カテゴリー別アーカイブ: 写真集を語り尽くす(告知)

写真集を語り尽くすvol4『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』出版記念トーク&パーティ

写真集が時代をつくる!表紙_A
写真集を語り尽くすvol4として、『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』(シー・エム・エス/6月20日発売)の出版を記念したトークとパーティを開きます。

『写真集が時代をつくる!』は「PHaT PHOTO(ファットフォト)」2008年11-12月号~ 2012年11-12月号で飯沢耕太郎さんが連載していた『時代に残る写真集』をまとめた冊子。
60ページ、A4サイズ、オールカラーで、写真集の顔となる表紙が大きくレイアウトされ、中ページもご覧いただけます。写真集にまつわるストーリーや作者のこと、時代背景などが分かりやすく解説されているので、「写真集をどう読めばいいかわからない」、そんな方の「写真集入門書」としてもぴったりな1冊です。

そこで今回の出版を記念し、ささやかではありますが、7月16日(水)に写真集食堂めぐたまにて、出版記念トーク&パーティを開催することとなりました。
おいしいご飯を食べながら飯沢さんの写真集トークを聞いて、おみやげに1冊本書がついてくる、盛りだくさんのお得なパーティです。

140612_1433
140612_1433
もちろん、写真集食堂めぐたまには、全部の本物の写真集が揃っています。手にとってみていただけます。
現在は、カウンターの上に並んでいます。
スタッフに一声かけて、見てく下さい。

どなたでも参加いただけますので、ぜひお集まりください。幸せな初夏の一夜を過ごしましょう。

PP82_cover_small
■写真雑誌『PHaT PHOTO』とは?
もうすぐ創刊15周年を迎える写真雑誌。「新しい才能を見つけ、未来に繋げる写真雑誌」として、若手写真家を積極的に起用したり、海外の写真事情や、写真ファンの毎日が充実する情報をお届けしています。http://www.phatphoto.jp/

タイトル:『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』出版記念トーク&パーティ

7月16日(水)
時間:受付18:30〜
   開始19:00~

料金:3,500円(軽食&三年番茶、トーク、『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』1冊 <1000円>付き)

定員:40名

お申し込み:
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。予め、ご了承ください。

<登場する写真集>
小石清『初夏神経』
ウィージー『ネイキッド・シティ』
アンリ・カルティエ=ブレッソン『決定的瞬間』
エドワード・スタイケン編『ザ・ファミリー・オブ・マン』
エド・ファン・デル・エルスケン『セーヌ左岸の恋』
フィリップ・ハルスマン『ジャンプ・ブック』
リチャード・アヴェドン『オブザヴェーションズ』
ジャック=アンリ・ラルティーグ『J=H・ラルティーグの少年時代の写真』
森山大道『にっぽん劇場写真帖』
中平卓馬『来たるべき言葉のために』
ラリー・クラーク『タルサ』
荒木経惟『センチメンタルな旅』
ダイアン・アーバス『ダイアン・アーバス』
東松照明『太陽の鉛筆』
ウィリアム・エグルストン『ウィリアム・エグルストンズ・ガイド』
牛腸茂雄『SELF AND OTHERS』
ナン・ゴールディン『性的依存のバラッド』
深瀬昌久『鴉』
エリック・ヴァリ/ダイアン・サマーズ『ハニー・ハンターズ・オブ・ネパール』
古屋誠一『メモワール』
今森光彦『里山物語』
ヴォルフガング・ティルマンス『コンコルド』
マイケル・ライト編『フル・ムーン』
ポール・フスコ『RFKの葬送列車』
渡部雄吉『犯罪捜査』

「写真集を語り尽くす!」Vol.3 蜷川実花さん

IMG_0027

「写真集を語り尽くす!」Vol.3 蜷川実花さん

トークイベントの第3弾は、いよいよ蜷川実花さんです。1990年代に「写真ひとつぼ展」でグランプリ、「写真新世紀」で優秀賞を受賞して颯爽とデビュー。2001年に木村伊兵衛写真賞を受賞後も、次々に意欲作を発表して日本の写真界を牽引する存在になっています。映画監督としての才能を発揮した「へルター・スケルタ―」も話題を集めました。今回のトークでは「写真集をどう作ってきたか?」を中心にお話を伺うとともに、デビュー当時から蜷川さんをよく知る飯沢耕太郎さんと、過去・現在・未来を語り尽くします。

ゲスト:蜷川実花さん

聞き手:飯沢耕太郎さん

6月18日(水)
受付開始 18:30〜
トーク 19:00~

会費
4500円(ご飯、1ドリンク付き)

* お申し込み

megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。

「写真集を語り尽くす!」Vol.2 操上和美さん

「写真集を語り尽くす!」Vol.2 操上和美さん

日時
5月8日(木)
18:30受付開始
19:00トーク
会費
4500円(ご飯付き)

トークイベントの第2弾は操上和美さんをお招きしました。操上さんは1960年代からの長いキャリアを持つ写真家で、斬新なアイディアの広告・ファッション写真だけでなく、ポートレートや実験的な映像作品にも意欲的に取り組んでいます。日々、目を鍛錬し続けるその姿勢によって、ストイシズムとロマンティシズムが融合した独自の作品世界が生み出されてきました。今回は、操上さんの写真集を話題にしながら「写真家とは何者なのか?」という問いかけに答えを出していきたいと思っています。
(飯沢耕太郎)

ゲスト:操上和美さん

聞き手:飯沢耕太郎さん

* お申し込み

megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

「写真集を語り尽くす」Vol.1 森山大道さん

「写真集を語り尽くす」Vol.1

森山大道さん

2012~13年にイギリス・ロンドンのテート・モダンでウィリアム・クラインとの二人展を開催するなど、いまや日本だけでなく、欧米やアジア諸国でも現代写真家として最も高く評価されている森山大道さんをゲストにお迎えします。彼のデビュー写真集である『にっぽん劇場写真帖』(1968年)、名作『光と影』(1982年)など、実際に写真集を手に取りながら、それらがどんなふうにできあがってきたか、写真集というメディアにどんな可能性を感じているのか、いろいろな角度からお話をうかがいます。

ゲスト:森山大道さん

聞き手:飯沢耕太郎さん

3月27日(木)

19:00〜

4500円(ご飯、三年番茶つき)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルや、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。