月別アーカイブ: 2014年9月

「飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.6 『プロヴォーク』とその周辺」講座レポ

9月28日日曜日に2ヶ月ぶりの「写真集を読む」が開催。
今回のテーマは『PROVOKE(プロヴォーク)』でした。

DSC_0855

多木浩二、中平卓馬、高梨豊、岡田隆彦、森山大道によって1968年から1969年の間たった3号しか刊行されなかった伝説の同人誌。
プロヴォークの写真家たちは今もなお、多くの写真家たちに影響を与えています。

DSC_0865

サブタイトルに掲げられたのは「思想のための挑発的資料」
プロヴォークには、めまぐるしく変化する時代をうつし、来たるべき時代に向かおうとする写真と言葉が綴られています。
オリジナルの3冊が見られるとあって、いつもよりたくさんの方が参加してくださいました。

DSC_0868

3冊じっくり見たあとは、プロヴォークの同人たちの集大成となる『まずたしからしさの世界をすてろ』を鑑賞。
プロヴォークを経た、森山大道『写真よさようなら』中平卓馬『来るべき言葉のために』高梨豊『都市へ』の3人の写真集も見て行きました。

DSC_0872

次回は10月26日(日)、テーマは「牛腸茂雄の写真集」です。
今回、定員オーバーになってしまい、参加をお断りしてしまった方がいました。ごめんなさい・・・。
おかげさまで、人気の催しとなっておりますので、ご予約はお早めに。

10月26日(日)
10:00~11:30
料金 2500円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 15名
* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。
*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。(休日ランチ1500円)

DSC_0881

写真/文 館野 帆乃花

きのこライブbyちくわぶ

きのこライブbyちくわぶ

chikuwabu
ちくわぶはEmma(vo)と野崎理人(gt)で結成されたデュオ。

ちくわぶのサイト
http://chikuwabu.info

ちくわぶには、オリジナルのきのこミュージック「キノコの行進」「アマニータの家族」などがあります。
きのこソングのカバーもお願いしました。

楽しいライブになりそうです、ワクワク。

きのこ音楽を聴いて、きのこ料理を食べて、きのこワールドを満喫してください。

ちくわぶ
10月30日(木)
開場18:30 開演19:00 

チャージ(ワンドリンク付き)2500円(予約)、3000円(当日)

◎きのこ料理いろいろご用意します。

* お申し込み
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

淺井愼平さん『写真を語り尽くす』Vol.5レポート 

淺井愼平さん『写真集を語り尽くす』Vol.5レポート 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
9月17日、浅井愼平さんをお招きして、写真集について語り尽くしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビートルズ日本公演(1966年)の公式写真集として企画されながら、版権の関係でほとんど市場には出なかった幻の写真集『ビートルズ東京』のスライドを見ながら、熱くて濃い、淺井さん曰く「死ぬ気で撮った」3日間のお話をうかがいました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ビートルズと同じ階の部屋に泊まり込んで撮ったジョンレノンの赤いパンツ。
淺井さん、人生で一度の隠し撮り。

他にも、『WINDS 風の絵葉書』『good-bye』 などの写真集についても、語り尽くしました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
トーク前の、一口。
アボガドと豆腐のディップ。
いつもの事ながら、食べはじめてからあわてて撮影しました(笑い)。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
まぐろの立田揚げとブロッコリーとフライドポテト。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
青菜と菊とシメジのおひたし。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
大山鶏のハーブ焼き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
岩出菌学研究所のオオイチョウタケ入りいろいろきのこのソテー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
玄米とシャケのおにぎり。

重曹教室レポート

重曹教室レポート

10704856_699548310113403_2144854584_n
9月14日、木内茂二さんを講師に向かえ、重曹を使った洗濯の講座が開かれました。
めぐたまの、食器やタオルは木内さんに教えていただいて、重曹を使ってきれいにしています。

重曹の説明や、実演が行われました。

10694884_699548313446736_1213231177_n
●汚れに過炭酸ソーダを振りかけで霧吹きをかけ
 アイロンスチームで加温し、シミを抜いているところ。

10705156_699548306780070_1977576377_n
●襟汚れに過炭酸ソーダを振りかけスプレーで潤し
 アイロンスチームで加温し、汚れを浮き上がらせているところ。

10685010_699548316780069_863935799_n
●ワイシャツの襟の汚れ落とし。
差が歴然!キレイに落ちたところ。

木内さんの分かりやすい説明で、参加者も重曹を使い方のポイントが分かったようです。

そして、講座の後のご飯タイムで、化粧品の講座の開催が決定。
10月12日にやります。
詳しくは
http://megutama.com/木内茂二さんの手作り化粧品講座/

木内茂二さんの手作り化粧品講座

木内茂二さんの手作り化粧品講座

めぐたまで洗濯や食器洗いに使っている重曹。その使い方を教えてくれた木内さんの講座が9月14日に開かれました。
その折に、手作り化粧品のはなしになると、ぜひ教えてほしいというご要望が多数寄せられました。
そこで、急遽、手作り化粧品講座の開催が決定しました。

当日は、手作り化粧品素材を使って化粧水を実際に作る工程をご案内します。
おみやげに持って帰っていただけます。

以下、木内茂二さんからのご案内です

重曹を使った快適ライフを皆さんにご紹介をしてゆく中で、「安心・安全な化粧品やシャンプーも良い製品を紹介してください。」とのお声が多く寄せられました。化粧品について様々な情報を得て、また、素材を取り寄せ効果や保存性などテストいたしました。

その結果、
1)キトサンジェル カニの外殻などに含まれているキチン質を原料とした保湿剤
2)ムーモ 亜熱帯地方に生息します月桃というショウガ科の水溶性エッセンス
3)アルガンオイルモロッコの砂漠に自生するアルガンツリーの種から圧搾したオイル
これら三種が手作り化粧品素材として適することが分かりました。

◎手作り化粧品メリット
安心して使え、多くの方に相性が良い:合成保存料や合成界面活性剤無添加のため
コストパフォーマンスが高い:原液を20倍で希釈して使用

◎手作り化粧品のデメリット
少量を使いきったら希釈液を作る手間
グリセリン・ヒアルロン酸・BG(ブチレングリコール)など化粧品に使われる基材の多くは「糖」の一種のため水で希釈すると腐敗してしまうので素材の吟味が必要

◎手作り化粧水の作り方
キトサンジェル1ccを20ccの水で希釈し、そこにムーモを5滴たらし振って混ぜたら出来上がり。洗髪後ブローしスプレーして馴染ませヘアケアにも使えます。

◎乳液の作り方
上記、化粧水を3プッシュ手に取り、そこにアルガンオイルを1滴たらし手のひらで混ぜ使用 べたつきのない自然な保湿が得られ、かかとのお手入れに絶大効果。

◎シャンプーは、「弱酸性アミノ酸系タイプ」がお勧め
このシャンプーをお使いのユーザーさんは、美容院で「髪質が良くなりましたね」といわれる方が大多数おられます。
詳しくは、セミナー内で解説いたします。

10月12日(日)

9時~11時半

講師 木内茂二 エコショップ ecomo 代表
http://www.kiuchicleaning.com

2500円(三年番茶と、おみやげ化粧水付き)

* お申し込み
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

きのこのモーニング茶事 息継庵×めぐたま4

息継庵×めぐたま4 きのこのモーニング茶事

押忍!手芸部の部長こと石澤彰一さんの茶事、第4弾です。

前回の4月、7月、9月のお茶事が好評だったので、4回目を企画しました。
4月の様子
http://megutama.com/石澤彰一さんの息継庵モーニング茶事やりました/

七夕の茶事の様子
http://megutama.com/七夕のモーニング茶事レポート/

息継庵のBlogの方が写真が綺麗です。http://blog.goo.ne.jp/ikitugian/e/5ea476583526fed6a653018ff4149dcd

重陽のお茶時の様子
http://megutama.com/重陽のモーニング茶事レポート。/

今回はめぐたまが10月末から11月に2週間キノコWEEKSなるので、きのこの茶事です。

どんなお点前になるか、どんなご飯になるか楽しみです。

押忍!手芸部の部長こと石澤彰一さんは実は裏千家・専任講師でもあります。
その名も宗彰。
茶室『息継庵』をパートナーの宮田麻貴子と主催しています。

息継庵
http://blog.goo.ne.jp/ikitugian
押忍!手芸部
http://www.ultratama.com/syugeibu.html

そんな部長と一緒においしいご飯と、お甘と、お抹茶の一時を持ちます。
といっても、堅苦しいお茶会ではありません。
お茶についての知識も経験もいりません!
ブチョー風、お茶会です。

どうなるかは、来てのお楽しみに。
いつもと違う朝の一時をお楽しみください

11月2日(日)
8:00~9:30くらい

3000円(ご飯とお甘とお抹茶付き)

* お申し込み
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

重陽のモーニング茶事レポート。

重陽のモーニング茶事レポート。

9月7日にモーニング茶事第3弾、重陽の節句に因んだ茶事が行われました。
重陽は旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれています。

今日の亭主、押忍!手芸部の部長こと石澤彰一さんは実は裏千家・専任講師でもあります。
その名も宗彰。
茶室『息継庵』をパートナーの宮田麻貴子と主催しています。

息継庵
http://blog.goo.ne.jp/ikitugian
押忍!手芸部
http://www.ultratama.com/syugeibu.html

開催要項は以下に。
http://megutama.com/息継庵%E3%80%80重陽のモーニング茶事/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
しとしとと降る雨の中、今日はしっとりと店内だけで行いました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
今日の一汁一菜は、徳島のすだち風味の菊と春菊としめじのおひたし、空也蒸し、もって菊のご飯。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お菓子は重陽の菊花寄せ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
部長の点てたお茶はおいしいですよ。泡がクリーミー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お茶碗がのっているのは鏡。
鏡に映って、お茶碗の模様がよく見えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
菊の花が、色を添えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
お点前には、菊の花びらが一つ。
美しい!!

息継庵のBlogにも、茶事の様子載ってるから見てね。
詳しい説明もあり。
http://blog.goo.ne.jp/ikitugian/e/17fe83ec8d4cd61cbe7b725d6ad63794

次回のモーニング茶事は11月2日(日)。
お題は、きのこです。
詳しくは
http://megutama.com/きのこのモーニング茶事%E3%80%80息継庵xめぐたま4/

おこしをお待ちしています。

飯沢耕太郎と写真集を読む7 「牛腸茂雄の写真集」

飯沢耕太郎と写真集を読む7 「牛腸茂雄の写真集」

牛腸茂雄は、1971年に関口正夫との共著で『日々』を刊行して以来、『SELF AND OTHERS』(1977年)、『見慣れた街の中で』(1981年)と、素晴らしい内容の写真集を自費出版してきました。昨年、没後30年を迎え、若い世代にも強い影響を及ぼしつつある彼の仕事を中心に、周辺の写真家たちの写真集も読み解いていきます。

講師 飯沢耕太郎

10月26日(日)
10:00~11:30
料金 2500円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
休日ランチ1500円。

飯沢耕太郎と写真集を読む8「鈴木清と自費出版写真集の可能性」

飯沢耕太郎と写真集を読む8「鈴木清と自費出版写真集の可能性」

1972年の最初の写真集『流れの歌』から、2000年に急逝するまでに、鈴木清は8冊の写真集を刊行しました。そのうち、1冊を除いて7冊は自費出版の写真集です。むしろ経済的な理由というよりも、彼は自分で好きなようにデザイン、レイアウトできる自費出版写真集の可能性に賭けていたのではないでしょうか。近年、再評価が進む彼の仕事をあらためてふりかえります。

講師 飯沢耕太郎

11月23日(日)
10:00~11:30
料金 2500円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 15名

場所 めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

ランチ
飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
休日ランチ1500円。

ときたまのガチャをおきはじめました。

140905_1809

めぐたまに コトバのアーティスト、めぐたまのイベント担当ときたまのガチャをおきはじめました。

協賛 タカラトミーアーツ

http://www.takaratomy-arts.co.jp/

140905_1811

ときたまのサイト
http://www.tokitama.net/

140906_1016

200円入れて、ガチャガチャすると、コトバのバッジが出てきます。
めぐたまのスタッフがしているあのバッジです。

めぐたまに来たら、ガチャしてみてくださいね。