月別アーカイブ: 2014年4月

天然山菜デトックスランチ、はじめました

春の味覚、山菜の季節がやってきました!
めぐたまにも、おかげさまで毎日山菜が山盛り届いています。
IMG_1060
山菜の苦味には、新陳代謝を高めデットクス効果のある成分がいっぱい!
そんな新鮮な天然山菜をたっぷり食べていただこうと、山菜を使った特別ランチを始めました。
IMG_1063
天然山菜のデトックスランチ(2000円)
肉か魚のメインの他に、5種類以上の山菜を使った副菜がつくお得なランチセットです。
わらびの生姜醤油和え、山菜の女王と呼ばれる、あいこのお浸し、しどけのくるみ和え、山ウドの酢味噌和え、こごみの胡麻和え等……
豊富に山菜が手に入る時期だけの、期間限定の特製ランチです。
(あと1週間ぐらいで終わってしまうかも……)

この季節しか味わえない自然の恵みを、どうぞ存分に味わってください!

連続講座「飯沢耕太郎と写真集を読む」Vol.2を開催しました!

近頃、すっかり暖かくなりましたね!
店内の生け花も春らしく、グリーンのハナミズキに変わりました。

そんな春の陽気のなか4月13日に月1度の連続講座
「飯沢耕太郎と写真集を読む」の第2回目が行われました♪
今回のテーマは<日本の戦前の写真集>。
貴重な写真集を囲み、じっくりと写真集について語ります。
参加したみなさんはメモを片手に飯沢さんのおはなしを熱心に聞いていました。

写真を1

戦前写真のキーワードは「芸術写真から新興写真へ」。
戦前は絵画的な情緒あふれる写真から
新しさとモダンさを追求した写真へと変わっていったそうです。
安井仲治・福原信三・堀内正雄・小石清・木村伊兵衛
といった戦前を代表する写真家の写真集をみていると
その時代の空気感が伝わってきます。
写真を2
写真を3

こうして写真の歴史を少し知るだけで
写真集の楽しみ方はぐっと深く、面白いものになりますね!!

写真に詳しい方も、写真集をどう楽しめばいいかわからない方も
たのしく参加できる講義です♪
最後は「おなかが空いたし、あとはごはんを食べながら話しましょう。」
と和やかな雰囲気で締めくくったのでした。

次回は
5月11日(日)10:00~11:30
Vol.3『光画』を読む!
参加費2500円(学生1500円)三年番茶つき
(飯沢さんとごはんを召し上がる場合はプラス1500円)

となっております!!!ぜひご参加くださいませ。
ご予約は<a href=”mailto:megutamatokyo@gmail.com”>megutamatokyo@gmail.com</a>まで。
*たまにメールが届かないことがあります。
3日以内に返信がない場合、お手数ですが、再度メールをください。

写真を4

今回の講座のメイン写真集  小石清『初夏神経』

復刻版ですが、オリジナルに忠実に再現されており、
表紙に金属板を使ったユニークな写真集です。
もちろんめぐたまでいつでも見ることができます!
(カウンター席の上に置いてありますよ♪)

みなさまのご来店おまちしております!

写真/文 館野帆乃花

ほぼ向かいに、earth & saltオープン!

140428_1108
写真集食堂めぐたまの横の駒沢通りをちょっと斜めに渡ったところに、アートディレクターの松下計さんが素敵なスペースをオープンしました。
earth & saltです。
街路樹の向こうに見える、2階建ての白い木造のおうち。
徒歩20秒です。

140428_1309
「earth & saltは小さなカルチャ・センターです。
感性、感覚を伴う多方面に渡ることを意識的に生活や習慣にもっと取り込もうと言うメッセージを発信するコミュイティ・スペースを目指しています。
エキジビションはもとより、セミナー、パフォーマンス、ワークショップ、トークサロンなど生活目線のものからエッジまで、多彩に展開してゆこうと思っています。
Cafeは人の出入りを喚起しアクティビティを保持するペースメーカになる事を期待しています。
コーヒーは頑張って美味しく仕上がりました。」
計さんのFBより。

earth & salt 目黒区渋谷区広尾2-2-18  恵比寿駅下車 駒沢通り沿い 徒歩7分。
松下計さんのFB
https://www.facebook.com/people/松下計/100000508009232

今日オープンなので、早速飯沢さんと行ってきました。

140428_1117140428_1118
この白い壁は展示スペースになります。
今おいてあるシャツは計さんのオリジナルのシャツ。もちろん販売しています。
今後は、いろいろな作家の作品が見られるとのこと。
楽しみです。

作家ものの小物なども、おいおいおかれていくそうです。

140428_1118
奥に入るとカフェスペース。

140428_1110
外のメニュー。テイクアウトも出来ます。

140428_1138140428_1127
気持ちのいい風が吹く席で、コーヒーを一杯。
今日は、チーズケーキセットをとりました。
写真には、飯沢さんのとった塩スコーン(店名に因んでか、塩スコーンです)ものってます。
おいしい!

140428_1124
スタッフの皆さん。
黒一点が、計さん。
そ向かって右隣が社長の澄美江さん。

一緒に何か出来そうな仲間がそばに出来て嬉しいです。
みなさま、earth & saltと写真集食堂めぐたま、セットで遊びに来てください。
お待ちしています。

石澤彰一さんの息継庵モーニング茶事やりました。

140426_0817
4月26日、晴。
気持ちのいい朝です。
テラスに机を出しました。
今日は、なんと8時からお茶会です。
土曜の朝に何人人が集まるかなあと思っていたのですが、7人の参加者あり。
ありがとう。

140426_0812
まず、めぐたま作のお膳をいただきます。
筍ご飯
筍団子とワラビの焚き合わせ
紫蘇豆腐のみそ汁
香の物

140426_0821
野菜の模様のお椀をあけると、、、。
紫蘇豆腐です。

140426_0830
お甘は白玉ぜんざい。

140426_0838
石澤さんが、抹茶の入れ方の説明。
「必ず、お茶こしで漉すように」

140426_0844
石澤さんのオリジナル懐紙も配られました。

140426_0849
140426_0857
石澤さんのお点前。
さすがきまっています。

石澤さんのすぐに役立つ懐紙の使い方とか、お抹茶の楽しみ方とか、肩のこらないお話にあっという間に時間は過ぎていきました。
また、季節を変えてやりたいです。
石澤さん、ありがとう!
(ときたま)

飯沢耕太郎×菱田雄介 トークショー「2011年41月、東京」

img_1fc0f16c39553f9c3fded802bed31522176576

飯沢耕太郎×菱田雄介 トークショー「2011年41月、東京」

震災から丸3年2か月をむかえる5月11日、恵比寿•めぐたま食堂にて飯沢耕太郎×菱田雄介によるトークイベント「2011年41月、東京」を開催します。
2011年10月に共著として出版された『アフターマス−震災後の写真』で、震災後の写真について語り合った二人。震災から3年を経て出版された菱田の著書『2011』をベースに、改めて“震災後の写真”について語ります。
『2011』は、東日本大震災だけをテーマとした本ではありません。菱田が写真家として、テレビディレクターとして向き合った様々な要素が絡まり合う2011年そのものがテーマです。チェルノブイリ、アラブの春、そして北朝鮮と韓国の往復、等々。
かつて1974年という時代を撮った篠山紀信の『晴れた日』に刺激を受けて作られたこの本を通して、「時代を撮ることの意味」についても話を進められればと思っています。
なお、菱田は5月23日から仙台メディアテークにてキヤノン写真新世紀展に参加、復興支援特別企画にも出展致します。

2014年5月11日 15:00~17:00
1500円(三年番茶、甘味付き)
予約入りません。
お問い合せは 菱田雄介さん
yusukehishida@mac.com

山菜盛り。

各地から、どんどん山菜がやってきます。
天ぷらおいしいですよね。

DSC_0138
今日から、山菜盛りもあります。
時計まわりに、白いのが山ウドの酢味噌和え、山の三つ葉のお浸し(10センチくらいに短い三つ葉です)、わらびの生姜醤油、青こごみの黒ゴマ和え、真中がタラの芽のクルミ和えです。
もちろんクルミ和えの地も酢味噌もみ〜〜んな自家製です。

タケノコの船が着いた!

140421_1759
今、伊豆から採れたてタケノコたくさん着きました。
嬉しい、ありがとう!
濡れた新聞紙に包んで送られて来たので、ホントに新鮮。

140421_1809
柔らかいから切るのも簡単。
おかどさんがどんどん、下ごしらえしていきます。

140421_1810
新鮮だから、多分10分くらい茹でれば大丈夫。

明日22日火曜日から、どんどんお店で出しますヨン。
若竹煮、青椒肉絲、オリーブ焼き、筍ご飯、、、、、、。
何になるか、お楽しみに。
ご来店、ご予約、お待ちしていまーーす。

山菜が来た!

今日、岡山の勝山から山採りの山菜が来ました。
ということは、もちろん、天然。
全部、山菜名人ショウサンがとってくれましたから、特別においしいですヨン。

140419_1610

ワラビはただいま灰汁抜き中。
炊くのもいいし、シヨウガじょうゆも乙だよね。

140419_1611

コシアブラとタラノメは天ぷらかな。
今年はタラノメは遅いらしい。

もちろん、飛び切りおいしいタケノコもやってきました。
焼きタケノコ、タケノコご飯、炒め物、味噌汁にも入っているかも。
何になるかはお楽しみ。

早い者勝ちです!
ぜひぜひお越しください。
予約お待ちしていまーーす。

植木ももこの女性のための季節の養生塾2 梅雨に備える食養生

植木ももこの女性のための季節の養生塾2 梅雨に備える食養生

国際中医師であり薬膳管理士、管理栄養士の植木ももこさんのわかりやすい薬膳のおはなしと食事会第2弾。
植木ももこさんのサイト
http://www.peachtreekitchen.jp/

6月は梅雨の季節じめじめと蒸し暑いと思えば梅雨寒の日もあり、体調のコントロールがむずかいし季節です。
梅雨どくとくのじめじめした気候は薬膳では「湿邪」といわれる湿気が問題です。
湿気が多いと内臓の脾、胃の働きが悪くなり、むくみを起こしたり、また、寒さが加わると関節が痛んだりします。
 
梅雨向かう今回の養生塾は、湿を取り除き、脾胃の働きをよくする薬膳のお話です。

お献立は
 ジャガイモとシソの梅肉あえ
 鰹の焼き物ピリ辛
 とうもろこしとはと麦い入り炊き込みご飯
 きゅうりとねぎのサラダ
 小豆のデザート(シナモン風味)手に入ればチンピも入れます。

*お献立は変更されるあります。

5月22日(木)

午前10時半~お話し 
12時~ ご飯

参加費 5000円

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

息継庵モーニング茶事 

息継庵モーニング茶事

押忍!手芸部の部長こと石澤彰一さんは実は裏千家・専任講師でもあります。
その名も宗彰。
茶室『息継庵』をパートナーの宮田麻貴子と主催。

息継庵
http://blog.goo.ne.jp/ikitugian
押忍!手芸部
http://www.ultratama.com/syugeibu.html

そんな部長と一緒においしいご飯と、お甘と、お抹茶の一時を持ちます。
といっても、堅苦しいお茶会ではありません。
お茶についての知識も経験もいりません!
ブチョー風、お茶会です。

どうなるかは、来てのお楽しみに。
いつもと違う朝の一時をお楽しみください

4月26日(土)
8:00〜9:30くらい

2000円(ご飯とお甘とお抹茶付き)

* お申し込み
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。