を語り尽くす!」、今回のゲストは熊谷聖司さんです。熊谷さんは1994年に写真新世紀でグランプリを受賞後、着実に自分の写真世界を深め、自費出版を含めて、たくさんの写真集を刊行してきました。今回も面白いお話を聞くことができるはず。ぜひ足をお運びください。

[熊谷聖司さん コメント]
写真の作品を作り続けてきました。
作品形態は主にプリントの展示を中心に制作してきましたが、2008年の『 あかるいほうへ 』 を機に印刷物(写真集)も作り続けています。
今年は発行した『 BRIGHT MOMENTS 』で11冊目となりました。
今回はプリントと印刷物を比較しながら、プリント作品、写真集、それぞれの利点、難点そしてこれからの事を飯沢さんと紐解いていきたいと思います。

熊谷聖司さんサイト
http://www.kumagaiseiji.com

[プロフィール]
1966年 北海道函館市生まれ 東京都在住 
1987年 日本工学院専門学校卒業 
1994年 第3回写真新世紀にて年間グランプリ受賞 
個展に「もりとでじゃねいろ」「あかるいほうへ」「spring,2011」「EACH LITTLE THING」など。写真集に「MY HOUSE」「BRIGHT MOMENTS」など多数。
WEB書店 「マルクマ本店」を運営する。

2月20日(土)
14:00〜16:00

2500円(トークとお茶とお料理一品付き)

ゲスト:熊谷聖司さん

聞き手:飯沢耕太郎さん

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

2016本棚大掃除ボランティア募集!

150110_1108

また来年もやってきます、年に一度の大イベント、本棚大掃除!
2015年の2月にも、20名を超える方々のご協力の下、無事に大掃除できました。

当日は、めぐたまのお掃除をお願いしているベアーズの山田さんの指導のもと、本棚の大掃除をします。

写真集を本棚から出して、本と本棚をきれいにしようという大掃除のお手伝いを大募集です。
写真集をいい状態で保存するために、ご協力よろしくお願い致します。

みんなでワイワイお掃除して、それから楽しくご飯を食べましょう。

ご参加お待ちしています。

2月6日(土)
9:00〜12:00
お昼ご飯がでます。

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

笹木芳夫さんのキットパスの作品で来ました。

今日は、めぐたまがおやすみなので、キットパスの作品、描きに来てくれました。
場所は店内某所(笑い)。探してね。
以前の作品は下記に。
http://megutama.com/category/キットパスプロジェクト/

今回は笹木芳夫さんです。
美術作家で、ギャラリーボビンオーナーであります。

https://www.facebook.com/Gallery-bobbin-269018329802654/?fref=ts

151124_1433

タイトルは「雪と鳥」。
南国に雪が降って、鳥が驚いて飛び立っている、ところだとか。

151124_1437

飯沢さんへのリスペクトをこめて、きのこもあります。

ぜひぜひ見に来てください。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年はお世話になりました。
本年もよろしくお願いいたします。

めぐたまは1月6日(水)から通常営業です。
おこしをお待ちしています。

めぐたま新年会セットやってます。
ご予約、お待ちしています。

◎お料理コース(2名様より)
♥3000円コース 料理6品+デザート 
 *7名様以上で、ワイン1本サービス
♥4000円コース まぐろの漬け+料理7品+デザート 
 *5名様以上で、ワイン1本、または特別純米酒めぐたま4合瓶1本サービス
♥5000円コース まぐろの漬け+料理9品+デザート 
 *4名様以上で、ワイン一本、または特別純米酒めぐたま4合瓶1本サービス

*大皿パーティ料理も承ります。3000円、4000円、5000円

◎鍋コース(2名様より)
鶏肉団子鍋、鶏とレタスと梅干し鍋、豚ばらと白菜のミルフィー鍋、牛筋と大根の鍋、ぶりと蕪のみぞれ鍋などから、お好きな鍋をお選び下さい。
♠3500円鍋コース 突出し2種、箸休め1品、鍋、雑炊、漬け物、デザート
 *5名様以上で、ワイン1本、または特別純米酒めぐたま4合瓶1本サービス
♠5000円鍋コース 突出し2種、箸休め1品、まぐろの漬け、料理1品、
鍋、 雑炊、漬け物、デザート
 *4名様以上で、ワイン1本、または特別純米酒めぐたま4合瓶1本サービス

*すべて、消費税込み。
*忘年会、新年会セットは予約をお願いします。
*ご予算、飲み放題、貸し切りパーティ等お気軽にご相談ください。

●写真集食堂 めぐたま
渋谷区東3−2−7-1F(恵比寿駅 徒歩7分)
TEL&FAX:03-6805-1838

平日 11:30~23:00(L.O22:00)
土日祭日 12:00~22:00(L.O21:00)
定休日:月曜日(月曜日が祭日の場合、火曜日が休みとなります)
    

http://megutama.com

megutamatokyo@gmail.com