月別アーカイブ: 2016年4月

「「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作り」レポート

「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作りレポート

4月23日土曜日、大谷幸生さんの「笑顔の花飾り3」富山のお話とチューリップのレイ作りの会、行われました。

IMG_0617

前日、ANAの機内誌「翼の王国」の為に、チューリップ農家の取材、レイ作りのため、富山に行っていた大谷さん。
そのときのお話から、会は始まります。
写真に写っているのは、球根用のチューリップの花を機械で落としているところ。
そうすると、栄養が花に行かずに、球根にたまります。
大谷さんが落とされた花を使って、レイを作り、農家の人にまとってもらう企画でした。

そのチューリップを大谷さんが富山から運んで来てくれて実現したのが今回のチューリップのレイ作り。
大谷さんは、花代を払おうとしたら農家の方がいらないとおっしゃったそうです。
そこで、「今回の会費は食器を買って、九州の地震のボランティアをしている友人に送ります」と大谷さん。

IMG_0619IMG_0627
チューリップは何色も、そしてたくさんあります。

IMG_0629IMG_0630
ひとり30個ずつとっても、まだ余裕の数。
贅沢な花選びです。

IMG_0631
これで30個。

IMG_0626
大谷さんがつくり方を説明。
針に糸を通します。

IMG_0632
チューリップに糸を通します。
ゆっくり慎重にやらないと、チューリップをつぶしたり、糸が斜めに通ったりします。

IMG_0633IMG_0634
みんな真剣にレイ作りに没頭。
机の上にチューリップがひろがります。きれい!

IMG_0639
思い思いのレイをつけての集合写真。
春一杯、贅沢なチューリップのレイが出来ました。

大谷さん、参加者の皆さん、ありがとう!

また、材料が手に入る時にやりたいなあと思っています。乞うご期待。

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.21 肖像写真集を読む/ナダールとザンダーを中心に」講座レポ

 

「なぜ人は人を撮り、写真に残そうとするのか」

4月16日に開かれた、月に1度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」は、そんな問いを出発点に“肖像写真”について見ていきました。
(これまでの講座の様子はこちら

めぐたまにずらりと並ぶ5000冊以上の写真集から、本の持ち主、飯沢さんが選んだのは19世紀にポートレート様式を確立したナダールと、20世紀にその時代に生きる人々の姿を残そうとしたアウグスト・ザンダーの2人の写真集です。

DSC_0571

写真が発明される以前は画家に自分の肖像画を描いてもらうことだけが、自分の姿を残す手段でした。お金も時間もかかる肖像画を描かせることができたのは王族や貴族など特権階級の人々に限られ、肖像画は権威の象徴であったと言えます。

19世紀になり、写真の登場によって新しい肖像画のスタイルが確立します。
飯沢さんはこの新しいスタイルを「牛丼」に例え、写真は肖像画に比べて「安い・早い・うまい(正確な描写)」と説明します。19世紀の産業革命とともに、写真館が次々と登場し、肖像写真は瞬く間に中流階級の人々の間で広まっていきました。

安価で手軽な肖像写真が普及すると、人々は写真に写る自分の姿に個性を求めるようになります。19世紀、古典的な肖像写真の様式を確立したのがフランスの写真家ナダールです。元々、風刺画家だったナダールは写真の時代を感じ、1854年にスタジオを開設。顔に表れる内面性やその人のもつ雰囲気をライティングやポーズによって引き出し、演出する方法を模索しました。

DSC_0586

ナダールの確立した様式は、肖像画のスタイルを踏襲するものであり、20世紀になると肖像写真に限らず、絵画的な写真を否定する動きが見られるようになります。

そのきっかけとなったのが第一次世界大戦であり、写真はありのままの現実を写すべきではないのかという問いが肖像写真にも向けられるようになりました。

その問いを問い続け、「20世紀の人間たち」を余すところなく写真に残そうとしたのがドイツの写真家、アウグスト・ザンダーです。

DSC_0570

彼は20世紀に生きる人々を職業や社会的な立場によって分類し、あらゆる立場の人々を対等に写真に収めようとします。ザンダーの写真はその人の身なりやその人のいる場所、表情、しぐさを捉え、1人の人生が1枚の写真によって語られています。

そしてその写真は職業や社会的な立場で分類されることによって、固有の物語ではなくなり、人間の有り様として私たちに「人間とは何か?」と語りかけてきます。

DSC_0598

ナダールとザンダー、19世紀と20世紀を代表する2人の写真家の肖像写真から、自分の姿を残したいという人々の変わらない欲求と、時代によって変化し広がっていく肖像写真の可能性を見ていきました。

次回のテーマは「ヌード写真」です。こちらも写真を通して人間の姿や欲求、なぜ写真を撮るのかを一緒に考えていく時間になりそうです。

次回もたくさんの方々のご参加、お待ちしております!

【次回講座のごあんない】

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.22 「ヌード写真集を読む」

5月15日(日)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

 

写真/文 館野帆乃花

 

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.23 「ウォーカー・エヴァンズ『アメリカン・フォトグラフス』を読む」

IMG_0612

IMG_0607

IMG_0608

飯沢耕太郎と写真集を読むvol.23
「ウォーカー・エヴァンズ『アメリカン・フォトグラフス』を読む」

ウォーカ・エヴァンズの『アメリカン・フォトグラフス』(American Photographs 1938)は、写真集の歴史を変えた画期的な出版物です。ニューヨーク近代美術館での個展のカタログとして出版されたこの写真集で、エヴァンスは純粋に写真の選択と並びだけで、「1930年代のアメリカ」を総体的に浮かび上がらせようとしました。ロバート・フランクをはじめとするその後の写真家たちに、決定的な影響を与えたこの写真集1冊を、徹底的に読み解きます。スライド上映あり。ぜひ足をお運びください。

6月19日(日)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

TOKYO油田2017始めました!

IMG_0604

写真集食堂めぐたまは、TOKYO油田2017に参加しはじめました。

みなさんは天ぷらやフライドチキンで使った油、どうしてます?
固めて捨てたり、新聞紙に吸わせたりなどして捨てていますよね。
そういう使用済みの食用油を回収して資源としていかそうというのが「TOKYO油田2017」。
石けんを作ったり、車を動かしたり、電力を作ったりしています。

IMG_0602
めぐたまはそのための回収ステーションになりました。
油をペットボトル容器に入れてお持ちください。

レジの前の棚の下にある、紺色の缶の中に集めます。
容器のママ回収します。
くれぐれも、油をそのまま入れないでください。

油をお持ちの方、めぐたまのスタッフに一声かけててね。

「TOKYO油田2017」とは(サイトより)
東京地域で使われた家庭や事業者の天ぷら油を回収し、二酸化炭素を増やさないバイオディーゼル燃料などへの再資源化を通して、生活環境の改善に貢献していくための、新時代のリサイクルプロジェクトです。
詳しくはサイトへ

•TOKYO油田2017
http://www.tokyoyuden.jp
・回収ステーションページ
http://tokyoyuden.main.jp/facebook/23ku.html#shibuyaku
・TOKYO油田2017 FACEBOOK
https://www.facebook.com/TOKYOyuden2017/

食用油でつくった石けん。
めぐたまでも売っています。

皆さんのご参加お待ちしています。

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク

20160414094707

PE_20151201_04.jpg

FOTO:ⒸMARTIN CHAMBI/Archivo Fotografico Martin Chambi, CUSCO

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク

マルティン・チャンビ(1891年~1973年)はペルーを代表する写真家。先住民の出身で、1920年代から50年代にかけてクスコの住民たちやマチュピチュ遺跡などの素晴らしい写真を残しました。ガラス乾板に刻まれたその数は合計2万点以上。誇り高き先住民のポートレートは、堂々としていて威厳を感じさせます。

作品は1979年にMoMAニューヨーク近代美術館はじめ、ロンドン、パリ、アルル、ミラノなどの欧米やラテンアメリカの主要な美術館で紹介されてきました。

その彼の日本初の本格的な写真展が、現在東京・広尾のペルー大使館で開催中です。展覧会を企画・構成を担当したカーニバル評論家/ラテン系写真家の白根 全さんと写真評論家の飯沢耕太郎さんが、チャンビの作品について語り合います。ぜひ足をお運びください。

ーーーーー
MARTIN CHAMBI写真展
ペルー大使館 視聴覚ホール「マチュ・ピチュ」
4月19日(火)~5月16日(月) 11時-17時 (金曜日は20時まで)
日祝休館
入場無料
ーーーーー

マルティン・チャンビ写真展 スペシャル・トーク

◆内容
チャンビ写真ギャラリー・ツアー(ペルー大使館 視聴覚ホール「マチュ・ピチュ」)
15時30分~17時
白根 全さん(本展の企画、カーニバル評論家/ラテン系写真家)
飯沢耕太郎さん(写真評論家)

*終了後、徒歩3分の写真集食堂めぐたまで、白根さん、飯沢さんを囲んでの夕食会があります。ペルー料理も出る予定です。
ぜひご参加ください。

写真集食堂めぐたま
http://megutama.com

◆日時
4月30日(土)
15:30から

◆場所
ペルー大使館 視聴覚ホール「マチュ・ピチュ」
東京都渋谷広尾2-3-1
03-3406-4243
http://embajadadelperuenjapon.org/ja/

◆会費
スペシャル・トーク 投げ銭
夕食会 3000円(お料理のみ)位の予定です。
*スペシャル・トークのみでも参加できます。

●お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。

シコアサイズとちゃんこの会

*金曜開催の予定でしたが、休日の開催希望の方が多かったので、開催日時を日曜日に変更しました。予定を変更して申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

シコア

貴乃花親方考案・監修 貴流運動法
シコアサイズとちゃんこの会

内田英利さんによるシコアサイズの講座です。
運動不足の人からより体を鍛えたい人まで,誰にでも効果があるエクササイズです。
*年齢は12歳以上の方を対象とします。妊娠中の方は、医師の同意を得た上での参加をお願いします。

そして、シコアサイズの後には、内田トレーナーを囲んでめぐたま特製ちゃんこ鍋を食べます。
高砂部屋の鶏ソップ炊き、春日野部屋の豚味噌ちゃんこ、貴乃花部屋のトマトちゃんこ、伊勢が浜部屋の鶏団子の塩炊きちゃんこ……毎回違うちゃんこ鍋を予定しています。

*シコアサイズのみの参加も可能です。

ぜひ、ご参加ください。

12670691_1079888732073253_4194753407269259497_n

•シコアサイズとは
①股関節周辺の筋肉を強くし、体幹部が鍛えられます。
②骨盤の歪みも原因の一つである腰痛を軽減します。
③姿勢が良くなり、深い呼吸が身に付きます。
④脚の衰えを防ぎ、脂肪を燃焼しやすい体質に改善します。
⑤肩こりや四十肩・五十肩・冷え性にも効果的です。

― どのような方に体験して頂きたいですか。
①立つ・座る・歩く、階段を昇り降りする等、日常の生活活動を楽にしたい。
②基礎代謝を上げたい。
③健康寿命を延ばしたい。
④スポーツのパフォーマンスを上げたい。

シコアサイズのサイト
http://www.shicore.info/shicorecise/whats.html

四股は、健康維持やダイエットにも最適な運動となります。ゆっくりと腰を落としていく一連の動きは、太ももやお尻を引き締め、腹筋や背筋を強化し、また、へそ下の丹田という箇所に力を込めることから、下腹部の余分な脂肪も取ることもできます。
 また、四股を続けることで、体の左右の歪みが正されることも大きな特徴となります。これにより、肩こりや腰痛などの体の不調も改善することができるでしょう。さらに、股関節のリンパ腺を刺激することから、全身の代謝促進にもつながります。(「貴乃花親方考案・監修 貴流運動法 シコアサイズ」より)

10385309_1019844681410992_3921780166112394602_n
•内田英利 Hidetoshi_Uchida
シコアサイズ・トレーナー
1971年生まれ。茨城県出身。日本大学卒業後、立命館大学に進学。立命館大学在学中に運動生理学などを学び、その後、米国の栄養学修士課程を経る。現在は、女性や高齢者向けの生活習慣病予防プログラムの開発、フィットネストレーナーの育成、生涯フィットネスに関する講演や運動指導などを行う。日本成人病予防協会認定講師、健康管理士一般指導員、全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会(NESTA)認定講師、健康運動指導士。大相撲の貴乃花親方との共同開発プログラム「シコアサイズ」を販売。株式会社フィットネス・ゼロ代表取締役。パーソナル・フィットネススタジオ「コア・フォレスト」運営責任者。フルマラソン歴14年。ベストタイムは2 時間45 分01 秒。

コア・フォレストのサイト
http://coreforest.com
内田英利さんのFB
https://www.facebook.com/zero.uchida

■日時
7月3日(日)
*日曜開催に変更しました。ご注意ください。

集合10:15
シコアサイズ 10:30~11:15
ちゃんこタイム(お昼ご飯)11:15〜12:15
*シコアサイズのみの参加も可能です。

■受講料 
3,500円 /お一人様一回
*価格は税抜表示になります。
 シコアサイズのみ参加は2,000円になります。

■定員
15名

■場所
写真集食堂めぐたま  TEL:03-6805-1838
東京都渋谷区東3−2−7-1F ※JR恵比寿駅から徒歩7分

http://megutama.com/ 

■お申込み・お問い合わせ先
株式会社フィットネス・ゼロ 
【TEL】 03-6455-0612  【Eメール】 info@coreforest.com
①お名前、②ご連絡先 をお伝えください。折り返しご連絡させていただきます。

*キャンセルは、前日の営業終了までに株式会社フィットネス・ゼロまでお電話もしくはメールにてご連絡ください。
*遅刻の場合は、事前に株式会社フィットネス・ゼロまでご連絡をいただくようお願いいたします。

*動きやすい服装、タオルをご用意ください。
 裸足で行うため、内履きシューズは必要ございません。

渋谷恵比寿スナップ散歩2 お花見スナップ散歩レポート

桜が満開の4月2日、渋谷恵比寿スナップ散歩2 お花見スナップ散歩が行われました。
雨が心配されたのですが、無事に曇り!
桜は満開!!!

IMG_0463

IMG_0464

9時30分から、渋谷のパン屋さん、パンオスリールに参加者が集りました。
8時から営業だからおいしそうなパンが並びます。

飯沢耕太郎さんから、スナップショットの撮り方について簡単な説明があります。
今回は、せっかく満開なので、桜を一つは入れようと言う事に。

IMG_0462

そして、写真集食堂めぐたまに向けて出発。
各人好きな道を歩きます。

めぐたまでお気に入りの写真を選び、プロジェクターで投影。
飯沢さんの講評を聞きます。

参加者の作品のいくつかをご紹介。

へいと桜をテーマにした作品。
DSC_2357

DSC_2400

DSC_2413

バス停でおばあさんがまっているところ、雰囲気ありますね。
細かいところに目が届くのが、彼女の良さです。
IMG_7757

FullSizeRender

グラフィック的な構成力に優れた作品。
IMG_20160402_105653

IMG_20160402_104353

みんなの作品を見た後は、めぐたまにある写真集を飯沢さんの解説でみました。
ここにあるのは、桜をテーマにした写真集。

IMG_0465

参加して下さったみな様、ありがとう!!

また、スナップ散歩やろうと思います。
夏かな??
サイト見ていてくださいね

雅楽と料理を楽しむ夕べ【2】 平安時代・雅の世界と小町美女料理/第9回 身体に美味しい文化講座

10441302_918549841595914_6344429457595246411_n

雅楽と料理を楽しむ夕べ【2】
平安時代・雅の世界と小町美女料理へのお誘いです

2回目になりました三田徳明先生(雅楽瑞鳳会)の雅楽の会は、いよいよ日本文化の
雅が始まる 華咲く平安時代前期へと入ります。
前回の奈良・天平の大陸文化から一転、京の都を中心に華やかな平安文化の始まりです。
雅楽の世界もいよいよ栄華を誇り、きらびやかな姿が展開されます。
三田徳明先生のお話と演奏の技も、より一層お楽しみいただける事と思います。

“めぐたま”ならではの楽しい雰囲気の中、目の前で展開される本物の雅楽の世界を
お楽しみいただけたらと思います。

日時 : 2016年5月14日(土)
スタート 17:00~(受付 16:30)

会費 : 5,000円(お話・実演と料理 三年番茶付)

場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま
東京都渋谷区東3-2-7

http://megutama.com

定員 : 40名

この時代を代表する美女と言えば小野小町!奈良朝より質素なものを食べていた平安時代。
しかし彼女は自分の納得したものしか食べなかったと言います。今でいうコラーゲンや
ビタミンCにもこだわりがあったとか… 美肌になるものを好んでいたようです。
今回は、おかどめぐみこが当時のメニューを解読し、小野小町の美女料理をはじめ
様々な平安の料理に挑戦いたします。 雅楽と共に、こちらもお楽しみにお越し下さい。

お話・演奏 : 三田徳明(雅楽瑞鳳会)
平安の料理    : おかどめぐみこ

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp
090-4425-4263
めぐたま  megutamatokyo@gmail.com
前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。
目から耳から舌から…平安・雅の世界をたっぷりとご体験ください。