カテゴリー別アーカイブ: 写真集を語り尽くす

蜷川実花さん『写真を語り尽くす』Vol.3レポート

6月18日、『写真を語り尽くす』Vol.3がめぐたまで行われました。
ゲストは蜷川実花さんです。

20140618_190114
満員のお客様の前で、飯沢さんと蜷川実花さんのトークが始まります。

Exif_JPEG_PICTURE
処女作から新しい一冊まで,実際の写真集を見ながら、話が進みます。

詳しくは、以下の畠中恵子さんのメール通信をみてね。

〈鮮やか写真の☆蜷川実花ワールド〉

恵比寿「写真集食堂めぐたま」にて開催された
『写真を語り尽くす』Vol.3へ行って参りました♪
写真評論家/飯沢耕太郎さんが、様々な写真家(カメラマン)
の方と語り尽くす夕べです~今回のゲストは蜷川実花さんです♪

mini_140618_2041
入り口には蜷川さんの写真集が並んだいます。

mini_140618_1903
20年以上のお付き合いだと言う飯沢さんと蜷川さんのトークは、
聞いている方も楽しくなる様な息の合った軽妙さ♪♪♪
学生時代の最初の頃の作品は、ほとんどが白黒モノクローム
だったそうで、今からは想像もつかない驚きです!
初期写真集から最近の写真集まで彼女の写真集を、
彼女の歩んできた道に沿っての飯沢さんの解説は
飯沢さんならではの楽しいものでした♪

お子さんの宿題を見てあげる約束になっているので…と
8時には会場を後にした彼女の意外な母の顔も素敵でした!

mini_140618_2043
トークの後に並べられた写真集をゆっくり拝見~

mini_140618_2043
来年の1月には原美術館での個展が予定されているそうで、
その時に使う候補写真ファイルも並べられ、
沢山の興味深いショットを拝見させていただきました!
来年最初の楽しみになりそうです☆

mini_140618_2010mini_140618_2045mini_140618_2042
トークが終わって”めぐたま”の美味しい食事タイム♪
大皿料理の数々をいただきながら、飯沢さんを中心に
あちこちで楽しいトークが続きます~

鮮やかな蜷川実花ワールド一色に染まった
開放的な”めぐたま”での一夜を楽しんで参りました♪♪♪

操上和美さん「写真集を語り尽くす2」レポート

cut01_004
写真集を語り尽くすの第2弾は、写真家の操上和美さんをゲストにお迎えしました。

cut01_002
写真集食堂めぐたまに並ぶ操上さんの写真集。
机におかれた3冊の真ん中、デジャ=ヴュ創刊号の表紙が操上さんの写真です。

cut01_006
1936年生まれの操上さん。ということは、、、、78歳!!!
本当にいつでもカッコいい!
「写真集を作る時は、企みます。写真の編集の仕方はとても大事です。上手く組めば、写真が生きて来ます」

cut01_007
聞き手の写真評論家・飯沢耕太郎さん。
「デジャ=ヴュの創刊号の表紙でお世話になった25年前から、全然変わられないですね」

cut01_011
「心がけてることは、いつでも感動できる状態に自分をおいておくこと。
自分の感覚さえ衰えなければ、いくつになっても良い写真が撮れると思います」

cut01_009
NORTHERN(2002年、スイッチパブリッシング)は北国の風景をモノクロとカラーで写し出した写真集。「NORTHERN」は、1994年の父親の死をきっかけに、故郷の北海道を集中的に撮影した写真群で、92年と94年のロバート・フランクとの旅の写真も含まれている。中には、トイカメラで撮った写真も。
「1ドルくらいの玩具カメラで撮った写真のほうが、高性能なカメラで撮った写真よりずっとインパクトが出て良くなることがある」(操上さん)。

cut01_005cut01_010
熱心にメモをとる参加者のみなさん。

cut01_014
そして、ご飯。
ドイツソーセージのトルティーヤ巻き。トークが始まる前の木場らを満たす一品。

cut01_012
トークの間にも、キッチンでは着々とおいしそうなものが出来ていきます。

cut01_013
鮪の立田揚げが揚がりました。

cut01_022
cut01_023
お献立。
めぐちゃんのおいしそうな字です。

cut01_015
cut01_018
赤ミニ大根とみじかいきゅうり、セロリの手前味噌ディップ。

cut01_019
鮪の立田揚げと北海道アスパラのバターソース。

cut01_017
大山鶏のハーブ焼きと新じゃがのオーブン焼き。

cut01_016
蒸し茄子の生姜醤油ととまと。

cut01_020
天然山菜寿司。わらび、山うど、ふき、筍、いり玉子。

操上和美さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

写真/CAMEL 中森真