月別アーカイブ: 2014年6月

塚本由晴×真壁智治 「コモナリティーズ」を巡って ザ・カワイイヴィジョン クロストーク2

ザ・カワイイヴィジョン クロストーク 

第2回 「コモナリティーズ」を巡って

塚本由晴×真壁智治

 『ザ・カワイイヴィジョンab』(発行・VNC 発売・鹿島出版会)刊行記念第2回のクロス・トークには建築家塚本由晴さんをゲストにお招きします。
 塚本さんの近著「コモナリティーズ」(LIXIL出版)をからめながらザ・カワイイヴィジョンの世界を新しい公共性や人の振る舞いの能動的態度などの視点から創造的に語り合います。
 住宅と都市との間の空間の可能性が見えてくるでしょう。

tsukamoto@lab!
塚本由晴(つかもと・よしはる)
1965年。神奈川県生まれ。1987年、東京工業大学工学部建築学科卒業。1987~88年、パリ建築大学ベルビル校(U.P.8)、1994年、東京工業大学大学院博士課程修了、博士(工学)。2000年~、同大学大学院准教授。2003・07年、ハーヴァード大学GSD客員教授。2007・08年、UCLA客員教授。2011~12年、デンマーク王立アカデミー客員教授。2011年、バルセロナ建築大学客員教授。2012年、RIBA国際フェローシップ。2013年、京都精華大学客員教授。2013年、コーネル大学客員教授。現在、東京工業大学大学院准教授。

真壁智治氏
真壁智治(まかべ・ともはる)
1943年生まれ。プロジェクトプランナー。武蔵野美術大学造形学部建築学科卒業。東京藝術大学大学院美術研究科建築専攻修了。同大学助手を経てプロジェクトプランニングオフィス「M.T.VISIONS」主宰。<建てない建築家>を標榜し、広汎な知己力と旺盛な構想力を駆使して、戦略的視点に立つ都市・建築・住宅分野のプロジェクトに取り組んできた。

7月20日(日)
15:00〜16:30
料金 1500円(三年番茶付き)
定員 20名

場所 めぐたま

* 主催・お申し込み 
株式会社VNC 荒/今井
〒171-0043東京都豊島区要町2-14-15宮本ビル501号
TEL:03-5926-7624/090-2648-2560(荒)
FAX:03-5926-7625
メール:vnc_a@t.toshima.ne.jp

「飯沢耕太郎と写真集を読む4 グラビア印刷の黄金時代」講座レポート

今月も6月22日の日曜日に「写真集を読む」連続講座が開催されました!

3月から始まったこの講座も4回目を迎え、毎回定員を超える人気イベントとなりました。
しとしとと雨の降る日曜日。
雨の中、たくさんのご参加ありがとうございました!

1

今回のテーマは「グラビア印刷の黄金時代」
印刷方式にスポットを当て写真集を読み解いていきました。
グラビア印刷は1950年から1960年に全盛期を迎えた印刷方法。
さわると指が黒くなりそうなほどのインクの濃さが特徴です。

2

指でふれ、ルーペでのぞきながら写真集を読むのも味わい深いですね。

グラビア印刷によって生まれた
土門拳の『ヒロシマ』濱谷浩『雪国』『裏日本』、入江泰吉『大和路』
といった名作をみていきました。

3

『ヒロシマ』の原爆投下の爪痕
『雪国』の白い雪に墨を落としたような黒
『大和路』では奈良の自然や仏像が持つ凛とした空気

同じ印刷方法でも写真家によって黒の色はそれぞれ。

技術を要するグラビア印刷は今ではあまり使われることがないのだとか。
まさに、50、60年代は黄金時代だったと言えるでしょう。

飯沢さんのお話を聞きながらじっくりと写真集を読んでいると
あっという間に1時間半の講座が終わってしまいます。
講座後のめぐたまランチも毎月の楽しみのひとつですね!

photo1

来月の「写真集を読む」Vol.5は7月20日(日)
1959年に東松照明、奈良原一高、川田喜久治、細江英公、佐藤明、丹野章が結成した写真家グループVIVOがテーマです!
ご参加お待ちしております♪

7月20日(日)
10:00~11:30
料金 2500円(三年番茶付き)
学生割引 1500円(三年番茶付き)
定員 15名
場所 めぐたま
* お申し込み megutamatokyo@gmail.com
*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。
*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。ご了承ください。
*飯沢さんと一緒にランチを食べる方は事前にお申し込みいただけると嬉しいです。
休日ランチ1500円。

写真/文  館野帆乃花

ヴィヴィアン佐藤のめぐたまTVの録画。

10428251_793276574046074_1922966409854147700_o
昨日のめぐたまテレビ3、ヴィヴィアン佐藤をゲストに迎えての一時、録画で見られます。
昨日見損なった人、みてね。
http://www.ustream.tv/recorded/49185259

ヴィヴィアン佐藤さん
https://mobile.twitter.com/viviennesato
https://www.facebook.com/vivienne.sato

『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』完成!

140624_2237
140624_2305

写真集食堂めぐたまの、カウンターの上に並んでいる写真集達、覚えていますか?
実はこれは、飯沢さんがPHaT PHOTO で「知っておくべき、見ておくべき写真集」の連載でとりあげた写真集でした。
その連載が「PHaT PHOTO BOOKS」レーベルの第一弾として、『写真集が時代をつくる! ―飯沢耕太郎が選んだ25冊の写真集』として発売されました!!

めぐたまのロゴなどを作ってもらった小熊千佳子さんのデザイン。
写真は、木村直軌さんにお願いしました。
編集は、ファットフォト編集部の皆さん。
ありがとう!!

もちろん、めぐたまでも買えます。
多分あさってくらいからです。
A4 オールカラー 60ページ 1000円(税込み)

すぐにでも欲しい人はアマゾンで。
http://goo.gl/3qC75J

それを記念して、飯沢耕太郎さんによるスペシャルトーク、
「荒木経惟写真集『センチメンタルな旅』全ページ解説!」が行われます。詳しくは下記に。
http://phat-ext.com/up-date/4241

ぜひ、ご参加ください。

本日11時10分からJ-waveに出ます。

今日、6月24日11時10分から20分、
J-wave I A.M.の7-eleven favorite dishesのコーナーにめぐたまが登場します。
http://www.j-wave.co.jp/original/iam/

fujiwara_p
先日、ナビゲーターの藤原恵子さんが、めぐたまに来てくださいました。
放送作家まかせではなく、実際に雰囲気を見て、ご飯を食べて、めぐたまを体感してくださったのです。
嬉しい!

聞いてね。

「きのこ文学を食べ尽くす」レポート

2014年6月15日(日)、17時から、「きのこ文学を食べ尽くす」トーク&ご飯の夕べ、行われました。
飯沢耕太郎さんのきのこ文学トークとめぐたまの料理人おかどめぐみこさんによるきのこ文学料理、という豪華組み合わせ。

_MG_2856
飯沢さんのトーク。
文学とキノコの関係について熱く語り尽くしました。
手に持っているのは菌(くさびら)神社のお札。

_MG_2890小
飯沢さんの横にいるのは、岩出菌学研究所の福本武司さん。

140614_0924
岩出菌学研究所についてと、送っていただいたガルガルの話をしていただきました。
ありがとう!!

キノコを通して社会に貢献する岩出菌学研究所のサイト。
面白いから見てね。
http://www.iwade101.com/

オオイチョウダケバター
岩出菌類研究所から送られて来た、乾燥オオイチョウダケを練り込んだバター。

_MG_2934
ちょうど、収穫のシーズンに当たったので、岩出菌類研究所から送られて来た、生のガルガルのフリット。
ガルガルはチリ原産のきのこ。
これを生で食べられるのは、このイベントだけ。

そして、ご飯タイム。

_MG_2947
オオイチョウダケのオレキエッテ。
ポルチーニに匹敵するとも劣らない、濃厚な味のオオイチョウダケはイタリアンにも合います。

キノコソテー
高橋睦朗「詩人の食卓」より、
マハーバーラタのパンダヴァ五王子にささげる、五種類のきのこのソテー「Pandava brother’s &their princes」エスニック風。
大根おろしの上に、カレー味のキノコです。

_MG_2977
ピョートル・ワイリ、アレクサンドル「亡命ロシア料理―帰れ鶏肉へ」より、
鶏肉のスメタナソース・オオイチョウダケ風味。

マッシュルーム
「亡命ロシア料理―キノコの形而上学」より、
マッシュルームの反=料理的食べ方。

にびたし
今昔物語集より
平茸の焼漬し。

IMG_1271
ローストポークのオオイチョウ茸ソース、ザワクラウト添え。

IMG_1254
水上勉「土を喰う日々」より
紫シメジの蒸しごはん風 いろいろきのこの蒸しごはん。
紫シメジはシーズンではないので、今回はいろいろなキノコで作りました。
しょう油のみの味付けですが、それが、うまい!

IMG_1285小
ガルガルとゆすら梅のデザート。
杏仁の香りのするガルガルを入れてあります。

写真は神林優さん、石原康臣さん。
ありがとう!

秋にはまたきのこイベント、拡大して行おうと画策中。
乞うご期待です。

6月25日(水)20:00〜めぐたまTV #3生放送やります!

426285_3047243898394_351667169_n

めぐたまTV#3はゲストに美術家、ドラッグクイーンのヴィヴィアン佐藤さん
をお迎えします!
https://mobile.twitter.com/viviennesato

https://www.facebook.com/vivienne.sato
ご自身も参加されている「with TOKITAMA展」について、そして
ヴィヴィアンさんオススメの最新映画やアート作品についてもじっくりとお話を伺います。

めぐたまTV
http://www.ustream.tv/channel/めぐたまtv
放送は営業中のめぐたま店内から生放送でお送りします。
めぐたまにぜひあそびに来てください!

SNSでの参加もお待ちしています。
twitterは#めぐたまTVをつけてコメントをください。
みなさん一緒に楽しみましょう!

蜷川実花さん『写真を語り尽くす』Vol.3レポート

6月18日、『写真を語り尽くす』Vol.3がめぐたまで行われました。
ゲストは蜷川実花さんです。

20140618_190114
満員のお客様の前で、飯沢さんと蜷川実花さんのトークが始まります。

Exif_JPEG_PICTURE
処女作から新しい一冊まで,実際の写真集を見ながら、話が進みます。

詳しくは、以下の畠中恵子さんのメール通信をみてね。

〈鮮やか写真の☆蜷川実花ワールド〉

恵比寿「写真集食堂めぐたま」にて開催された
『写真を語り尽くす』Vol.3へ行って参りました♪
写真評論家/飯沢耕太郎さんが、様々な写真家(カメラマン)
の方と語り尽くす夕べです~今回のゲストは蜷川実花さんです♪

mini_140618_2041
入り口には蜷川さんの写真集が並んだいます。

mini_140618_1903
20年以上のお付き合いだと言う飯沢さんと蜷川さんのトークは、
聞いている方も楽しくなる様な息の合った軽妙さ♪♪♪
学生時代の最初の頃の作品は、ほとんどが白黒モノクローム
だったそうで、今からは想像もつかない驚きです!
初期写真集から最近の写真集まで彼女の写真集を、
彼女の歩んできた道に沿っての飯沢さんの解説は
飯沢さんならではの楽しいものでした♪

お子さんの宿題を見てあげる約束になっているので…と
8時には会場を後にした彼女の意外な母の顔も素敵でした!

mini_140618_2043
トークの後に並べられた写真集をゆっくり拝見~

mini_140618_2043
来年の1月には原美術館での個展が予定されているそうで、
その時に使う候補写真ファイルも並べられ、
沢山の興味深いショットを拝見させていただきました!
来年最初の楽しみになりそうです☆

mini_140618_2010mini_140618_2045mini_140618_2042
トークが終わって”めぐたま”の美味しい食事タイム♪
大皿料理の数々をいただきながら、飯沢さんを中心に
あちこちで楽しいトークが続きます~

鮮やかな蜷川実花ワールド一色に染まった
開放的な”めぐたま”での一夜を楽しんで参りました♪♪♪

ヒマラヤ小学校開校10周年記念 ヒマラヤ小学校報告会×サダナ・タパさん講演会

ヒマラヤ小学校開校10周年記念
ヒマラヤ小学校報告会×サダナ・タパさん講演会

ネパールの貧しい子ども達の夢をのせて、緑に囲まれた小さな村、ブンガマティに開校した ヒマラヤ小学校は今年、開校から10周年を迎えました。

ヒマラヤ小学校
http://www.ikueikai.org/himalaya-school.htm

この度、ヒマラヤ小学校開校10周年を記念して、講演会を開催します。
ヒマラヤ小学校10年間の歩みを振り返りながら、ネパールの女子教育、これからのネパール女性について考えます。

b60_DxO
ゲストはサダナ・タパさん。
小学生の頃より環境活動を始め、現在は女性 自立の活動にも取り組んでいます(国際ソロプチミスト東京新宿クラブの招きで 2014年7月に来日予定)。
ぜひお誘いあわ せの上、ご参加ください。

トーク
■ 「夢とともに 感謝と共に歩んだ10年間 ~ヒマラヤ小学校10年を振り返る~」
ヒマラヤ小学校運営委員会理事 吉岡 大祐 さん

■ 「女子教育がネパールの未来を創る鍵となる」
米国アーリントン大学学生、 KDN事務局長 サダナ・タパ さん

サダナ・タパ さん
ネパールの美しい自然を守ろうと、小学生の頃より環境活動を始める。
環境活動の中で直面したさまざまな社会問題から、女子教育の普 及やケナフを使った女性自立のための活動に取り組み、成果を上げている。
ヒマラヤ小学校の活動にも、様々な形で関わってくれている。
現在、米国アーリントン大学へ国費留学中。
01年、西宮市で開催された「アジア・太平洋こどもエコ会議」にネパール代表として参加。06 年、社会貢献支援財団より「21世紀若者賞」を、09年にはWWF(世界自然保護基金)から「Yeshi Lama Young Conservation Leaders Award」を受賞。

2014年7月19日(土)
11時30分〜

写真集食堂めぐたま

3000円(食事、三年番茶付き)

協力/国際ソロプチミスト東京-新宿、ヒマラヤ小学校支援 めぐりの会、写真集食堂めぐたま

予約、お問い合せ

ヒマラヤ青少年育英会
info@ikueikai.org
080-1327-729

写真集食堂 めぐたま
megutamatokyo@gmail.com
03-6805-1838

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。予め、ご了承ください。