カテゴリー別アーカイブ: きのこ(報告)

「きのこ文学を食べ尽くす」レポート

2014年6月15日(日)、17時から、「きのこ文学を食べ尽くす」トーク&ご飯の夕べ、行われました。
飯沢耕太郎さんのきのこ文学トークとめぐたまの料理人おかどめぐみこさんによるきのこ文学料理、という豪華組み合わせ。

_MG_2856
飯沢さんのトーク。
文学とキノコの関係について熱く語り尽くしました。
手に持っているのは菌(くさびら)神社のお札。

_MG_2890小
飯沢さんの横にいるのは、岩出菌学研究所の福本武司さん。

140614_0924
岩出菌学研究所についてと、送っていただいたガルガルの話をしていただきました。
ありがとう!!

キノコを通して社会に貢献する岩出菌学研究所のサイト。
面白いから見てね。
http://www.iwade101.com/

オオイチョウダケバター
岩出菌類研究所から送られて来た、乾燥オオイチョウダケを練り込んだバター。

_MG_2934
ちょうど、収穫のシーズンに当たったので、岩出菌類研究所から送られて来た、生のガルガルのフリット。
ガルガルはチリ原産のきのこ。
これを生で食べられるのは、このイベントだけ。

そして、ご飯タイム。

_MG_2947
オオイチョウダケのオレキエッテ。
ポルチーニに匹敵するとも劣らない、濃厚な味のオオイチョウダケはイタリアンにも合います。

キノコソテー
高橋睦朗「詩人の食卓」より、
マハーバーラタのパンダヴァ五王子にささげる、五種類のきのこのソテー「Pandava brother’s &their princes」エスニック風。
大根おろしの上に、カレー味のキノコです。

_MG_2977
ピョートル・ワイリ、アレクサンドル「亡命ロシア料理―帰れ鶏肉へ」より、
鶏肉のスメタナソース・オオイチョウダケ風味。

マッシュルーム
「亡命ロシア料理―キノコの形而上学」より、
マッシュルームの反=料理的食べ方。

にびたし
今昔物語集より
平茸の焼漬し。

IMG_1271
ローストポークのオオイチョウ茸ソース、ザワクラウト添え。

IMG_1254
水上勉「土を喰う日々」より
紫シメジの蒸しごはん風 いろいろきのこの蒸しごはん。
紫シメジはシーズンではないので、今回はいろいろなキノコで作りました。
しょう油のみの味付けですが、それが、うまい!

IMG_1285小
ガルガルとゆすら梅のデザート。
杏仁の香りのするガルガルを入れてあります。

写真は神林優さん、石原康臣さん。
ありがとう!

秋にはまたきのこイベント、拡大して行おうと画策中。
乞うご期待です。

チリ産のキノコ、ガルガルが届きました。

140614_0924
チリ産のキノコ、ガルガルが岩出菌学研究所より届きました。
明日の、きのこ文学を食べ尽すのかいで、出します。
岩出菌学研究所
http://www.iwade101.com/

ガルガルの生が食べられるのは、あしただけ。
日本中探しても、めぐたまの明日の催しだけです。

まだ、若干名空きがあります。
ぜひぜひ,お越しください。

「きのこ文学を食べ尽くす!」会

6月15日(日)
16:30 受付
17:00 トーク&会食

トーク 飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)
料理 おかどめぐみこ(写真集食堂めぐたま 料理人)

4500円(料理、1ドリンク付き)

「きのこ文学を食べ尽くす!」

140507_1451

「きのこ文学を食べ尽くす!」

きのこの魅力の一つは、いうまでもなく食べると美味しいこと。食用きのこは、世界中で古代からずっと食べ続けられ、多彩な料理を発展させてきました。文学者たちの中にも美味しいきのこに魅せられた人はたくさんいます。今回のイベント「きのこ文学を食べ尽くす!」では、古今東西の文学者たちが愛したきのこ料理を再現し、楽しいお話とともにみんなで味わい尽くします。

6月15日(日)
16:30 受付
17:00 トーク&会食

トーク 飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)
料理 おかどめぐみこ(写真集食堂めぐたま 料理人)

4500円(料理、1ドリンク付き)

メニューの一部(変更するかも知れませんが、こんなものが出ます。もちろん、もっといろいろでますよ。)
*高橋睦郎「詩人の食卓」より、

マハーバーラタのパンダヴァ五王子にささげる、五種類のきのこのソテー「Pandava brother’s &their princes」エスニック風。
(写真の料理です)

*ピョートル・ワイリ、アレクサンドル「亡命ロシア料理―帰れ鶏肉へ」より、

鶏肉のスメタナソース・ポルチーニ風味

*「亡命ロシア料理―キノコの形而上学」より、

マッシュルームの反=料理的食べ方

*水上勉「土を喰う日々」より

シメジの蒸しごはん風

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。