カテゴリー別アーカイブ: 催し報告

ウリポのことばあそび@めぐたま5レポート

ウリポのことばあそび@めぐたま5レポート
6FCB0124-EB9A-479D-95E6-A5EF9F836D65のコピー

11月2日に、ウリポのことばあそびが開かれました。

S__40927240のコピー

S__40927241のコピー

S__40927245のコピー

歌ったり、踊ったり、もちろん言葉遊びもしたし、参加した子供たちも大人たちも楽しんだ時間でした。

次は12月15日(日)10時30分からです。
詳しくはいかに
http://megutama.com/ウリポのことばあそび@めぐたま6/

アラマ先生とげんごろうさん、お待ちしています。(ピンボケちゃった、ごめんなさい)

74153273_532709434181976_8081551244591628288_nのコピー

最後に集合写真!

75439351_1004597276555689_2594670699352162304_n

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこ23レポート

72404734_2346889545621548_5122078353968332800_n

23回目を迎えたシコアサイズとちゃんこの会のレポートです。
気持ちよく、体を動かして汗をかいた後は、いつものちゃんこ鍋。

IMG_1383
今回は、めぐたま特製、肉団子の形に注目です。

72573249_1693853530746787_4880179593924837376_n
ラグビー必勝ちゃんこです。
芝生の上に、ラグビーボール、という見立てです。
IMG_1384

今後の予定は
11月16日(土)
http://megutama.com/元貴乃花親方考案・監修%E3%80%80貴流運動法-シコアサ-16/
12月11日(土) 忘年会バージョン。

ぜひご参加ください。

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十一回 柳亭市弥 さんレポート

IMG_1305

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十一回 柳亭市弥 さん レポート

10月11日(土)に行われた柳亭市弥 さんのめぐたま寄席が開かれました。
市弥さんはめぐたま寄席には3度目の登場です。
まずは落語を二席。
落語の主人公が乗り移ったような語りに、会場は笑いの渦に。

そして、笑って泣いた後は、おかどめぐみこが調べて作った江戸料理。

IMG_1301
*ウエルカム おにぎり  
7時始まりのイベントなので、仕事帰りの方はお腹ペコペコで駆けつけて来られます。
おにぎり一個食べるだけで、落ち着いて落語を楽し見るのでは、と始めたウエルカムおにぎり。好評です。

IMG_1311
*鶏の南部揚げ(素人庖丁より)
胡麻を使う料理を「南部」という名称をつけて呼ぶことがあります。
衣に香ばしい胡麻を加えて揚げた料理。魚や野菜などにも応用されます

IMG_1308

*里芋の煮ころばし(日々徳用倹約料理相撲取組より) 
芋名月にちなんで、里芋の煮っころがしと作りました。
米の前は里芋が日本人の主食でした。
親芋、子芋、孫芋とたくさんできていく様子に、子孫繁栄を祈願する食材として使われます。

IMG_1307

*落ち葉がら(豆腐百珍続編付録より)
おからの料理。椎茸、銀杏、栗、揚げ麩などを刻んでごま油でさっと炒める。鍋にたっぷりの油でおからを炒め、煮酒を入れてしっとり仕上げる。
そこに炒めた具を入れて、さらに火を通す。
鰹節と粉山椒を最後にふりこみ、切り飯の型に入れて抜いて押し出す。
好下物(下物は酒の肴の意)、すなわち「よき肴」と書かれている。

IMG_1306

*白洲大根(年中万菜録より)
シラスは白い砂利の敷かれた裁きの場「お白洲」からきていると言われています。シラスをかまゆでにして干してある風景が白洲に似ているからとか。江戸時代は墨田川でもとれたそうだ。
大根の千切りと合わせて、酒のつまみに。

IMG_1312
*源氏柿(料理珍味集より)
柿は生食だけでなく柿膾、焼柿、柿ぬか漬けなどでよく食べられていた。これは柿の天ぷら。
柿の色を源氏のシンボルの赤い旗に見立てたとか、輪切りの断面を源氏車の意匠に見立てたとか言われている。

*利休めし (名飯部類より)
お茶で炊いたご飯に、すまし汁をかけ、もみ海苔を散らす。薬味は茗荷のみじん切り。
利休と名のつく料理は胡麻を使ったものが多いが、お茶を使うということで利休の名を借りた料理か?
侘びた感じの味わいが、利休らしい一品。
(ごめんなさい、利休飯の写真が撮れていませんでした。)

IMG_1314
市弥さんも一緒の宴。
楽しいひと時でした。

IMG_1313
市弥さんの着物素敵な色でした。写真にはうまくでていませんが、、。
そして、帯。近くでよくよく見ると、、、、、。権兵衛が種蒔きゃ烏がほじくる柄でした。おしゃれ!

次回は1月を予定しています。
ぜひ、お越しくださいませ。

第29回 身体に美味しい文化講座…躍りの宝庫ネパール!岡本有子のお話と舞い…レポート

71172844_2365637263764640_1005116213774254080_n

第29回 身体に美味しい文化講座…躍りの宝庫ネパール!岡本有子のお話と舞い…

ネパール伝統芸能文化の保全に尽力するネパール舞踊研究家 岡本有子さんをゲストに迎えての身体に美味しい文化講座を開催しました。

【岡本有子 YUKO OKAMOTO】
 ネパール伝統舞踊研究家
 和光大学非常勤講師
 比叡山延暦寺天台宗尼僧
 古代ネパール密教行舞導師
20歳からネパール舞踊を学びに渡航、以来35年通い踊り、伝統舞を次世代に残す活動を続けています。
ネパール国立女子大舞踊競技会で外国人唯一のエントリーにて優勝し、故ビレンドラ国王より表彰を受けています。

72360433_2269894139968647_1069624483666460672_n

71965359_1820509064762056_3057517141335998464_n

71291651_523663728465025_5672142963120013312_n

岡本さんには、数ある舞踊の中から滅多に見られない古代ネパール密教行舞チャルヤー・ヌリテャを舞っていただきました。
そして、て指ヨーガのレクチャーもあり。

岡本さんの熱い思いが伝わる素晴らしいひとときでした。

【岡本有子 YUKO OKAMOTO】
 ネパール伝統舞踊研究家
 和光大学非常勤講師
 比叡山延暦寺天台宗尼僧
 古代ネパール密教行舞導師
20歳からネパール舞踊を学びに渡航、以来35年通い踊り、伝統舞を次世代に残す活動を続けています。
ネパール国立女子大舞踊競技会で外国人唯一のエントリーにて優勝し、故ビレンドラ国王より表彰を受けています。

御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」7レポート

DSC_9738_originalのコピー
御厨貴+ときたま「コトバの愛人放談」7レポート

年2回、御厨貴さんとときた真の誕生日の頃にやっている愛人放談が、1年半ぶりに復活。

今回の愛人プレートは
1、とろける愛の逃避行
  亡命ロシア風鶏の煮込み
2、情熱のサルサ
  うちわサボテンのメキシカンサラダ
3、毒をも喰らえ
  キノコのごはん
4、ちょっと内緒のつまみ喰い
  フライドポテト
72343348_2378844758850408_6316285669794643968_n

久しぶりなので、この放談しなかった1年半の間の話をしたり、近頃の政治のトピックスを話したり、あっという間の1時間でした。

DSC_9719_originalのコピー

そして、ときたまの誕生日を祝って、ケーキ。
DSC_9758_originalのコピー

御厨さんからのプレゼンをは濃いピンクの花束!
DSC_9794_originalのコピー

次回は来年4月を予定しています。
ぜひお越しくださいませ。

VIVA MEXICO! メキシコ料理とメスカルとミニトークの会レポート

71640640_380740659502574_8508476560091643904_nのコピー

VIVA MEXICO! メキシコ料理とメスカルとミニトークの会レポート

71806048_2452042008395189_1341627537071013888_nのコピー

まず初めに、矢作隆一さんのミニトーク。
矢作さんがメキシコでの仕事などを写真をスライドを見ながら話されました。

手前の石は矢作さんの作品。本物の石と矢作さんが作られた石がペアで並ぶ。
後ろはメキシコの写真集。

IMG_1255

矢作隆一さん(アーティスト)

メキシコ在住。美術家。1967年川崎市生まれ。1987年大阪あべの辻調理師専門学校卒業後、調理師を目指すも、金沢美術工芸大学へ入学、1995年同大学美術学科彫刻専卒業。同年秋に渡墨し、メキシコと日本を中心に個展、グループ展、ワークショップ等を行っている。2010年メキシコ国立自治大学サンカルロス美術大学院都市芸術専攻終了、現在はメキシコベラクルス州立大学美術造形研究所に所属し、制作活動をはじめ展覧会の企画、コーディネートなど日本とメキシコとの芸術文化交流活動をしている。

http://ryuichiyahagi.wix.com/mexico

そのあとは、メキシコ料理とメスカルの会。
このメキシコ料理のメニュー立てとレシピは矢作さんのもの。
彼のメキシコ料理は本当においしいです。

72334955_382769105965378_6683479294561222656_n

うちわサボテンのサラダ。Ensalada de Nopales
茹でたウチワサボテンが入ったサラダ。
1センチくらいに切って入っているんだけど、見えるかな。
日本でも生で売っている。

71964668_513816796121660_7987966174954520576_n

鶏肉のピピアン Pipian de Semillas de calabaza
カボチャの種、ピーナッツ、白胡麻、チレなどで作ったソースが絶品。

71647938_436655960288217_8254356973118554112_nのコピー
メキシコチックなトマトのごはん アロス ア ラ  メヒカーナ
ビビアンをかけて食べる。

72756393_400503700863181_968773437466083328_nのコピー2
豚肉の赤色ポソレ
ポソレ用の大きなマイス(とうもろこし)が入っている。
付け合せ(トッピング)として、ラディシュは薄切り、レタスは千切り、玉ねぎはみじん切り、ライムは、乾燥オレガノを細かくしたもの、一味唐辛子があり。
好みでトッピングして食べる。

トスターダ(トルテーヤを焼いてパリパリいしたもの)
ポソレを食べるときにつまみながら食べます。

72761861_2548438581915172_2936167109585010688_nのコピー

揚げ焼きバナナ(デザート)
メキシコでは焼きバナナ用の大きなバナナを使うのですが、残念日本では売っていないので、日本で売ってるバナナを使いました。

72217400_521594128617717_4423379177403580416_nのコピー
ドリンクは、メスカルとハマイカ(ハイビスカスのジュース)。
矢作さんがメキシコで買ってきてくれたメスカル。
美味しくて、どんどん空いていきます。

IMG_1315
今回、メキシコムードを盛り上げてくれたのは、ホドノカズミさんが貸してくれた民族衣装の数々。
すっかりみんな、フリーダカーロになっていました(笑い)

IMG_1256
ホドノさん、ありがとう!

楽しき美味しい宴。
矢作さん、ありがとうございました!また、来日される折にはメキシコパーティをやりましょう!!!

宮川隆のサイエンスカフェ54 「薬膳」についてホントのことを知ろうレポート

宮川隆のサイエンスカフェ54 「薬膳」についてホントのことを知ろうレポート

まず最初は、参加者全員で、各人の体質を知るため、「漢方・薬膳的体質チェックリスト」に答えました。
参加者一人一人のタイプがわかります。
タイプ別人数がわかったところで、おかどさんはじめめぐたまのスタッフが、スープをそれぞれの人数分作りました。

そして、宮川さんの薬膳の話。

お話が終わったら、薬膳ご飯タイム。
丸鶏を使ったスープに、身近にある材料を使って、それぞれのタイプにあったスープを作りました。

これが、おかどさんが考えた8タイプにあった薬膳スープ。

<丸鶏のスープを基本に体質別スープ>

1、気虚 (気不足、気の不足を補う食材)
干し椎茸と鶏と山芋のスープ・パクチー
IMG_0959

2、気滞 (イライラ、気の滞りを良くする食材)
レタスと鮭と玉ねぎのミルクスープ、パクチー
IMG_0982

3、血虚 (血不足、血の不足を補う食材)
鶏とほうれんそうと黒きくらげの玉子スープ、くこの実
IMG_0957

4、瘀血 (どろどろ血流、血流を良くする食材)
  鮭と黒きくらげと玉ねぎのスープ、青梗菜
IMG_0962

5、陰虚 (のぼせ、身体に必要な水分を補う食材)
梨と白きくらげと山芋のスープ、豚肉、葱
IMG_0958

6、水毒 (むくみ、水分代謝を良くする食材)
 はと麦とトウモロコシと鶏肉の生姜スープ、パクチー
IMG_0960

7、熱 (陽熱)(暑がり、身体の熱を冷ます食材)
 トマトときゅうりと春雨のスープ
IMG_0961

8、寒(陽虚)(冷え症、身体を温める食材)
 鶏とじゃがいもと人参のシナモンスープ、ニラ、生姜
IMG_0963

次回は9月28日(土)。
テーマは
宮川隆のサイエンスカフェ55 「合成生命学〜キッチン用品で細胞を作れる!」についてホントのことを知ろう
お待ちしています。
詳しくは下記に
http://megutama.com/宮川隆のサイエンスカフェ55-「合成生命学〜生/

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十回 入船亭小辰 さんレポート

67289944_671633533298839_8546779915955994624_n

落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十回 入船亭小辰 さんレポート

2019年7月26日に「落語と江戸料理の会 めぐたま寄席 第十回 入船亭小辰さん」が行われました。

第一部は、ますます円熟味を増した(というにはまだ若いですね)小辰さんの落語を2席。
思い切って笑った後は、おかどめぐみ子の作る江戸料理の宴。

ウエルカム おにぎり  すぐきと胡麻
めぐたま名物、ウエルカムおにぎりです。開演前に小腹を満たします。
ごめんなさい、写真を撮り忘れました。

S__32317444

定家煮(万宝料理秘密箱より)
骨付きの鶏を生醤油と酒で炒り煮する。おろし大根と山椒の粉、葱の五分切、にんにくを添えて。定家煮は魚や肉を塩、酒で味つけした潮煮の一種と言われるが、ここでは生醤油とある。鎌倉時代前期の歌人、藤原定家が好んだためとも、定家の和歌「来ぬ人を まつほの浦の 夕なぎに やくやもしお(藻塩)の 身もこがれつつ」にちなんでつけられた料理名とも。

67167151_630981060645701_7902876245686222848_n

玲瓏(こおり)豆腐(豆腐百珍 奇品より)
豆腐を好みにつぶして寒天で固める。豆腐にも寒天にも味を付けないので、「味は好み次第」とある。酢醤油に溶き辛子、三杯酢など。黒蜜をかけていただく。のどごしのいい優雅なデザートにもなる。

3050

茄子なます(料理綱目調味抄より)
精進膾として、茄子を紹介。茄子を丸ごと焼いて、皮をむいて、白胡麻、酢、酒、生姜のすりおろしでいただく。夏らしい涼しげでさっぱりした一品。

67135981_2507293882827478_499868463074902016_n

葱を刻み込んだ炒り卵(「剣客商売7」決闘高田の馬場より)
小兵衛が以下の冷汁に添えて出した玉子料理。

67367388_355252722055493_8976163395858333696_n

冷汁(「剣客商売7」決闘高田の馬場より)
小兵衛自慢の冷し汁。
女房のお春が身ごもったと勘違いした時に作った。
「丹念に出汁を取って作った味噌汁をなぁ 朝暗いうちから井戸の中に吊るして冷やしておいた 飯も早うに炊いて冷やしてある。」

67218873_327653637951251_3880668492860489728_n

紫蘇めし (名飯部類より)
「紫蘇」の字が示すように、本来シソは赤シソが普通だった。芽紫蘇や赤シソを使ったこのごはん、さっぱりとして暑い時に食が進みます。

67610792_459964771225877_7030349000939143168_n

小辰さんも宴に参加し、場を盛り上げてくださいました。贅沢なひと時でした。

次回は10月11日(金)。
柳亭市弥さんを迎えての一席です。
お待ちしています。

ウリポのことばあそび@めぐたま2 レポート

ウリポのことばあそび@めぐたま2 レポート

ウリポのことばあそび@めぐたまの2回目が6月15日に行われました。
赤い服を着ているウリポのさとうまりこさんが演じるアラマせんせいと一緒に動いたり、歌ったり。
真ん中に座っているのがアラマせんせいのパートナーのげんごろう。

DSC05168のコピー

DSC05169のコピー
あいうえお体操。

DSC05175のコピー
あいうえおボールを使っての「一音あそび」。
やさしい声やおこった声の「あ」「お」等、声の表情を変えて、ボールと一緒に声のキャッチボール。

DSC05184のコピー
「かえるのぴょん」の詩(谷川俊太郎作)を唱えながらカエルになってかえる跳び。
初めは、緊張していた子供たちも、だんだん笑顔になって、参加していきます。

DSC05205のコピー
参加者全員との記念写真。
連続参加の方も、初めての方も、大人も子供も楽しめた1時間でした。

次回は7月7日(日)です。
http://megutama.com/ウリポのことばあそび@めぐたま3/

ぜひお越しくださいませ。

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 19レポート

64824458_612536079229634_4812108296473280512_n

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 19レポート

6月22日(土)に行われたシコアサイズとちゃんこの会の様子のレポートです。

まずは、シコアサイズ。
音楽に合わせて、内田英利さんの軽快な掛け声に合わせて、膝を曲げ伸ばします。

64630115_466589437232353_9182471943763263488_n
運動が終わると、お待ちかねのちゃんこ。
今回は佐渡ヶ嶽部屋の裏メニュー。
特製豚チリちゃんこ。

64820415_606589409854850_594714792808153088_n
トマトのサラダもつきます。

64808735_451248849027741_3612111953142480896_n
鰹節や大根おろしなどを合わせて、好きなタレを作ります。
部屋では、酒石酸を使うようですが、めぐたまではスダチの絞り汁を使いました。

体を使って、そして、美味しくて栄養バランスの良いちゃんこを食べる、楽しい土曜の午前でした。

次回は
7月13日(土)。
http://megutama.com/元貴乃花親方考案・監修%E3%80%80貴流運動法-シコアサ-9/

その次は
8月は20日(土)です。

お越しをお待ちしています。