飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.30  木村伊兵衛と土門拳

IMG_0079

飯沢耕太郎と写真集を読む Vol.30  木村伊兵衛と土門拳

木村伊兵衛((1901〜74)と土門拳(1909〜91)。いうまでもなく、この二人は日本を代表する写真家としてほぼ同時代に活動しました。彼らの業績は木村伊兵衛写真賞(朝日新聞社主催)と土門拳賞(毎日新聞社主催)として、いまなお顕彰され続けているのですが・・・・・。この二人、どんな写真家だったのか本当にご存知ですか? 東京の下町出身で「粋なもんですよ」が口癖だった木村伊兵衛と、山形県酒田の出身で「俺は疲れるというのがどういうことなのかよくわからん」と弟子に言い放ったという土門拳。このまったく対照的な二人の遺した写真を、代表的な写真集から読み解いていきます。「眼から鱗がおちる」こと間違いなし。ぜひ足をお運びください。(飯沢耕太郎)

6月25日(日)

10:00~11:30

2500円(三年番茶付き) 学生割引 1500円(三年番茶付き)

場所 写真集食堂めぐたま

* お申し込み megutamatokyo@gmail.com

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

LINEで送る
Pocket