カテゴリー別アーカイブ: 日常

「めぐたまブドウ棚計画」始動!!

「めぐたまブドウ棚計画」始動!!

めぐたまの奥の中庭の上にブドウ棚をつくろう!、題して「めぐたまブドウ棚計画」が始動しました。

内田秀さんのご実家はブドウ農家。
そこから持って来て下さった、純国産、日本の固有種、甲州ブドウです。
接ぎ木がしていない、根っこまで全部甲州ブドウです。
いわゆる自根ってやつですね。
ウイルスに感染しやすい。
でも感染しても、糖度が落ちるだけで,枯れません。

13220001_1321241481226612_1035457108_n

フェンスにそって内田秀さんが植樹。

13249467_1043785742367227_1398389061_n13224184_1040850695993816_577725597_o

無事に植え終わりました。
今年は房がついていないのでなりませんが、来年はぶどう狩りが出来る予定です。

13234860_1321241237893303_616453555_o

プロジェクトの始動を祝って、甲州ブドウのスプマンテで、乾杯!

これから、ブドウをはわせる棚をつくります、っていうか、内田さんが作ります。
お楽しみに。

今年もめぐたまに新しい熊手やってきました。

昨日はニの酉。
新宿花園神社に行って、新しい熊手を買ってきました。
カウンターの上の本棚の上に祀りました。
みてね。
特別めぐたまバージョンの熊手です。
151118_1315

めぐたまもクリスマスの装いです

11月に入り、めぐたまもちょっとクリスマス気分。
エッセショニストのYORIさんが、おもちゃを使ったクリスマスリースを飾ってくれました。
151110_1403
151110_1404

講師のYORIさん。
151110_1408
ちなみに、赤いのは自作のボタンネックレスです。
かっこいいでしょ。

めぐたまの2階にスペースを持つ、アトリエビヨンドで,写真のリースを作るワークショップをやります。
詳しくは以下に。
ぜひ、ご参加ください。

———–
「もったいないART」ワークショップ
世界にひとつしかない
クリスマスリースをつくろう

「もったいないART」は、いらなくなった身近にある素材を、オシャレで使えるものに変身させる”Up cycle”ワークショップです。

今回のもったいない素材は<おもちゃやファッショングッズ>。
成長とともにあそばなくなってしまったお子さんのおもちゃや、お気に入りだったストールなど。今の自分には必要なくなったけどなんとなく捨てられなかったものを、クリスマスリースに生まれかわらせましょう。

クリスマスが過ぎたら、お部屋のインテリアとしても使えるようなデザインにします。

お子さんから大人までどなたでも歓迎♪
先生のYORIさんは、素材をオシャレに変身させる天才!!アドバイスをもらいながら自由な発想をたのしんでください。

11/22(日)10:00~12:00
場所:atlier Beyond
   渋谷区東3-2-7-2階
  (恵比寿駅より徒歩約6分。1階は「写真集食堂めぐたま」)
参加費:1000円 
持ち物:お子さんのおもちゃ箱やクローゼットの中からみつけたもったいない素材 
定員:10名
先生:YORI(リセッショニスト) 

申し込み・お問い合わせ
①氏名
(親子参加の場合、お子さまのお名前と年齢も)
②ご連絡先電話番号
③メールアドレス
をご記入の上、メールでお送りください。
ws.ws.tuduku@gmail.com

メジロ様毎日ご来店

150127_1348
めぐたまの奥のウッドデッキのところ、隣の家との間に、椿の一種、侘助の花が咲きました。
可愛いピンクです!

150128_1224
そしたら、メジロが2羽、毎日やってきます。
花の蜜を水にやってくるのです。 
メジロだ!と言ってとったのですが、鳥の写真は難しい。
何も写っていません。と思ったら、上の方にちゃんと写っていました。

本物は、めぐたまに来てみてください。
かわいいですよん。

おまけですが、蝋梅も咲きました。
黄色がきれい。

あけましておめでとうございます

150105_1652
あけましておめでとうございます。

昨年中は、本当にいろいろありがとうございました。
本年もよろしくお願いいたします。

店内にしつらえもお正月仕様に。
もちろん、エセッショニストのよりさんがアレンジしてくれました。

150105_1653
これは、よりサンが作った、羊のブローチ。
黒い頭なので見にくいけど、本物の毛糸がまいてあって、可愛いのです。

150105_1516
そして、新年を祝うようにウッドデッキのところの、侘助(椿)が咲きました。
植え替えて、一年目だから咲かないかなと思っていましたが、咲いてくれました。
パッと、生け垣が明るくなりました。
嬉しいです。
これから、白いのも咲く予定。見にきてくださいね。

明日6日11時30分から、平常通り開店です。
おまちしていまーーす。

正月飾り

141228_1631
今日28日はめぐたまの今年最後の営業日です。
これから、めぐたまの食べ尽くし会であります。

141228_1609
お店の中は、エセッショニストのよりさんのおかげで、お正月飾りが完了。
28日に飾るのを八飾りというのだそうですね。
29日だと、「苦立て」と呼ばれ「二重苦」に通じるので避けるそうです。
31日は「一夜飾り」と呼ばれ、正月の神を迎えるにあたって即席の飾り付けでは失礼であるとして縁起が悪いと言われています。
また葬式が一夜飾りであることからも縁起が悪いといわれる理由です。

というので、今日、飾りました。

141228_1631141228_1600

今年は、2月22日にオープンするまでも、してからも、本当にいろんな方のお世話になりました。
お店を作ってくださった方、お店にきてくださった方、応援して下さるたくさんの方のおかげで、無事に年をこせそうです。
おかどめぐみこ、飯沢耕太郎、ときたまはじめ、スタッフ一同感謝の気持ちで一杯です。
本当に本当にありがとうございました。

新年の営業は、6日火曜日、平常通り11時30分からです。
おこしをお待ちしています。

めぐたま、来年は、もっとおいしいものを作ります。
もっと楽しい事をやります。
写真集も、今年出版のものが加わります。

来る年がみなさまにとって、楽しく、実り多き年でありますように。

そして、来年も一緒においしいもの食べて、遊びましょう!!

きのこのオーナメント

image-110392311_608315015962408_2733276710155725348_n
141205_1031
12月に入り、めぐたまのちょっぴりクリスマスモード。
そのきのこさん作の、きのこクリスマスオーナメントです。
靴下きのこもあります。

私のお気に入りはトナカイきのこ。
10351451_608315005962409_8920220357729649285_n

すべて、税込み、1000円です。
すべて手作り、同じものは二つとありません。

サイトウマサミツさんの「めぐたま」の絵

141126_1106
サイトウマサミツさんがめぐたまの絵描いてくださいました。

サイトウさんのこれまでの作品
http://i.fileweb.jp/modules/ifile/?t=c2FpdG9tYXNhbWl0c3U=

ありがとう!!

早速コウちゃんが額をかって、入れました。

店内に飾りました。
みてね。

床を磨きました。

床を磨きました。

写真集食堂めぐたまも開店して半年が経ちました。
ご来店いただいた方、ありがとうございました!!
これからも、おいしく楽しい一時、作っていきまーーす。
ご来店お待ちしています。

で、昨日はお休みを利用して、床磨きをお願いしました。
ベアーズというところです。

http://www.happy-bears.com/

140825_1339
まず、机をどけ、床の上をやさしーーく洗浄します。

140825_0949
使っているのはこの洗剤。(左側)
石油系じゃないのが気に入ってます。
右側は、ワックス。

140825_1006
洗剤を吸い取っていきます。

そのあと、床にこびりついた汚れを取ります。
これは、ごめんなさい、写真を撮り忘れました。

140825_1041
手やモップで、ワックスで磨いていきます。
2度磨き。

140825_1339
ガラス戸もさっぱりきれいになりました。

140826_0946
この写真じゃ、以前との差が分かりませんね(笑い)。
でも、本当にすっきりした「めぐたま」、おこしをお待ちしています。

校外学習@めぐたま

今日、神奈川県立荘田高等学校の校外学習がめぐたまで行われました。
なんと、現代文の授業。
国語科教諭の嘉登隆さんの発案です。

写真集を見て、その中の気に入った写真に文をつけるのです。
そして、ここにきた生徒さんが次の授業でメンターになり、クラス全体に今日の経験を伝えるそうです。

140606_1704
右は今回のファシリテーターは、馬場菜穂さん。写真家、舞踏家です。
左は、次の校外学習のファシリテーターの世田谷美術館学芸員・塚田美紀さん。
両手に花なのは引率されて来た嘉登隆さん。

140606_1513
140606_1514
写真集を自由に探します。

140606_1515
気に入った写真集をじっくり読みます。

140606_1613140606_1613
そこから好きな写真を探し、コトバをつけていきます。

140606_1615
写真を見せながら、作ったコトバを発表します。
風景あり、人物あり、モノクロあり、カラーあり。
それぞれの人がそれぞれの写真から紡ぎ出したコトバ、個性が出ていて面白かったです。