月別アーカイブ: 2020年2月

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 29レポート

87329257_1503659046449719_1832595517943578624_n元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 29レポート

2020年2月22日に行われた29回目の元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会の様子です。

まず、シコアサイズ。

続けて動いていると、体の中を血が巡っているのがわかって来ます。

40分ほどのエクササイズが終わると、ちゃんこタイム。

今日は、めぐたまべや特製肉団子入りゴマちゃんこ。
87359372_3315842395109172_3882197836225314816_n

鶏と豚と鶏と牛の合びきの2種の肉団子が入っています。
87028977_237736507228901_4084728749940015104_n
これにゴマをたっぷり入れます。

次回は3月28日。

詳しくは下記に

http://megutama.com/元貴乃花親方考案・監修%E3%80%80貴流運動法-シコアサ-23/

飯沢耕太郎の写真集を読むvol.46 「ソール・ライター、ふたたび!」イベントレポート

 

1月26日に、2020年最初の「飯沢耕太郎と写真集を読む」を開催しました。この日のテーマは、Bunkamuraザ・ミュージアムで「ニューヨークが生んだ伝説の写真家 永遠のソール・ライター」展が開催されている、写真家・ソール・ライターについて。

薄紅色の傘、1950年代(© Saul Leiter Foundation)

薄紅色の傘、1950年代(© Saul Leiter Foundation)

 

展覧会のコーディネートをした佐藤正子さん(コンタクト)と、ドキュメンタリー映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』(監督・撮影:トーマス・リーチ)の買い付け、配給をした大野留美さん(テレビマンユニオン)のおふたりをゲストにお迎えしました。

(左から)飯沢さん、佐藤さん、大野さん

(左から)飯沢さん、佐藤さん、大野さん

 

めぐたまのイベントでソール・ライターを取り上げるのは2回目。前回は2年前の2017年にBunkamuraザ・ミュージアムでソール・ライターの国内初個展が開催された際に、佐藤正子さんとキュレーターのポリーヌ・ヴェルマールさん(ニューヨーク国際写真センター)にお話を伺いました。

2017年のトークイベントのようす

2017年のトークイベントのようす

講座レポート

連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」 一日『ソール・ライター』DAY

(2017年4月29日開催)

 

 

ソール・ライターは、写真表現においてモノクロームが主流であった1950年代頃から、自身が暮らしているニューヨークのダウンタウン、イーストビレッジを撮り続けます。2006年にドイツの出版社シュタイデルから刊行された1冊の写真集『Early Color』によって、その大胆な構図と豊かな色彩感覚で多くの人を魅了し、一躍脚光を浴びた写真家です。

『Early Color』(2006年)

『Early Color』(2006年)

 

2013年には、ソール・ライターの日常と人生哲学を映した映画『写真家ソール・ライター 急がない人生で見つけた13のこと』がニューヨークで初上映されます。大野留美さんは、日本においてソール・ライターを知る人がほとんどいない状況のなか、日本上映を推し進めました。2015年に日本での上映が実現し、上映期間の延長が決まるほど、映画はヒットします。

映画の予告編

映画の予告編

 

大野さんが、日本でソール・ライター作品を見られる機会があればと思っていた頃、佐藤正子さんは、ソール・ライター財団から日本での展覧会開催の提案をうけ、開催に向けて動き出します。

それが、2年前の2017年にBunkamuraザ・ギャラリーで開催された「ニューヨークが生んだ伝説 写真家ソール・ライター」展でした。写真展では異例の8万5千人を超える観客動員で大ヒットとなります。

大野さんから日本語字幕の翻訳をてがけた柴田元幸さんとのエピソードもお話いただきました

大野さんから日本語字幕の翻訳をてがけた柴田元幸さんとのエピソードもお話いただきました

 

おふたりの尽力によって日本でも有名になったソール・ライター。前回のBunkamuraザ・ミュージアムの展示は、ファッション雑誌での仕事や、浮世絵や絵画の影響など、ソール・ライターの作品の特徴をひも解く展示でした。今回は、前回とは異なる視点で構成されており、調査のなかで新たに発見されたカラーフィルムによるスライドの再現映像や、コンタクトプリントが展示され、妹のデボラや、パートナーのソームズ、というソール・ライターにとって大切な二人の女性を撮った写真を取り上げるなど、ソール・ライターの人生から彼の写真の魅力を知る展覧会となっています。

ソール・ライターのコンタクトプリント

ソール・ライターのコンタクトプリント

 

トークの最後に、おふたりにソール・ライターの人気の理由をお聞きしました。

大野さん

「人気がでると思ったから、としか言えないのですが、7年前に映画をみたときに、日本の人は絶対にこの世界観が好きだと感じました。彼がカラー写真を撮り始めたのが1950年代ということは昭和25年。昭和25年にカラーで、この構図。デジタルカメラのように、撮影した写真をすぐ見ることができないのに、こんな写真を撮っていたということ自体が驚きですし、そういった時の流れを感じさせない普遍性はすごいと思います。」

 

佐藤さん

「とくに若い人が興味を持ってくれていて、写真だけでなく、展覧会会場や図録に掲載したソール・ライターの言葉に敏感に反応しているようでした。将来に期待を持ちづらい時代で、若い人ほど不安を感じやすいと思いますが、ソールの写真は、身の回りに美しい場所や瞬間があることを教えてくれますし、彼の言葉は、“そんなに頑張らなくてよい”と哲学的な言葉をさりげなくかけてくれる。今の日本にソール・ライターの写真が求められているのではないでしょうか。ソールの写真は、『自分も写真を撮りたい』という気持ちにさせてくれる。インスタグラムで誰もが発信できる今、写真の世界の入り口としても、受け入れられているように思います。」

 

トークのあとは、参加者の皆さんと一緒にお昼ご飯を食べ、実際に展覧会も見に行きました。

DSC_0214

 

次回の開催は、2月23日(日)。

再び大野留美さんをお迎えし、大野さんが買い付けたもうひとつの映画、『世界一美しい本を作る男〜シュタイデルとの旅〜』の上映会を行います。(詳細はこちら

 

文/写真:館野 帆乃花

緊急開催第2弾!! 宮川隆のサイエンスカフェ60 「新型コロナウイルス」についてホントのことを知ろう2

緊急開催第2弾!! 宮川隆のサイエンスカフェ60
「新型コロナウイルス」についてホントのことを知ろう2

前回、多くの方に参加いただいた、「新型コロナウイルス」のサイエンスカフェ。
まだまだ、毎日ニュースを騒がせています。
ということで、もう一度、「新型コロナウイルス」のサイエンスカフェを再度開くことにしました。
前回のお話とダブるところもありますが、近頃話題のPCR検査について、詳しく説明します。

日本での流行はこれから始まるの?
なぜ、「新型コロナウイルス」はこんなに騒がれるの?
かからないためには、どうしたらいいの?
かかってしまったら、どうすればいいの?
よく聞くのですが、PCR検査って、なんですか?

宮川隆さんが知っているようで、よくわからない「新型コロナウイルス」について、わかりやすく楽しく、話します。

3月15日(日) 10:00〜11:30

2600円 (トーク)
学生1600円
*トークの後、宮川さんを囲んで、お昼ご飯が食べられます。是非ご参加を。一汁三菜ランチ1650円。

*すでに広報をしていたテーマ「筋肉」は次回以降のサイエンスカフェで取り上げます。「新型コロナウイルス」の方が、緊急を要すると思い、テーマを変更しました。ご理解いただけますように。

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学医学部附属病院 放射線科 核医学部門  助教&「放射性医薬品の管理責任者」、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再
表示を減らす

飯沢耕太郎の写真集を読むVol.47 写真は「合成」の夢を見るか?――モンタージュ写真の系譜

IMG_3696

飯沢耕太郎の写真集を読むVol.47
写真は「合成」の夢を見るか?――モンタージュ写真の系譜

 『アサヒカメラ』3月号で「モンタージュ写真の歴史と現在」について特集を組むことになり、あらためて写真集食堂の蔵書をひっくり返していたら、面白い作例がたくさんあることに気がつきました。
日本では、「リアリズム」や「ドキュメント」の伝統が強く、画像の合成を忌避する人が多かったと思います。

それでも、デジタル化の進行により、フォトショップ等での合成・加工が当たり前になって、あらためてモンタージュ写真の可能性に目が向けられてきました。
古今東西の写真集をひもとくと、そこに豊かな鉱脈があることがわかります。
ぜひ、足をお運びください。
                                             (飯沢耕太郎)
3月22日(日)

10:00~11:30

2600円(三年番茶付き)
学生割引 1600円(三年番茶付き)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*トーク終了後、ご希望の方は飯沢さんを囲んでの昼食が食べられます。(1650円)
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*当日、前日のキャンセルは、準備の都合がございますので、キャンセル料を承ります。

大掃除、無事終了しました。

IMG_3664

大掃除、無事終了しました。

2020年2月16日、6回目の大掃除、が行われました。
周年パーティの前の、毎年恒例の大掃除です。

IMG_3663
ボランティアの皆さんが、一冊一冊本を拭いていきます。
本棚から出して、元に戻すのに、結構手間取るんです。
写真集は重い!

IMG_3666

IMG_3667

IMG_3670

たくさんの方にご協力いただき、無事に、終了。
そのあとは、美味しい、おかどさん特製、旧貴乃花部屋のトマトちゃんこ。
ご飯も、お鍋も、何杯でもお代わりできます。

IMG_3669
朝早くから、ご協力いただいた、ボランティアの皆様、本当にありがとうございました。

23日は6周年記念の映画上映とパーティです。
ピカピカの店内、気持ちいい空間を味わいにお越しください。
詳しいことは下記に。

飯沢耕太郎と写真集を読む47 めぐたま6周年記念特別バージョン 映画『世界一美しい本を作る男〜シュタイデルとの旅〜』上映&トーク
http://megutama.com/飯沢耕太郎と写真集を読む47%E3%80%80めぐたま6周年/

めぐたま6周年パーティ
http://megutama.com/めぐたま6周年パーティ/

みなさま、ぜひぜひ遊びに来てください。

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 30

75456680_1356219951169029_292910477460111360_nのコピー

元貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズとちゃんこの会 30

内田英利さんによるシコアサイズの講座です。
運動不足の人からより体を鍛えたい人まで,誰にでも効果があるエクササイズです。
*年齢は12歳以上の方を対象とします。妊娠中の方は、医師の同意を得た上での参加をお願いします。

そして、シコアサイズの後には、内田トレーナーを囲んでめぐたま特製ちゃんこ鍋を食べます。
運動の後でも、不思議とちゃんこはおいしくたくさん食べられます。

今回のちゃんこはどこのかな?乞うご期待。

*シコアサイズのみの参加も可能です。

ぜひ、ご参加ください。

•シコアサイズとは
①股関節周辺の筋肉を強くし、体幹部が鍛えられます。
②骨盤の歪みも原因の一つである腰痛を軽減します。
③姿勢が良くなり、深い呼吸が身に付きます。
④脚の衰えを防ぎ、脂肪を燃焼しやすい体質に改善します。
⑤肩こりや四十肩・五十肩・冷え性にも効果的です。

― どのような方に体験して頂きたいですか。
①立つ・座る・歩く、階段を昇り降りする等、日常の生活活動を楽にしたい。
②基礎代謝を上げたい。
③健康寿命を延ばしたい。
④スポーツのパフォーマンスを上げたい。

シコアサイズのサイト

http://www.shicore.info/shicorecise/whats.html

四股は、健康維持やダイエットにも最適な運動となります。ゆっくりと腰を落としていく一連の動きは、太ももやお尻を引き締め、腹筋や背筋を強化し、また、へそ下の丹田という箇所に力を込めることから、下腹部の余分な脂肪も取ることもできます。
また、四股を続けることで、体の左右の歪みが正されることも大きな特徴となります。これにより、肩こりや腰痛などの体の不調も改善することができるでしょう。さらに、股関節のリンパ腺を刺激することから、全身の代謝促進にもつながります。(「貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズ」より)

•内田英利 Hidetoshi_Uchida
シコアサイズ・トレーナー
1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。日本成人病予防協会認定講師、健康管理士一般指導員、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)認定講師、健康運動指導士。大相撲の貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。パーソナル・フィットネススタジオ「コア・フォレスト」運営責任者。フルマラソン歴14年。ベストタイムは2 時間45 分01 秒。

コア・フォレストのサイト
http://coreforest.com
内田英利さんのFB
https://www.facebook.com/zero.uchida

■日時
3月28日(土)
集合10:15
シコアサイズ 10:30~11:15
ちゃんこタイム(お昼ご飯)11:15〜12:30
*シコアサイズのみの参加も可能です。

■受講料
3,500円 /お一人様一回(シコアサイズとちゃんとご飯付き)
*価格は税抜表示になります。
シコアサイズのみ参加は2,000円になります。

■定員
9名

■場所
写真集食堂めぐたま  TEL:03-6805-1838
東京都渋谷区東3−2−7-1F ※JR恵比寿駅から徒歩7分

http://megutama.com/ 

■お申込み・お問い合わせ先
株式会社フィットネス・ゼロ
【TEL】 03-6455-0612  【Eメール】 info@coreforest.com
①お名前、②ご連絡先 をお伝えください。折り返しご連絡させていただきます。

*キャンセルは、前日の営業終了までに株式会社フィットネス・ゼロまでお電話もしくはメールにてご連絡ください。
*遅刻の場合は、事前に株式会社フィットネス・ゼロまでご連絡をいただくようお願いいたします。

*動きやすい服装、タオルをご用意ください。
裸足で行うため、内履きシューズは必要ございません。

第32回 身体に美味しい文化講座 …森山暁子の浮世絵江戸話し[2]… 今年はちょっと、江戸でお花見!!

84628599_2714131058681137_2792393603337420800_n

第32回 身体に美味しい文化講座 …森山暁子の浮世絵江戸話し[2]… 今年はちょっと、江戸でお花見!!

 江戸時代 この江戸の地では新たに華やかな文化が花開きました。 その一つが浮世絵です。
写真も雑誌も無かった時代に庶民の目を楽しませた浮世絵の数々は、当時の文化を物語る貴重
な資料となっています。 そんな浮世絵の中から今回はお花見にスポットをあててみました。
花見のそぞろ歩きから始まって、現在とそう変わらない楽しみ方をしていたと言う江戸のお花見
風景を、江戸文化研究者・森山暁子先生の粋なお話しと共に楽しんでみませんか?
 お話の後はいつものお楽しみ、めぐたま店主おかどめぐみこによる江戸のお花見料理が並びます。
 江戸のお花見よもやま話しと、お花見ならではの料理の数々をお楽しみにいらしてください。

日時 : 2020年3月14日(土)  スタート11:00~(受付 10:30~)
会費 : 5,500円(江戸のお花見のお話し&お料理 三年番茶付)

お申し込み、詳しいことは下記に。
https://www.facebook.com/events/521044135479048/

めぐたま恒例きのこの会〜誰も知らない光るきのこの森の話と きのこランチと きのこショコラの会

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

めぐたま恒例きのこの会〜誰も知らない光るきのこの森の話と きのこランチと きのこショコラの会

毎年行っている、めぐたまでのキノコの会。今回は、去年の4月に岩出菌学研究所から宮崎大学農学部森林緑地環境科学科に転職された原田栄津子さんを迎え、宮崎にある「光るきのこの森」の話をしていただきます。

SONY DSC
光るきのこ・エナシラッシタケ 写真/波多野英治・敦子

他にも、きのこトピックをいろいろ。
もしかしたら、採れたてキノコも味わえるかも(こればかりは、お天気次第です)。
きのこ文学研究家の飯沢耕太郎さんも、もちろん参加します。

また、原田さんが開発に関わられた「きのこショコラ」(一番上の写真です)も食べられます。

お昼はもちろんきのこ料理。めぐたまのおかどめぐみこが、いろいろなきのこ使って腕を振るいます。

そして、ドレスコードはもちろん「きのこ」。
身につけて来てくださった方には、原田さんが開発に関わった「きのこマカロン」をプレゼントします。

きのこマカロン
きのこマカロン

ぜひ、ご参加くださいませ。

日時:3月29日(日)11時〜

内容:お話 11〜12時 きのこ最新情報トーク
           宮崎きのこ事情「光るきのこの森」
           /原田栄津子さん(宮崎大学農学部森林緑地環境科学科助教)
            https://www.facebook.com/gargalgirl
           
          最新きのこ文学最新事情/飯沢耕太郎(きのこ文学研究家、写真評論家)
           ポルチーニより美味しい?オオイチョウタケ栽培情報
           /高橋久祐(きのこ王子)さん(岩手県 外山森林公園)
https://www.facebook.com/kyusuke.takahashi
           
           とっておきの「きのこの話」
           /ラジカルさん(よろずきのこ愛好家)
https://twitter.com/myco_radical
https://www.facebook.com/profile.php?id=100011388863260

           きのこ汁の歌
           /露木啓(関東きのこの会 ライター)
https://www.kanto-kinoko.com/

ご飯 12時から

料金:3500円(税別)(トークと、きのこランチと、きのこショコラとコーヒー付き)

場所:写真集食堂めぐたま

渋谷区東3−2−7−1F 恵比寿駅 徒歩7分 03−6805−1838

*予約・問い合わせ:めぐたま megutamatokyo@gmail.com、03−6805−1838

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*当日、前日のキャンセルは、」料理の準備の都合がありますので、キャンセル料をいただいています。ご了承くださいませ。

ウリポのことばあそび@めぐたま9

6FCB0124-EB9A-479D-95E6-A5EF9F836D65のコピー

ウリポのことばあそび@めぐたま9

「あ」だけで話してみよう!
「かっぱ」のダンス!早口ことば 競争ヨーイドン!
ウリポの不思 議な体操「あいうえお体操」! あいうえおで 踊ろう!

声に出して からだはずんで
ことばと遊んでみませんか?
ことばあそびは道具も何もいらないあ・そ・び

谷川俊太郎のことばあそびで遊んじゃおう!

イベントの様子
http://megutama.com/category/催し報告/ことばあそび-催し報告/

講師*パフォーマー さとうまりこ 今野尚実(ウリポ・はせ・カンパニー)

ウリポ・はせ・カンパニー
ことばパフォーマーはせみつこは、ウ…Ultra リ…Lingual ポ…Potential(超言語潜在能力)を提唱し、ことばあそびに関わり続け、肉声で観客に届ける舞台を創り続けた。はせみつこ亡き後、一般社団法人ウリポ・はせ・カンパニーがはせの仕事を継承し、舞台、ワークショップ等の企画・制作、著作物等の企画・制作等の活動をしている。
http://ulipo-hasse.com

0000000026342_arrOhrP
ウリポ企画、谷川俊太郎&はせみつこ作の新刊「ことばあそびのたび」(くもん出版)が出ました。

日時 2020年4月19日(日)10:30から11:20(開始時間が、変更になりました)

場所 写真集食堂めぐたま 〒150-0011渋谷区東3−2−7 1F(恵比寿駅徒歩7分)

会費 1000円(子どものみ)
   1500円(大人)(大人追加の場合1000円)
   2000円(親子で) 兄弟の場合は二人目から500円  0歳児無料 

対象 0歳から小学校3年

主催 めぐたま&(一社)ウリポ・はせ・カンパニー 

予約・問い合わせ  tel 03-6805-1838(めぐたま)
e-mail megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

第31回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ[6] 令和の御代替わり 奉祝の雅楽レポート

第31回 身体に美味しい文化講座 雅楽と料理を楽しむ夕べ[6] 令和の御代替わり 奉祝の雅楽レポート

2020年2月9日に開かれた6回目になる「雅楽と料理を楽しむ夕べ」。今回は、令和になっての初めての雅楽の催しなので、「令和の御代替わり 奉祝の雅楽」をテーマに、お話と雅楽の演奏、お料理を楽しみました。

IMG_3524

IMG_3529
令和の御代がわり 奉祝の雅楽について、三田徳明先生から、わかりやすく面白い大嘗祭の雅楽のお話。
実際に演奏された雅楽の演奏もありました。
お話は三田徳明さん。
演奏は、三田徳明雅楽アンサンブルの皆さんです。
http://gagaku.asia

5526
雅楽の後は、おかどさんの手による大饗の儀(大嘗祭)の料理の登場です。

実際のメニューは、もっといろいろありますが、今回は、以下の品を作りました。これでもお腹いっぱい。
IMG_3540
*汁物:合味噌仕立、巻鱧、独活(ごめんなさい、天地を間違えて、写真を撮ってしまいました)

IMG_3534
*取肴:日の出蒲鉾、大山鶏松風焼、鶴亀型薯蕷羹

IMG_3539
*作身:鯛・白糸大根、大葉

IMG_3541
*加薬飯:海老曽保呂、椎茸、干瓢、青豆、錦糸玉子、紅生姜

*巻昆布
上の写真の右側の昆布です。

三田先生はじめ三田徳明雅楽アンサンブルの皆様、お越しいただいた皆様、ありがとうございました。

次は、
第32回 身体に美味しい文化講座…森山暁子の浮世絵江戸話し[2]…今年はちょっと、江戸でお花見!!
日時 : 2020年3月14日(土)  スタート11:00~(受付 10:30~)
会費 : 5,500円(江戸のお花見のお話し&お料理 三年番茶付)

詳しいことのお問い合わせ、お申し込みは
要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp   090-4425-4263