第20回 身体に美味しい文化講座  雅楽と料理を楽しむ夕べ【4】 鎌倉から安土桃山時代へ~戦国武家の雅楽レポート

IMG_4019

第20回 身体に美味しい文化講座  雅楽と料理を楽しむ夕べ【4】 鎌倉から安土桃山時代へ~戦国武家の雅楽レポート

3月31日、第20回 身体に美味しい文化講座  雅楽と料理を楽しむ夕べ【4】 鎌倉から安土桃山時代へ~戦国武家の雅楽が行われました。

IMG_4015
楽しくわかりやすい三田徳明さんの雅楽の説明から、始まりました。
三田徳明さん
http://gagaku.asia

IMG_4017
三田徳明雅楽アンサンブルの演奏は、おなじみの越天楽から始まり、戦国時代の楽曲へと続きます。

IMG_4018
舞の時に使うお面。

2部は、戦国の料理。
秀吉の好物を中心に、おかどめぐみこが作りました。

20180331_192959
お料理の説明をするおかどめぐみこ。

IMG_4014
戦国時代、膳にお料理を乗せてもてなした。
前田利家が凱旋した秀吉を京都の自邸でもてなした時には、十三膳あったそうだ。

IMG_4010

ウエルカムおにぎりは/豆味噌をぬった麦飯の握り飯 
麦は炭水化物をエネルギーにするビタミンB1が豊富。尾張出身の秀吉は、大豆100%の豆味噌を好んで、握り飯に薄くぬって味付けして好んで食べた。

IMG_4009
兵糧丸 戦国版カロリーメイト
白玉粉、小麦粉、そば粉、黄粉、擦り胡麻、酒を練って作る。

IMG_4026
焼き蛸 
蛸に含まれているタウリンは、脳機能の活性化、疲労回復などに効果があり、秀吉の頭脳、活力の源となった。
味付けはたれみそで。
たれみそは豆味噌を水で溶いて、袋で濾して調味料として使う。

IMG_4021
琵琶湖のシジミの旨煮 と 丸干し
動物性蛋白質は活力の元。

IMG_4027
イノシシの炙り
戦場では取れた獲物を焼く、むす、シルト余すところなく食べた。

IMG_4023
大根とゴボウの煮物 
天下人になっても牛蒡と大根がほしい!
城持ち大名になってからの秀吉は、タコやイカ、アワビなどの海産物を好んで食べたが、根菜が好きで、生涯食膳から欠かさなかった。
特に牛蒡は食物繊維、大根は消化酵素を含み、消化機能を助けた。

IMG_4012
あいまぜ
ありあわせの材料を細く切って、混ぜ合わせたもの。三杯酢やたれみそ味で。

20180331_200844
あつめ汁(集め汁)
文禄3年前田利家が凱旋した秀吉を京都の自邸でもてなしたときの13膳の中の1品。
秀吉の好きな八丁味噌で味を調えた。

20180331_195517IMG_4028
飯 割粥と焼き味噌
晩年の秀吉が好んで食べた割粥。米の一粒一粒を三分の一くらい砕いてから炊くおかゆで、消化が良くて内臓に負担がかからない。
焼き味噌は八丁味噌、黒ゴマ、生姜、砂糖、酒で作る。

IMG_4022
漬物 奈良漬け 

IMG_4011

IMG_4013

甘味 芋籠(いもごみ) 
米粉に山芋をすり混ぜて、昆布で包み、たれみそで煮て、小口切りにしたお菓子。
白みそやきな粉をかけて食べる。

IMG_4030
芋の芋縄(ずいき)
いものくきを荷縄になつて、味噌で煮て荷を引からげてきたほどに、その縄をひつきざんで水に入れ、こねまわせば汁の実になる。(雑兵物語より)

次回は
【第21回 身体に美味しい文化講座…和田文緒の香りとハーブを楽しむ会…南プロヴァンスの暮らしとハーブを五感で味わうひと時】です。
ぜひお越しください。詳しくは下記に。

http://megutama.com/test/wp-admin/post.php?post=5328&action=edit&message=6

LINEで送る
Pocket