カテゴリー別アーカイブ: 食べる(告知)

 -メキシコは写真と唐辛子の国!- メキシコ国立写真美術館館長のトークとメキシコ料理の会

150916_1205-メキシコは写真と唐辛子の国!-

メキシコ国立写真美術館館長のトークとメキシコ料理の会

生と死が交錯する神話の国メキシコは、知られざる写真大国でもあります。メキシコシティから北に車で2時間あまり、イダルゴ州の古都、パチューカにあるフォトテカ(国立写真美術館)には、何と100万枚以上の歴史的な写真が収蔵されています。そのフォトテカの館長、フアン・カルロスさんが来日するのにあわせて、写真集食堂めぐたまでトーク&メキシコ料理のイベントを開催します。

コーディネーターの矢作隆一さんは、唐辛子を使ったインスタレーション作品で知られるメキシコ在住のアーティスト。

写真とアートのお話をうかがうとともに、唐辛子をたっぷり使ったおいしいメキシコ料理とお酒を堪能しましょう。ぜひ足をお運びください。

日時:10月22日(木)

受付19時 開始19時30分

会費:4500円(トーク&メキシコ料理 ウエルカムメキシコドリンク1杯つき)

ゲスト:フォワン カルロスさん(メキシコ国立写真美術館館長)

ゲスト&コーディネーター : 矢作隆一さん(メキシコ在住のアーティスト)

聞き手:飯沢耕太郎(写真評論家)

カルロス館長顔写真

フォワン カルロスさん(メキシコ国立写真美術館館長)
Juan Carlos Valdez Marín

2006 until current day, Director of the National System Photographic Archives under the National Institute of Anthropology and History, México.

Bachelor Degree in History of Mexico, at University of the State of Hidalgo. Studied Biology at the National Autonomous University of México. Diploma in Visual Anthropology from the National School of Anthropology and History. Also self-taught photographer.

Has advised more than fifty national and international photographic archives, lecturer at conferences and photographic encounters. He is visiting professor at several universities in Latin America.

Fellow, in the area of photography, by the Ministry of Education, Culture and Sports of Spain (2001), winner of the National Research Award Paul Coremans (Conservation Field) INAH (1993 and 1996) and Fellow of the National Council for Culture and the Arts at Hidalgo, in the discipline of Photography (1997).

Has published three books on photographic conservation, and five technical books and twenty scientific articles and outreach.

With his photographic work, has participated in five individual photo exhibitions and fourteen collective photographic exhibitions in México and abroad.

矢作隆一
矢作隆一(やはぎ りゅういち)さん
メキシコ在住。美術家。1967年川崎市生まれ。1987年大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、調理師を目指すも、金沢美術工芸大学へ入学、1995年同大学美術学科彫刻専卒業。同年秋に渡墨し、メキシコと日本を中心に個展、グループ展、ワークショップ等を行っている。2010年メキシコ国立自治大学サンカルロス美術大学院都市芸術専攻終了、現在はメキシコベラクルス州立大学美術造形研究所に所属し、制作活動をはじめ展覧会の企画、コーディネートなど日本とメキシコとの芸術文化交流活動をしている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

 

 

9月19日日曜日、7時から、佐賀の話します。めぐたまTVです。

event4-3

9月19日土曜日、7時から、佐賀の話します。めぐたまTVです。

写真集食堂めぐたまは佐賀んとフェア、元気に開催中です。

赤クラゲもおいしいし、ムツゴロウも美味。
「古伊万里 前(さき) 純米吟醸 ひやおろしも」やってきてます。
これがうまい!

ちなみに写真は先日の唐津前寿司の会の一場面。
めぐたまのおかどさんと、この佐賀んとフェアを一緒にやっている西城鉄男さんです。

で、19日土曜日に、佐賀の人と佐賀の話します。
ぜひ、聞きにきてください。
佐賀についていろいろ聞きたい人も来てください。
バルーン、唐津くんち。秋の佐賀を楽しむ裏技も教えてくれるらしい。

話してくれるのは、佐賀県庁の佐賀の広報マンって呼んでいいのかな、遠藤さん。
正式には、佐賀県首都圏営業本部 流通・観光担当課長 遠藤彰さんです。

美味しい、佐賀のご飯も日本酒もあります。
通常営業です。
ぜひ、遊びにきてね。

来られない人は、めぐたまTVを見てね。
http://megutama.com/めぐたまtv/

9月19日(土) 19時より。
佐賀んとトーク。
通常営業。

ゲスト/遠藤彰さん(佐賀県首都圏営業本部 流通・観光担当課長)

一品ご注文ください。
予約いただけると嬉しいです。

めぐたま
0368051838

唐津前寿司の会

唐津前寿司の会

11535726_855094767903402_7812769671997400588_n

江戸前の寿司ならぬ、唐津前寿司の会をやります。
20年来の友だち、気がついたら佐賀んとエヴァンジェリスト(佐賀の産物が大好きな伝道師)になっていた西城鉄男さんと一緒にやります。

食材の宝庫、佐賀・唐津で採れた魚と地元食材で握る寿司。
それが「唐津前寿司」です。

当日、唐津の港で採れたての魚を航空便で送ってもらいます。

11067767_1120168254665111_3925056711257677027_n

板前さんは 出張笑顔寿司職人・宮本健好さん。
その夜だけは本格寿司屋さんです。
11401489_855094761236736_2782677320995035181_n

お品書き(その日の漁次第なので、あくまでも予定です、悪しからず)
お寿司
◎ ロケット烏賊/活きたまま、あの呼子の烏賊が飛んで来ます!
10422323_855094267903452_226644916796812381_n
11536101_855094411236771_2111312369347181217_n

◎地魚オンパレード/真鯛・真鯵・伊佐木・蛸・栄螺など玄界灘の荒海で育った朝獲れ魚介!

◎手巻き寿司は、なんといま評判の「佐賀市海苔くちどけ」!

佐賀の上手いもん(ちょっとだけでます)
◎佐賀平野白石産大豆の超健康食品「しろいしてんぺ」!

◎ひょっとしたら、有明海名産のむつごろうも蒲焼きでやって来る!

お酒
◎このところ日本酒業界を席巻する佐賀ん酒各お愉しみ!(別料金です)

*めぐたまは9月1日から10月4日まで 約1ヶ月、佐賀の美味しい物を集めた佐賀フェアです。
これは佐賀フェアのイベント第一弾。

9月 5日(土) 18:00

料金 6500円(三年番茶付き)

定 員 30名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがありま す。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合 がありますので、キャンセル料をいただきます。

9月はめぐたまは佐賀んとフェア

佐賀んとフェア
めぐたまは9月1日から10月4日まで 約1ヶ月、佐賀フェアです。

20年来の友だち、気がついたら佐賀んとエヴァンジェリスト(佐賀の産物が大好きな伝道師)になっていた西城鉄男さんと一緒にやります。

彼はいつのまにか、佐賀で元気にまじめに美味しい物を作ったり採ったりしている人とのネットワークをつくっていたんですね。

彼が推薦する佐賀から美味しい物色々来ます。

佐賀フェアの中では色々イベントもやる予定。
第一弾は 唐津前寿司。
http://megutama.com/唐津前寿司の会/

詳細は、後日!!
乞うご期待。

めぐたまきのこの会 キッタリアを食べよう! チリのきのこ事情のお話と、チリ料理の会

めぐたまきのこの会

キッタリアを食べよう!
チリのきのこ事情のお話と、チリ料理の会

今回のきのこの会は、チリのきのこ事情がテーマです。

ゲストはヌリ ディセニ さん(チリ大使館農務部 農務参事官)とチリを中心に南米のキノコ事情に詳しい岩出菌学研究所の原田栄津子さん。

IMG_0150 のコピー 2
キッタリア。

「インディオのパン」と呼ばれ、チリではとても良く食べられ、ダーウィンの航海記にも記載されている有名なキノコ・キッタリアの話、チリのキノコの話、ガルガルを通じての国際貢献の話などをしていただきます。

チリのだんすもみられるかも

今回のご飯は、チリ料理ときのこ料理の2本建て。
まず、きのこは、、、。
何とキッタリアも出ます。
他に、ヒメマツタケ、コプリーノ、オオイチョウタケ、ガルガルなど、珍しいキノコもでてきます。

ガルガル
ガルガルを売る、チリの市場。

そして、日本代表(笑い)シイタケのその場で収穫して食べるコーナーもあり。
美味しい焼き方を川村倫子さん(宝珠山きのこ生産組合)に伝授して頂きます。

そして、チリ料理。
チリ大使館・秘書のエマ アルバレスさん監修の本格派です。

メニュー案

*サルモンアサード チリ産の鮭を半身の形できのこやオレガノと一緒に焼く。

*パステル・デ・チョクロ 挽肉と玉ねぎを炒めて、トウモロコシのフィリングをのせて焼く伝統料理。豪華にガルガルを入れます。

*キッタリアの炒め物 

*シャンピニオのサラダ 生で食べられるものを、クレソンやコリアンダーと一緒に。

*オオイチョウタケの玄米ピラフ(キヌア入り) 

*ソパイピージャ チリの揚げパン

*ぺブレソース コリアンダーのソース。何をつけてもいい。

*採りたてしいたけの焼いたの

南米のきのこ事情は、なかなか日本では知ることができません。
キノコご飯もチリご飯も、ここでしか味わえませんよ。

貴重な機会です。ぜひお越しください。

ゲスト/ヌリ ディセニ さん(チリ大使館農務部 農務参事官)、原田栄津子さん(岩出菌学研究所主任、農学博士)

司会/飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)

料理監修/エマ アルバレス(チリ大使館・秘書)

9月6日(日)
17:00〜 トーク
18:00〜 ご飯会

3500円(トークとご飯、ピスコサワー(チリの食前酒)つき)

料理のメニューは、準備の関係で、変更することがあります。ご了承ください。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

本間真理子さんのお話とグルジアワインの会

03_mini

10421281_832451166814718_8464869899483006578_n

9-1

IMGP4757

IMGP8715-1

本間真理子さんのお話とグルジアワインの会

H&Nワインジャパンの本間真理子さんはワイン発祥の地グルジア、コーカサス山脈の麓カヘーティの「原産地呼称指定地域(マイクロゾーン」に、30ヘクタールの葡萄畑を2011年に購入。その畑で産出される約100トンの葡萄を使用して造られる「無添加・高品質ワイン」の紹介、販売を日本で初めて開始しています。

自社の醸造所も間もなく​​完成する予定です。

本間さんは起業する前は国際NGOで30年間、発展途上国の母子の命を守る活動に従事して世界中を駆け回っていました。
そこを退職し、ワイナリーオーナーになって復興支援をしようと​​ 、退職金をつぎ込んだらしい。
素敵な人だ。

詳しくは下記のサイトに。

http://hnwinejapan.com

本間さんにグルジアワインのお話、そして、とっておきのグルジアワインの試飲の会を企画しました。
おかどさんも、グルジアワインの美味しさ、保証してます。

本間さんはほんとうに魅力的な人です。
彼女に会いに、グルジアワインを味わいに来てください。

お待ちしています。

7月25日(土)

15:00〜16:30

3500円(お話と、グルジアワイン3種と軽いおつまみ付き)

定員20名

*ユネスコの無形文化遺産に登録されたグルジアの伝統的な製法で作られたクヴェブリワインも​​17時からはお飲みいただけます。

グルジア料理(予定)
ムツワディ(串焼き)
プハリ(野菜のクルミペースと合え)
マッシュルームのチーズ焼き
グルジア風キウリとトマトのサラダ

*ユネスコの世界遺産(人類の無形文化遺産)指定になったグルジアの伝統製法ワイン・クヴェヴリも、17時からはお飲みいただけます。

* お申し込み

megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。

「「和食」ってなに?」出版記念  阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会

150510_1101
「「和食」ってなに?」出版記念
阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会

昨日の夕食、何食べましたか?
和食?洋食?中華?
毎日食べているご飯は、この50年、社会の変化に伴い、どんどん変わって来ています。

「「和食」って何?」(ちくまプリマー新書)の出版を記念して、著者の阿古真理さんに、昭和の家庭料理を中心にした食の変化についてお話を聞きます。

「「和食」って何?」(アマゾンから買えます)

http://www.amazon.co.jp/「和食」って何-ちくまプリマー新書-阿古-真理/dp/4480689370/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1431145824&sr=1-3&keywords=阿古真理

昭和な軽食もつきます。何が出るか楽しみに。

6月14日(日)
15時〜17時
2500円(軽食付き)

おはなし 阿古真理
料理 おかどめぐみこ

阿古真理
作家、生活史研究家。
主な著書に
小林カツ代と栗原はるみ:料理研究家とその時代 (新潮新書)(5月18日刊)「昭和育ちのおいしい記憶」(筑摩書房)「昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年」(筑摩書房)「うち のご飯の60年――祖母・母・娘の食卓」(筑摩書房)

きのこイベント/ガルガルのお話と料理&ヤコウタケのお話

きのこイベント/ガルガルのお話と料理&ヤコウタケのお話

gargal のコピー

ガルガルのシーズン到来!
生の採れたてガルガルがめぐたまにやってきます。
杏仁の香りがするガルガル。生のものが食べられるのはめぐたまだけです。
いろいろ身体にもいいらしい。
ガルガルを探してチリまで行ってしまった岩出菌学研究所の原田さんをゲストに迎え、お話を聞きます。
http://www.iwade101.com/gargal.html
http://www.gargalgirl.com
http://blog.gargalgirl.com

!cid_7DDFF32A-245C-41F5-BE6B-E4A72A1B100D

!cid_A9FA2612-C073-4536-8BEF-ADD68AA27AC7

大人気のヤコウタケキットのお話もしていただきます。
http://www.gargalgirl.com/?pid=88398432

ヤコウタケの写真は新井文彦さん。5月に「きのこのき」(文一総合出版)を発売予定。

5月17日(日)
14:30受付
15:00開始

ゲスト/原田栄津子(岩出菌学研究所主任、農学博士)
聞き手/飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)

2000円(お話とガルガルの軽いお料理つき)

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ときたま「1000のコトバ」展開きます!

ときたま「1000のコトバ」展開きます!

写真集食堂めぐたまのメンバーの一人、コトバのアーティストときたま。彼女が1993年からほぼ毎週出し続けて22年目、遂にときたまのコトバが1000に達しました。
これまでのコトバ全部を展示する展覧会を開きます。
ときたま文庫 愛そして私、日めくりカレンダー、ポストカード、フォーチュンクッキー……。グッズもいろいろあります。イベントもやります。
あそびにきてください。

ときたま
http://tokitama.net
FBもやってます。土岐小百合で検索してみて。

日時:4月28日(火)〜5月31日(日)
   休み/7、11、18、25日
   
   平日 11:30〜23:00(LO22:00)
   土、日、祭日 12:00〜22:00(LO21:00)

場所:写真集食堂めぐたま
   東京都渋谷区東3−2-7 
   tel /fax 03-6805-1838
   http://megutama.com/
   mail / megutamatokyo@gmail.com

入場無料 ただし、めぐたまで一品とってください。めぐたまは通常営業です。(ただし、貸し切りの時があるので、サイトかお電話でご確認下さい)

ご来場の方に、「ときたまフォーチュンクッキー」1個プレゼント。

イベント
「ときたまのコトバについて語ろう」
4月28日(火) 
20:00〜21:00
飯沢耕太郎(写真評論家、きのこ文学研究家)+ときたま
投げ銭トーク(めぐたまは通常営業です)

息継庵 「ときたまモーニング茶事」
4月29日(水・祝)
8:00〜9:30くらい
息継ぎ庵 石澤彰一
http://blog.goo.ne.jp/ikitugian
3000円(ご飯とお甘とお抹茶付き)
要予約 めぐたままで

「映像onときたま上映」
ときたまのコトバを巡る、コメント映像です。

onときたま24「湯川村」上映 5月3日(日)、9日(日)
onときたま25「ときたまお雛様」上映 5月2日(土)、4(月・祭)、31日(日)
各回とも10:30〜
投げ銭上映(上映後、お時間のある方はめぐたまでランチをご一緒に。1500円。)

「コトバの愛人放談」
5月19日(火)
20:00〜21:00
御厨貴(政治学者・政治史学者)+ときたま
投げ銭トーク(めぐたまは通常営業です)

「即興ライブ 意味のないコトバvs意味のあるコトバ」
5月31日(日)1回目18:00、2回目20:00
ホッピー神山(プロ デュー サー、キーボーディスト)+ときたま
ホッピー神山
http://hoppy.tv

投げ銭ライブ(めぐたまは通常営業です)

*投げ銭のイベントは、予約がなくても入れますが、予約をしていただけると嬉しいです。

関連企画
第3回 身体に美味しい文化講座 沖縄三線と沖縄料理
5月10日(日)
17:00〜
タケシィ(沖縄三線)+ときたま(コトバ)のライブ
5000円(沖縄料理、三年番茶ライブ)
要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp  090-4425-4263

大谷幸生さんの『笑顔の花飾り』お話し会2と髪飾り作り

10559858_10204304235429444_4469798860986643301_n

10422439_10204304235509446_6352110052626695640_n

11039304_10204304231989358_2195254628245551473_n

11084266_10204304232029359_3697293145112212096_n

11096714_10204304232069360_3391531536765107257_n

3月1日に行われた、大谷幸生さんを迎えてのお話とブレスレット作り、大好評のうちに終了しました。
そのときの様子
http://megutama.com/大谷幸生さんの『笑顔の花飾り』お話し会とブレ-2/

もっとお話を聞きたい、他のものも作りたいとの声にお答えして、第2弾を企画しました。

稲、ほおずき、たばこ、佐賀菊、りんご、ホップ、もみじ、らっきょう、牡丹、お茶……。

日本の数少ないレイメイカーであり、フラワーアーティストとしてさまざまなイベント、ワークショップで活躍する大谷幸生さん。
彼は土地の暮らし、お祭り、仕事に密接の関わりのある植物を選び、レイにし、農家や職人のみなさんに届ける「U Pacific Smile Project」という活動をしています。

大谷さんはハワイ島に暮らすマリー・マクドナルドさんとの出逢いでハワイアン・レイに魅せられました。
マリーさんに、レイ本来の「その土地の花で編む」、つまり、日本人なのだから日本の土地・土地でその草花を育てた人への感謝の気持ちを込めてその土地だけのレイを編むことの大切さを教えてもらったそうです。

昨年、全国47都道府県 50カ所の花を訪ねた記録をまとめ、『笑顔の花飾り』(ポプラ社)が出版されました。
そこには、植物とともに、暮らしている人たちの様子も紹介されています。

大谷さんに、全国を回って出会った素敵な植物の話、花と関わる人々の話をしていただきます。

当日は、季節のハーブの簡単な髪飾り作りもお楽しみください。
11051100_10204298834414422_1382583943_n11082900_10204298834254418_2123698904_n11086044_10204298834294419_2123256605_n11103990_10204298834334420_1225868236_n

大谷 幸生(おおたに ゆきお)
1969年神奈川県生まれ。
フラワーアーティスト。雑誌、広告などで活躍の後、近年は主にレイメイカーとして活躍。
東京と大阪にレッスンスタジオを持ち、そのほかハワイアンイベントでの装飾やワークショップなどを全国各地で行う。
レイ作りを通して日本の花を元気にしたい、と花の栽培農家や全国の自治体との交流も積極的に行っている。
著書に『しあわせの花飾り』、『ハワイアン・レイメイキング2 笑顔の花飾り』(共にポプラ社刊)。
大谷さんのサイト
http://www.umahana.com

5月24日(日)
10:00〜11:30
受付9:45
開演10:00〜
会費 2800円(三年番茶付き、季節のハーブ髪飾り材料費込み)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。