木内茂二さんの手作り化粧品講座

木内茂二さんの手作り化粧品講座

めぐたまで洗濯や食器洗いに使っている重曹。その使い方を教えてくれた木内さんの講座が9月14日に開かれました。
その折に、手作り化粧品のはなしになると、ぜひ教えてほしいというご要望が多数寄せられました。
そこで、急遽、手作り化粧品講座の開催が決定しました。

当日は、手作り化粧品素材を使って化粧水を実際に作る工程をご案内します。
おみやげに持って帰っていただけます。

以下、木内茂二さんからのご案内です

重曹を使った快適ライフを皆さんにご紹介をしてゆく中で、「安心・安全な化粧品やシャンプーも良い製品を紹介してください。」とのお声が多く寄せられました。化粧品について様々な情報を得て、また、素材を取り寄せ効果や保存性などテストいたしました。

その結果、
1)キトサンジェル カニの外殻などに含まれているキチン質を原料とした保湿剤
2)ムーモ 亜熱帯地方に生息します月桃というショウガ科の水溶性エッセンス
3)アルガンオイルモロッコの砂漠に自生するアルガンツリーの種から圧搾したオイル
これら三種が手作り化粧品素材として適することが分かりました。

◎手作り化粧品メリット
安心して使え、多くの方に相性が良い:合成保存料や合成界面活性剤無添加のため
コストパフォーマンスが高い:原液を20倍で希釈して使用

◎手作り化粧品のデメリット
少量を使いきったら希釈液を作る手間
グリセリン・ヒアルロン酸・BG(ブチレングリコール)など化粧品に使われる基材の多くは「糖」の一種のため水で希釈すると腐敗してしまうので素材の吟味が必要

◎手作り化粧水の作り方
キトサンジェル1ccを20ccの水で希釈し、そこにムーモを5滴たらし振って混ぜたら出来上がり。洗髪後ブローしスプレーして馴染ませヘアケアにも使えます。

◎乳液の作り方
上記、化粧水を3プッシュ手に取り、そこにアルガンオイルを1滴たらし手のひらで混ぜ使用 べたつきのない自然な保湿が得られ、かかとのお手入れに絶大効果。

◎シャンプーは、「弱酸性アミノ酸系タイプ」がお勧め
このシャンプーをお使いのユーザーさんは、美容院で「髪質が良くなりましたね」といわれる方が大多数おられます。
詳しくは、セミナー内で解説いたします。

10月12日(日)

9時~11時半

講師 木内茂二 エコショップ ecomo 代表
http://www.kiuchicleaning.com

2500円(三年番茶と、おみやげ化粧水付き)

* お申し込み
megutamatokyo@gmail.com

* たまにメールが届かないことがあります。3日以内に返信がない場合、お手数ですが再度メールくださいませ。

*前日、当日のキャンセルは、準備の都合がありますので、キャンセル料をいただきます。

LINEで送る
Pocket