カテゴリー別アーカイブ: トーク

赤羽さんの文章講座「文章力をアップする3つの法則」レポート

IMG_0844

6月17日に行われた、赤羽博之さんの文章講座「文章力をアップする3つの法則」、盛況のうちに終了しました。

19029500_1523700927704756_8806676024042388334_n

1時間30分の中に、これでもかという、濃い中身。
でも、わかりやすく、笑いあり、お茶ブレークあり、さすが赤羽さん、時間配分がうまい!
「元気をもらった」、「文章を書きたくなった」、「すぐに役立ちそう」と、参加者の皆さんも満足して帰られました。

参加の皆様、ありがとう!
赤羽さん、ありがとう!

マーキーのファシリテーション講座「誰でも会議上手になれる!」

マーキーのファシリテーション講座
「誰でも会議上手になれる!」

ビジネスでも、ボランティアでも、学校でも、家族でも、、、。
人が集まって何かをやろうとすれば、必ず会議が行われます。

でも

•会議の時間が無駄過ぎる!
•会議をしても結論が出ない。
•みんなが発言せず一人の人だけがしゃべる。
•建設的な意見が出ず、時間切れになる。。。。。。。。

こんな不満を抱えていませんか?
そんなときに、必要なのが、ファシリテーター。
会議の進行役です。

ファシリテーターとは
「ファシリテーターとは「促進役」であり「うながす人」。
会議や参加型の学びの場、何かを創造してゆく場面を、相互作用を促しながら進行する人。
その場にいる一人ひとりが本来持っている力や、意見・経験・感性・感情・個性などが、あふれ出すような場づくりや進行をする。
個々の魅力を引き出しつつ、全体として調和のとれたものを紡ぎ出す役割。」(マーキーのサイトより)
詳しくはマーキーのサイトへ
http://www.aokiworks.net/facilitator.html

マーキーとは、実はもう20年以上の知り合い。
彼はファシリテーターの事務所を開いて早14年。
毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめています。
詳しくは下を見てね。

マーキーと一緒に会議をやると、本当に話の進みが早い。それでいて、参加者みんなが意見をいい、満足する結果が得られる。不思議です。でも、魔術師ではなく、ちゃんと、考えてるし、いろいろな技も持っています。

淡路島に住んでいるマーキーに、講座をお願いしたいと前々から思っていたら、運良く時間がとれると言うので、講座をお願いしました。
会議に悩む人、どなたにでも役に立つ講座です。

ご参加お待ちしています。

2月25日土曜日

10時〜11時30分

料金 2500円(三年番茶付き)

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

**ランチ
マーキーさんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。

16111473_1511953528833851_1758789301_n

青木将幸(マーキー) プロフィール
  
1976年生まれ。熊野出身。環境NGO・A SEED JAPANに関わる傍ら「それぞれの持ち味が発揮される組織づくり」に関心をよせる。95年よりNPO向けの組織運営トレーニングの開発とファシリテーションに関わる。企画会社ワークショップ・ミューで修行期を過ごした後、2003年に青木将幸ファシリテーター事務所を設立。以来、毎年100回ほどのペースで会議・ワークショップ・参加体験型研修の進行役をつとめている。2012年より拠点を東京から淡路島に移し、国生み伝説のある島から日本中に出かける日々を送っている。

マーキーのサイト
http://www.aokiworks.net

2016年現在、
青木将幸ファシリテーター事務所 代表
NPO法人 淡路島アートセンター 副理事長
NPO法人iPledge  理事 などをつとめている

●著書

『市民の会議術 ミーティング・ファシリテーション入門』(ハンズオン!埼玉) 
『アイスブレイク・ベスト50』(ほんの森出版) 
『マーキーのこんな会議を見た! やってみようファシリテーション』(東京ボランティア・市民活動センター)

●青木将幸が登場する本/インタビュー/動画

『みどるな会議進行 ミーティング・ファシリテーター 青木将幸さんの話』 聞き手・西村佳哲 2013
『かかわり方のまなび方』(筑摩書房) 著・西村佳哲 2011
『環境と、なにか2011 会議のデザイン、対話のデザイン』 北海道大学環境科学院公開レクチャー 2011.9.16
『ねねね、ネオニコチノイドってなあに? ミツバチからのメッセージ』 アドボカシーカフェ 2012.3.17

アルゼンチンの写真家セレステ・ウレアガさんを囲む会レポート

IMG_2875
9月2日、アルゼンチンのロックな写真家セレステ・ウレアガさんを囲む会が行われました。

IMG_2872
IMG_2873
ウレアガさんが世界各地で撮られた写真を見ながら、会は進みます。
前回日本に来られた時の写真もあり。
写真家になった経緯、ロックな生き方について、日本とアルゼンチンの文化の違いについて、、、
アルゼンチンの写真事情も伺いました。

IMG_2876
通訳はアルゼンチン大使館文化部の柏倉恵美子さん。ご協力ありがとうございました!

IMG_2877
柏倉さんのおみやげの、カチャマテ茶。
カチャとマテ茶のブレンドハーブティです。
おいしく、みんなでいただきました。

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2 レポート

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク2 レポート

5月21日、写真展会場(ペルー大使館)で、企画者の白根全さんと飯沢耕太郎さんのトークが行われました。

そうそう、マルティン・チャンビ写真展は、好評に付き、会期が5月23日(月)まで延長され、なんと,入場者は1000人を超えたそうです!!
すばらしい!!

トークの後は、めぐたまでのペルー料理の会。
おかどさんが張り切って、前回とは違う料理にも挑戦しました。

CANCHITA 炒りトウモロコシ カンチータ 
IMG_0720

CEVICHE DE PESCADP 白身魚のセビーチェ
IMG_0748

SOLTERITO セビーチェ風 豆とチーズのサラダ
IMG_0749

ADOBO DE CHANCHO 豚のアドボ(インカの都クスコの名物料理)
IMG_0752

AJI DE GALLINA 鶏胸の黄色いパン粥 インディカ米
IMG_0753

SALSA CRIOLLA サルサ クリオージャ
薬味

ミルクの黄金律のアイスのアルガロビーナソースかけIMG_0754

おこしいただいた方、白根全さん、ありがとうございました。
写真を撮ってくれた、ほのちゃんも、ありがとう。

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トークのレポート

13076667_1001115516630759_1488729405292534829_n

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トークのレポート

4月30日にマルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク、行われました。
場所は、普段はなかなか入れないペルー大使館の視聴覚室。

13102802_1001115603297417_8027555574295175100_n
会場には、チャンビの作品が額に入れられて並んでいます。

13139254_1001115706630740_4831401322071765457_n
写真集もずらーっと並びます。

13094156_1001115653297412_6033583707409418628_n
トークする白根全さんと飯沢耕太郎さん。
チャンビの生涯について白根さんが語ります。
一つ一つの作品の解説も。

トークの後は、徒歩2分のめぐたまに来てペルー料理の夕べ。

IMG_0720
CANCHITA 炒りトウモロコシ カンチータ

IMG_0739
ペルーのオリーブ

IMG_0735
CEVICHE DE PESCADP 白身魚のセビーチェ

IMG_0736
CEBICHE DE SETAS きのこのセビーチェ

IMG_0737PAPA A LA HUANCAINE ジャガイモのワンカヨ風

IMG_0738
IMG_0734
SECO DE RES 牛肉のコリアンダー煮込み
赤タマネギは付け合わせ。お肉と一緒に食べるそうです。

IMG_0740
PUKA PICANTE 豚バラ肉とジャガイモの赤い煮込み
バスティカ米とキヌアのご飯とカリーナビーンズ添え

IMG_0741
HELADO DE ALGAROBINA SYRUP
ミルクの黄金律のアイスのアルガロビーナソースかけ

チャンビの展示は16日までやっています。ぜひぜひ見に行って下さい。そして、帰りに、もちろん行きでもいいですが、めぐたまによってね(笑い)

マルティン・チャンビ写真展
共催 白根全/在日ペルー大使館
2016年4月19日(火)~ 5月16日(月)
11:00~17:00 金曜日は20時まで
日曜・祝日閉館
入場無料
ペルー大使館 視聴覚室 ”マチュ ピチュ“
〒150-0012 渋谷区広尾2-3-1

ペルー大使館のサイト
http://embajadadelperuenjapon.org/ja/日本で初めてのマルティン・チャンビの写真展を/

企画をして下さった白根全さん、ペルー大使館の皆様、会場の写真を提供して下さった吉村ひろゆきさん、ご来場の皆様、ありがとう!
そうそう、ペルー料理について親切に教えて下さった、ペルー料理の名店、荒井商店の荒井隆宏さんにも感謝です。おかげで美味しいペルー料理できました。ありがとう!

メキシコは写真と唐辛子の国!レポート メキシコ国立写真美術館館長のトークとメキシコ料理の会

メキシコは写真と唐辛子の国!メキシコ国立写真美術館館長のトークとメキシコ料理の会が10月22日に行われました。

DSCF1986
ゲストのメキシコ国立写真美術館館長・フォワン カルロスさんが、メキシコの写真の歴史と、現代写真をプロジェクターを使って説明。
ゲスト&コーディネーター、メキシコ在住のアーティストである矢作隆一さんが通訳してくださいました。

DSCF2004
左から、ベラクルス州立大学造形美術研究所所長のハビエル コサルさん、矢作さん、メキシコ合衆国大使館文化担当のアレハンドラ・バサーニェさん、スベラクルス州立大学造形美術研究所所属のヘラルド バルガスさん、前メキシコ日本大使の目賀田さんです。

そして、メキシコ料理。
ドリンクはハマイカ(ハイビスカスジュース)かテキーラ。

トークの前には、メキシコのおつまみ。
揚げたてメキシカンチップ。
ディップはマヨラー必見のピリ辛オーロラソースのチポトレマヨ。

DSCF1992
メキシカンチップ。トトポス (トルティーヤ)をフライ。
サルサ ピコ デ ガヨ(辛いトマト味のサルサ)
サルサ マッチャ コン カカワテ(ピーナッツの辛いサルサ)う
チレソース・フリホーレス レフリットス(塩味の黒豆ディップ)
ワカモーレ(アボガドのディップ)

DSCF1993
エンパナーダスの具はミニージャ デ アトゥン(ツナ、玉ネギ、トマト、オリーブ、松の実、アーモンド、干しぶどう、ケッパなどが入った具)。

DSCF1994
アラスアナメヒカーナ(メキシコ風トマトを使ったご飯)

DSCF1995
チレ料理 (麦豚肩ロースの唐辛子ソース)。

DSCF2007
チパチョーレ デ ハイバ(ワタリガニのちょっとピリ辛スープ)。

DSCF2010
デザート。
イチジクのエン ドゥルセ(ココナッツを詰めたイチジクのメキシコ黒砂糖煮)。

フォワン カルロスさんはじめ、メキシコから来て下さった方々、ご来場の皆様、ありがとうございました。
写真を撮ってくださった、河野さん、ありがとう!!

初CD「TYCONIST」発売記念トーク&レクチャー TAKUYA+ホッピー神山 「和太鼓は最高!」レポート

初CD「TYCONIST」発売記念トーク&レクチャー TAKUYA+ホッピー神山 「和太鼓は最高!」レポート

7月20日、TAKUYAさんとホッピー神山さんによるトークが行われました。

ホッピーさんとタクヤさんのトークはCD制作のこと、録音の事、など、多方面にわたって繰り広げられます。

11748668_857864307631860_859389497_n
image2image3

来て頂いた田野村聡さんに、突然お願いして、尺八でコラボして頂きました。
田野村さんは8月8日のTAKUYAのライブにも参加です。
曲は「あなたのもとへ」。

11778041_857864384298519_1055202614_nimage4

お越しいただいた方、TAKUYA、ホッピーさん、ありがとう!

今後のTAKUYAの予定は、サイトを見てね。
http://takuya-columbia.jp

相馬の日&91歳の語り部・小野トメヨの民話と被災の語り レポート

6月13日に行われた「相馬の日&91歳の語り部・小野トメヨの民話と被災の語り」のレポートです。
一緒にやった畠中恵子さんがレポートしてくれました。
ご来場いただいた皆様相馬の皆様そして、畠中さんはじめスタッフの皆様、ありがとう!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーimage003

image004

先ずは今回の「相馬の日」開催にあたり、力強い協力をいただいた
震災支援/相馬さとばたけ報徳センターの畠中正一さんの報徳センターのお話から…

広々と開け放された空間を背に、トツトツと話される震災から現在に至るお話は、
私自身も初めて聞く内容が沢山含まれていました。
 
image005

相馬の食材などの協力をいただいた、地元でしっかり活動していらっしゃる
「かーちゃんの力 プロジェクト」の渡邊とみ子さんも駆けつけて下さり、
力強く地元の頑張る姿をアピールしていただけました。

image006

 
image008

いよいよ今回のメイン、相馬・新地町からやって来た
91歳の語り部・小野トメヨさんの語りです。

東日本大震災での地震から続く津波・放射能の恐ろしさ…
全てを失いながらも、その悲惨な状況を方言を交えながら語る語りは、
聞く者の心に深い感動を伝えて来ます!
震災の映像は沢山目にしていますが、実際に体験した生のお話から伝わる内容は
映像以上に私たちの心に染み入って参りました。

image009

image007

続けて語られた民話の数々は、時に力強く、そしてまた面白おかしく方言豊かに、
わくわくするような語り口で語られて行きます♪
なかなか聞く機会のない貴重な小野トメヨさんの語りに、
素敵なホッコリ時間をいただいた一時でした♪
 
image010

image011

当日用意された相馬定食も大好評!
めひかりの唐揚げ・あんこうのとも和え・いいたて雪っこカボチャ・凍み大根等々…
めぐたま/おかどさんの思い入れたっぷりの相馬定食の説明と共に、
美味しい時間を味わっていただけました。
 
image012

めぐたまの入口では相馬の物販も行われ、こちらも皆さまに喜んでいただけました♪

お天気にも恵まれて気持ちの良い風の吹き抜ける中での、
素敵な充実した「相馬の日」を過ごす事が出来た事に感謝の1日でした♪♪♪

阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会 レポート

「「和食」ってなに?」出版記念  阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会が6月14日に開かれました。

150614_1547
作家、生活史研究家である、阿古真理さんの著書。
これは、筑摩書房から出た物だけです。
一番右があたらしくでた「「和食」ってなに?」。

阿古さんの著書
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=カタカナ&url=search-alias%3Dstripbooks&field-keywords=阿古真理

150614_1542
気持ちのいい日曜日の午後の時間、窓をフルオープンにしためぐたまで、阿古さんのお話が始まりました。
洋食が食卓に普通に出るようになった昭和のご飯の話が、年代を追って語られます。

150614_1533
持って来て頂いた、本たち。
懐かしい昭和の料理本もあります。

150614_1542
150614_1609
中休みには,昭和な軽食。
マカロニサラダ。
戦後に一般的になったメニューに、マカロニとサラダがあるという事で、両方が食べられるマカロニサラダになりました。
ドンクのフランスパンと不二家のピーチネクターもつけました。
昭和っぽいでしょ。

150614_1617150614_1706
そして、出版のお祝いに、H&Nワインジャパンの本間真理子さんがグルジアワインを差し入れてくださいました。
ありがとう!

本間さんはグルジアにブドウ畑を持ち、醸造もしている。
ワイン、とってもおいしかったです。
詳しくは下記のサイトに。
http://hnwinejapan.com

ご飯の後は、参加者の昭和ご飯の話で盛り上がりました。

150615_1018
そうそう、これも阿古さんの新刊です。
新潮新書「小林カツ代と栗原はるみ」。
何と、編集の金さんが参加者の皆さんにプレゼントしてくださいました。
ありがとう!!

阿古さん、ご参加いただいたみなさん、楽しく、有意義な一時、ありがとうございました。

五島列島DAYレポート

五島列島DAYレポートです。

五島列島の地産地消シンガーソングライター・ベベンコビッチさんをお招きしての、五島列島DAY、楽しくおいしかったです。

ベベンコビッチさんのサイト
http://www.bebencobicci.co

150315_1239
五島列島ランチ。2000円。

150315_1346
お味噌汁は焼きあご出汁のアオサのお汁。
五島の麦味噌です。

一品料理は
150315_1356
水いかの一夜干し。

150315_1358
かんころもち。
お芋の入った薄甘いお餅。

150315_1407
天ぷら。
白がエソ、黒がアジ。

150315_1347
五島列島の焼酎。
麦と芋があります。

150315_1347
五島うどんの地獄炊き。
生卵としょう油とネギで食べます。

150315_1347
五島うどんと五島の菜の花で作るペペロンチーノ。

150315_1406
ベベンコビッチさんのLIVEの準備も完了です。
6時頃と8時頃で。

150315_1418
ベベンコビッチさんもスタンバオーケー。
6時頃と8時頃に投げ銭LIVEです。

150315_1806
そして、ベベンコビッチさんの熱唱。
笑って、ほろり、たのしかった!
それにしても、五島弁はまるで分からん。

ベベンコさん、お越しの皆さんありがとう!!
またやりたいね。