息継庵モーニング茶事7/「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」レポート

IMG_4348

息継庵モーニング茶事7/「目には青葉 山ほととぎす 初鰹」レポート

5月12日土曜日、朝の8時から石澤宗彰さんが亭主を務める息継庵モーニング茶事。
お天気も良く、青葉がきれいな朝です。

まずは、おかどめぐみこさんが作った、一汁一菜。
IMG_9359

鰹のげた造り。江戸享保年間創業の江戸料理屋「八百善」秘伝の味です。
グリンピースの混ぜご飯。ちょうど季節ですね。
あおさのお椀。

そして、お菓子。
IMG_4335
名前もそのものズバリ「初かつを」。
名古屋の美濃忠の季節羊羹です。
うす甘くて、美味。
IMG_9364
糸をよって切ると、まるで、鰹のように見えます。

いよいよ、石澤さんのお点前。
IMG_4349

IMG_4361
中のお抹茶が見えるように、ガラスの器で揃えられています。
水差しなども全てガラス。

IMG_4357
鳥籠の中には、ホトトギスに見立てた茶筅が。
そこには、ちょっとした仕掛けがしてあって、ホトトギスが鳴くのです。
鳥の水飲み用の器が水差しになります。

半東さんは、めぐたまのおかど恵未こさん。

各所に、石澤さんのセンスと洒落っ気がちりばめられている茶事でした。

IMG_4360
このツーショットは、今回のガラスの器を作られた洞爺湖の作家、高臣大介さんと石澤宗彰さん。
ちょうど展示会で東京に来られていたので、お茶時に参加してくださいました。

高臣大介さんのサイト
http://glagla.jp/about.html

次回のモーニング茶事は9月1日土曜日です。
氷点です。

詳しくは下記に。
http://megutama.com/息継庵モーニング茶事8%EF%BC%8F「氷点(こおりだて)/

お越しをお待ちしています。

LINEで送る
Pocket