月別アーカイブ: 2015年7月

宮川隆のサイエンスカフェ8 「味の科学」

宮川隆のサイエンスカフェ8

「味の科学」

宮川隆さんのサイエンスカフェ第8弾。
今回は、味がテーマ。

味はどうやって感じるの?
おいしいは、どうやってきまるの?
味って、甘い、しょっぱい、酸っぱい、苦い、辛いの5つなの?
近頃話題の、旨味ってなんなの?
煮物のとき、さしすせそ(「さ・砂糖」「し・塩」「す・酢」「せ・醤油」「そ・味噌」)の順番で調味料を入れるのは何故?

わかりやすく、おもしろく、お話しして頂きます。

質問は、ご飯タイムに何なりと。
お越しをお待ちしています。

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)
名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

8月22日(土)
10時〜

3500円 一汁三菜ランチ付。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

夏休みのお知らせ

梅雨が明けましたね。
これからが夏本番。
暑さにめげず、夏を楽しみたい物です。

めぐたまの、今年の夏休みは8月8日(土曜日)から、17日(月曜日)までです。

18日からは、平常営業します。

みなさまには、ご不便をおかけ致しますが、18日からはリフレッシュしておいしいご飯をお出しします。

よろしくお願いいたします。

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.15 森山大道2 『森山大道の再起』」講座レポ

長い梅雨が明け、日差しが強くなった7月19 日の日曜日。

月に一度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」が開催されました。

DSC_0167

めぐたまで自由に読むことのできる写真集の「味わい方」を、本の持ち主である飯沢さんが教えてくれるこの講座。

15回となる今回は前回に引き継ぎ、写真家・森山大道の写真集をじっくり読んでいきます。(今までの講座の様子はこちら

 

前回はデビュー作『にっぽん劇場写真帖』(1968年)など、森山大道のスタイルが確立し、世に知れ渡ったころの作品を見ていきました。

そのタイトルからも、葛藤が伺える『写真よさようなら』(1972年)という写真集を発表したころから森山大道は大スランプの時代を迎えます。

今回はスランプ時代の先、そして現在までの軌跡を追っていきました。

DSC_0139

 

写真とは何か。写真を撮る自分は何者なのか。という問いの前に精神的にも体力的にも力を失ってしまった森山ですが、彼を再び奮い立たせたのも、写真でした。

1981年から刊行された雑誌『写真時代』で発表した「光と影」という連載で原点回帰し、力強さを取り戻します。

その後、関西を拠点に活動した写真家・安井仲治へのオマージュ『仲治への旅』(1987年)や300ページの大型写真集を93年94年97年の三度に渡って発表した大作『Daido hysteric』シリーズなどを手がけていきました。

「電柱と電柱の間で1冊の写真集ができる」

この言葉は、飯沢さんがよく取りあげる森山大道の言葉ですが、スナップにこだわり続ける彼のスタイルとイメージを自由自在に操ることのできる自信がにじみ出ているようです。

DSC_0145

森山が勢いを取り戻した90年代は、日本の写真家が海外でも注目を集めるようになった時期でした。東松照明、荒木経惟とともに、森山大道の名は世界的に有名になり、2012年にはイギリスのテートモダンでウィリアム・クラインとの2人展が開催されるまでに。

最近では、デジタルカメラで撮るようにもなり、『カラー』(2012年)などデジタル特有のビビットな色味までも自身のスタイルに取り込み、77歳の現在も、進行形で表現の幅を広げています。

 

次の世代の写真家たちに大きな影響を及ぼし、今もなお、最前線で写真を撮り続けている森山大道の作品をじっくりと味わってみてはいかがでしょうか?

今回で森山大道のお話は最後でしたが、ここで紹介した写真集はどれも、いつでも、めぐたまで手に取ることができます。美味しいご飯もご用意しております。

DSC_0178

8月の講座はお休みとなりますので、次回は9月になります。

講座テーマやお日にちはこちらのサイトで追って告知しますので、皆さま奮ってご参加ください。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました!

 

写真/文 館野 帆乃花

 

 

 

 

 

 

初CD「TYCONIST」発売記念トーク&レクチャー TAKUYA+ホッピー神山 「和太鼓は最高!」レポート

初CD「TYCONIST」発売記念トーク&レクチャー TAKUYA+ホッピー神山 「和太鼓は最高!」レポート

7月20日、TAKUYAさんとホッピー神山さんによるトークが行われました。

ホッピーさんとタクヤさんのトークはCD制作のこと、録音の事、など、多方面にわたって繰り広げられます。

11748668_857864307631860_859389497_n
image2image3

来て頂いた田野村聡さんに、突然お願いして、尺八でコラボして頂きました。
田野村さんは8月8日のTAKUYAのライブにも参加です。
曲は「あなたのもとへ」。

11778041_857864384298519_1055202614_nimage4

お越しいただいた方、TAKUYA、ホッピーさん、ありがとう!

今後のTAKUYAの予定は、サイトを見てね。
http://takuya-columbia.jp

「写真集を語り尽くすVol.7 今森光彦さん」レポート

7月18日、滋賀より写真家今森光彦さんを迎え、7回目の「写真集を語り尽くす」が開かれました。

150718_1837

今森さんの写真集、そして、話題に出てくるいろいろな作家の写真集を前に今森さんと飯沢さんのトークです。
ウーーン、カメラが壊れて、携帯でとったので、暗くてごめんなさい。

トークの後は、今森さんを囲んでの滋賀のご飯。
150718_1920
鮒寿司。

150718_1922
稚鮎の天ぷら。今が季節です。

150718_1921
滋賀名物、丁字麩の芥子酢味噌和え。

150718_1921
赤こんにゃくと鶏の煮物。

あと、おにぎりと、冬瓜の胡麻入りのお味噌汁が出ました。

150718_1943
お誕生日の参加者へのめぐたま恒例お赤飯おにぎりケーキ。
今森さんとツーショットです。

今森さん、ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!!

中止のお詫び/本間真理子さんのお話とグルジアワインの会

中止のお詫び/本間真理子さんのお話とグルジアワインの会

7月25日に予定していました本間真理子さんのお話とグルジアワインの会、諸般の事情により、中止になりました。お申し込み頂きました方、広めて頂きました方、ありがとうございます。そして、こういう次第になり、大変申し訳ございません。

これに懲りず、今後とも、写真集めぐたまをよろしくお願いいたします。

恵比寿〜めぐたまへの道

先日、素潜り写真家野口智弘「Water Being」の出版記念会を開いてくれたRICHBLACKの高橋直行さんが、すばらしき、恵比寿〜めぐたまへの道の映像を作ってくれました。
ありがとう!

RICHBLACKのサイト
https://www.facebook.com/pages/Richblack/1421440364813716?fref=ts
http://www.rich-black.co.jp

見てください。
めぐたまに行った気分になれますよん。
道順、分からない人、道順を説明したい人、は必見です。

https://youtu.be/dFVR8HrBVNE

めぐたまキットパスミラーギャラリー参加記念 山口マオ 琵琶ライブレポート

めぐたまキットパスミラーギャラリー参加記念
山口マオ 琵琶ライブレポート

7月4日、絵本作家の山口マオさんの、めぐたまキットパスミラーギャラリーの参加を記念して、琵琶ライブを行いました。
以前、展覧会で、マオさんの琵琶の弾き語りを聴いて、とても良かったので、お願いしました。

150601_1949
マオさんの作品「天上の花」。
わにわにくんと、マオ猫。

山口マオさんのめぐたまキットパスミラーギャラリーについては下記に詳しくあります。
http://megutama.com/めぐたまキットパスミラーギャラリーvol6%E3%80%80山口

マオさんは学生の頃から琵琶を習っていたそうです。
芸歴は長い!

172
こんな瓢箪三線も登場。

143

144

145
わにわに君シリーズの弾き語り。

159

160

161
「あむとあおいリード」。

162
「でんしゃごっこ」。

147

150

153
ときたまのコトバの中からいくつかを選んで、語ってくださいました。
感激です。

188
キットパスの説明をするマオさん。

196
キットパスを作っている日本理化学工業の皆さんも来てくださいました。
ありがとう!!

192
そして、めぐたまですから、特別メニューがあります。
これは、「わにわにのごちそう」の鳥の丸焼きに因んだ「わにわにセット」。
マオサン特製の旗つきです。

146
「わにわにのおふろ」で,ジュースを美味しそうに飲んでいるわにわにからヒントを得た「わにわにジュース」。

169
「わにわにプリン」にも旗がついてます。
「わにわにとあかわに」と同じようなガラスのお皿に入れてみました。

楽しい一夜でした。
マオさん、お越しいただいた方、写真を撮って下さった、日本理化学工業の大山真里さん、ありがとうございました!