月別アーカイブ: 2015年5月

御厨貴vsときたま「コトバの愛人放談」レポート

5月19日に御厨貴vsときたま「コトバの愛人放談」行われました。

DSCN6050 のコピー

何をしゃべったか忘れたけど、たのしかった。
と言っている、ときたま本人がこの日記を書いています。
ご来場いただいた方も笑っていただき、よかったです。

御厨貴さん,斗夜子さん、きょうおこしいただいたみなさま、ありがとうございました。
写真を撮ってくださった、中村恵一さん、私がボケている所が気に入りました。
これは、何をいみしているんだろう、、、。

次回は、ときたまの誕生日、10月14日の予定です。
次も来てくださーーい。

ガルガルのお話と料理&ヤコウタケのお話レポート

5月17日、岩出菌学研究所の原田栄津子さんをゲストスピーカーに迎え、ガルガルとヤコウタケのお話をしていただきました。

これが、岩出菌学研究所から届いた生のガルガル。
これが食べられるのは、この催しだけです。
IMG_0594

IMG_0598

原田さん。
ガルガルのお話をしていただきました。
IMG_0611 のコピー

飯沢耕太郎さんが、ときどきつっこみます。
IMG_0610

そしておやつタイム。
ガルガルはフリットに。
IMG_0616

ヒメマツタケ(アガリスク)入りのグリッシーニ。
ガルガル入りのおせんべ。
IMG_0621

ガルガルのシロップをかけたアイスクリーム。
ヒメマツタケのグリッシーニ。
原田さん特製のガルガル旗。
IMG_0623

後半はヤコウタケのおはなし。
どうして光るのかはまだわからなそうです。
世界に70種ある光るきのこのうちで、強く光るヤコウタケ。

その栽培キットを岩出菌学研究所では発売しています。
20度くらいの温度が栽培に適当なので、5月末まで追加で限定50個、発売中。
お申し込みは
http://www.gargalgirl.com/?pid=88398432

キットのやり方を説明する原田さん。
IMG_0634

これが、キットをせっとしたところ。
150519_1031

ただいま、めぐたまではヤコウタケが光っています。
特製段ボールをのぞいてください。
150519_1030

150519_1031

こんな感じです。
image1

お越しいただいた皆様、原田さん、そして写真(下4点をのぞく)を撮ってくださった大作晃一さん、ヤコウタケの光っている所を撮ってくださった高橋さん、ありがとう。

次回のきのこイベントは、9月6日を予定しています。
詳しいことが決まったら、また告知するので、ぜひぜひお越しくださいませ。

「飯沢耕太郎と写真集を読むvol.13 荒木経惟を読む!Part4アラーキーの現在形」講座レポ

 

5月17日、夏のような日差しの日曜日に
月に一度の連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」が開かれました。

DSC_0633

めぐたまには5000冊以上の写真集がずらりと並んでいます。
すべて自由に読んでいただけますが、何しろ5000冊もあるので、
どれを手に取ればいいのかと迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
そもそも、写真を「読む」ってどうゆうこと?
と思われる方も多いはずです。

そこで写真評論家であり、本の持ち主である飯沢さんが
毎回テーマを決めて写真集を紹介しているのがこのイベント。

wx9Iv

13回目を迎えたこの日のテーマは「荒木経惟を読む!Part4アラーキーの現在形」
4回にわたってアラーキーこと荒木経惟を追ってきたこのシリーズも
今回で最終回となりました。(いままでの様子はこちら。)
最終回では、2000年代から現在までの写真集を見ていきます。
「写真の並びは小説だ」という荒木の言葉は、
写真集を「読む」手がかりになるはず。
荒木経惟は、現実に起こる出来事をどう写真におさめ、
本に編むのかを常に考えている写真家だと言えます。

DSC_0618

2000年代に入り、荒木の評価は世界的なものになっていきました。
評価が高まると同時に、荒木自身の表現の幅も広がりをみせ、
『緊縛写巻』(2006年)や『遺作 空2』(2009年)では、
写真に筆で色をのせたり、字を書いたり、
写真の上に別の写真や新聞記事をコラージュしたりと
「写真家」という枠に収まらない作品が現在進行形で次々と生まれています。

DSC_0648

『愛のバルコニー』(2012年)は
1982年から立ち退きを余儀なくされる2011年まで、自宅のバルコニーを撮り続けた1冊です。
妻との日常、妻と愛猫のチロを亡くした後の寂しげなバルコニー。
移り行くバルコニーの姿は荒木の心そのものでした。
同じ場所を撮り続ける定点観測的な撮り方は最新作の『道』(2014年)につながっていきます。
荒木は3.11以来自宅から見える道と東の空を撮り続け、その写真は『往生写集』(2014年)でも見ることができます。

lh27m

すでに400冊以上の写真集を発表している荒木ですが、
その勢いは衰えることを知らないようです。
シリーズ4回すべてご参加いただいた方や海外の方もいらしていて、
荒木の人気を改めて思い知ることとなった講座でした。

6月からは新しいテーマで写真集を読んでいきます。
次回もたくさんのご参加をお待ちしております。

【次回講座のごあんない】
飯沢耕太郎と写真集を読むvol.14
「森山大道の世界『にっぽん劇場写真帖』から『光と影』まで」
6月20日(土)
10:00~11:30
料金 2500円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 15名
場所 めぐたま
* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。キャンセルまちのお客様もいるので、キャンセルの場合は必ずご連絡ください。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
休日ランチ1500円。

写真/文 館野 帆乃花

三線奏者・タケシィ+ことばのアーティスト・ときたま+沖縄料理の会レポート

第3回 身体に美味しい文化講座
三線奏者・タケシィ+ことばのアーティスト・ときたま
不思議な二人のコラボレーションと沖縄料理の会
レポート

5月10日に行われた沖縄のイベントのレポートです。
第一部は沖縄三線タケシィのライブ。はじめの20分ほど、展覧会中のときたまとのコラボライブ。
三線とコトバの掛け合いです。
SN3V0915

後半はお待ちかねのタケシィのライブ。
おなじみに歌から、オリジナルソングまで,歌と三線の楽しい一時です。
SN3V0917

最後はカチャーシーで盛り上がります。
SN3V0957

そして、沖縄料理タイム。

IMG_0800
沖縄に移り住んでいる金田裕子さん、マツバラマサヒロさんが、沖縄から送ってくれた材料の数々。
ありがとう!

SN3V0982
料理の説明をするおかどさん。
なーべーらーのどぅー汁(へちまと豚肉の味噌煮)
SN3V0987

ハンダマの海鮮サラダ(金時草と島人参などの海鮮サラダ、シークワーサーの酸味で)
SN3V0936

ンジャナとフーチーバの白和え(苦菜とヨモギのピーナッツ白和え)
手前の左側。
SN3V0968

ドウル天(田芋のドウルワカシーの素揚げ)
SN3V0937

アーサー と 島らっきょの天ぷら(アオサと島ラッキョウの天ぷら)
SN3V0942SN3V0963

麩チャンプール
(沖縄麩の炒め物)
SN3V0932

モーウィのウサチ(越瓜の和え物)
SN3V0970

雲南百薬(アカザカズラ)と豆腐
SN3V0930

二種の沖縄豆のジューシー
(生の赤豆とさやいんげんの炊き込みご飯)
残念、写真がありません。
 
あまがし
(緑豆と押し麦の黒糖汁粉。5月5日のお節句料理)
SN3V0993

沖縄パイナップル

泡盛 池原 白百合 30度 
   池原 赤馬  25度 
昔の泡盛の味の「赤馬」と「白百合」。クセが強いですが、飲み慣れると好きになります。
石垣のおじいとおばあがつくっていて、跡継ぎがいないので、いましか手に入りません。
  宮里 春雨カリー 30度  飲みやすさ・味わいに定評。カリーとは「めでたい」などの意
SN3V0997

お越しくださった皆様、タケシィさん、ありがとう!

SN3V0989

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎14

ポートフォリオ・レビュー by 飯沢耕太郎14

写真家を志す人にとって、ポートフォリオ(作品ファイル)を作ることはとても大事なことです。よいポートフォリオとはどんなものなのか、実際に持ってきていただいたポートフォリオを講評しながら考えていきます。

作品点数や大きさには特に制限はありませんが、時間の関係で、あまり多すぎる場合には全部見切れないこともあります。他者の作品を見ることもとても大事なので、ポートフォリオを持参されない方も参加可能です。完成度の高さよりも、思い切って自分のやりたいことを表現している作品を期待しています。(飯沢耕太郎)

講師 飯沢耕太郎
日時 6月21日(日)

9:30~11:30
料金 3000円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 8名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
ランチ1500円。

飯沢耕太郎写真集を読む Vol.14「森山大道の世界 『にっぽん劇場写真帖』から『光と影』まで」

150513_0936
飯沢耕太郎写真集を読む Vol.14「森山大道の世界 『にっぽん劇場写真帖』から『光と影』まで」

第14回目になる「写真集を読む」。今回は森山大道を取り上げます。荒木経惟、中平卓馬らとともに、1960年代末以来の日本の写真表現を牽引し、国際的にも現在最も影響力の強い写真家といえるでしょう。その彼のデビュー写真集である『にっぽん劇場写真帖』(1969年)から、問題作『写真よさようなら』(1972年)、転回点となった『光と影』(1982年)まで、今回は「野良犬の眼」で路上を疾走し続けた彼の初期写真集を中心に取り上げます。なかなかオリジナルを見ることができない写真集を総ざらいしますので、ぜひ足をお運びください。

6月20日(土)

10:00~11:30

料金 2500円(三年番茶付き)

学生割引 1500円(三年番茶付き)

定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

91歳の語り部・小野トメヨの民話と被災の語り 

1510501_811335732294022_2597255088808734464_n
福島県・相馬震災支援 
91歳の語り部・小野トメヨの民話と被災の語り 
恵比寿めぐたま「相馬の日」

2011年3月11日午後2時46分頃、三陸沖を震源に国内観測史上最大M9,0の
地震が発生し、続く原発事故の発生により原発周辺地域は壊滅的な打撃を受けました。
被災地の1つに数えられている福島県相馬市は青い海と緑の山に囲まれた美しい地域
でした。4年の月日が経ち、混乱を極めた被災地も少しずつ落ち着きを取り戻しつつ
  ありますが、まだまだ生活環境の激変の中、被災者の方々は辛い日々を送っています。
  
  そんな相馬・新地町より91歳の語り部・小野トメヨさんをお招きして被災のお話と
地元に伝わる民話の数々を、方言豊かに語っていただきます。
相馬の日☆
6月13日(土)、一日中“めぐたま”が相馬の日になります。
売上げの一部は復興支援の寄付とさせて頂きますので、皆さま是非足をお運び下さい。
相馬の食材・物産販売☆
昨年秋に開所致しました震災支援/相馬さとばたけ報徳センターの協力を受け、
復興しつつある相馬の食材・物産などを取り揃えて「相馬の日」を開催いたします。
放射線測定のしっかりなされた新鮮な相馬の食材・物産をご用意する予定です。

日時 : 2015年6月13日(土)
       1回目 10:00開場 10:30スタート
    2回目 14:30開場 15:00スタート
     お申込み時に1回目or2回目をお知らせ下さい。

会費 : 1,500円(三年番茶付) 小中学生 500円

場所 : 恵比寿/写真集食堂 めぐたま
       東京都渋谷区東3-2-7
       http://megutama.com/
  
相馬定食☆
めぐたまでは相馬の食材を使った「相馬定食」を1,500円にて提供いたします。
語り部・小野トメヨばあちゃんと共に楽しいお食事などいかがでしょうか?
ご希望の方はご予約をお願いいたします。

要予約 : ㈱ラサ/畠中 lhasa@titan.ocn.ne.jp  090-4425-4263
めぐたま  megutamatokyo@gmail.com

前日・当日のキャンセルは準備の都合上キャンセル料をいただきます。

「「和食」ってなに?」出版記念  阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会

150510_1101
「「和食」ってなに?」出版記念
阿古真理の昭和のご飯の話と軽食の会

昨日の夕食、何食べましたか?
和食?洋食?中華?
毎日食べているご飯は、この50年、社会の変化に伴い、どんどん変わって来ています。

「「和食」って何?」(ちくまプリマー新書)の出版を記念して、著者の阿古真理さんに、昭和の家庭料理を中心にした食の変化についてお話を聞きます。

「「和食」って何?」(アマゾンから買えます)

http://www.amazon.co.jp/「和食」って何-ちくまプリマー新書-阿古-真理/dp/4480689370/ref=sr_1_3?s=books&ie=UTF8&qid=1431145824&sr=1-3&keywords=阿古真理

昭和な軽食もつきます。何が出るか楽しみに。

6月14日(日)
15時〜17時
2500円(軽食付き)

おはなし 阿古真理
料理 おかどめぐみこ

阿古真理
作家、生活史研究家。
主な著書に
小林カツ代と栗原はるみ:料理研究家とその時代 (新潮新書)(5月18日刊)「昭和育ちのおいしい記憶」(筑摩書房)「昭和の洋食 平成のカフェ飯―家庭料理の80年」(筑摩書房)「うち のご飯の60年――祖母・母・娘の食卓」(筑摩書房)

宮川隆のサイエンスカフェ5 「腸内細菌について知ろう」

宮川隆のサイエンスカフェ5
「腸内細菌について知ろう」

宮川隆さんのサイエンスカフェ第5弾。
今回は、話題の腸内細菌。

腸内細菌って、なんなの?
どうして、腸内細菌が健康と関係しているの?
善玉菌と悪玉菌ってなに?
どうやれば、腸内環境は良くなるの?

腸内細菌について、基礎から分かりやすく話していただきます。

質問は、ご飯タイムに何なりと。
お越しをお待ちしています。

<講師情報>
宮川 隆(みやがわ りゅう)
名古屋市立大学薬学部卒業、南カリフォルニア大学(USC)国際薬学臨床研修修了、東京大学大学院理学系研究科修了
薬剤師、理学博士のほか10種類くらいの資格を持つ。
現在は、東京大学大学院医学系研究科 人体病理学教室 特任助教、環境省「原子力災害影響調査等事業」メンバー、日本アイソトープ協会 放射線取扱主任者講習・作業環境測定士講習講師、リクルートメディカルキャリアコラム執筆など
本業の合間に、わかりやすくサイエンスを伝える活動に力をいれている。

6月28日(日)

10時~

3500円 一汁三菜ランチ付。

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。